ラッキョウ

そろそろカラス避けが必要

002 トウモロコシの雌花が茶色くなってきました。

実が熟すのはもうすぐです。こうなると、鳥に目をつけられているかも。

鳥対策をしなくてはいけない時期になったようです。

004 まずは受粉が終わったであろう雄花は切り取ります(アワノメイガが来ないように)。今回も花粉が出ている時に手で受粉を助けてあげました。

003 そして、株全体にキュウリネットを被せておきました。キュウリネットの網目は大きいですがうちの畑を荒らす鳥はほとんどがカラスで、そのカラスはトウモロコシを株ごと倒してから実を食べるため株を倒されないようにしておけば実は守れるようです。

第一弾トウモロコシの数は少ないけど初物ですからね。楽しみです

007 ラッキョウ漬け終わりました。いや~大変でした。今度から買ったラッキョウ漬けを食べる時にはありがたいと思いつつ食べることにします。

家にある2ビンだけ漬けようと思っていたのですが、熱湯消毒したら安いビンの方が割れてしまい急きょ買いに行くことに。

どうせ買うなら全部やろう!ということで合計3本10キロ漬けることになりました。

割れたらいやなので熱湯消毒はやめて、ホワイトリカー消毒にした小心者

008 まずまずの粒の揃いでしょう?

今年はラッキョウが思う存分食べられそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

サツマイモ苗を追加

009 5月6日に植えつけたサツマイモ「ベニアズマ」。ツルが伸びてきましたよ。

先日ハンターのような母に目を付けられていたので、取られる前やらなくては!!!

伸びたツルを切り新たに苗にしました。

007 24本追加です。最初植えたのが20本、合計44株になりました。後の伸びたツルはご自由にお取り下さい

003 昨日だんなさんがゴーヤの支柱を立ててくれたようです。

3株はまだ小さいのですが、運良く1回目の種まきで芽が出たものは

005 もう花がついてる。あれ、気付かなかったけど写真手前にはもしかして雌花もある?いや、丸いから蕾かもしれませんね。

010 昨日収穫したラッキョウの葉と根を落としました。量ってみると10キログラム。1キロ植えたので10倍になっています。

購入してあるラッキョウ酢は1本で3キロ漬けられるとある。

1本では足りないじゃない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキョウてんこ盛り

004 ラッキョウは掘り時でしょうか。

わからないので母に抜いていいか電話したのですが出ない

聞くよりも自分の目でどのくらいになっているか確認してみればいいじゃない、というだんなさんにそりゃそうだと一部抜いてみることに。

005 大きくなってる!

たまねぎもにんにくも今年は不作だったので、似たようなラッキョウもダメなんだろうなとあきらめていましたが、これだけ育っていれば十分です。

全部収穫しよう。

006 9月12日に植えたのは1キロ分。一輪車にてんこ盛りとなりました。

深く植えると数は少ないけど大きくなるということで、思いっきり深く植えたつもりですが数が少ないなんてとんでもないよ。

1球で10球には増えているじゃないよ~。もっと深くがよかったのかな?

明日から当分ラッキョウ剥きが続きそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラッキョウ収穫のタイミングは?

006 初めてラッキョウを植えています。

なので、これでいいのか悪いのかわかりません。枯れてないのでまずは大丈夫かと思っているのですが

店頭ではラッキョウが売られるようになってきました。うちのも収穫が近い?

どうなった時が収穫適期なのかわかりません。もしかしてニンニクみたいに枯れてくる?玉ねぎのように葉が折れるとか?

母に聞いたら「葉はいつまで経ってもそのままだから、時期が来たら適当に抜くんだよ」と。

何とアバウトな

6月頃だとはは思うんだけどね。

回りの畑のラッキョウを見張っていて、太り具合を見ながら真似して収穫することにします。

ん?でも、ラッキョウは畑に置いておけば置くほど小さくなると聞くし(もちろん年単位)。いつの時点から縮小化が始まるんだろう?

謎の多い野菜です。

気の早い私は

001 オタフクのらっきょう酢を買って待っています

005 先日蒔いたトウモロコシ「ゴールドラッシュ」の芽が出ました。買ったばかりの新しいタネだからか、発芽率がとてもいいです。

発芽率がいいとなると、間引きもたくさんしなくてはいけないということなんですよね。

もう植える場所はないので移植もできないし・・・

辛い作業が待っています

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秋みつけ

寒い日が数日ありましたが、秋なんですよ。

小学一年生の子は、今学校で「秋みつけ」をしています。

001 もって帰ってきたものは、「バラ」だそうです。花びらはイチョウ、葉の方は色んな種類のはっぱを使っています。

本当にコサージュとして使えるくらいにきれいだったんですよ。いい色具合でしょう?

いい秋を見つけているようです。

そこで、うちの庭にも何か秋はないか!と探してみることに。

002 ブルーベリーが紅葉し始めています。実を食べるのはもちろんのこと、春の花もかわいいし、ブルーベリーは一年中楽しめる果樹ですね。

003 なぜか、庭にあるもみじ(母に無理やり植えさされました)。

うちの庭に似合わない和風の木なのですが、こちらも赤くなりました。

004 アメジストセージ。

かなり前から咲き始めていますが、これも秋の花というイメージかな。

005 ヒイラギモチ(西洋ヒイラギ)、クリスマスホーリーとも呼ばれますね。赤い実がびっしりとついています。

ん、これはクリスマスっぽいので、すでに秋探しではないような・・・

なんか、子供の秋探しに負けている気がする。

秋とはまったく関係ないのですが

012 ラッキョウの花が咲いていました。

この時期に咲くのですね。知りませんでしたよ。

そもそもラッキョウの花がこんなだ、というのも初めて知りました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ラクダ名に負けるな

006 ラッキョウのタネを買ったのが8月25日。

ずいぶん家中に放置していましたが、ようやく植えることができます。

植える場所がね、なかったんですよ。

これは1キロ分。

最初は500グラム入りのを買おうと思ったのですが、倍入っているのに値段が100円くらいしか変わらなかったんです。1キロで498円、500グラムで398円(たぶんこのくらいだった)でしたから。

なので、つい1キロの方に手が伸びて・・・

植える時になって後悔です。

007 かなり数あるなあ。

ラッキョウは初挑戦の野菜なので、商品についている札が頼りです。それによると、1株植えると5~6球から12~13球のラッキョウが収穫可能。

ひえーっ!どんだけのラッキョウが出来ることになる?

皮むきがいやでこれまでラッキョウを敬遠していたのに、来年の6月には泣くことになりますね

植え方は株間10~15センチ。

深く植えると大粒になり数は少なめ、浅く植えると小粒がたくさん収穫できるそうです。

008 なるほど調節可能ということですね。

数は少なくしたいので、思いっきり深く植えちゃいましょう。奥へ奥へと。

どんな感じでできるのでしょうか。楽しみではあります。

買ったラッキョウは「ラクダ種」でした。何でラクダなの?と調べてみたらラクダ(駱駝)は形ばかり大きく品質が劣るものという意味があるのだそうです。

あまりうれしくない名前ですね。名前通りではなく、いいラッキョウになるんだよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

らっきょう漬けに初挑戦

012_14 らっきょう漬けを作ることになりました。

まったくその気はなかったのですが、今年はむいてもきりのない野菜(タマネギ、ニンニク、らっきょう)が豊作で、実家のらっきょうも大量にとれたようです。

写真はほんの一部です(笑)。処理に困った母がくれたわけです。

「小さいのは高いのよ」と、さも高級品をくれたように言っていましたが、一年物が小さいということは栽培失敗なのでは?2、3年物の小さい花らっきょうは高級品だけどね。ただし、数だけはできたので豊作らしいです。

001_111 4キロほどでしたが、手間のかかること。フー。来年のために1つ賢くなったこと・・・根の部分は思い切って切る。皮をむいたら、根の部分が結構残っていて、もう一度切りました。二度手間ですね。

らっきょうを食べる時は、もっとありがたがっていただきましょう。

スローペースのため数日かかったので、芽が出始めているものもありました。

003_75 漬ける調味液はオタフクソースのらっきょう酢を使いました。下漬けがいらないタイプ。

広島ではおなじみのお好み焼きソースを売っている有名な会社のものです。

らっきょうの季節だからでしょうか、売り切れの店が続出。4件目にしてようやく見つけたんですよ。

それだけで、どっと疲れが・・・

002_97 母がどこぞの講習会で聞いてきたというやりかたでやってみました。

らっきょう酢を一度沸騰させて、そこへらっきょうを入れて冷めるまでそのままにしておくという方法です。

母の言うことはあてにならないことが多いのですが、信じてやってみました。

漬かりきらなかった、残りのらっきょうは普通のやり方(らっきょうに熱湯をかけて、冷たいらっきょう酢にそのまま漬ける)でやってみます。どちらがおいしく漬かるでしょうか。

004_71 ようやく完成です。

梅酒を作っていたビンを使いました。

らっきょうのにおいは強烈だから、もう梅酒用には戻れないね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆