大根

大根蒔きなおし

Img_2364 種蒔きをして今日で9日目の大根「野武士」。

高温で発芽しにくいとはいえ、発芽率0%というのは温度や水遣りが原因ではないでしょうね。

だって几帳面とは程遠い母でさえ大根は発芽したと言っているんですよ。人参は出ないので蒔きなおしたけど、2回目もだめだったそうです。まあ、人参は難しいし

そうだ!これは野武士が悪い。

いえ、本当は発芽率2007年7月現在85%以上と書いてあるタネをいまだに使っていた私が悪いのです

Img_2366 買ってきました、新しいタネです。急遽近くのHCでの購入だったので王道中の王道「耐病総太り」。

7ml 328円。100~150粒入り程度でしょうか。

前の野武士が500粒入りで持て余していたのでこのくらいがちょうどいいかもしれません。

それと大根タネを買うついでにジャガイモの種芋を探してみたのですが、さすがに遅くてありませんでした。9センチポットの芽出し苗を1個198円で売っていましたが、さすがにこれは買えない…

Img_2365 なのでジャガイモ用に用意していた場所に葉物野菜を蒔いておきました。

「小松菜」、赤茎ほうれん草「晩抽サラダあかり」、水菜「水天」、ほうれん草「オーライ」。

今回でようやく晩抽サラダあかりがなくなりました。

自分は一度に大量に蒔かないので(特に葉物野菜は)どれもこれも古いタネになってしまいます。

これも2006年12月のタネでした

発芽するかは微妙ですね

| | コメント (26) | トラックバック (0)

いつまで野武士?

Img_2318 9月に入ってから「大根蒔かなくちゃ」とは考えてはいたのですが、ずるずると1週間も経過してしまいました。

Img_2319 あまり遅くなると太くなる前に寒くなってしまいますからね。

今年も「野武士」。もう何年ものだろう。

袋裏には2007年7月の発芽率が書いてありました。4年前のでした

家族で食べきれるくらいしか蒔かないのでなかなかなくならないんですよね。

残りもまだたっぷりあるしあと5年くらいは野武士になりそうです。

Img_2320 人参「グランプリ」と「向陽2号」、しっかりと緑のラインが見えるほど大きくなりました。

ネットを張っていたものの低すぎたのか新しい猫の足跡がもっと高くに張ったほうがいいのかな?

運がいいことに人参のところはうまく避けてくれていました。

Img_2321 人参もですが同じようにもちろん雑草もグングンと成長中。

発芽させるのとある程度大きくなるまでは乾燥はよくないかと毎日のように水遣りをしていたら土がカチカチです。

明日草抜きと中耕をしましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大根の生姜漬け

昨日収穫した大根「つや風」。

大根の生姜漬けにしようと収穫したのですが、量ってみると予想より重いかったので抜きすぎが判明しました。

でも、しょっぱなから大量に作ってもということで残りの大根は母へおすそわけすることに。

使うのは1本だけとなりました。

ここは大きく育ったと喜ぶべきところですね。

Img_1728 まずは教えてもらったレシピそのまま。

メモ書きのようでよくわからないからここに書き直しておきましょう。

分量 大根2キロ、生姜2、3片、梅干2、3個、三温糖400グラム、濃口醤油400cc、酢200cc

1 大根は4つ切りで、イチョウ切りにし塩をして一晩置く

2 生姜は皮をむいて千切り、梅干はみじん切りにする

3 大きな鍋に大根以外の調味料を入れ煮立たす

4 大根をしぼり鍋に入れ5~6分煮る(煮汁はここで1000cc)

5 ザルにうつし大根と汁に分ける

6 汁を半分に煮詰めて500ccにする(約10分)追記分量を減らして作る時は煮詰めすぎないように注意。甘辛くなりすぎます。

7 煮詰めた汁の中に大根を戻し混ぜて火を止める

8 1時間そのままにして冷めたら大根と汁を分けて容器に入れ冷蔵庫で保存する

こんな感じでしょうか。

実際に作ってみました。1キロ分です。

Img_1722 三温糖がなかったので黒糖と砂糖を混ぜて使いました。1対2くらい。

Img_1726 1キロ分の大根は塩をしてかさはかなり減ったもののかなりありました。

Img_1724 生姜1片とか言われてもよくわからないので今回は量って40グラム。梅干は大粒1個と半分です。これを規準に増減してみましょう。

Img_1730 煮汁を煮詰めたのですが、半分の量にしようとするとかなり粘りが出て濃厚な汁になりました。味見してみたところかなり甘い感じです。

Img_1732 今漬けて冷ましているところです。簡単でした。

今の時点では濃い味になっています。冷めたらまた変わるかもしれませんね。

出来上がりが楽しみです

しかしこれ名前は「大根の生姜漬け」でいいんでしょうか?正式名称は教えてもらえませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

漬けるのは明日

Img_1716 サニーレタス「レッドファルダー」できました。

Img_1717 玉レタス「シスコ」も。この写真では巻いてないように見えますが、葉を3枚ほどはがすときれいな玉レタスが出てきましたよ。写真はないけど

今朝の朝食は自家製レタスを使ってハンバーガー。肉は昨夜のハンバーグの残りを使用すしました。

だんなさんから「朝からハンバーガーかいっ!」と突っ込みは入りましたが、子供たちには好評でしたよ。

Img_1719 種蒔きは人参と同じ2月23日の大根「つや風」。

直径10センチほどのマルチ穴を下から押し上げていました。

Img_1721 立派なものができました。これは大根の生姜漬けを作るつもりなんです。

教えてもらったレシピは2キロ分だったけど、まずはお試しで1キロ分作ってみようと大根を収穫。

どれどれ、1本何グラムくらいかな?

一番大きいもの葉込みで1.2キロありました。しまった抜きすぎた

春の大根はもたもたしているとすぐ花が咲くので早く使い切った方がいいので、これは思い切って2キロ分作れとのお告げなのでしょうか?

レシピを確認してみると

「1、大根をいちょう切りにして塩をふり1晩置く」とのこと。

続きは明日ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

人参どこだ?

タマネギの草取りは昨日午後から続きをやって終了。

Img_1374 すっかり忘れておりましたが、だんなさんと赤タマネギ対決をしていたのでした。これはだんなさんの「サラダ赤タマネギ」。

Img_1375 でもってこれが私の「赤玉の極み」。

欲目で見ると私の方が少~し成長が良いと言ってみたりして

うーん、冷静に見ると同じくらいでしょうかね。

対決とは言っても種の購入とセルトレイへの種まき以外は全部私なので(ああ、外れたマルチを戻してもらったことはありましたね)ただ単に品種対決となりそうです。

Img_1379  今日は2月末に種まきした人参「向陽2号」と「ベーターリッチ」の草取りです。トンネルの中は暖かく雑草パラダイスになっています。

Img_1378 どこに人参があるのかわかりませんね

Img_1380 ようやく見えてきました。本葉3、4枚というところでしょうか。

Img_1382 すっきり!!水をやり、またトンネルを掛けておきました。追肥はもう少し先でいいかな。

Img_1384 人参と同じ日に種まき、同じトンネル内の大根「つや風」は1穴1本に間引いておきました。

Img_1383 寒いからまだ大きくなっていないだろうとのんきに構えていたらとっても大きな間引き菜になってしまいました。

寒い時に限らず、間引きが遅いのはいつものことなんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

布団が吹っ飛んだ

Img_1228 キャベツを植える畝に「消石灰」をまいておきました。いつも畑の準備がぎりぎりなので、石灰はすぐに植えつけられる「苦土石灰」を使っていました。

だけど今年はちょっと違う。

まいて2週間は待たなくてはいけない消石灰を使える日が来ようとは、私も成長したなあ

Img_1222 人参「向陽2号」の芽が出ていました。種まきは2月23日

発芽率は100%とは言えないけど、発芽までの日数は例年通り?という感じでしょうか。

水分不足にならないように何回か水遣りをしたためか穴の中心からずれている場所もあったりしてそれが一番の不安です。マルチ穴を芽に合うように裂くべきか。

「ベーターリッチ」の方も出てました。

Img_1223 大根「つや風」も出ています。古い種だからと大目に蒔いたんだけど、それでも出てない穴もあり。来年は新しい種を買おうかな。

もっと大量に蒔くという方法もありますね。発芽率が低いとはいえ0ではないのでこれが一番いいやり方かもしれません。

畑から家に帰ってみたら干していた子供の布団が隣の田に飛んでいました。今日は畑のマルチも飛ぶ勢いの強い風が吹いていました。

布団がふっとんだ!という駄洒落は好きですが、現実になると笑えませんね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人参は1袋でよかった

Img_1155 人参蒔きます。

用意したのは「向陽二号」と「ベーターリッチ」の2種類。

最初に向陽2号を買って足りないかも?とベーターリッチをホームセンターで買い足したのですが

Img_1158 裏の蒔き時期を見て「温暖地は春蒔きできないじゃない!」と怒っていたんです。

だんなさんが「これ、秋から4月頃までいつでも蒔けるってことじゃない?」と冷静に突っ込んでくれました。なんで春に蒔けないと思ってしまったんでしょうか。我ながらアホとしか。

よくよく見てみたら7月から8月、12月から4月までの長期に渡って蒔けるようになってます

ごめんよベーターリッチ。

一緒に

Img_1156 大根「つや風」も蒔きます。

まずはつや風を数列蒔いて残りを人参に。春の大根はトウ立ちが早いのでたくさん蒔いても使い切れません。

1穴2粒ずつ蒔いていき、ちょうど700粒入りの向陽2号がなくなりました。蒔きどきを疑った私への仕返しでしょうか、ベーターリッチは14粒蒔いただけ。

ただ単に用意した畝が少なかっただけなんですけどね

残った種は秋蒔きに回します。まったく関係ない情報ですがタキイのペレット種はつや消し、サカタのはつやつやなんですよ。

Img_1159 水をかけ、トンネルを張って終了。去年は2月23日(偶然にも同じ日)種まきで3月17日に双葉を確認しています。ここのところ暖かい日が続いているので早く芽がでるかもと期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

豆類の植え付け

Photo_2 ソラマメとスナップエンドウ、グリンピースを植えます。

スナップエンドウとグリンピースは新しく畝を作るまでの仮植えですけどね。

Photo ソラマメは23個のうち1個が腐ってしまいました。もう1個根だけしか出ていないものもありますが22株は何とか植えることができました。

Photo_3 Photo_4 グリンピースとスナップエンドウには不織布を掛けて霜対策もばっちりです。新しい畑に植え替えるのはいつになるかわからないので(春になる気がする)しっかり防寒しておかなくてはいけませんね。

Photo_5 9月末頃に蒔いた「野武士」。

どれくらいになってるかな?

Photo_6 初収穫です。

長さは中途半端ですが太さはまずまずかな。

1回目の種まきを失敗しているのでこれでも良い出来なのではないでしょうか。冬の大根はトウが立ちにくいので長期間食べられそうです。

よそのお宅の畑では大根を100本以上も植えてあるところが多いです。もしかしてタネ1袋分全部蒔いてるのかも?一体どうやって食べてるんだろう?

漬物や切干にしている人もいるんだろうけど。

こんな疑問を持ってしまううちは大根の消費量が少ないのかもしれません。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

白菜を葉でくるむ

Img_0899 白菜「晴黄85」を押してみたらほどよく巻いている手触りです。

種まきは8月27日なので約3ヶ月。晴黄85なので種まきより85日後に収穫できるはず。ほぼ予定どおりですね。

収穫できますが、今すぐには使わないので長期保存ができるようにしておきましょうか。

Img_0901 外側の葉を上に乗せ、周りの葉は囲むように紐で結んでおきました。葉の布団につつまれた感じかな。

霜と寒さ対策です。周りがカピカピになっても中心部分だけは食べられるようにね。

Img_0903 畑から少し離れた場所でだんなさんに「あれ見て。白菜がいままでとはちょっと違うでしょう」と嬉しげに報告したら。

「ああ、白菜ってネットの中にあったよね。何も変わってないように見えるけど?」

は?白菜が植えてある場所も分からないの?ネットの中はキャベツだよ!!!

あんなにかわいらしく並んでいるのに

ほんと、ナスとトマトたまにゴーヤーしか見てない人です。教え甲斐がないったら。

Img_0888 生えなくて蒔き直した「野武士」。9月20日頃だったかな。

ようやく直径6センチくらいになったでしょうか。何とか食べられる部分がありますね。次は買わずに抜いてから使うことができそうです。

第一弾種まき分がうまくできてたら、今頃立派な大根が収穫できていたはずなのに

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大根間引き

Img_0715 二日前に収穫した落花生は実を外して乾燥中です。

10株ほどでバケツ1杯ほどあったでしょうか。

今年の出来が良くなかったのか、収穫時期が早かったからか小さい実が多かったですね。

Img_0716 できはともかく、早く乾かないかな~

Img_0718 大根「野武士」大きくなりました。間引きですね。

今回はタイミング的にちょうどいいと思います。いつもいつももったいなくて間引きが遅くなってましたから。

Img_0719 1本にし、軽く土寄せと追肥をしておきました。

Img_0717 キャベツ「みさき」。手で触ってみると固い。収穫してもいい頃ですよ。

まだ早いのに野菜が食べたい!というだんなさんのために収穫したのは1週間前。やっぱりこのくらいが収穫適期なんだよ。

植えたの全部が全部固いわけではなく、中にはまだゆるいのもあるから順々に食べていけば丁度良い感じ。

で、みさきが終わったら今度は「浜岬」「おきな」へと。

あ~っ、収穫後のキャベツの写真撮るの忘れてた。今年は虫被害も少なくてきれいなキャベツだったのに残念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆