手作り

ロールケーキ風さつま芋あんパン

「さつま芋あんパン」をニャーゴさんに教えていただきました。

最後の収穫はイノシシにやられましたが、小さいながらも食べきれないほどサツマイモはあるのです。

あんパンといえども中に詰めるのではないので作り方は簡単。ロールケーキみたいです。

12等分にしたパン生地を鉄板に並べるのですが、並べていく時点ですでに狭いぞ

Img_0893 案の定発酵しきったら隣とくっついてしまいました。

でも、2回にわけて焼くなんてご丁寧なことはしませんよ。

強行に焼きに入ります

Img_0894 くっついてはいるものの美味しくできましたよ。見た目は二の次ということで。美味しい

サツマイモの甘みはほんのり(砂糖の量次第だろうけど)パン生地も牛乳を使わず水だけのあっさりと何個でも食べられるパンでした。

次作る時はどうしても1回で焼きたいので10等分くらいに幅を広く切り分けようかな。いや、最初ロールにする時の広げ方が大きすぎたのかもしれません。研究の余地ありですね。

それから牛乳を入れて作ってみようかな。

強力粉がなくなったのでまずは買ってこなくちゃ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ゴーヤの佃煮

上の子がそろばん塾で「ゴーヤの佃煮」を食べさせてもらいました。

毎年8月8日のそろばんの日(パチパチだから)にはアイスクリームとポテトチップスを配ってくれたり、6年生になると先生の家に一泊お泊りがあったりと楽しいことが盛りだくさんのそろばん塾なのですが、今回はゴーヤの佃煮ですか。

渋いですね。

それが、とても美味しかったと言うので

「作り方を聞いてきたら作ってあげるよ」と私。ゴーヤもたくさんあるしね。

002 本当に美味しかったのでしょう、メモを片手に出かけました。

抜けている上の子のこと、ちゃんとメモが取れるか心配していましたがちゃんとしたレシピがあるらしく、この紙をいただきました。

ほー、黒砂糖を使うようです。

出来上がりました。

001 うちのゴーヤは純白の白ゴーヤなのですが、それがまったく生かせない料理法ですね

上の子に食べてもらったら

「うん、こんな感じだったよ」

黒砂糖をたくさん使うのでどちらかというと甘い佃煮です。子供が好きそうな味。

そのせいでしょうか、苦味は感じられません。

朝ご飯はこの佃煮でご飯1杯分いけましたよ。確かに美味しい。

追記 

ゴーヤの佃煮レシピ

1、タネとワタを取ってゴーヤ1キロ分←厚さ5mmに切ってさっと茹でてしぼる。

2、黒砂糖 300グラム 醬油150cc 酢100cc 酒50ccの調味料を煮立たせてその中にゴーヤを入れ煮込む。

3、途中で ちりめんいりこ適量と花かつお30グラムを加えさらに煮込む。

4、汁が無くなるまで煮詰めて、最後に白ゴマ適当を加えて完成です。

上の写真を拡大するともう少し詳しく書いてありますが、基本はこんな感じだと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スイートポテトと栗の渋皮煮

004_2 たくさんあるさつま芋でスイートポテトを作りました。

砂糖もバターも控えめですが、さつま芋自体が甘いので、とても美味しいスイートポテトとなりました。

ただ、見ためが美味しそうではありませんね。無理やりカップに入れてしまったので。

次回への反省点です。

もう1つ。

001 栗拾いに行ったら先客がいて拾えなかったのですが、その先客の母から分けてもらいました。

私にもらえるものは、虫食いのあまりものですけどね。

虫食いは皮をむいて栗ご飯に、きれいなものは渋皮煮にします。

渋皮煮は生まれて初めて作ってみましたが、合格点だと思います。

重曹でアクを取ったのですが、すごい量のアクが出てきてびっくりしました。ブクブクと鍋から噴出しそうな勢いです。

006 つやつやで美味しそうでしょう。

これまた反省点は、アクを取っている途中で渋皮が割れてしまうものがたくさんありました。渋皮に少しでもキズが付いてしまうと割れやすいと聞いていたので、気をつけてはいたのですが・・・

結局最初の半分くらいの量に。

割れにくいアク抜きの方法を探さなくてはいけませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手作り 腕ぬき

013 畑作業をする時に袖口が汚れないように腕にはめる物です。

正式名称は知りませんが、うちでは「腕ぬき」と呼んでいます。

テレビなどでは役所の職員がはめていることがありますね。

私は長袖に着替えて作業をするので(しかも専用の作業着なので汚れてもへっっちゃらな)あまり使わないのですが、半そでTシャツでそのまま動きたいだんなさんは必需品みたいです。

店で売っているものは長さが短すぎて、手首に合わせると二の腕が出るので、ぴったりくるものがないと嘆いていました。本来袖口が汚れないためのものなので、あまり長いものはないんですよね。

つくりはとても簡単そう、ということで作ってみました。

店で一番安い布を購入。あっという間に完成です。

早速、試しに私が使ってみることに。

しかし・・・

暑い!!!暑くて腕にじっとりと汗をかいてしまいます。

どうやら綿100%ではなかったみたいです。

014 自分のも作ろうかなと布を買っていましたが、やめました。

ちゃんと確認しなくてはいけませんね。どうも自分はツメが甘い。

もっとよく布を確認して、再チャレンジします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

手作りぶどう酒はダメ!

001 ぶどうをたくさんいただきました。

ハウスで栽培されている中の、出荷できないB級品のようです。

梅酒のように焼酎で漬けたらどうかな?と作り方を調べてみましたが、うちにある本に出ていません。

さらに調べていると、個人がぶどうを使った酒を作るのは違法ということがわかりました。

だから、作り方が出てないんだね。納得。

他のフルーツは作ってもいいのにブドウだけはなぜダメなのかは納得がいきませんが、わざわざ法律に違反する必要もないので、そのままで食べることにしました。

とても甘いとまではいきませんが、すっぱさと甘さの具合がちょうどよく、まだ暑いのに秋を感じさせてくれました。

002 合法の実のは、今こんな感じです。

右からプラム酒、梅酒、ブルーベリー酒。

プラム酒はそろそろ実を取り出してもいいころです。

飲むのはもう少し先ですね。梅酒は年明けに解禁の予定。

正月には梅酒で乾杯できます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

カボチャのモンブラン

001 カボチャのモンブランを作りました。

007使用したカボチャは自分で栽培したミニカボチャ 栗坊です。

たくさんあるので、モンブランをと思ったのですが、使用したカボチャはわずか120グラム。

ミニカボチャでも半分しかいりませんでした。

006 4個分ですからね。

上に乗っているカボチャがフラフラしているのは、最初にカボチャを裏ごしをしなかったために、絞り出し袋の先につまってうまく出てこなかったからです。

お菓子作りに手抜きは禁物です。

だから見た目はちょっと・・・まあ、味には関係ないし。

子供(上の子だけですが)には大好評でしたよ。だんなさんはカボチャだと気付きませんでした。

土台部分にビスケット マリーを使ったので、自分は固くて違和感があるなと思ったのですが、子供に言わせるとそこが一番美味しかったそうです。

マリー2枚でカボチャクリームをはさんでいます。

好みは人それぞれですね。下の子は生クリームしか食べませんでしたから(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

夏休みなので手作りおやつ

普段からお菓子は時々作っているのですが、夏休みは子供のいる時間が長く一緒に手作りおやつを作る回数も増えています。

001 まずは、クレープです。

用意していたわけではなく、思いつきで始めたので具がありません。

生クリームだけです。それでも子供たちには大好評でした。

009 でも、さみしかったので

すぐチョコレートソースを買っておきました。

次からはチョコレートクレープになりますよ。バナナもあればもっといいですね。

もう1つ。

014 コーヒープリンです。

子供が手伝う!といっても泡だて器でぐるぐる混ぜるだけという簡単さ。

プリンというよりもムースに近いんですよ。

パステル風プリンのコーヒー味といった感じです。

子供でも食べられるようにカフェインレスのコーヒーを使いました。(子供はダシで本当のところ自分がカフェインが苦手なので)

011 001_2 容器もココット型だけでなく色々です。

002 コーヒーカップは、かわいい絵なのに上からしか撮ってなかった~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見た目は?だけど美味しいプリン

2_4   ここ最近はそういえば、プリンを作っていませんでした。

子供たちがリクエストするはずです。

久しぶりにプリンを作りました。レシピは自分のオリジナル。

軟らかいプリンが好きなので卵を減らし、牛乳を増やしていくうちにこのプリンにたどり着きました。軟らかいので置いておくと形が崩れてきます。もう少し線が入ってますね。

003_90  一度に6個しかできないから、いつも誰が何個食べるかで争いが起こります。

喜んでくれているのだからうれしいんだけど、仲良くね。

ちなみにレシピはこちら。

カラメルソース・・・砂糖40グラム 水大さじ2杯半 

プリン・・・卵3個 牛乳450cc 砂糖70グラム バニラオイル(エッセンス)少々 あれば生クリームを入れます。入れた量だけ牛乳を減らす。思い立ったらすぐ作るので生クリームはないことが多いです。

カラメルソースを作った鍋を洗わずに牛乳に砂糖を溶かし温めるので、プリン自体も少ーしカラメル味になるんですよ。鍋もきれいになるし一石二鳥です。火の通し方は、鍋で湯煎します。

食べたいと言われてから作るので、待ちきれない子供たちは熱いプリンを食べています。熱いうちは容器から出せません。スプーンですくっています。甘い茶碗蒸しですね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

豆腐ハンバーグ

007_39 晩ご飯は何がいい?と聞くと

下の子がハンバーグと答えました。

今日テレビで作っていたのを見ていた、だんなさんは豆腐ハンバーグにして欲しいとさらにリクエスト。

夕飯は豆腐ハンバーグとなりました。

肉は牛と豚の合挽きを使用。豆腐は1丁入れました。あとは普通のハンバーグと同じ作り方です。

肉だけの時より、ふわふわで美味しいですね。

野菜はすべて自家製で出来ましたよ。ご飯は黒米入りです。最近、雑穀米が我が家のブームなんです。他にあるのは発芽16雑穀。一度始めるとやみつきになっています。

店で、買って欲しいと頼み込んできたのは上の子。雑穀マニアです。栄養もあるようだからいいけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

手作り 梅酒 梅シロップ

001_115 この季節は漬けるものが目白押しです。

梅酒が作りたくて実梅の木を植えたのですが、実が採れるのはどう考えても数年後。

待ちきれなくなって自家製梅ではないのですが、作ってしまいました。

量はたくさんいらないので、1キロの梅で梅酒と梅シロップ2種類作ることにしました。

梅シロップには焼酎の代わりに酢を100cc入れてあります。子供が飲むことを考えると酢にしておいた方が無難ですね。

003_78 実は漬け込んだのは2日前。

二日目で、もうこんなに変化しています。

梅シロップは1ヶ月で飲み始められます。

夏にはさわやかな梅ジュースが飲めますね。個人的には炭酸割りがいいなあ。

今年はブルーベリー酒も作る予定です。少しずつ色々な酒を作るのが目標です。あまり酒は飲めないのですが、どうするつもりだ?(笑)作るのが楽しくて先のことまで考えてません。

あっ、漬けたものといえばもう1つ。

Photo_88 初めての試み、ニンニクの醤油漬けです。

どんな風に料理に使っていいかわかりませんが、取りあえず漬けておきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆