ゴボウ

純白ゴーヤーの小さな実

Img_2077 「純白白ゴーヤー」棚の一番上まで伸びてきました。

Img_2076 ざっと見る限り雄花ばかりなんです。でも葉をかき分けてよく見てみると…

Img_2078 ありました!まだ3センチほどですが実が出来ていました。2、3個はあったかな。追肥をしておきました。

Img_2072 冬瓜が。こちらはすでに20センチほどに成長。

Img_2074 ゴボウ「サラダむすめ」は初収穫となりました。泥んこで見えにくいですね

Img_2082 股根もありますが太さはまずまず。十分に初ゴボウは味わえそうです。

Img_2075 雨も多く、風通しが悪いので茎の途中で腐ってしまいました。特に緑色「ダイナー」は全滅。

黄色「オーラム」も腐ったのですが、こちらはどういう訳かわき芽が出てきて復活の兆しが見えます。

何年も前にズッキーニは支柱を立てて上へ伸ばすとよいと聞いたことはあったのですが、あまり興味のないズッキーニのこと放任で育てていました

今年はいつにも増して絶不調のズッキーニ。ちょっとだけ手助けしてやりましょう。

先日も支柱を立てたという方がいらっしゃったので、かなり遅いのですがやってみました。

かなり遅くの手助けなので復活するかどうか…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

落花生に消石灰をかける

Img_1980 この前から気になっていたことがあります。

これは最初に種蒔きした落花生「おおまさり」。

Img_1981 そしてこれがたくさん出た芽を移植したもの。どういうわけか移植した方の色が黄緑色になってきたような気がします。

なぜ?

移植した方が後に元肥を入れたはずなので肥料不足ではないよね。わからん

わからないけど、そろそろ追肥しておくのがいいのかな?

ということで

Img_1982 化成肥料を土に、葉全体には「消石灰」をかけておきました。消石灰を葉にかける、これは落花生の名産地の人に教えてもらった追肥方法です。

どこかで落花生は石灰で育てると書いてあったのも見たことがあります。石灰分が不足すると実の入ってないサヤが多くなるそうですよ。

1畑すべてゴボウを植えてあった農家さんが一気に全部収穫されていました。2月頃だったでしょうか、うちよりちょっと早い種蒔きだったんだよね。

Img_1984Img_1983 うちのも、もうすぐ収穫できるかもしれません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

畑を水田に戻す

Img_1490 田植えの準備が始まっています。冬の間に一度は耕していた水田ですが、春になり草が生えてきたのでもう一度耕します。田おこしですね。

今回はタイミングがよくてだんなさんがやってくれました。

水を入れるのは5月頃になるでしょうか。それから代かきして田植えです。

今年も父の体調がよくないので私が田植えをすることになりそうです。今から気が重い

去年使っていた畑は今年から水田に戻します。少しずつ片付けていたので大慌てすることはなかったのですがブロッコリーとプチヴェールが残っていました。

母の軽トラが来ていたのですぐ抜いて株をのせ捨ててもらいました。よかった!ブロッコリーの茎は太いのでいつも処理に困ってしまいます。

急遽抜いたので写真なし。

Img_1489 残すは向こうにちょっとだけ見えている寒冷紗内にあるキャベツだけになりました。キャベツの部分だけ残してあとは耕します。

Img_1492 植え付けは昨年11月11日

巻き始めていますがまだかたくはないので収穫するには早いようです。これは葉の形から「浜岬」でしょうか。

Img_1493 となるとこちらは「おきな」ですね。これなんて巻くかどうか

大体が秋植えて春に収穫できる品種なのかもわかりません。代かきまでにとの時間制限もありだし、どうなるかわかりませんがぎりぎりまで待ってみます。

そうそうこの片付けていた畑にゴボウが去年の残っていました。

Img_1496 ゴボウは越冬できるんだとまずは驚き。寒いのと肥料分はまったくないので大きくはなっていませんでしたけどね。

Img_1488 ごぼうと言えば・・・で思い出し、4月6日に種蒔きをした「サラダむすめ」発芽していました。掛けていた不織布を外しました。

近くの畑で10センチほどになっているゴボウを見かけたのでうちは種蒔きが遅かったみたいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トンネル内は暑い

Img_1400 ゴボウ「サラダむすめ」の種まきをしました。

種まきが遅いし、他にやることがてんこ盛りだったので今年のゴボウは袋栽培を中止しました。普通の畝にそのまま。

短くても太くてやわらかいゴボウになってくれればいいや。

不織布をかぶせ水遣り。タネも3年目(たぶんね)なので発芽率が心配なところです。

Img_1401 Img_1402 トンネル内の白菜「お黄にいり」とキャベツ「みさき」。今までは寒かったのでトンネルは温度がちょうどよかったのですが、日差しが強く気温が高い日は暑過ぎるようです。

白菜はまだ耐えられるみたいだけどキャベツが弱ってきています。葉が縮んでるところがあるような?

完全に暖かくなるまでは、ビニールのすそ上げが日課となりそうです。追肥と中耕をしておきました。

青菜色々これらもトンネル内にあるものです。

Img_1392 パクチョイ

Img_1393 水菜「水天」

Img_1394 小松菜 ここのにはアブラムシが1匹もいません

Img_1395 ほうれん草「サラダあかり」

Img_1396 ロケット(ルッコラ)。ロケットだけは種まきが遅かったのでこれだけ小さく10センチほど。

Img_1390 あやめ雪。Img_1391 根元にはもう小さなカブができていました。

今日から子供たちは新学期。

切り出した竹を焼き、サトイモ、しょうがを植える場所を耕した、あとブロッコリーとプチヴェールも収穫したかったけど、もうダメです。足がふらふら。

ようやく自分のペースで作業ができる!と張り切りすぎてしまいました。

ゆっくりとやりましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

落花生に消石灰

003 落花生に花が咲き始めたので化成肥料を追肥し、消石灰を撒いておきました。

落花生には石灰分が大量に必要らしいので、消石灰を追肥しておくと実付き?実入り?がよくなるみたいです。

雑草が生えないように両側からマルチを張っているのですが、それでも隙間には生えますね

002 その後、とにかく暑いので超スピードでトウモロコシ、茄子、トマト等などを収穫していると見つけてしまったゴボウの存在をすっかり忘れていましたよ。

一部は梅雨の雨続きで腐っていました。いや、はっきりと雨のせいとは言えませんが、去年はこんなことはなかったので雨のせいだとは思うんですよね。

袋で栽培した部分は高くなっているので、水はけがいいからか何とか収穫できそうです。

004 袋栽培のゴボウはこんな感じ。忘れていたにもかかわらず、まずまずの出来です。

ここまでやったら、もう暑さでふらふらです。残りのゴボウは掘れそうもありません。後日ですね。

あまりの暑さに畑には1時間居られません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

タネの入り数

雨が降り出すという予報なので、急いでブロッコリー、キャベツ、レタスを植える畝に肥料他を入れ耕してきました。

雨後にマルチを張り植える予定です。当分雨続きみたいなのでかなり先になりそうですけどね。

3月17日に種まきをしたゴボウ「サラダむすめ」は不織布をかけていました。久しぶりに外してみると(ごめんなさいまったくチェックしてませんでした

005006 出てる~雨が多いので、種まき後1度も水遣りをしなくても発芽しましたよ。こんな年も珍しいのでは?

袋栽培のは不織布なしだったので、土からようやく頭を出したところです。

タネをまくなら今だ!ということで

007 ほうれん草「オーライ」と小松菜も蒔いておきました。うち緑色の普通のほうれん草がなかったんですよ。

これはホームセンターで買いました。その時にインゲン「サクサク王子」のタネを発見。

おおここにも王子が、と袋を手に取ると、ん?軽い!

先日サクサク王子の入り数が1dlで多い!と書いたのですが、ホームセンター用のタネは30mlと約3分の1。

ショック!これなら同じ王子とそんなに長くお付き合いすることもなかったのに・・・

ホームセンターには置いてない品種もあるからどちらがいいとは言えないけど、しっかり比べて買わないといけませんね。

004 ジャガイモは芽が出てきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

袋を設置するのが大変

005 「パクチョイ」と「晩抽サラダあかり」を蒔きました。またもや、ちょっと遅めのたねまきです。

大根と人参を蒔いた時、同じトンネル内に蒔いていてもよかったなあ、と今になって反省。

それと

004 ゴボウ「サラダむすめ」も蒔いておきました。

去年は4月に入ってからだったのですが、雨が多い今なら水遣りしなくても芽が出るかも?なんて手を抜くことばかり考えての早めの種まきです。

003 去年は地植えと袋栽培をやってみたところ、水分が保てるのと土を高く入れているため、長いゴボウが収穫できたので袋栽培の方がいいと結論を出しました。

しかし袋を埋め、土を入れて準備するのは大変なんですよ。なので、今年も2袋のみです。残りは高めにした畝に直まき。

006 トンネル内の人参が発芽していました。発芽率も高めです。

適当なトンネルなのでトンネル内は風が吹き抜け、太陽が照りつけてもそんなに暑くないのでビニールをはずすのはもう少し先にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのギラギラ太陽

015 連日曇り空が続いていましたが、昨日は久しぶりにギラギラの太陽を見ることができました。

先日の大雨で人参の土が削れて根が見えていたのが気になっていました。

人参に共育ち効果を発揮してくれていた(?)雑草もそろそろ必要なくなった頃ですよね。

畑の草とは共存していくことに決めた私ですが、人参のところだけはこのままではいけないことはわかっています。

017 草取りと土寄せ、ついでに追肥もしておきました。

しかし、とにかく暑い!

せめてこの人参だけはやっておこうと頑張りましたが、頭が痛いほど暑いです。

家に帰って自分をよく見てみると、全身雨に当たった?というほどびっしょりに。

今日の新聞でわかったことですが、猛暑日だったところもあったとか。

うちの市でも今年の最高気温だったそうです。暑いはずですね。

でも、今日はもう雨が降っています。また畑がしっとりで何もできなくなりました。

他には

014 ゴボウをすべて抜きました。

袋栽培のものは雨続きだったためでしょうね、すべて腐っていました。もったいないと思わずに早く抜いておけばよかった

湿度が保てることが、悪く影響することもあるのですね。今年の雨は異常だったので、毎年こうなるというわけではないと思いますが。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雨、危機一髪

002 梅雨明けしたところもあるようですね。

広島はどうなんだろう?たぶん、まだだと思います。今日は朝からいい天気なのですが、予報では次第に雨になるとのこと。

ジャガイモのあとに黒大豆と小豆を植える予定です。黒大豆は種をセルトレイにすでに蒔いています。

芽が出ているところもちらほらと。

植えるところの準備を急がないといけません。

で、雨が降ったのではまた耕すことができなくなりますね。

雨が降る前に急げ

ジャガイモを収穫後にそのままだったので雑草だらけになっていましたが、耕運機でそのまますきこみました

003 ゴロゴロとジャガイモが出てくる出てくる。

直後にやっていればこれらも食べられるのですが、梅雨の間土の中にあったのですぐ腐ってしまいます。

もったいない。

004

肥料を入れて、畝を上げてっと、ここまでしておけば大丈夫でしょう。

雨の後にマルチをひけばバッチリ。

この時点で空が真っ黒になってしまいました。

慌てて機械を持って帰り、倉庫に入れたところでポツポツじゃありませんよ、いきなりザーッです。

危なかった。一足遅かったら、ずぶ濡れになっていました。

昨日の収穫したゴボウですが

001 真っ白ですね。

とろけるように柔らかくて美味しい。みんな喜んで食べてくれました。元々きんぴらごぼうは子供たちの大好物なんけどね。

4本分のゴボウがあっという間になくなってしまいました。

こんなに好評ならと今日も収穫したのですが・・・(やはり袋栽培の方が太く長かったですよ)

雨騒動で畑に置いたままでした

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今のところ袋栽培の勝ち

暑いです

朝一番に窓を開けても、入ってくるのはすでに熱風。片道30~40分かけて学校へ通っている子供たちはさぞかし暑かろうと心配してしまいます。

通っている時だけでなく、学校も暑いよね。

帰ってきたらまずはシャワーという日が続いています。

001

私も家の中でじっとしているわけにはいかず、畑へとGO!

落花生は予定している数はすべて発芽して、順調に大きくなっています。

追肥ですね。

002 「消石灰」をまきます。どういう利点があるかはわからないのですが、この時期に与えるとよいことだけは聞いていました。

化成肥料はいらないのかもしれないけれど、肥料分が少ないのでは?という恐怖から一緒にやっておきました(枝豆が太らないという過去がある)。

そして

006 ゴボウです。

植えたはいいが、収穫時期を知らなかったんですよ

先日もまだ先は長いと思い込み、追肥をしたところです。なんといい加減な。

ところが、もう収穫された方がいらっしゃいました。

うちの育てているゴボウ「サラダむすめ」は種まき後100日で収穫できる極早生種とあります。

4月8日種まきなので・・・えーっと、ほぼ100日ですよ。収穫してもよさそうです。

007 大きめなのからいきましょう。

008今年は(といっても今年が初栽培なのですが) 袋栽培と路地栽培をしています。

右が路地、左が袋分です。4本しか抜いてないのでこれで比べていいものかはわかりませんが、あきらかに袋の方が長い。

太さ3センチ、長さは35センチありました。

今のところ袋栽培の方に軍配を上げなくちゃいけないかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆