にんにく

にんにく少ない…

Img_0905 仮植えしておいたニンニクを掘り出してみました。

Img_0906 他の畑では長い芽が出ているのに~と自分のニンニクの成長の悪さを嘆いていましたが、自分のニンニクの中でも成長に差があることを発見。

どれがどの品種かすっかり忘れてしまいましたが、粒が小さいものには芽が出ているものが多いです。

よそ様の長い芽が出ていたものはそういう品種なんだと自分を納得させました。

ただね今年はタネニンニクを買ってないのでたったのこれだけ。よくよく考えてみたら少なかったかもね。

来年植える時は早めに畝を用意してたくさん植えるぞ一年も先の話ですが

今日は車がガリガリと凍るほどに霜が降り、氷も張ったほど寒いです。吹く風が冷たい。

Img_0907 これはネギの土寄せチャンス。シャベルで土を乗せるのは重労働(ドラマであるとってつけたような工事現場での作業風)なので寒い日でないと汗だくになるのです。

ネギを植えている場所はネギを中心に2メートルほど使っているでしょうか。白ネギ(根深ネギ)は土寄せのためかなりの場所を必要としますね。隣がイチゴと玉ねぎでよかった。収穫後はそのまま何も植えず土寄せ土として使用しましたから。

Img_0908_2 さらさらの土ではないので葉が折れてしまいましたが、もう見てみぬふり。

なだれが起きているので最後の土寄せになるでしょうか。というか最後になって欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たくさん植えたのに

012 ブロッコリー「ハイツ」、キャベツ「みさき」、レタス「シスコ」、サニーレタス「レッドファルダー」を植えることにしました。

みさきは種まきが遅かったけれど、大きくなってくれました。ひょろひょろなのは見なかったことにしておこう。

植える場所に先日肥料を入れたものの、マルチはまだだったのでまずはマルチ張りから。

そして一気に

013 植え付けた~。

寒さには強いとは思うけど寒冷紗トンネルをかけて終了。この寒冷紗はどちらかというと、今から増えるモンシロチョウ対策のためですね。

ニンニクが枯れてきているという方がいらっしゃるようです。

実のところ我が家のニンニクも絶好調というわけではありません。

隠蔽していました

気のせいだと思いたかったんですよ。

004 ひどいところでこんな感じですかね。根元の皮が腐ってきています。

今年は数種類のニンニクを植えたので

001 中には元気そうな場所もありますが。

今年の春は雨が多く、日照時間が短いので病気になってもおかしくない状況です。

調べてみると、超ストレートなお名前「葉枯病」というのがありました。発症の時期的にもぴったりです。

今日は小雨が降っているので、明日にでも殺菌剤をまいておきましょう。かなり進んでいるようなので、気休めにしかならないかもしれませんね。その病気かもわかりませんが、念のため。

今までニンニクを失敗したことがなかったので、調子にのって今年は大量に植えています。今年に限ってこんなことになろうとは

002 落ち込んでばかりはいられません。やることはやっておかないとね。ということで、芽は取っておきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ニンニクに石灰を

007 タマネギに使おうとした穴あきマルチが6穴だったと昨日書いたのですが、まったく気付かずニンニクに使っています。

いいんですよ6穴マルチでも。

なにも問題はありません。

ただ、同じ畝幅なら少しでもたくさん植えたいタマネギには困るなあという話だけでして

ニンニクようやく全部生えそろいました。タネニンニクとして宮崎産のを買ったのですが、なかなか芽がでなくてね。

もしかして、発芽抑制剤を使ってる?(本当に使っていたのかも)と思いましたよ。食用をタネとして使ったのと今年自分の家で収穫したものは、あっという間に芽が出てきましたから。

その6穴マルチに植えている、ニンニクには石灰をまいておきました。

去年、この時期ニンニクに石灰をまくといいよと聞いたのでやりました。

今年できたニンニクはよい出来だったので、今年もやっておきましょう。

穴あきマルチ7列を買いにいったら、200m巻きが売り切れだったので予約して帰りました。どうせ買うなら長いのを買っておいた方がお得ですからね。

今週中には入荷するとのこと。植えるのは2週間ほど後なので間に合いますね。

001 ブロッコリーは初収穫となりました。

実がとても大きかったので頂花蕾どりの「キャッスル」かな。

成長の早さから考えると「ハイツ」かもしれないし・・・

「ハイツ」と「キャッスル」がごっちゃになってどれがどれかわからなくなりました

まあ、どちらにしろブロッコリーに変わりはありませんけどね

| | コメント (12) | トラックバック (0)

タネと苗だけが増えていく

001 植える準備がまったくといっていいほどされていないのに、店で見たらつい買ってしまいます。

皮をむくのが面倒なので敬遠していましたが、自作ラッキョウでラッキョウ漬けを作ってみようかと種球を購入。

毎年義母が漬けたものをもらっていたんですよ。義母にはわざわざ買わせてむかせていたと

ニンニクは今年収穫したものをタネとして使うつもりなのと、念のためタネニンニクも購入。

去年は某国産のタネ球ばかりだったのに、これは国産となっています。ニンニクを栽培する農家さんが増えている?のかもしれませんね。

スーパーにある食用ニンニクの国産品はびっくりするほど高いですが、タネはそれほどでもありませんでしたよ。

002 秋ジャガイモは「デジマ」を2キロ。

あとは家にある「インカのめざめ」と「キタアカリ」を植えるつもりです。

果たして、植える場所があるだろうか・・・

そして「プチヴェール」。

001_2 去年買ったホームセンターに予約しておきました。毎年探し回ることになるんですよね。ここは値段も安いので(それでも1株198円ですが)。

まだ小さい苗です。

大きいポットに植え替えて家で当分は育苗するつもりです。植えるところの準備がしてないから丁度いいんですけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

仕事量の違い

一週間インゲンを収穫していなかったら、大きくなっている上に数もできていました。

1人でとろうかとも思ったのですが、これではいつ終わるかわかりません。

たまたま、トマトを見に畑に来ていただんなさんに

「インゲンすごいよ、収穫手伝ってくれない?二人でやれば、半分の時間ですむから」

とお願い。すると

「残念だけど、半分にはならんなあ。3分の2に減る程度だと思った方がいいね」

003と言いながら手伝ってくれました。

青バケツが私の収穫分。

オレンジがだんなさんのです。

ご自分のことはよくわかっていらっしゃる。

まあ、自分の力を理解しているということはいいことだね

雨が続くので質的にはよくないのもありましたが、量だけはありましたよ。

001 実家で、母のにんにくを発見。

とても大きいんです。

あまりに大きいので

「種ニンニクは何を使ったの?」と聞いてみました。

「ああ、これね、芽ニンニクよ。芽を取るタイミングがわからなかったので、そのまま放置していたら、こんなになっちゃった。ニンニクとして食べられるよね?」

私に聞かれてもわかりませんが・・・。なんとも、母らしい適当な栽培の仕方です。

なるほど、普通のニンニクじゃないんだね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

にんにく4種類

  001今回は4種類のにんにくを植えました。

畑に長く置いておくと腐るというのを聞いたので、収穫します。

005まずは、ジャンボにんにく。

さすがジャンボというだけあって大きく育ちましたよ。

これはにんにくとは違う品種らしいので、大きさを楽しむためだけに栽培し008てみました。

特徴は子球がたくさんついていました。まるでユリみたいです。このあたりもニンニクらしくないかな。

006 これは、ホワイト6片といただいた○イロゲンニンニクを種にしたものが混ざっています。

よく似ているのでどれがどれかわからなくなってしまいました。

○イロゲンニンニクがはワイト6片だったのかもしれません。

009 010茎の部分にさらにニンニク状のものが出来ているのがこのグループの特徴です。

こういうもの?もしかして、収穫が遅かったのかな。

あとちょっと遅めに植えた

007 ニンニクとしか書いてなかった普通のもの。

種ニンニクの原産地は某国でした。これで広島県産に変身です。

今日の写真も地味な色合いだなあ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

存在感が薄いイチゴ

6 イチゴは少しだけ離れた畑にあるので目が届いていませんでした。

ランナーだらけ。

切らなくちゃ。

5 赤いものもありました。

鳥に食べられていましたよ

赤くなっているのも、ランナーが伸び放題なのに気付いたのも、というかイチゴの存在を思い出したのは、だんなさんがこの畑の草刈りをした時のこの言葉で。

「ランナーを切らないように、草刈り機を動かすの大変だったよ~」(いえ、どんどん切ってもらって結構なんですが・・・)

「そういえば、赤いのもあったよ」(えっ、収穫してこなかったの?)

早速ネットをかけました。

追肥もした方がいいのかな?

3 同じ畑のにんにくも、もちろん放置。

ジャンボにんにくは茎も太いです。

4 普通のにんにくはこんな感じ。

葉の先が茶色になっているのが気になりますが、枯れそうではないからいいのかな。

これも追肥しないとね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久しぶりの遠い?畑

013 小さい畑は、少し遠いところにあります。

と言っても、自転車で5分もかかりませんけどね。

その畑には今、にんにくイチゴが植えてあります。

あまり手をかけなくてもいい野菜なので、久しぶりに見ました。にんにくとイチゴを植えたのが10月なので、3ヶ月ぶりかな。

行かないにしても、程があるでしょう

案の定、溝は草だらけ。

014 これだけ放置していたのに、久しぶりに来た理由は追肥です。

寒さのためか、葉が少し黄色いけど元気そうなニンニクと

017  イチゴも大きくなっています。花が咲いている株も、ちらほら。

マルチの下側に入り込んでいるイチゴもありました。

手がかからないとはいえ、時々見回りはしないといけませんね。

016 ちょっとだけ草取り。

雨や雪が続くので、土が軟らかくてうまく抜けません。

硬くなってからクワで本格的に取ることにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニンニク植え付け

002 ようやくニンニクを植えつけました。植える場所の準備がなかなか進まず気持ちだけがあせっていました。

タネニンニクは1ヶ月以上も前に用意していたのですから。

最初に買ったのは「ジャンボニンニク」。

とにかく大きいものを作りたい私には、ぴったりのニンニクでしょう。

ところが、ジャンボニンニクは本当のニンニクではないと書いてありました。どこで見たかを忘れてしまったので確認のしようがなくなってしまったので困っているのですが・・・

調べてみると、ニンニク特有のにおいも少ないとのこと。

(ここは追記です。気になったので調べてみました。ジャンボニンニクはどうやら「エレファントガーリック」と呼ばれているもののようです。普通のニンニクより半月から1ヶ月収穫が遅く、リーキやタマネギに近い種とのこと。これは検索して見つけた内容なので本当かどうかわかりませんが、私が最初に見たニンニクではないというのは、どこかの本か冊子だったので間違いないのでは?と思っています)

ニンニク臭が好きな私としては、去年栽培の無臭ニンニクと同じで物足りなくなってしまう~、ということで「ホワイト6片」を追加で購入。

あと手前に5粒あるのは、私が勝手にライバル視している○イロゲンニンニクです。こちらも植えてみます。

パッケージだけで、中身の写真を撮るのを忘れました。

ジャンボニンニクは名前の通り大きいですね。タネニンニクもワイルドな感じ。

ホワイト6片は透き通るようなきれいな白で、高級感がタネニンニクからもあふれていました。

ジャンボニンニクは、株間20センチ、7.5センチの深さ、ホワイト6片は株間10~15センチ、5センチの深さに植えるとのこと。出来上がりの差のためか、植え方も微妙に違うようです。

痛い腕を酷使して、何とか植え終わり一安心。いや、まだイチゴが残ってる!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

にんにく収穫

005_53 ニンニクを収穫しました。無臭ニンニクです。

6月5日に試し収穫してから15日、ラストスパートの成長はすごいですね。丸々と太っています。

早どりはいけません。反省。

Photo_85 一番大きいもので、230グラム。ずっしりとした重さです。

無臭ニンニクだからでしょう、回りに小さいわき芽のようなものがたくさんついています。

勝手にライバルと見ていた○イロゲンにんにくですが、母からのルートで1つだけ手に入れることができました。

006_43 左が○イロゲンニンニク、右がうちの一番大きいニンニクです。

大きさは同じくらいですね。

ニンニクの種類が違うので、比べること自体に無理がありました。

このいただいた○イロゲンニンニクを、タネにしてみようと思っています。来年は同じ土俵に立てますね。まだ張り合うつもりです(笑)

たくさんとれたのですが、ニンニク大好きの私としては無臭では物足りません。

来年は普通のニンニクを育てます。タネにしないので、そのまま乾燥、冷凍保存、醤油漬けにして食べるつもりです。

ニンニク栽培は簡単でした。追肥と花芽取り以外何もしませんでしたから。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆