« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

社会科研究

夏休みの宿題には、まず「楽しい夏休み」と名前の付いた楽しくもないドリル系の厚いプリント集と日記、読書感想文、応募作品など定番のものがありますが、定番中の定番、どちらかというと親の宿題の科学研究というものがあります。

うちの学校は「科学研究」と「社会研究」のどちらか1つを選んでやるということになっています。

今年は社会科研究をやらせることにしました。

もちろん親が主導権を握っているんですよ。だってうちの子、自分でできるわけがないweep

自分で野菜を収穫して、袋詰め、値段張り、商品の出荷までを体験してもらうことにしました。小学三年生はちょうど「くらしをささえるまちで働く人たち」というのを勉強中なんです。テーマとしてはいいはず。

Resize0012 純白ゴーヤー

Resize0013 中玉トマト「フルティカ」

Resize0014 ピーマン「京みどり」

Resize0015 Resize0018 ナス、ブルーベリーなど収穫し

Resize0016 量って袋に詰め

Resize0017 値札のバーコードと商品説明のラベルを張る。値段も自分で考えながら付けるというのがとても大切。傷ありはそのことをちゃんと表示してお買い得品とするなどね。

途中1袋に入れる分量のメモを取り、汗を流しながら頑張って作業しています。

Resize0019 完成した商品は産直市場に並べるまでが今回の社会科研究。誰が買ってくれたか見届けたかったのですが、ストーカーみたいなのでやめました。

写真やメモ取りの下準備は完了。あとはどうやってまとめるかなんですが、これが結構大変。

小学三年生が学習するレベルでやらないといけませんからね。

あれ?やっぱり親の宿題?smile

本人にも多少の勉強にはなっているはず…よね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

トウモロコシの抑制栽培

Img_2157 トウモロコシ「おひさまコーン88」の種蒔きです。

Img_2158 7月末に種蒔き10月収穫の抑制栽培。気温的には成長できるでしょうが気になるのは虫、アワノメイガですね。

この時期は初栽培なので、虫対策をしつつ、どのくらいの被害になるかのお試し栽培になると思います。

Img_2159 用意したのは10メートルほどの畝1つ。2粒蒔こうかな?3粒だと多いかな?とか考えていたらどうもタネの入り数が少ない。ゴールドラッシュはたくさん入っているのでその気分でいましたsweat01

結局1粒にしてようやく畝全部に蒔くことができました。発芽率は100%ではないでしょうから所々歯抜けの場所ができますね。

最低でも2袋は用意すべきでしたsad

が、仕方ない。他の野菜に利用せずこの畝はトウモロコシで行くことにします。

Img_2162 昨日の種蒔きですっかり忘れていたカリフラワー「スノークラウン」。追いかけての種蒔きです。

白いカリフラワーは寒さにあうと実の色が悪くなるから葉で包まなくてはいけない、と面倒なイメージがあったので作ってなかったんですよ。

冬は植えるものが少なくて畑に空き場所があるので、試しにとタネを買ってみました。

Img_2160 Img_2161 純白ゴーヤー、どんどん実がなっています。今年は気が付くたびツルを切っているようなので実付きがいいようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キャベツブロッコリーカリフラワー種蒔き

Img_2153 種蒔きです。

種袋裏面のカレンダーを見て7月中に種蒔きするものを選びました。

キャベツ「おきな」、「みさき」、オレンジカリフラワー「オレンジブーケ」、ブロッコリー「ハイツ」。

Img_2155 植える場所が少ないので種蒔きも控えめにしておきました。キャベツは真冬に収穫できる品種も買っているのでその分は開けておかなくてはいけないし。

ハイツは9粒しかなかったsweat02

「キャッスル」(頂蕾収穫タイプ8月蒔き)がたくさんあるので買わなかったんだと思う。

用意したトレイが空いてしまったので

Img_2154 そこにはキャベツ「浜岬」を蒔いておきました。本当は浜岬はもう少し後にしようと思っていたんだけどね。

Img_2156 種蒔きから11日目の芽キャベツ「早生子持」。発芽率がよくありません。暑すぎるのがよくないのでしょうか。よくないとは思いつつ芽が無いところにもう一度種蒔きをしておきました。

Img_2152 地這キュウリ「夏太郎」初収穫です。ちょっと大きくなりすぎましたが、キュウリの質は上々のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パプリカ何とか収穫

Img_2149 カラーピーマン(パプリカ)黄色初収穫です。実が大きくなり色が付くまで長かった~gawk

病気になるのが早いか、虫に食われるのが早いかずっとヤキモキしていました。

1個目は何とか人間が勝ちましたけど、次はどうなるかわかりませんね。

Img_2147 庭で育てた小玉スイカ「紅しずく」収穫しました。

前回のスイカよりは赤く、皮ギリギリまでちゃんと赤くなってます。が、味がねえ…

見掛け倒し。

甘くありません。糖度11度くらい?小玉にしたら甘くない。

やっぱり庭の花壇だからかしら?畑の方の出来がよくなかったので、こちらに期待していたのですがこちらもジュースになりそうです。

いや、食べて食べられないことはないんだけどね。目標が高すぎるのかもしれません。

Img_2150 「ブライトウェル」。大粒です。

前に今年はブルーベリーが不作だと書きました。大量に収穫できないのでおすそ分けすることも出来ず、ほんの少量とれたものは産直市に細々と出していました。

すると店長から電話が

「ブルーベリー人気です!収穫し次第持って来てください。それと樹を増やしてくださいよ」

今年大不作なのにcrying

この付近軒並み不作?ということはないだろうから、ブルーベリー自体を植えている人が少ないのでしょうね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

モッコウバラアーチ交代

かなり前の大風の時にモッコウバラのアーチが倒れてしまいました。モッコウバラの重みに鉄のアーチが耐えられなくなり折れたのです。約1ヶ月倒れたままで放置sweat01

先日の台風でも倒れたままなので心配せずに済みましたけどね。ここ、喜ぶところではないはずなのですがcoldsweats01

ようやく前のより太く頑丈なアーチを購入したので撤収作業に入りました。

しかし、伸びたつるがアーチをぬって伸びているのですんなりとはいきません。

Img_2142 絡んだ部分を切りながらほぐしていくと、最終的にはこれだけになってしまいました。まだ新アーチは組み立てていないので支えは脚立です。

Photo 以前がこちら。これ本当に元のようなバラのアーチに戻るんだろうか?ちょっと心配think

Img_2139 雨が降らないので1日中畑に水を入れ続け、ようやくしっとりしてきました。ここは落花生。

今年は落花生が絶好調なんですよ。草取り以外はあまり手がかかりませんね。びっしりと葉が広がってきたので雑草も生えにくくなってきました。

Img_2143 いつの間にかトウガラシ「朝鮮なんばん」が赤くなっていました。

株に負担がかからないように赤くなったものから順に収穫していきましょう。

Img_2145 いい色艶。見ているだけで幸せになりますheart04

| | コメント (9) | トラックバック (0)

キュウリ途切れることなく

Img_2140 4月29日定植の第一弾キュウリ「VR夏すずみ」が枯れてきました。初収穫が6月12日。期間で言うと40日ほどの間これでもかっ!というくらいキュウリを食べさせてもらいました。

うどん粉病にもならず元気に上の方まで収穫できたと思います。

とはいえ、4本植えていたのですが順々に枯れていったので本当に病気に強いのかと言われると断言はできず…

タネはまだたくさんあるので長い目で見守り続けます。

畑に植えた第二弾キュウリ「夏太郎」はというと

Img_2136 10センチほどになっていましたhappy01

第一弾キュウリの初収穫頃にタネを蒔いたんですよ。

これくらいの種蒔きがキュウリ収穫を途切れさせないにはちょうど良いみたいです。(第一弾キュウリは株下30cmは摘果しました)

Img_2134 キュウリ収穫、最後の最後になって「キュウちゃん漬け」を作ってみました。

Img_2141 それっぽい味になってはいるのですが、今ひとつパンチがない。

キュウリ500グラムに対し、酢30cc醤油100ccみりん50cc、ショウガ、鷹の爪でやってみました。もっと自分に合う調味料の分量を探してみなくてはいけませんね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

純白ゴーヤー初収穫

各地に被害を出した台風。うちの畑はどうなっているでしょうか。

Img_2124 3本分の畝のマルチが吹っ飛んでいました。

溝に草が生えるのがいやなので、そこにも丁寧にひいていたのにそれも全部なくなっていました。で、その飛んだマルチはというとナスに絡みつき枝を折ってしまっています。

そういう二次的被害もあるのかthink

実も傷ついていました。これはマルチではなくて風に当たるとなりますね。

Img_2127 ししとう、ピーマン類は何ともないのに、カラーピーマンだけはぐったりです。

Img_2128 なるべく株や枝に負担がかからないように摘果していたけれど、1個1個の実が重いからね。もうすぐ色づきそうな実がありましたよ。もう1個の赤い実は落ちて腐っていましたcrying

Img_2126 トマトは実が数個落ちていたけれど、株は何とか持ちこたえた様子。

Img_2133 庭ではブルーベリーがたくさん落ちていました。今年はただでさえ不作なのにもったいない。

強い風が長時間吹いていたものの広島は雨がほとんど降りませんでした。なので今日は畑の水遣り(面倒なので畝間に直接水を溜める方法で)をしています。

記録的な大雨の場所もあるというのに不思議なものです。

Img_2130 純白ゴーヤー初収穫です。もう少し早くに収穫してもよかったのでは?の大きさになっています。葉に隠れてこんなに大きいのがあるのに気付かなかったんですcoldsweats01

Img_2131 そして冬瓜も初収穫。まだ珍しいですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ただの水不足

超大型台風が近づいているようです。

まだ天気のいい今日のうちに家の周りの飛びそうなものを片付けておかなくてはいけませんね。でも天気がいいので暑そうsunsweat01

Img_2118 スイカの葉が縮れてきたのを病気?かもと思いそのままにしておきましたが(それもどうよですがcoldsweats01)、どうやら水不足だったようです。

人間も畑へ行き水分補給といいがぶがぶお茶を飲んでいたわけです。梅雨明け後は雨がほとんど降っていなかったのでナスだけでなくスイカも水不足だったんでしょうね。

遅いとは思いながらも昨日から水遣りを始めました。果たして元に戻るでしょうか?

そこでまた割れた実を発見しました。

原因はまた地面に設置していたところの腐りから。

今回のは前回のスイカよりさらに熟してなかったので

Img_2119 スイカジュースにしました。

野菜作りに手抜きはいけないということですsmile

Img_2121 庭のスイカは適当ではありますが、一応敷物を敷いてあります。水道も近いので水遣りも完璧。目が届きやすいっていいね。

Img_2117 純白ゴーヤー。どんどん白くなってきました。収穫までもう少しでしょうか。

棚作りになっているので、台風の影響が怖いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

色が微妙

Img_2109 昨日のスイカ「紅しずく」。割れと腐りが怖くてあせってしまい、収穫は1週間ほど早かったようです。

まだちょっと色がのってない。

味は甘い!完熟してからならもっと甘かったはず。悔やまれます。

でもね。

今日スイカを見に行ったら何だかツルが干からびたようになり元気がない。この最初に受粉したものを収穫適期までギリギリ待ってツルがもつか?の微妙な感じ。他のまだ小さいスイカもこれ以上は成長しないかもしれません。ダメだったね畑のスイカは。

まだ、花壇のスイカがあるし、もう食べられないsweat01スイカジュースにしよう!ほどの大量収穫は諦めていませんよsmile

Img_2110 芽キャベツ「早生子持」。種蒔きしました。自分では栽培しないので母から頼まれての苗作りです。

トップバッターはこの芽キャベツでしたが、7月はキャベツなど秋、冬どりの野菜の種蒔きが始まるんですよね。早いわ…

Img_2112 Img_2113 Img_2114 梅雨明けしてからまとまった雨がほとんど降っていません。

台風が来るからこれからの天気がどうなるかわからないのですが。

かなり大きくなったナスは水が相当必要なはず。

ということで、このあたりで一発水遣りを、といっても水田に水を入れているパイプをこの畑に向けて畝に水を充満させる方法でやりました。うるおってくれたはず。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スイカは切るまでドキドキ

人参を蒔く畝を準備しました。とにかく股根にならないよう早めに耕しマルチをかけておきたかったんです。

トウモロコシの後なので今日やるのが精一杯でした。色々とあってね…

その隣の畝は7月末にトウモロコシの抑制栽培のために用意をしていた畝もあります。早いけどもうマルチも張ってあるんですよ。

そのマルチを見て、例のおじ様が「ここには人参をまくのか?ちょっと早すぎではないか?」とだんなさんに言ったらしい。

私がおじ様嫌いオーラを出しているので話しかけてこないようになり、とうとうだんなさんにいちゃもんをつけ始めました。だんなさん植え付けにはまったく興味がないのでどこに何を植えるか知っているわけがなく、はあと聞いているだけ。

うちがいつ蒔こうが何をしようが勝手でしょ、ほっといてよねangryどうして頭を突っ込んでくるのかなあ。

市民農園でも過度なアドバイスによって借主同士トラブルも起きているようです。ほどほどにですよね。

Img_2106 小玉スイカ、割れていましたcrying

玉もまだ小さいし熟れすぎて割れているのではなさそうです。よく見てみたら地面に接しているところが腐っていました。そのせいで割れたのかもしれません。

Img_2107 一番大きくなっているものはいつ受粉だったかな?

いい加減なのでメモっているわけでもなく、いつが食べ頃かわかりません。腐るのが怖くなってきました。

なので思い切って収穫。

Img_2108 只今冷やし中。後で切ってみますね。

Img_2103 昨日ですが母がテレビに出演しました。漬物を取材されたのですがテレビの影響はすごいですね。昨日はもちろん、今日もテレビ見ました!と来られている人がいましたよ。

なので私も久しぶりに母の奈良漬をいただきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

害獣対策、カボチャはたぶん最後

Img_2100 毎日毎日、カラス、イノシシ、はたまた猿と大騒ぎして申し訳ありません。

畑に行くたび状況が変化し、対応しなくてはいけないので予定していた作業ができなくなっています。

だって、暑いし長時間畑にいられないんですよ。

今日はトウモロコシの畝を片付けのつもりだったのに、先日カボチャにゆーるくかけていたキュウリネットを難なく突破され熟れていない実すらかじられてるのを発見。何十個も。

かじったのなら最後まで完食しろ!と怒りたくなるほど中途半端に実を残しています。だって熟れてないんだもん、美味しいはずはありません。それくらい気付こうよ。

うまい具合に見つからず残っている実は5個くらいでしょうかcrying

なので今回は鳥避けネット(人間すらひっかかるヤツですよ)をすっぽりかぶせておきました。最初からこれにしておけばよかったわけですがcoldsweats01

もしかしたらラッキーということも発見しましたよ。足跡と畑への侵入の仕方がイノシシではないと思えたのです。

これは不幸中の幸いか。サルではないかもしれないので一筋の光が見えてきました。まだ「かも」ですが。

敵が0になったわけではありませんけどね。

猿よりはましかと。

Img_2101 ナスが絶好調です。私の胸あたりまで高くなりました。背は超えるかな?

今日初めて植えてある数を数えてみました。今更ですsweat01

「千両2号」4本、ミニ丸ナス「うす皮味丸」5本、米ナス「くろわし」15本。

Img_2102 たくさん収穫できるはずです。

Img_2090 プランターのトマトは完熟してから収穫しています。11本もあるので食べ切れません。家族も食べてくれなくなったので私1人がせっせと食べるsweat02

好きだからいいんだけど。

Img_2099 「ベリートマト」は最初の1粒収穫時より、つやがよくなってきました。味はというと…

他の「フルティカ」「アイコ」にはやっぱり勝てない感じかなあ。見た目はリンゴぽくてかわいいんだけれども。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

いい野菜を栽培する!をメインにしたい

Img_2093 小玉スイカ「紅しずく」大きくなってきました。平均果重が2.5~2.8キロらしいのでほぼサイズは同じくらい。あとは熟すだけでしょうか。

 Img_2092 なので、スイカにイノシシ避けネットを張り巡らせました。あくまでイノシシ対策です。猿だと上から跳んでくるでしょうからね。

最近は野菜作りのメインが良い野菜を作るではなく、どうやって野菜を獣から守る?になっています。なんだかねえ。

ここまでは畑のスイカ。

Img_2097 こちらは庭のスイカです。同じく紅しずく。

何故だか庭の花壇の方が勢いがよいという不思議smile

Img_2098 葉がしっかりしているので実が見えにくいです。畑のはカラスに見つかりやすいよ~と心配するほど丸見えなんですよ。

Img_2091 インゲン「サクサク王子」抜きました。

Img_2096 Img_2083 枝豆「怪豆黒頭巾」は収穫です。これは3月末にトウモロコシと同じトンネル内の端に植えていたもの。自分的にはもう少しグリグリに実が詰まっていて欲しかったのですが、娘は「今回の枝豆は粒が大きいね」とのこと。

ということは一応成功かな?

Img_2095 トウモロコシ、インゲン、枝豆、ジャガイモがなくなったので徐々に片付けています。

これらの後には人参、キャベツ、白菜、カリフラワー、プチヴェール、抑制栽培のトウモロコシを植える予定です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

かぼちゃが猿に?

Img_2084 梅雨が明けて暑くなりました。

今までの暑さとは日差しが違いますね。ギラギラsun

この暑さではもう大きくならないだろうとジャガイモを全部収穫しました。シャドークインはそれでもまだ葉は緑でした。強い?

バケツ内が「キタアカリ」、紫(黒にしか見えませんが)の「シャドークイン」、赤色「スタールビー」、普通色「チェルシー」です。

梅雨明けまでジャガイモを畑に置いておいたのは初めてです。梅雨明け後に収穫したものはどれもよいサイズ。

美味しいし、来年も変わりカラフルジャガイモは栽培したいです。今年の梅雨はいつもと違ったので来年も同じようにできるとは限りませんけれどね。

Img_2085 ミニかぼちゃ「栗坊」が何者かに食べられていました。残骸が畑の端に置いてあります。

カラスにしては歯形?が違うような。

植えてあるところをよく見てみると

Img_2086 タネだけがきれいに残っているではありませんか。ここで食べたようです。そういえばたくさんあったかぼちゃがなくなっている。今年の栗坊はよい出来だと喜んでいたのに。

Img_2087 荒らさずにツルをきれいにかき分けて入っているのでイノシシではなさそうです。

猿か!!!

というか猿としか考えられない状況です。やっぱり隣のおじ様の推理は当たっていたのですね。

Img_2088 猿は賢いだろうからネットくらいではどうにもならないとは思いますがやらないよりはいいかもと。

Img_2089 そして「金太郎 忌避王」を周りにまいて置きました。嫌なにおいで獣を近づけないらしいのですが、最初は臭いと思っていた私はまいているうちに慣れてしまいました。

慣れるのだったら獣にも効きそうにありませんが、これも一応やっておかなくてはね。

カラス、イノシシに次いでサルにまで悩まされるとは考えてもみませんでしたcrying

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ブルーベリー完熟&裂け

Img_2079 うっかりしていました。鳥避けネットをしているとブルーベリーの色が変わっていることに気付きにくいですね。これは「チャンドラー」。

完熟してさらに雨に当たったため、裂けている実もありました。試しに裂けているものを食べてみたら甘い!happy02

完熟ですから、当たり前ですよね。

Img_2080「ジャージー」も。

Img_2081 あと「ダロウ」も含め3本分でこれだけありました。うたい文句の500円玉ほど、とはいきませんがハイブッシュ系は粒が大きいですね。摘果して数を少なくすればもっと大きくできるのでしょうが自分はこれで十分です。

Img_2036 ユリ「鉄砲ユリミックス」のうちの1球。

Img_2052 これも鉄砲ユリですね。

カサブランカは蕾のうちに父の日の贈り物として渡しました。咲いたそうです。見たかったなあ。でも見てからあげるのでは遅いし。

うちに残っている(成長のよろしくなかった)カサブランカはまだ蕾なのでこれを楽しみにしておきましょうか。香りが違うでしょうからね。

Img_2071 こぼれダネから咲いた朝顔。撮影のタイミングを逃したのできれいな形ではありませんがとても大きいんですよ。

Img_2053 種蒔きが早かったのでその後の成長も早いバジルです。

Img_2054 花を咲かせてしまいましたcoldsweats01写真を撮ったあとすべて取り除きましたけどね。葉もなんだか硬そうになってきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

純白ゴーヤーの小さな実

Img_2077 「純白白ゴーヤー」棚の一番上まで伸びてきました。

Img_2076 ざっと見る限り雄花ばかりなんです。でも葉をかき分けてよく見てみると…

Img_2078 ありました!まだ3センチほどですが実が出来ていました。2、3個はあったかな。追肥をしておきました。

Img_2072 冬瓜が。こちらはすでに20センチほどに成長。

Img_2074 ゴボウ「サラダむすめ」は初収穫となりました。泥んこで見えにくいですねcoldsweats01

Img_2082 股根もありますが太さはまずまず。十分に初ゴボウは味わえそうです。

Img_2075 雨も多く、風通しが悪いので茎の途中で腐ってしまいました。特に緑色「ダイナー」は全滅。

黄色「オーラム」も腐ったのですが、こちらはどういう訳かわき芽が出てきて復活の兆しが見えます。

何年も前にズッキーニは支柱を立てて上へ伸ばすとよいと聞いたことはあったのですが、あまり興味のないズッキーニのこと放任で育てていましたsmile

今年はいつにも増して絶不調のズッキーニ。ちょっとだけ手助けしてやりましょう。

先日も支柱を立てたという方がいらっしゃったので、かなり遅いのですがやってみました。

かなり遅くの手助けなので復活するかどうか…sign02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

オクラは根コブ病に弱い

雨多いです。梅雨だから仕方ないですけどね。畑のジャガイモは大丈夫だろうかthink

Img_2050 傘をさして庭へ。

オクラの実が大きくなっています。

Img_2051 しかし株の大きさといえば80センチほどなんです。少し前に気になる記事を見てしまいました。オクラは根コブ病(タイピングを間違えて、根コブ病→猫奉行になってしまった。何だかカワイイhappy02)にとても弱いらしいのです。

Img_2058 ここは去年の秋蒔き冬どりの人参が気持ちが悪いほど根コブにやられた場所です。

唯一の弱点がタイミング悪くあったという…

大きくなれないのかもしれないねえ。

せっかく3本とも何とか生き残ったというのにthink

Img_2057 初収穫です。サイズはちょうどいいのですが、色は黄緑色で元気いっぱいという雰囲気ではありません。この後どうなりますことやら。

Img_2055 去年の株が枯れてしまったパセリとネギネギうるさい子どものために種蒔きです。

えっ、今から?

そうです今からなんです。行き当たりばったりでやっていますsmile

食べられるのはいつになることやらですね。

下仁田ネギや白ネギはあるのですが、さすがにこれらは冬を待ってから収穫したいのです。

Img_2056  小春の種がほとんどなかったのに蒔き始めて気が付き、急遽「小夏」を追加しました。名前は似ているのですが、種が小春に比べて一回り大きいんですよ。

出来上がりもごついネギになるのでしょうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

米ナス「くろわし」初収穫

Img_2041 第二弾キュウリ「夏太郎」畑に植えてきました。

植える場所がないのであちこちバラバラに。カナリアナスが2本分枯れたところ、ヤマイモの隣(これは地這ではなくヤマイモネットに一緒に這わせようという魂胆ありsmile)、そしてショウガの芽が出なかったところ。

キュウリはここ!と決めたところがなかったので仕方ないですね。間借りですががんばって成長してください。

Img_2044 くろわし初収穫です。

うす皮味丸、千両2号はかなり前から収穫できていたのですが、米ナス系は遅いですね。やっとこさという感じです。

Img_2045 アスター「ステラ」も咲き始めました。これも種蒔きは3月8日。気が遠くなるほど前の種蒔きですね。こちらもやっとです。

Img_2047 始まりがあれば終わりもあるということでインゲン「サクサク王子」。量は少なく、質も悪くなってきました。収穫がそろそろ終わりそうです。

サクサク王子は前回あまりよい出来ではなかったので、ラストチャンスのつもりで栽培していました。

やっぱりいまひとつ。種は大量に余っているのですが、次は別品種にしてみます。とにかく筋が気になる豆でした。絹さやならともかくインゲンで筋取りしなくてはいけないのはダメでしょう。さようなら王子crownpaper

Img_2048 さつま芋付近の草取りをしました。マルチはあるけど隙間から出てくるんですよ。今からはツルが伸びるので雑草が負けると思うんだけどなあ。

そうそうさつま芋といえば、6月のうちに安納芋とこがね千貫のツルを母に分けてあげました。母ももちろん初栽培。どんな評価になるか楽しみです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

雨遅し

今日は天気予報で雷を伴う大雨ということで覚悟していました。

ところがいつまで経っても降りそうにありません。今日は小学校はプールの日で中止だろうなと思っていましたがこの調子ならやっているかもね。

雨を待っていても仕方ないので降るまで庭の草取りでもしてみましょうか。

時折パラパラとするもののすぐ止みます。

Img_2037Img_2038 結局降り始めたのは正午ごろ。かなりの草を取ることができました。予定外にきれいになったよsmile

Img_2028 キュウリ「VR夏すずみ」はかなり上の方の収穫となっています。収穫の終わりも近い?うちは子ツル1本に1果取りです。孫は伸ばしません。なので上に到達するのが早いのかな?

いつもは真っ直ぐの実が多いのですが、写真を撮る時に限ってこんなに曲がっているものしかないというsmile

Img_2041 第二弾の地這キュウリ「夏太郎」は12センチポットで成長中。ですがもう畑に植え付けた方がいいですよねcoldsweats01

夏すずみの一番果を収穫する頃に第二弾の種蒔きをしました。いい感じにリレーできそうな気がしてきましたよ。

Img_2042 漬けてから12日目の「梅シロップ」です。1ヶ月ほどで完成なので折り返し地点でしょうか。フタが締まらないほどぎっしりあった梅が嘘のようにしぼんでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々ジャガイモ食べ比べ

Img_2032 ジャガイモの食べ比べをしてみました。

上左から「メークイン」、「チェルシー」、「はるか」

下左から「キタアカリ」、「スタールビー」、「シャドークイン」です。

Img_2033 試食の方法はレンジでチン。

見た目はシャドークインが目を引く紫という以外あまり差はありません。

味の方ですが家族全員総合した意見としてカラフルジャガイモ(バラ売りで買った種芋)は味がほとんど同じだという結果となりました。

多少の差はあるもののどれも美味しいとのこと。

ここからは私の意見です。

チンして触ってみて「スタールビー」が一番硬い手触りでした。食べてみても歯ごたえがあるとはいかないまでもしっかりとした芋質。自分の中では一番のヒットでした。

シャドークインはこの紫色をうまく使えば料理上手の方には面白いジャガイモになりそうです。

はるかもチェルシーも悪くない。キタアカリもばら売り芋に似た味わいでした。

そこでです。

定番のメークインを最後に食べたところ、あまりの味のなさと水っぽさに衝撃を受けました。比べてみると美味しくないんですよ。

かといってはるかが収量が多いし美味しいのでたくさん作りたい!といっても種芋がメークインに比べ激高なので栽培するとなるとやはりメークインに落ち着くしかないんでしょうね。

まあ、煮物にすれば元々の芋の味なんてどうでもいいのかもしれません。

「ねえ、インカはないの?」

と子供に聞かれようやく思い出しました。

少量ですが「インカのひとみ」があるのを忘れてたwobbly

Img_2034 後から参戦です。

やっぱり黄色が一番濃いのはこれですね。2位はキタアカリ。

確かに今まで食べた芋の中では一番甘みが強いです。でも前にインカのめざめを食べた時の驚きに比べれば、こんなものだよねに落ち着きました。

慣れただけか、ひとみはそこまで甘くないのか…

shine大試食会はにぎやかなうちに終了しましたshine

今回はレンジでチン方法での差ということと、個人の味覚は様々だということで御参考までに。

ジャガイモにはまったく関係ないのですが気持ちいいことがあったので

Img_2035 昨夜のこと、普段あまり気にしないカウンターの数字が目に入りましたやたらと9が並んでいたので目に留まったのかもしれません。

「899998」。

子供と何かすごい数字だよねと話していて「次見たら90万超えているかもよ」と更新してみたら。きっちり900000でした。

それだけなんですけどね。ぴったり数字やぞろ目は気持ちよくないですか?

| | コメント (23) | トラックバック (0)

ハート?イチゴ?トマト?

Img_2015 トウモロコシ「ゴールドラッシュ」。今までの収穫は自分の背丈に届かないほど小さい株のでしたが、今回は大きく成長した株の収穫が始まりました。

今まで40本ほど収穫してアワノメイガを見たのは5匹ほどだったので、一応防除は成功。受粉はうまくいったみたいでかなり端っこまで実が入っているし、株もこちらは大きくなっているのでバッチリ

と思っていたんですよ。

一番大きな実を量ってみたら皮付きのままで350グラム。ゴールドラッシュの平均穂重は390グラム。

小さいcrying

気候が悪かったから仕方ないのかもね。

量ってみるまではいい出来!と自信満々だったんだけど。

Img_2026 茹でてみると黄色がくっきり柔らかく甘いコーンとなりました。ま、大きさだけがすべてじゃないし。

あの「トウモロコシは5粒だけしかいらない」と言っていた下の子も毎日学校から帰ってくると「今日はトウモロコシある?」になりましたからね。

成長してくれたものです。今日も茹でてあるよrock

Img_2025 Img_2029 ハート型トマト「トマトベリー」。小さい苗だったので他のプランタートマトよりかなり遅れての収穫となりました。

何だか実につやがない…まるでつや消し加工されているよう。

Img_2031 試しにアイコを隣に置いてみた。やっぱりこのつやの違い。錯覚ではなかったようです。

このトマトは全体的にこんななのか私のだけがこうなのか、1株しかないので判断がつきませんけれど。皮につやがあるのとないのとでは見た目のよさってずい分違ってきますよね。

形はハートheart01ではないかな。イチゴと言われればそう見えないこともない。

味はというとまずくはないけど美味しくもない。普通な感じ。このトマトでなければ!というインパクトはありません。まだ初収穫の1個目だから決め付けはいけませんけどね。

あのハート?イチゴ?の形を作るためかアイコよりもさらに皮が硬かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »