サニーレタス

漬けるのは明日

Img_1716 サニーレタス「レッドファルダー」できました。

Img_1717 玉レタス「シスコ」も。この写真では巻いてないように見えますが、葉を3枚ほどはがすときれいな玉レタスが出てきましたよ。写真はないけど

今朝の朝食は自家製レタスを使ってハンバーガー。肉は昨夜のハンバーグの残りを使用すしました。

だんなさんから「朝からハンバーガーかいっ!」と突っ込みは入りましたが、子供たちには好評でしたよ。

Img_1719 種蒔きは人参と同じ2月23日の大根「つや風」。

直径10センチほどのマルチ穴を下から押し上げていました。

Img_1721 立派なものができました。これは大根の生姜漬けを作るつもりなんです。

教えてもらったレシピは2キロ分だったけど、まずはお試しで1キロ分作ってみようと大根を収穫。

どれどれ、1本何グラムくらいかな?

一番大きいもの葉込みで1.2キロありました。しまった抜きすぎた

春の大根はもたもたしているとすぐ花が咲くので早く使い切った方がいいので、これは思い切って2キロ分作れとのお告げなのでしょうか?

レシピを確認してみると

「1、大根をいちょう切りにして塩をふり1晩置く」とのこと。

続きは明日ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プチヴェールの斜塔

Img_1403 サニーレタス「レッドファルダー」。種まきは2月19日。

発芽するのがなぜだか遅かったんですよ。ようやく植えられる大きさになりました。

Img_1405 ほぼ同時に種まきをしたレタス「シスコ」は3月22日にキャベツと一緒に植えてもう1度目の追肥も終わりました。違いすぎる。

Img_1404 がんばれサニーレタス

Img_1376 プチヴェールです。斜めに見えるのは私のカメラの腕が悪いせいなんですけどね本当は真っ直ぐ。

普段は妹に5割り増しには見えるね、と言われるほど素晴らしいカメラの腕前なんですよ。本物より野菜が大きく立派に見えるんだって。

おっと、話がそれましたが

Img_1377 春になり最近の実は茎が長くなりスティックセニョールもびっくりです。でも柔らかいし、味も変わらないのでかなり上の方まで収穫しています。

今回は草丈も大きくならず、実も小さかったけどやっぱりプチヴェール栽培は面白い。今年はもう少し株数を増やしてみます。

Img_1406 ジャガイモの芽が出ていました。これはキタアカリだったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サニーレタス収穫

001 サニーレタス「レッドファルダー」収穫です。母は外側から葉だけをかいで食べればいいのにと言いますが、株ごととっちゃいますよ。

002 玉レタス「シスコ」はもう一息。

まだ固くしまっていませんでした。

同じ日に植えたブロッコリーは小さな蕾ができていました。写真撮ったはずなのにないカメラの調子が悪いので・・・

シャッター音が鳴らないけど撮れてるとか、反対に音はしたけど写ってないとかね。

007 とうもろこしに追肥をしておきました。この辺りは一番最初に蒔いた「ゴールドラッシュ」や「おひさまコーン」あたり。

今年は何度にもわけてタネまきしたので、後から追加の「おひさまコーン88」と新しく買った「ゴールドラッシュ」もあります。

ゴールドラッシュは勢いがいいですね。先に蒔いていたおひさまコーン88に追いつきそうです。ゴールドラッシュはワイルドで、おひさまの方は紳士的な成長かな

できる実はそう変わりない(どちらもスイート系で柔らかい)と思うんだけど、成長には個性があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

畝上げ機購入

003 あまり美味しくなかったとはいえ、そのままにはしておけないのでサニーレタスを収穫してきました。

これで6株分。

ありがたいことに虫食いもなく大きくなってくれました。その虫さえもよせつけないパワーをいただこうと、白菜と同じ畝に一緒に植えていました。

白菜にあまり虫の被害はないようですが、寒冷紗をかぶせているのでそのせいかもしれませんね。

私が虫だったら、サニーレタスを避けて白菜を食べにいくはず効果のほどはまったくわからずでした。

012 トマト「フルティカ」も収穫し続けています。

先日の雨で割けてしまったのは残念ですが、まだいけそうです

013購入しました。

ミニ耕運機につけて使う畝上げ機です。

今まではトラクターでやってもらうか、大きな畝上げ機を借りてやるか、もしくは手作業でした。

だんなさんは思い立ったらすぐやりたい人なので、人から借りるというのがまどろっこしいんだそうです。

自分専用のが欲しい!と前から言っていました。

とうとうですよ。また資材費に多額を投入してしまいました。

これで、作業は楽になるんだろうか?ミニ耕運機だからね。壊れないかが不安です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

新しい畑はいつ使える?

001 庭にトラクターが来ていますよ。二階からこっそり撮影。

もしかして、新しい畑を耕してくれるのかな

まさか、私にやれ!とか言われないよね。とひやひやしていたら午後から父が耕してくれました。

002だんなさんえらい!

外堀から攻めていくとあの父でも動かざるをえないってことだね。

ここまで出来ていたら、あとは私の手でも何とか植える状態にできるので一安心。

003 水糸を引いて

畝の幅を決めてっと、何とかめどが立ちそうだなと思っていたら父が

「雨が降りそうだから適当な畝を作っておかないと、畑はどろどろになるぞ!よし、トラクターでやっておいてやる」

とのこと。

私の引いた線は~!!!

はい、また一からのスタートとなりました。

畑が乾いたらもう一度丁寧に耕してくれるそうです。

植えられる畑になる日はまだ遠そうです。

012 サニーレタス初収穫。

自転車の子供乗せイスにいっぱいになるほどの大きさです。

サニーレタスで肉を包んで食べたのですが、子供に不評でした。

私も味に違和感を感じました。苦いというか、くさいというか。サニーレタスってこんなだったかなあ。

よくないことなので品種はあえて書きませんが・・・もうたぶん買いません。前に栽培したサニーレタスは横に広がるのですが、今回のは立てに伸びるような成長をします。

肉を巻くにはやっぱり「サンチュ」がいいようです。でも、サンチュはまだ小さいんだよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

混植断念

008_2 キャベツと白菜の虫避けにレタスを混植予定でしたがキャベツが畝いっぱいに広がっていました。

007 白菜の方も一緒に植えたサニーレタスがこんな感じに。

葉の下敷きになっています。

白菜に成長が邪魔されているサニーレタスですが、中には006

収穫できそうなものもありましたよ。

005 枯れてなくなった白菜のあった場所には数本植えましたが、混植は無理です。

なので、ちゃんとした畝に植えます。

002

チマサンチュと

003 玉レタス「シスコ」

混植するには相当広い場所を確保しておかなくてはいけないですね。

009 ニンニクに苦土石灰を今の時期に与えるのがいい、という情報を聞いたのでやっておきました。

マルチをはがすのが面倒だったので、上から大量に振り撒きました。

苦土石灰が大好きなだんなさんが泣いて喜びそうな作業でしたよ。

追記 ニンニクに石灰はニンニクから15センチほど離れた土に混ぜるのがいいのだそうです。今から苦土石灰を与えてみようかなと思われる方はご注意を

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ようやく植え付け

003  雨が降る前に何とか植え終わることができました。

ブロッコリー「ハイツ」

002 白菜「無双」

大きい苗にでしょう。

虫食いもすでにあります

004 サニーレタスは2種類あったのですが、どっちがどっちかわからなくなってしまいました。

今年は全体的に植えるタイミングを逃しまくっています。これからの成長に期待ですね。

008_2 母の友人から苗を分けていただきました。

というよりは、自分が掘り起こしに庭まで行ったのですが。

和風の庭で山野草や茶花が多く、まったく知らない名前のものもたくさんありました。

「イワヤツレ?」「ホウチャクソウ?」「ギランソウ?」「ホトトギス?」「ルリギク?」「ウキツリボク?」他多数。

自分にこれが管理できるのだろうか・・・???

というか、我が家の庭は一応洋風を目指しているのですが。

大丈夫か?和洋折衷。

とりあえず、植えてきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

芽キャベツの下の方

004 芽キャベツが大きくなってきました。

気になることがあります。1つは虫のフンで今から育つと芽キャベツになるであろう場所が汚いこと。

005もう1つは下の方が結球していない株が多いというところです。

これは取らないといけませんね。

支柱を立てたのに茎が曲がっているのも泣けるところです。頭が重いからまっすぐにはならないのかもしれません。

002 サニーレタスと

003 半結球レタス マノアが収穫できました。

植え付けは9月27日

1ヶ月足らずでの収穫となりました。

サニーレタスは植え付け時、大丈夫か?の小ささでしたが平気なものですね。

008 009下葉をかいで食べるか悩んだのですが、株ごと収穫です。

みさきキャベツを収穫したあとに、レタスを植えたいのですが、種まきをしていません。

今畑にある分で今年のレタスは終了となります。サニーレタスはあと3株だけ。

やっぱりかいだほうがいいかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

レタス定植

001 レタス類の苗です。

タネから作ったのですが、暑いのがいけなかったのでしょうか、なかなか大きくなりません。

このままではいけないので、思い切って畑に植えることにしました。

002 半結球レタスのマノア。

003 サニーレタス。

004 サンチュの3種類。

畑に植えたら大きくなってくれると期待しています。

先日植えつけたキャベツなのですが・・・

002_2防虫ネットのない場所がすごいことになっています。

これはハスモンヨトウの幼虫の仕業です。

青虫に比べやっかいなのは、芯を食べてしまうこと。芯がなくなったら、葉も増えず巻きませんよね。

003_2それに1つの卵から何十、何百と幼虫が生まれてくるので対応しきれません。

去年は別の畑で、青虫のみの発生だったので、苦労なしで収穫できましたがこの畑ではダメだったようです。去年ハスモンヨトウが大発生した田の隣ですからね。

004_2 ネットの中のキャベツは大丈夫です。

でもハスモンヨトウは這って移動するらしく、いつのまにかネット内にいることがあるので注意は必要です。何個かはやられました。

モニターしなくてはいけないキャベツなので必死です。

悔しいので防虫ネット20メートルを買ってきました。今年はもう遅いので、来年はしっかりガードするぞ~!

でも、ちょっと買うの早すぎたかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベビーリーフが大人に

009_11 3月27日にタネまきをしたベビーリーフですが、立派な大人になってしまいました。こちらは葉物ミックス。

いつ、採ろうかな?まだ早いかなと待っているうちに収穫適期を逃したみたいです。

もうサラダは無理です、普通の青菜として火を通さないと食べられません。

水菜と高菜が多かったかな。大根らしきものはすでに根が白く太ってきていました。遅すぎましたね。

008_14 それに比べてレタスミックスの方は今が食べごろでしょうか。こちらはタイミングばっちりです。

レタスミックスは発芽がまばらでした。冷蔵庫にも入れず、あることすら忘れていたタネなのでしかたありません。

芽の出かたに差があり、サラダ菜、チコリ、エンダイブが特に少ないようです。

010_4 ベビーリーフとほぼ同時に、こちらは苗を定植したサニーレタス。もう食べられますね。

011_5 半結球レタス マノアも巻いています。

春のレタス類はすべて、収穫できるまでになりました。

急いで採らなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆