パクチョイ

キュウリ地獄か

Img_0707 雨が降らないので植えられず12センチポットで長い間育苗し、9月7日に畑へ植えつけた今年第二弾となる地這キュウリ。

ツルがかなり伸びていても、実がつかなかったんですよね。

ポット生活が長すぎたせいか?と心配していましたがここにきてようやく実がつきました。

Img_0708 半ばあきらめていたので、つい先日安いと6本も入った徳用キュウリを買ったばかりなのに…

こんな時期にキュウリ地獄に陥いることになろうとは

確認しなかった自分が悪いんですけどね。

Img_0711 Img_0712 タネを厚まきにしすぎたパクチョイ。間引くというような生易しいものではありません。束で引き抜く感じでやりました。

発芽率がいい時もあるから種まきは難しい。間引き後追肥しておきました。隣の「サラダあかり」にもね。

Img_0713 白ネギ「ホワイトスター」を土寄せしている時に見つけました。ここのところ気がつくたびに土寄せしているんですよ。

春に植えてすべて食べつくしていたと思っていた小ネギ「小春」か「小夏」がまだありました。白ネギしか残ってないと思い込んでいたので買ってましたよ。

死角が多すぎる私の目

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イチゴにワラマルチ

003 ゴールデンウィーク中にだんなさんが苺にワラを敷いていてくれました。

ワラはあった方がいいのでしょうが、なるべく手を抜きたい私はそのままでいいやと思っていたのでとても助かります。

でもね。

ワラは遠くの玉ねぎを保管している灰屋にあるのを運んでこなくてはいけません。、量の感覚がわからなかっただんなさんはこれくらいだろうと持ってきた量が、もう半端ない。

肥料を入れてあるミニ倉庫を残ったワラで満タンにしてくれていました。

スイカに少しは使うからいいけどねえ。はっきり言って邪魔です。

イチゴのワラはありがたいので強くは言いませんけど。

004 赤い実もあります。収穫できる日は近そうですよ。実が白いのはだんなさんが石灰をまいたからです。石灰好きなので

鳥避けに寒冷紗のネットをかけておきました。

005 白ネギ1回目の追肥と土寄せです。

0063月17日種まきのパクチョイ。あまり大きくなってないけど、花が咲いてしまいました。

食べられないことはないけど、やっぱりちょっと硬い。春作の青物は花が咲くのが早いので難しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

袋を設置するのが大変

005 「パクチョイ」と「晩抽サラダあかり」を蒔きました。またもや、ちょっと遅めのたねまきです。

大根と人参を蒔いた時、同じトンネル内に蒔いていてもよかったなあ、と今になって反省。

それと

004 ゴボウ「サラダむすめ」も蒔いておきました。

去年は4月に入ってからだったのですが、雨が多い今なら水遣りしなくても芽が出るかも?なんて手を抜くことばかり考えての早めの種まきです。

003 去年は地植えと袋栽培をやってみたところ、水分が保てるのと土を高く入れているため、長いゴボウが収穫できたので袋栽培の方がいいと結論を出しました。

しかし袋を埋め、土を入れて準備するのは大変なんですよ。なので、今年も2袋のみです。残りは高めにした畝に直まき。

006 トンネル内の人参が発芽していました。発芽率も高めです。

適当なトンネルなのでトンネル内は風が吹き抜け、太陽が照りつけてもそんなに暑くないのでビニールをはずすのはもう少し先にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の間成長なし

001 ジャガイモを植える場所をチェックしています。

冬の間寒冷紗を掛けていた、パクチョイが花盛りになっていました。

002 去年の11月末頃に蒔いた「パクチョイ」は結局大きくならずに、花が咲きそうです。上のしっかり花が咲いたパクチョイはさらに前に蒔いていたのを残していたもの。

003 パクチョイと同じくらいに蒔いたほうれん草「サラダあかり」も大きくならずじまい。

隣に追肥した石灰がそのまま残っているのが見えます

どちらも種まきが遅かったです。もう少し早くに蒔いていたなら冬の間ももしかしたら収穫できたかもしれません。

で、この場所はジャガイモを植えることにしたので、このまますきこんで耕すことにしました。

明日からまた雨なので、今日昼からジャガイモを植える予定です。

まずは、畝作りからなので時間がかかりそうです。

今日はだんなさんがいるので久しぶりに一緒に作業ができます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グラタンとみそ汁

007 11月27日に種まきしたパクチョイの芽が出ていました。寒冷紗の中に蒔いたのですが、それでは寒いのでしょうか葉が少し黄色くなっていました。

大きくなるんだろうか?そのままで待ってみますけどね。

先日の大霜でようやく、サトイモとわずかに残っていたジャガイモ(キタアカリ)が枯れました。収穫は後日

霜の降りるのが去年より、2週間遅かったです。

001 うちは病気になっていたので、霜で枯れるのを待たずに収穫したのですけどね。

その中のハート形のジャガイモ(インカのめざめ)をむいてみました。インカは実の色が濃い黄色なので、かわいいハートになりました。

これはグラタンに。

003 エビ、カキ、ブロッコリー、カリフラワー、マカロニ、ゆで卵と具たっぷりです。あるものを入れただけとも言う・・・

そして、もう1品は

002 マッシュポテト。これは「デジマ」を使いました。

春作の「キタアカリ」に比べあっさりとした味になりました。

あとはこれに、白米とみそ汁というわけのわからない組み合わせだったので「ご飯はいらないし、みそ汁は合わないでしょ!」と子供たちには不評でしたがマッシュポテトは大人気でしたよ。(だんなさんは腹に入れば何でもいいみたいでしたが)

このメニューだとご飯はなくてよかったね、あったとしてもパンで。

それにしてもジャガイモだらけ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プチヴェール収穫

7 プチヴェール収穫できそうです。

8 6本あるのですが全部がこのようになっているわけではなく、成長に差があります。

食べられそうなものからとっていけばいいですね。

9 まずはこれだけ。

お得意の茹でるだけで食べたのですが・・・

硬い

ゆで時間が短かったようです。

ブロッコリーと一緒に茹でて(一緒に茹でるという時点でどうなの?ですけどね)ブロッコリーはちょうどいい具合でした。

前に食べた時から一年は経ってないのですが、もう料理方法を忘れてしまっているとは。

だんなさん私が「硬い!」と言ったので、1個も食べず。

まさか、今年のプチヴェールは硬い?

ということではないと思うので、今日、もう一度茹でなおしてみましょう。

10 パクチョイは虫に食べられ、残っているのはほんの数株。

何とか食べられるほどには大きくなったのですが、なにせ数がないのでまとめて調理することはできません。

遅いとは思うのですが、パクチョイのタネを蒔くことにしました。さすがに今からだと虫被害は少ないでしょうからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早生タマネギ収穫開始

006 ゴールデンウィーク中に他の野菜に目を奪われている間に、早生タマネギ(チャージ2)が倒れていたようです。

だんなさんに「タマネギ、抜いてもいいのがたくさんあるよ」と言われようやく気付きました。

全部は無理そうだけど、倒れたのからとった方がいいよね。

ということで、収穫スタートです。

017 まずは、これだけ。

早生は病気にもかからず、玉太りもまずまず。いいタマネギになったのではないでしょうか。

018 少し葉がついている状態ではありますが、大きいものは500グラム。

巨大野菜が大好きな私にはたまらない大きさとなりました

普通タマネギはあと一ヶ月、同じように収穫できればいいのですが・・・

収穫寸前に病気になってしまったという話も耳にしたので、そう簡単にはいかないかもしれません。

014 パクチョイは間引きながら食べてはいるのですが、成長の方が断然早く、硬くなってきました。

一度にたくさん蒔いてはいけない野菜みたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パクチョイ担当ではなかったっけ?

006 畑の準備で、耕運機を動かしていただんなさん。

てっきり、前から蒔く蒔くと言っていた「パクチョイ」の種まきもしているとばっかり思っていたら

「パクチョイ蒔くの忘れた。蒔いといてくれる?」

パクチョイ担当から外しちゃうよ、といいつつ、こちらもすっかりと忘れていたほうれん草の種まきと一緒にやることにしました。

みなさんがほうれん草を収穫しているのを見るたびに「蒔いておくのだった」と後悔していたので、この春こそは植えておきます。

子供がほうれん草のおひたしが大好きなので、スーパーで何度買ったことか。何のために畑があるのか・・・

人参の畝を長めに準備しておいたので余り、そこに蒔きました。

本当は筋蒔きにしたかったんだけど穴あきマルチを張ってましたからね。点まきです。

003 そして、大根と人参のトンネル外し。

空気は冷たいのですが、日光はガンガン当たるので葉が茶色くなる恐れあり。

日中だけトンネル内を換気するなんて細かいことを私がするはずもなく、思い切って外したんですよ。

大根はもう少しで間引きかな。

004 人参は一番大きいのでこれくらい。今年は発芽率がとてもいいみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第三弾パクチョイは畑作

006 だんなさんおススメの中国野菜「パクチョイ」です。どうしても栽培したい!と言ったのですべてを任せていました。

10月14日に今年第三弾目となる種まき。畑に種まきするのは初めてです。

一回目はポットに蒔いたまま枯死。だんなさんのパクチョイだし~と私は無視を決め込んでいました・・・極悪です

二回目は目が届きやすいと庭の花壇で。

三度目にようやく、畑の直播となりました。

パクチョイ、ここに来て収穫できそうです。

ここまで大きくなっているのなら、先日の地味~な「坦々ごま鍋」に入れればよかったと後悔しましたよ。

012 これを入れれば少しは彩りもよかったはず

これはこれで美味しくいただきましたけどね。

002 少しですが、下仁田ネギも植えてあるんですよ。

タネをまかずにポットに植えてある苗を買ったものです。

なのでほんの数本だけ。

食べ時かな?

003 ネギの中では白ネギが好きなのですが、葉も食べられるのが下仁田ネギのいいところですね。

というかネギ全般好きみたいです。タマネギの扱いは別格だし

白ネギは土に埋まっている境目がネキリムシにやられてボロボロになっています。

今年は特にひどいような気がします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白菜のネットを外す勇気はない

  ようやく葉ボタンの15センチポットを買ったので植え替えました。

ちょうどお休みの日だったので、だんなさんが手伝ってくれました。

あれ、確か去年もだんなさんに植え替えを手伝ってもらったような・・・どうやら葉牡丹の管理を1人でやるのは無理だとようやく気付きました。

来年はもっと、減らそう。

先日も葉牡丹の写真をのせたので、今回の写真はなしということに。

そうそう、だんなさんが今年第三弾となる「パクチョイ」の直播きをしていたなあ。

でも、これも芽も出ていない寂しい写真なので出すのはやめようっと。

007写真がないとつまらないので

とりあえず、白菜です。

大きくなってネットにくっついてしまいました。まだ虫も多いので外す勇気もなくそのままに。

中で巻き始めているのか、ネットに押されているだけなのかまったくわかりません。

005_2 プチヴェールはものすごく大きくなっているので、写真を撮る時には遠くへ離れなくては全体が入らなくなりました。

下葉はまだ取らなくてもいいのかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お菓子 かぼちゃ さつま芋 ししとう じゃがいも たいつり草 たけのこ たねまき たまねぎ つぶやき つるバラ とうがらし とうもろこし なす にんにく ひとりごと ほうれん草 もち わけぎ アネモネ イチゴ インゲン オクラ カシス カナリアナス カブ カラーピーマン カリフラワー カロライナジャスミン ガーデニング キャベツ キュウリ グリンピース ゲーム ゴボウ ゴーヤ サトイモ サニーレタス サンチュ シイタケ ショウガ スイカ スティックセニョール スナップエンドウ ズッキーニ ソラヌム ソラマメ チャイブ チューリップ トマト ナスタチューム ニンニク ニーム ネギ ネモフィラ バジル バラ パクチョイ パセリ パンジー ビオラ ピンクねこやなぎ ピーマン フキ ブラックベリー ブルーベリー ブロッコリー プチヴェール プリンスメロン ベビーリーフ ペチュニア ホームタマネギ マノアレタス ヤマイモ ユリ ラズベリー ラッキョウ レタス ロケット(ルッコラ) 万願寺とうがらし 下仁田ネギ 二十日大根 人参 冬瓜 大根 子供 子育て 実梅 家庭菜園 小松菜 小豆 懐かしい物 手作り 料理 日記・コラム・つぶやき 暖地さくらんぼ 枝豆 球根 甘とう美人 甘長とうがらし 産直市 白ネギ 白菜 米作り 花梅 芽キャベツ 落花生 葉ぼたん 虹色スミレ 黒大豆 黒枝豆