たまねぎ

最後に笑うのは私!のはず

昨日人参の種蒔きをしました。発芽は大量の水分が必要なので雨の予報の前に蒔いたわけですが、日中は結局ほとんど降りませんでしいた。

夜はそれなりに降ったみたいですけどね。

でも、朝になるとウッドデッキは乾いていて空は曇ってはいるが所々青空も見え、しっとりという感じではありません。

これは水遣りしないとね

畑はカラカラではないけど、サンダルで行っても普通に歩ける。

不織布の上からしっかりと水撒き。

すると墓参りに行く親子(娘は私くらいかな)が

「あそこ見て。昨日雨が降ったのに水やってるよ。くすくす

あの~、しっかり聞こえてます。

地獄耳なのよ。

人参を発芽させるには芽が出るまでずっとしっとりでないといけないんだよ。

何を言われようと、バカだと笑われようが最後に笑うのは私…のはず。

お願い芽出て

Img_2225 Img_2226 母の玉ねぎが腐ってきたと聞いたので自分の吊るしてある玉ねぎをチェックしてみました。上の部分が腐るみたい。

うちのは今のところ目立つほど腐ってないようです。

母の、というかこの辺りは玉ねぎが豊作だったようでどなたも巨大な玉が収穫できたようです。大きいのはよかったのですがその分腐りが早いんですね。

確かに巨大玉ねぎになる「アトン」はソフトボール大に育てると保存期間が短くなりますと注意書きがあります。

今年は畑の水はけが悪く大きな玉にならなかったので、自然と長期保存向きの玉ねぎになってくれたようです。何だかラッキー

Img_2227 さすがに赤マタネギは保存期間が8月いっぱいなので周りから腐ってきているものが増えてきました。

でも、今まで料理にはほぼすべて赤玉ねぎを使ってきたので(ハンバーグだろうが、肉じゃがだろうがカレーだろうが)、残すところ20玉ほど。

腐る前にはなくなりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

肉じゃがにも赤玉ねぎ

Img_1866 サツマイモ「こがね(黄金)千貫」。他のイモより早く植えたのでツルの伸びもちょっとだけ早いようです。

ツルが伸びるのは気温の関係があるだろうから早く植えたとはいってもほんのちょっとだけですけどね。

伸びたつるを苗として挿しておきました。

とりあえず5箇所ほど。全部で10株にはしたいのでまた伸びてきたら増やしましょう。

Img_1867 ベニアズマも数株増やしました。

ベニアズマは白菜を収穫した後の畝1つ分ほど追加しようとは思っています。さつま芋はもう少しあってもいいかなと思いますが、畑が狭いので計画して植えないと夏野菜が終らないうちに植えるプチヴェールやブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど行き場がなくなりそうです。

それもあって今年は黒大豆、小豆の栽培を諦めました。

Img_1869 安納芋はねっとり系の芋なので(苦手)買ったままの10本だけにしておきます。美味しかったら来年は増やすということで。

もう少ししたら伸びたツルを狙ってツル泥棒がやってくるはずです。「繁ったツルは芋が大きくならないからね~」とか言いながらツルを切るのでしょう

Img_1861 「甘とう美人」初収穫です。3個とれてた「京みどり」とともにピザにしました。

Img_1862 玉ねぎはたくさんありすぎる赤玉ねぎを使用。だんなさんの赤玉ねぎは割れが多いのでまずはそれを消費しています。最近はどんな料理も赤玉ねぎを使うんですよ。

Img_1863 野菜をたっぷり使ったのでピザなのにあっさり風味となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

玉ねぎ以外全滅

玉ねぎをすべて収穫したので、借りている畑を返す準備を始めました。

玉ねぎのマルチをはがして、ソラマメの支柱を外し、豆のネットを取りました。

スナップエンドウ、グリンピースは草丈が伸びず、収穫に困ることなく終了。グリンピースは一度も食べていません。

イチゴはほとんど収穫できなかったので今年はランナーを取らずに株は捨てました。

最後の残ったのはニンニクです。

Img_1864 葉が育っていないんです。いい実になるはずもなく過去最高に悪いできです。

借りた畑でまずまずの出来になったのは玉ねぎだけ。トウ立ちが1本もなかったし寒い冬だった割に玉太りはよかったですからね。あとの野菜はほぼ全滅という散々な結果となりました。借りなきゃよかった

ここで野菜を作るなら相当な水はけ対策が必要です。でも、人の畑なのでもう考える必要はありませんけどね。

Img_1865 小ネギ「小春」です。移植する場所がなくてこれだけキャベツの畝の端に残ったままになっていました。半ば忘れられ雑草に囲まれていたのでホワイトアスパラ状態で色が薄いです

Img_1870 「あじのごまだれ丼」の薬味に大量に刻んだのですが、生の鯵が食べたくない下の子はネギだけをそのまま食べています。

すごく美味しい!と。

そのままというのはちょっとねと思いましたが柔らかくてクセがないので確かに食べられる。

その子が「これは小春ちゃんでしょ。ホワイト何とかというネギはまだ食べられないの?」

そういえば春休みに一緒にネギを植えたんです。

ちゃんと覚えていたんだね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

落花生移植

今日も田植えと覚悟していたのですが、代かきが完全に終ってないらしく続きは明日となりました。

雨や田植えで野菜の畑は最近手付かずです。

ここで一気にやってしまいましょう。

トマトのわき芽を取り、スイカに藁を敷き、ズッキーニピーマンゴボウに追肥、白ネギに追肥をし土寄せ、あとは目に余るような雑草を抜いて…

Img_1854 先日ほとんどを収穫した人参のマルチを外しました。人参を抜いた穴がぽっこりと規則正しく開いています。

ここには落花生を移植するつもりなんです。

Img_1855 5月9日に直播してここまで大きくなりました。発芽率は8割くらいかな。落花生はポット蒔きよりも直播の方が発芽率がいいようです。

この3つでた芽を1本にした残りを先ほどの人参後に植え替えます。

Img_1856 根がポットに回っているわけではないのでうまく根付くかどうかわかりませんがやってみました。たくさん落花生が食べたいからね

そして残っていた赤玉ねぎを抜きました。

Img_1858 これはだんなさんの。

Img_1859 こっちは私の。写真ではわかりにくいですね。

どちらも収穫間近になって病気が出てしまいました。

だんなさんのは極早生だったのに収穫が遅れたからでしょうか育ちすぎ?で割れた実が多かったです。あと揃いも悪いです。

私のも揃いは悪いけどだんなさんほどではありません。割れたものはなし。

どちらがいいかと聞かれると私のとは答えますが、どちらにしても赤玉ねぎは胸を張って自慢できる出来ではありませんでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

全力は出し切った

Img_1796 昨日、力の限り抜いた玉ねぎです。

計算上では植えた数880本、前日に200個抜き、体力の限界のため挫折して畑に100本残っているのでここには580個ほどあることになります。

大変だったけど580個と書くとそんなに大量ではないと思える不思議

雨が降るということなので急いで吊るしました。学校から帰った下の子はこの玉ねぎ臭い中、隣で宿題をしています。

もう蚊がいるんですよ。

2箇所かまれたので今年初の蚊取り線香を出動させました。

Img_1797 Img_1798 こんな感じでカーポートの端にずらーっと並んでいます。こころなしかカーポート内が薄暗くなった気がしますよ。

折れないかな支柱

全部収穫した後今すぐ不要な分は山の小屋へ移動する予定です。それまでの辛抱だ、がんばれカーポート

Img_1800 Img_1801 次々にバラが咲いています。

Img_1802 粉粧楼は花が重いのでかなり下向き。下からでないと写真は撮れません。病気に弱いバラなんだけど開花期間がとても長いんですよ。

バラにも個性があって楽しいです。

Img_1803 今日はこれから雨の予報なのでもったいないとは思いながら、いつもより早めに花ガラを摘んでおきました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

赤玉ねぎ対決の結果

Img_1790 玉ねぎ「ネオアース」収穫しています。

昨日と合わせて午前中で500玉くらいは収穫できたでしょうか。残るは400玉ほどかな?

収穫できたとは言っても抜いて葉を落とし、とりあえず家の裏まで運んだだけ。吊るしてはないからまだ先は長いです。

よし、午後もがんばるぞ!

だんなさんがこっそり赤玉ねぎの種を買っていたので赤玉ねぎ対決をしていました。

なぜこの赤玉ねぎを選んだのか詳しく聞いたところ

「極早生って書いてあったから」とあっけに取られるほど簡単な理由でした。

その早く収穫したいという願いが叶って

だんなさんの赤玉ねぎだけが葉が折れ収穫できるようになりました。

Img_1791 これが私の赤玉ねぎ「赤玉の極み」。まだ葉がしっかりして折れそうにありません。赤玉は弱いんでしょうかね。赤玉は2人とも病気が少し出ています。

Img_1780 だんなさんのはこれ。葉が小さい。草が多いのは私が悪いんだけど

Img_1792 だんなさんの「サラダ赤玉ねぎ」。収穫は早くできたけど実は小さいよ

まだ私のが収穫適期ではないのでわからないけど玉の出来は私の方がいいような気がします。自分のだからじゃないよ公平な目で見たつもり。

気になる点がもうひとつ。

Img_1793 だんなさんのは赤玉ねぎなのに植える時白い苗があったんですよ。種蒔き中にネオアースが混ざったのかもと思い、端っこにわかるように植えておいたら明らかに違う玉ねぎができました。

だってネオアースはもう全部倒れていますからね。これはまだ元気いっぱいに育っている最中。

ということは元々赤玉ねぎの袋に違う種類の玉ねぎが入っていたということ?

今までこんなことはなかったのでびっくりです。だんなさんが買った赤玉ねぎの種屋さん、タネの管理が今ひとつな気がしてきました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雨の後?雨の前?

Img_1779 2週間ほど前から倒れ始めていた玉ねぎ「ネオアース」ですが、まさかこんなに早く収穫できるわけないとの考えをよそに、ほとんどすべてが倒れてしまいました。

収穫してもいいようです。

というか、しなくちゃね。

1輪車に1回分家に持って帰ったところで、母に連絡。母に玉ねぎを注文した方が葉も根も付けたまま欲しいと言っているらしい。しかも100キロ。

母は自分の玉ねぎに自信がないらしく、重量が足りなかったら私のをわけて欲しいというのでどのように保管しておいたらいいか聞きたかったから。

すると「お母さんの玉ねぎはまだ収穫できないよ!どれだけ足りないかわからないし、昨日雨が降ったのに収穫してはいけない!」

怒られました

腐るんだって。本当なの?

で、いつならいいのか?と。明後日からはまた雨なんですよ。

すると明日の夕方ならいいと。

は?1時間や2時間で収穫できる量じゃないよ。何寝ぼけたことを言っているんでしょうか。

雨の後抜いて乾かすか、雨の直前に抜いて乾く間もなく雨になるか、どちらがいいのかわかりません。

しかもうちの玉ねぎ畑はずっと水浸しなので、1日2日待っただけで変化はないと思う。

でも、一応助言をもらったので今日はやめておきます。

全部は無理だろうけど、明日抜いてやる

Img_1787 Img_1788 生育中ずっと水分だけは十分だったせいでしょうか、玉太りは上々。コマ型の玉も少ないです。

これから先保管中に腐りやすいかもしれませんが、今現状を見る限りでは今年の玉ねぎは成功したようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

でかいお黄に入り

Img_1694 早生玉ねぎはあと少しだけとなっています。葉が折れていないのを置いていたのですが3日間の雨中にすべて倒れていました。

ので、全部収穫。これで早生玉ねぎの収穫は終了です。

今年は290本植えたのですがいつもの年よりも少なく感じました。途中で苗が消えたとかではなく収穫するはしから吊るす間もなくどこかへ行ってしまったからでしょう。

この前は近所の方が玉ねぎを吊るす作業をしているところにいらして、落ちない玉ねぎの吊るし方を伝授していたら早生は栽培していないということが判明したのでおすそ分けしたりしましたからね。

そこで小さい玉でもいいですか?とわざと小さいのを選んで袋に詰めてあげるあたり我ながらせこいなと

でもね、小さい玉だと遠慮せずにもらってくださるんですよ。

「そうよ小さいのでいいよ。大きいのは売りなさい」とね。お気遣いありがとうございます

Img_1684 普通玉ねぎ「ネオアース」。さすがにまだだろうなと思っていたら

Img_1685 かなり玉が大きくなっていました。今日見てみたら茎が折れているようなものもありました。でもそれはまだ早いぞ! 大雨によって葉が倒れただけと思いたい。

Img_1696 白菜「お黄に入り」初収穫です。600グラムほどなのですが1キロ超えてしまいましたよ。中途半端な大きさになりました。

Img_1697 まだ巻かないからと収穫を遅らせていましたが、中心が持ち上がってきている?もしかして中には花芽がでてきているのかもしれません。

小さい苗のうちに花がつくよりはいいけど、早すぎます。

だって全部で108株あるんだよ

何回かに分けて種蒔きすればよかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

生姜植え付け

Img_1658 早生玉ねぎ「チャージ」8割がた倒れたでしょうか。倒れたものから収穫し食べたり、おすそ分けしたり、母の朝市の品数増加のために持っていったりしています。

豊作の年に比べたら小ぶりですがまずまずの玉太りになっていました。

Img_1659 今年も落ちない玉ねぎの吊るし方で保管しておきます。

Img_1648 芽だししていたショウガです。プランターにびっしりと埋めていたのでさぞかしたくさんの芽が並ぶものと思っていましたが、そうでもないんですね。

Img_1649 芽の大きさの差は何だろう?土の上に出ていなくても小さい白い芽はついています。

Img_1650 まだわけてなかったので畑で包丁で切り分けました。種ショウガのどこから芽が出るのか何となくわかった気がします。なので来年は芽出しの前に切り分けておくことにします。

芽を見て、芽数を数えてから分けたいと思っていたけど、結局は適当にわけてしまったし

Img_1647 落花生、今年は「おおまさり」と「千葉半立ち」の2種類を作ります。

大きい野菜好きの私にぴったりな大粒落花生おおまさりです。カタログでは「サヤが従来品の2倍!」とのこと。中の実が2倍ではないのか?と突っ込みたくなるようなコピーではありますが。

Img_1651 写真ではまったくわからないとは思いますが種も大粒ですよ。

せっかく2袋も買ったのですが、植えるところが少ない

おおまさりは1ヵ所に2粒ずつ、半立ちは3粒ずつ植えたのでキャベツ、白菜を収穫したあとの畝に植え替えられたらいいなと思っています。まずは発芽を待ちましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

早生玉ねぎ収穫

Img_1560 5月がもう目の前です、さすがに氷点下になる日ももうないでしょう。キュウリ「VR夏すずみ」植えます。

大きさに大小あるものの、4粒蒔いて4株完成。上出来!

Img_1561 もしかしたら霜が降りるかもの備えとウリハムシ&強風対策としてホットキャップをかぶせておきました。

Img_1568 去年6月に収穫した玉ねぎがなくなり店で買うこと2袋分。それもなくなったのでまだ少し早いのですが早生玉ねぎ「チャージ」を収穫することにしました。

葉だけ見ると絶好調な青々とした緑色です(青々とした緑色って言葉としてはどうなの?ですが)。

でも冬が寒かったので玉太りは悪いですね。

Img_1562 中には小さいけど茎が折れているものも数株ですがありました。

Img_1565 それだけでは足りないので玉が大きそうなものを選んで抜きます。下の子も手伝ってくれました。

Img_1566 これはちょっと小さめ。失敗したと残念そうな娘。

Img_1567 食べられそうな実もたくさんありましたよ。

Img_1569 畑で根と葉を子供に落としてもらったのですが、新鮮だからでしょうか「涙が出る~」と大騒ぎしていました

今夜はフライドオニオンとスライスしてサラダにする予定。あと明日のカレー用も収穫しておきました。

久しぶりの新玉ねぎ、楽しみです

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆