« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

カラフルジャガイモ収穫

ジャガイモは「メークイン」と「キタアカリ」はかなり前にすべて収穫しました。

残るはばら売りで購入したものと「インカのひとみ」です。

まずは「インカのひとみ」

Img_2012 500グラムの種芋を植えましたが途中種芋がどんどん腐っていき、収穫できたのはわずかこれだけ。一番大きいので親指と人差し指で作った輪程度です。

Img_2008 「はるか」…とにかく1個1個が大きく、1株の個数も多かったです。たぶん今年のジャガイモの中では断トツの出来のよさだと思います。

Img_2009 「スタールビー」…芋は小さいけど1株でとれる個数は一番多いのではないでしょうか。ある程度掘ってもう終わりだろうと思っても、さらに奥からまた出てくるという感じ。収穫するのが楽しい芋でした。

Img_2007 「チェルシー」…これで1株分です。

Img_2011 「シャドークイン」…これも1株分。

Img_2010 チェルシーとシャドークインは葉がまだ青々しているのでもう少し待ってみます。メークインやキタアカリに比べ成長が遅いなあと思っていましたが、収穫もその分遅くなるみたいですね。

今から味見をしてみます。いくら多収穫できても味がよくなかったら使えませんからね。

Img_2013 小玉スイカ「紅しずく」。握りこぶし程度になりました。なので追肥。

カラス避けで上に釣り糸を張っているけどそれだけで大丈夫でしょうか?実の上にも何かかぶせておくべきか?think

| | コメント (10) | トラックバック (0)

グラムでは無理21粒

Img_2003 先日の大風でもう少しで収穫できるぞ!と思っていたブルーベリー「チャンドラー」の実が落ちていました。

まだ色づいてない実までcrying

勝手に落ちた実なので、完熟してるのかもと食べてみましたが大間違い。すっぱいwobbly

相当風の勢いが強かったのでしょう。

今ついている実はぎりぎりまで粘ってみます。

Img_1990 カシスの実もなっていました。樹のある場所が日当たりがよくないのでなっている数が少なく、漬けられるほどたまらないのが残念。

全部収穫して数を数えてみたら21粒。

カシスのような実をグラムやキロで量れず、粒でしか書けない時点でどうにもなりませんねthink

Img_2004 枝豆「怪豆黒頭巾」。草丈がまだ20センチほどにしかなってないんですよ。まだまだだなと思っていましたが、サヤの方は膨らんで、見ようによっては枝豆ではなく大豆になりかけのものもあるような…

1本で5サヤほどしかついていません。

これも早蒔きし、春の寒さで大きくなる機会を逃してしまったようです。トウモロコシに続いて枝豆までも失敗です。

Img_2006 里芋の葉に黒で黄色いはん点の虫(セスジスズメ)がよくいます。

これが食欲旺盛なのでちょっと目を離すと葉が全部無くなっているんですよ。

特に株が小さい間は要注意。

昨日全部捕殺したはずなのに今日なぜだか過去最高太く大きいのがいたりして。写真の虫はまだかわいい小さいヤツ。巨大虫は写真を撮る気分をなくすほどのふてぶてしさでした。

どこにいた?と不思議になるやら腹が立つやらです。中心の新芽のところを全部食べてしまわれました。

里芋は強そうだからさらに新芽が出てくれるとは思うのだけども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラスめ~!ではなく猿め~!だった?

昨日はトウモロコシを食べられたので「カラスめ~」というカラス憎しの記事を書いたわけです。

今日、畑へいると例の隣の畑の几帳面なおじ様が近づいてきて「トウモロコシを食べたのは猿ではないか?」とのことで探偵さながらの観察眼で足跡を探していました。

犬も走り回る畑なので(近所の家の人が時々犬をクサリから離すので畑を走っている)、確証は取れなかったけれどどうやらカラスだけではないとの結論が出ました。カラスにしては残骸が綺麗過ぎるんだそうです。それと食べかすが何十メートルも離れた場所にきちんと置いてあったりして。

猿かあthink

その対策はさすがに考えていませんでした。ネットをかぶせたくらいではどうにもなりそうにない敵の出現です。どうしましょう。こちらの結論は出ていません。

Img_2000 ナスを支える方法の1つ紐で吊るすというのをやってみました。これでいいんだか、悪いんだかまったくわかりません。

ベテランの方がやっているのに比べて(本当に比べてみたわけではなくあくまでイメージですがsweat01)なんだか貧相で貧乏臭い感じになるのはなぜ?ビニールテープだからかな。

数株分だけお試しでやってみました。要観察です。

Img_2001 「カナリアナス とげなしつのなす」の花が咲いていたので「トマトトーン」をかけておきました。

花が咲いてもちゃんと実になってくれるものが少ないので薬品の手を借りることにしました。

食べるナスやトマトは全部ならなくても別段困りはしませんが観賞用は実が命。

手助けしてやらないといけません。

Img_2002 かなり大きくなりました。この葉には多数のとげがあるんですよ。写真にもはっきり写っていますね。

隣の畝との間が狭い上に、大きい葉っぱなのでこの横をすり抜けるのは至難の業です。右側はナス。

必ず1度はトゲが刺さりますannoy

端っこに植えればよかったthink

| | コメント (14) | トラックバック (0)

カラスめ~

Img_1991 昨夜は寝られないほどの強い風が吹いていました。

朝起きても風は強め。

新聞を取りに外に出てびっくり。

トマトの鉢がみごとに倒れていました。うまい具合に枝が折れていることはなさそうなので一安心。

鉢を起してみたら

Img_1999 青い実がたくさん落ちてるcrying

左の鉢がフルティカで右がアイコだったんですよ。ほとんどがフルティカの実です。フルティカ弱しというべきかアイコ頑丈と褒めてやるべきか。

Img_1998 風は収まったものの雨は降っているのでカッパを着て畑へ。

オレンジトマトの「シンディオレンジ」初収穫です。

味は普通のトマトと同じ。見た目重視の野菜は味はいまいちと思っているので普通ならバッチリと思ってよいですね。あくまで個人的な意見ですが。

Img_1993 トウモロコシが食べられていました。カラスのようです。

今までこのネットを掛けていて食べられたことはなかったんですよ。でも今年は普段狙われないキュウリすら食べられているという異常な状態なので鳥の方も命がけで狙ってきているんでしょうね。

3本ほどは株ごと引っこ抜いていましたがネットがあるのでほとんどはその場で食べていました。

Img_1995 その場で食べているものは先だけつついています。

実の色は若干薄め、あと数日経ったら収穫しようとしてたのに…

でもカラスが食べているということは熟しているのかも?

と、食べてみたら美味しい!さすがカラス!なぜ熟したのがわかるのかね?さすがとしか言いようがありません。

少しずつ収穫していこうrun

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ナスの支柱

突然ですがナス担当になりました。

今まで支柱なんて立てたことがないのですが、急遽やらなくてはいけません。

まず近所のナス畑を観察し、みようみまねでやってみた。

Img_1985 まずは横にたれてくるのがいやだったので横一列に支柱を配置。

次に確かバッテンのように支柱がクロスしていたよなとやってみましたが支柱が足りず結局1株に1本しか支えがありません。

家に帰って調べてみたら(行く前に調べろよはなしでねsweat01

Cocolog_oekaki_2011_06_24_13_43へたくそな絵ですが二本仕立ての場合こんな風に支柱を立てるのが普通なんだそうです。横一列の支柱はいらなかったと。

でもうちは3、4本仕立てになっているのでこれでも無理があるかもしれません。

もうやってしまったので今年はこれでいくことにしましょうか。実の重さに耐えられない気がするけどねthink

トウモロコシの鳥避けネットにひっかかり一番端っこの株を倒してしまいました。もしかして復活するかもとそのままにして数週間。

やっぱり枯れてしまいました。

Img_1987 一応実の中を確認してみました。実の詰まり具合はまずまずといったところでしょうか。けれどここは草丈が低く失敗の列。激小ですcrying

| | コメント (6) | トラックバック (0)

落花生に消石灰をかける

Img_1980 この前から気になっていたことがあります。

これは最初に種蒔きした落花生「おおまさり」。

Img_1981 そしてこれがたくさん出た芽を移植したもの。どういうわけか移植した方の色が黄緑色になってきたような気がします。

なぜ?

移植した方が後に元肥を入れたはずなので肥料不足ではないよね。わからんgawk

わからないけど、そろそろ追肥しておくのがいいのかな?

ということで

Img_1982 化成肥料を土に、葉全体には「消石灰」をかけておきました。消石灰を葉にかける、これは落花生の名産地の人に教えてもらった追肥方法です。

どこかで落花生は石灰で育てると書いてあったのも見たことがあります。石灰分が不足すると実の入ってないサヤが多くなるそうですよ。

1畑すべてゴボウを植えてあった農家さんが一気に全部収穫されていました。2月頃だったでしょうか、うちよりちょっと早い種蒔きだったんだよね。

Img_1984Img_1983 うちのも、もうすぐ収穫できるかもしれません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

梅シロップ

ナスの勢いがいいです。

Img_1959 米ナス「くろわし」

Img_1961 「うす皮味丸」

Img_1960 「千両2号」。

大きいものだと草丈1メートルほどになっているでしょうか。そろそろ本格的な支柱を立てなくてはいけません。けれどこれはだんなさんのナスなのでbleah手出しはしないことにします。いらんことをしてやり直しになったら悲しいですからね。

触らぬ神に祟りなし。

調子のいいナスだけど1本だけ病気かな?という株があるんですよ。

Img_1962 くろわしの1本。だんなさんに聞いたら植える時から小さくて変な苗だったとのこと。植える場所が余ったので一応植えておいたらしいです。

病気だったらうつる可能性があるよねthink

抜くべきか…

Img_1975 ようやく晴れたのでボーダー花壇にサフィニアを植えました。これは苗で買ったサフィニアパープルアイとサフィニアサルサブルーアイスを挿し芽で育てたもの

交互に植えました。これでサフィニアパラダイスになるかしら?

Img_1974 先日もらったクズ梅を漬けました。梅1.5キロに氷砂糖1キロ、食酢150ml使用です。梅干にしても梅酒にしてもレシピには「傷がある実を除きましょう」と書いてあるのでしょうけれど、うちのは傷物オンリーですthink

レシピ全否定。

シロップにするので味にかわりはないと思うのですが。どうなりますか。

Img_1977 半日経ち、梅の色が変化し、水が上がってきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間は忙しい

久しぶりによい天気です。こんなに長時間太陽を見たのは何日ぶりでしょうか。

梅雨の晴れ間は忙しい。たまりにたまった洗濯物を片付け布団も叩いておきましょう。

先日雨続きの時に子供が授業で使った柔道着を洗ったのですがずっと部屋干しでカラッと乾かずに提出しました。柔道着って分厚いんだね。

今日みたいな日に洗いたかった。カビが生えないといいんだけどthink

さて畑へ。

色々と追肥、花ナス、トマトを支柱へ結び、茶色くなった葉の分だけジャガイモを収穫し、ベビーコーンを取り、そして草取り。

Img_1964 畑の中玉トマト「フルティカ」。赤くなってきました。

Img_1966 初収穫の時は裂けていましたが、今回はきれいなものばかり。うれしい反面甘くないから?と思ったりして…

雨続きなのは初収穫の時と同じなんだけどね。

Img_1967 オレンジトマトの「シンディオレンジ」も少しオレンジっぽくなってきました。これもオレンジ色が珍しいからと買ったので味はあまり期待していませんが収穫は待ち遠しいです。

Img_1968 白ネギ「ホワイトスター」何度目かの土寄せと追肥です。最近ネキリムシが多くて所々のネギが倒れています。今日も何匹やっつけたことか。

狭い場所にギュウギュウに植えつけたのでネキリムシのお陰でちょうどいい間隔になってしまいました・・・よかったのか?gawk

Img_1970 落花生「おおまさり」と

Img_1971 「千葉半立ち」。マルチを畝の端にしか敷いていないので草取りが大変。畑に行くたびに目につくのを取るという状態です。

おおまさりの方がちょっと大きいようです。実が大きいと株も大きいですね。当たり前かcoldsweats01

Img_1969 おおまさりには花が咲いていました。こちらもネギと同様ネキリ虫被害で1株なくなっていました。

明日はまた雨だってよdespair

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トウモロコシ雄花切り取り

Img_1952 トウモロコシ「ゴールドラッシュ」のひげが茶色くなってきました。

Img_1953 花粉が飛び終わり、うまくいっているかどうかはわかりませんが受粉も終了したことでしょう。

こうなったら雄花はもういりません。アワノメイガに卵を産まれては困るので取り除きます。

Img_1954 気温が低かったので(それが原因だと思いたいsweat01)生育は悪いのですが一応やることだけはやっておかなくてはいけませんからね。

Img_1955 ピーマン鈴なりです。これ普通のピーマンだと勘違いしていて今まで収穫していましたよ。カラーピーマンだったことに今回ようやく気付きましたsweat01

色が付く前にかなり食べちゃってたなあ。

でも株のためには負担が減ってよかったのかもしれませんね。今回も全部とっちゃいました。

Img_1956 しし唐「甘とう美人」も少しずつ収穫できています。

しかし、これまた今日気付きました。

Img_1957 2本のうち1本が普通の甘長とうがらしだということに。

やっぱりポップがなかったのは甘とう美人ではないということだったのですね。ううっcrying

Img_1958 細い…。これはこれでいいのでしょうけれど甘とう美人を期待していたから落胆度合いは大きいです。来年はもっと気をつけて苗を購入します。

Photo 用があり実家へ行くと母が梅のヘタを取っていました。梅干にするのだそうです。

手伝ってお礼にクズを貰おうっと。

Img_1963 農薬をやっていないので表面はきれいではないものの、クズにするまでの悪い実って少ないんですよね。クズとはいっても捨てたりはせず私が来なかったら父が食べる用の梅干にする予定だったそうです。

私のお陰で父はきれいな形の梅干を食べさせてもらえることになりそうですsmile

なんとか1.5キロ、もらうことができました。

今年はこれで梅シロップを作ります。氷砂糖を買ってこなくちゃね。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

プランタートマトまだ甘くない

Img_1942 去年から小学校では野菜を育てる勉強をしています。

小松菜を持って帰ったり、学校では育てた大根でふろふき大根を食べたと言っていました。今年は枝豆とさつま芋を栽培しているみたいです。

1人1株育てていたイチゴを持って帰ってきました。マリーゴールドを植えるのに邪魔になったんだそうです。

イチゴの時期は終わったのですが、まだ花がついてるので

Img_1943 プランターに植えておきました。学校で食べたイチゴはすっぱかったそうですよcoldsweats01

連日の梅雨空で雨が降らないにしてもなかなか太陽が見られません。

庭のプランターのトマトの成長もゆっくり。ゆっくりというか病気になっているものもあります。今までこんなことになったことなかったのにthink

Img_1945 それでも何個かは赤くなりました。

Img_1951 完熟したものから収穫します。色艶はとてもいいですよ。どれどれ、お味はどうかな?

あれ?何だか期待はずれ。もうひといき甘みが欲しい感じ。

雨に当たらない場所に置いているので水分管理は悪くないと思う。やっぱり日光に当たってないからかねthink

梅雨が明けて真夏の太陽ギラギラになる頃にはさらに美味しくなると期待しましょう。

Img_1950 注文していた夏秋蒔きタネ第一弾が届きました。

パンジーやビオラ、その他花の種、ソラマメ等はもう少し後に届く予定です。夏野菜がまだほとんど収穫できないのに心はすでに冬野菜にいっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

出たのだからいい

Img_1924_2 里芋「白芽大吉」。4月13日に植えたものが25センチほどの草丈になりました。

葉の大きさは手のひらくらいでしょうか。

これは種芋の芽が出ている部分を下にして「逆さ植え」したものです。

教えてもらったのは親芋を種芋にして植える場合逆さ植えにするとよいということ。でも小芋の種芋でも逆さ植えにしてみました。小芋でもいいことあるのかな?

いいことはないにしても、悪いこともないと思う。

すべて発芽したのだからとりあえず第一関門は突破したわけです。あとは普通に栽培していきます。

Img_1925 これはいただいた里芋を5月31日に植えたもの。まだ小さい。

さすがに1ヶ月以上も遅れをとっているので芽を上にして植えました。逆さ植えの一番のデメリットは萌芽が遅いということでしょうか。

美味しくて期待している芋なんです。ぜひぜひ白芽大吉に追いついてください。

Img_1934 ミニカボチャ「栗坊」。今年は地這にしています。気を抜くとすぐそばの水田にツルを伸ばしてしまうので目が離せません。

Img_1935 実がついています。摘果するのがいいんだろうけど、今年はもう好きになっちゃってちょうだい。確認できませんcoldsweats01

だんなさんが突然「そういえばあまりアジサイ、紫陽花、言わないよね」とつぶやいた。

ブルーベリー~!バラ~!等と色々集めたがるにしては紫陽花を買いたいと言わないなあと思ったのでしょう。

この時期鉢でたくさん売っているのに。

うん、そういえばそうね。

Img_1938 七段花咲いていました。

Img_1939 山アジサイも。

Img_1941 Img_1940 墨田の花火は開花までもう少しです。

アジサイ多少日当たりが悪くても栽培できるので、表庭に植物を植える場所がなくなりそれでも何かを植えたい私は一時期集中して買っていました。4種類あります。

裏庭にも植えるところがなくなったので満足(半ばあきらめ)したわけです。

だんなさん、花のことはまったく興味がないと思っていましたが多少は気にしていたんだなとびっくりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

影響されやすいので

昨日、ジャガイモが不作なのでぎりぎりまで粘ってから収穫すると宣言したものの、郵便局に行って帰るまでに沿道のみなさんが収穫しているところを見てしまうと気になって仕方ありません。明日からまた雨の予報ですからね。

葉が枯れているものを選んで収穫してしまいました。

何と意志薄弱coldsweats01

Img_1936 キタアカリは数はあるものの全体的に小粒。キタアカリ自体がそんなに大きくなる芋ではないのでさらに小粒になったという感じでしょうか。

Img_1937 メークインの方はまだ葉が青いものが多いのでほんの数株だけ。こちらはキタアカリよりは期待してよいサイズです。もう少し収穫するのを待つとそれなりのものになりそうではあります。

せめておすそ分けして恥ずかしくない芋にはなって欲しいですね。

Img_1933 今までトマトは鳥食害を受けたことがありません。なのでスイカとトウモロコシにしか対策をしていなかったのですが、隣の畑の方が「すぐそこの人がキュウリをつつかれたと言ってたよ。今年は餌が少ないのかもしれない。うちトマトに釣り糸を張っておくつもり」と早速されていました。

うーん、こりゃ危ないかもしれない。

うちもキュウリネットを掛けておきました。どうしたんだろう?今年はいつもと様子が違うようですthink

Img_1930 さつま芋のつる倍増計画、終了しました。

最終的に「黄金(こがね)千貫」8本、ベニアズマ48本、安納芋17本となりました。

黄金千貫は元が1株だったので欲張らずに少なめ。6月いっぱいまでに植えればいいやくらいののんびりペースだと20株くらいには増やせるかもしれませんね。

安納芋は買ったままの10本で今年は様子見の予定だったのですが

妹から「安納芋は蜜いっぱいで甘い芋だよ。私は大好き!」とメールが来たので妹に分けてあげてもよいなと少し増やしました。待っててwink

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ジャガイモ2年連続不作

Img_1913 ジャガイモ「キタアカリ」葉が黄色くなってきました。自分のカンではまだ大きくなってないと思うんだよね。

でも、ジャガイモが植えてありもうすぐとれるのにわざわざ買うこともないと初収穫です。

Img_1915 雨後でまだ土がしっとりしているのでどろどろです。しかも小さいっ!

葉が枯れかけているのはキタアカリとメークイン。でもこの小ささなので全部を収穫せずにいる分だけ掘ることにしましょう。やはりここでも春の低温が響いているようです。

Img_1914 バラで買ったタネの方はまだ青々としているのでこちらも出来るだけ粘って見ます。梅雨の晴れ間に収穫すればいいや。

Img_1922 生姜を植えているマルチ穴。どこにショウガがあるんでしょうかsmile

Img_1923 植えた時点で芽の大きさに差があったため今でもバラバラの成長をしています。雑草に埋もれるほど小さいのもあれば30cmほどになっているものもあります。

腐りかかっていてダメ元で植えたタネはやっぱり芽が出ていませんね。

Img_1926 ナス「くろわし」にアブラムシがついていました。

アブラムシがついているのはまだ3株ほどだけだったので早期発見。早めに対応しておきます。

そうそう、産直市に出荷する際に生産管理日誌を提出しなくてはいけなくなりました。

Img_1932 農薬と施肥の記録をとり、農薬使用がない場合は誓約で印鑑を押して提出なんです。出さないから処罰があるわけではないけど、そのうち義務化されるとは言われてましたけど。

提出したからといって消費者がどの野菜にどの農薬を使っているとか、どれが無農薬なのかはわからないんですよ。

商品に問題があった場合はこの記録を見たり、栽培が上手くいかない場合これを参考にJA職員が指導するらしい。

書くのは面倒だけど、何をいつやったかな?と振り返られるよう日記替わりにしてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウモロコシ大小

Img_1910 トウモロコシ「ゴールドラッシュ」。まずは鳥食害対策でネットを掛けました。キュウリ用の網目の大きいものですがこれだけでも鳥はいやみたいです。

そして雄花が揃ってきたので受粉の手伝いをします。

雨後なので雌花(というかヒゲ)がぬれているのでうまくいくかわかりません。が、とりあえず1回目にチャレンジ。花粉は隣の黒マルチがうっすら目に見えるほど黄色になっているので飛んでいるのは確実のようです。

アワノメイガ対策で最終的に雄花は取り去るまでに数回やる予定です。

Img_1911 今回トウモロコシは並べて2畝栽培しています。どちらもゴールドラッシュ、種蒔きは3月末とほぼ同時期。右側の大きいのはトンネルで直播き、左側はハウス内でセルトレイ蒔きしその後定植しました。

これらの差がかなり出ています。右は2メートル近くになり左は130センチほど。小さい方にはすでに失敗感が漂っていますthink

トウモロコシは今までこんなになったことがなかったんですよ。ハウス内でちょっと老苗になったなあと思っても植えつけるとうまく成長してくれました。

今年は梅雨入りも早く気温も低いままだったのが響いたのでしょうか。植えつけえたらグングンと大きくならないといけないのですが気温が低くそこで停滞してしまった感じです。大きくならないまま雄花が出てしまったと。

難しいです。

Img_1916 これも雨の影響か「フルティカ」割けましたcrying初収穫なのに…

Img_1917 「うす皮味丸」。漬物用で丸ごと1個漬けられる一口サイズだそうです。

Img_1918 1個150グラムもありました。成長させすぎ。たぶん1口では無理かとsweat01

漬物以外でも使っていいんだよね?

Img_1919 あ、そうだ!ナスが収穫できたら使おうとかなり前に買っていた「鬼からし漬の素」があります。これで漬けてみようかな。

だけど、ナスの漬物はふにふに食感がちょっと苦手ですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

キュウリ初収穫

Img_1901 キュウリ「VR夏すずみ」。初収穫しました。上の小さい方が一般的なサイズのキュウリです。

もうちょっともうちょっとと一晩粘ったら大きくなり過ぎに。収穫のタイミングが難しいです。

Img_1908 Img_1909 VR夏すずみは今年初栽培です。早々と梅雨に入りましたが、今のところ病気もまったくなく勢いも良いですね。私の背程度になっています。

Img_1902 まだ早いかとも思いましたがノーザンハイブッシュ系は今にも色がつきそうなので

Img_1896 ネットを掛けておきました。今年は花壇を壊して新たに4本追加したのでネットが足りません。買いにいかなくてはrun

ネットはこの青い風除けネットが一番安価なのでまたこれにすると思います。本当は緑色が景観を損ねないのでいいんだけど…

色がどうだろうと大きいネットがばっさり掛かっているところで景観も何もないのですがねcoldsweats01

Img_1903 4月13日に中学生の上の子と偶然にも同じ日に種蒔きしたマリーゴールドと

Img_1904 ペチュニアパラダイスを目指して挿し木したものが黒ポットで花が咲いています。

Img_1905 ボーダー花壇に植えようと思っているのですがまだパンジーが咲いているので抜く勇気もなくそのままに。晴れが続いた時に片付けることにしましょうか。

Img_1906 「サンパチェンス オレンジ」大きくなりました。

Img_1907 結局斑入りホワイトも追加で買いました。このホワイト葉の中心が枯れたように茶色くなるんですよ。買った時の苗にもあったけど成長すればなくなるだろうと思っていたのですが新しい葉にも出てくる。もしかしたら病気かも?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スイカと猫

Img_1882 スイカに藁を敷きました。

これでスイカも気持ちよくツルを伸ばせるな、と思っていましたが気持ちよかったのはツルだけではなかったようです。

Img_1860 人参猫がお昼寝していました。どれだけうちの畑が好きなんでしょうか。糞と種蒔き後荒らしとネズミの死体放置には困りますが(困ることばかりsweat01)だけど存在には癒されます。

Img_1898 畑が狭く植える場所が少なかったので庭の花壇にも植えています。しかも3株もsmile

庭なのでいい実は出来ないでしょうけれどね。花壇からはみ出して実をつけさせますよ。

Img_1900 咲いている花はまだ雄花だけです。

Img_1879 Img_1881 ズッキーニはもう少しで収穫できそうです。まだ暑くないので成長はゆっくり。

Img_1880 受粉させていなかったので変な形のものもあります。変形したものは花が付いていたところが腐ってもくるのでダメダメな実です。でもつい受粉をわすれちゃうんですよねthink

原因はわかっています。あったら使うけど別になくても困らない野菜だから。自分の中で存在感の薄い野菜なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

キュウリ第二弾は「夏太郎」

もう明日くらいには初キュウリが収穫できそう!ということで第二弾の地這キュウリの種蒔きをしておきます。

毎年第一弾キュウリが終わる頃になってから「そういえば次は…」なんてのんきに思い出すのですが今年の私は違います。

タネまで用意していますsmile

Img_1895 地這キュウリ「夏太郎」。今まで適当にHCの入り口に置いてあるタネを適当に選び作ったら、これは瓜か?というようなへんてこキュウリしか収穫できなかったので高級タネを買ってみました。

時期的にいいものは出来ないのかもしれませんけれどね。どのくらい差が出るか気になります。

Img_1897 遠慮がちに3粒だけ。

第一弾の終わりとタイミングは合うでしょうか?

Img_1893 インゲン「サクサク王子」。

葉が繁っていて下の実が見えてなかったよcoldsweats01

まさかこんなにできていたとは。

Img_1894 まだあまり大きくなってないと自分では思うんだけど、中に筋があるものがありました。

一応筋を取って調理はしたものの口に残る時があるthinkこれはサクサク王子の欠点だと思うんだよね。うっかりするとすぐに王様になってしまうという。

それがあっても許せるほど初物は柔らかくて美味しかったです。昨日は練りゴマ使用の胡麻和えに。あと金平ゴボウと五目御飯にも入ってインゲン尽くしの晩ご飯でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

キュウリバー

庭に植えてあるキュウリ「VR夏すずみ」4本のうち1本が「枯れているよ~。水をやっておいたんだけどね」と珍しくだんなさんが気付きました。

それでも元に戻らないから抜いた方がいいんじゃない?となんだかやたらと気が回る。

明日はどしゃぶりか?smile

病気かな?とよく見てみたら途中が折れていただけでした。折れた先が枯れていたんです。抜かなくてよかった。

Img_1877 うまくネットに絡まれずにツルの重みで折れてしまったようです。わき芽が伸びてくれるでしょう。

Img_1878 Img_1876 他の3本は無事成長しています。大きいのは15センチほどの実になっているのでもうすぐ収穫できそうですね。

まだ収穫はできていないのに我が家ではキュウリブームが巻き起こっています。

CMの影響なんですけどね

Img_1826 エバラ「浅漬けの素」で作るキュウリバー。

食べやすいようにレシピより小さく作りました。使い捨てはもったいないからと弁当用のピックを使ったのですが、キュウリから抜けやすいんですよ。

Img_1836 今では素直につまようじで作っています。

今がブームのピークなので自家製キュウリがとれる頃には飽きているとは思いますbleah

Img_1883 残っていた人参は先が腐ってはいないものの裂けていました。最後に残していたものは「ベーターリッチ」かな。人参の収穫適期も短いですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

肉じゃがにも赤玉ねぎ

Img_1866 サツマイモ「こがね(黄金)千貫」。他のイモより早く植えたのでツルの伸びもちょっとだけ早いようです。

ツルが伸びるのは気温の関係があるだろうから早く植えたとはいってもほんのちょっとだけですけどね。

伸びたつるを苗として挿しておきました。

とりあえず5箇所ほど。全部で10株にはしたいのでまた伸びてきたら増やしましょう。

Img_1867 ベニアズマも数株増やしました。

ベニアズマは白菜を収穫した後の畝1つ分ほど追加しようとは思っています。さつま芋はもう少しあってもいいかなと思いますが、畑が狭いので計画して植えないと夏野菜が終らないうちに植えるプチヴェールやブロッコリー、カリフラワー、キャベツなど行き場がなくなりそうです。

それもあって今年は黒大豆、小豆の栽培を諦めました。

Img_1869 安納芋はねっとり系の芋なので(苦手sweat01)買ったままの10本だけにしておきます。美味しかったら来年は増やすということで。

もう少ししたら伸びたツルを狙ってツル泥棒がやってくるはずです。「繁ったツルは芋が大きくならないからね~」とか言いながらツルを切るのでしょうsmile

Img_1861 「甘とう美人」初収穫です。3個とれてた「京みどり」とともにピザにしました。

Img_1862 玉ねぎはたくさんありすぎる赤玉ねぎを使用。だんなさんの赤玉ねぎは割れが多いのでまずはそれを消費しています。最近はどんな料理も赤玉ねぎを使うんですよ。

Img_1863 野菜をたっぷり使ったのでピザなのにあっさり風味となりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

玉ねぎ以外全滅

玉ねぎをすべて収穫したので、借りている畑を返す準備を始めました。

玉ねぎのマルチをはがして、ソラマメの支柱を外し、豆のネットを取りました。

スナップエンドウ、グリンピースは草丈が伸びず、収穫に困ることなく終了。グリンピースは一度も食べていません。

イチゴはほとんど収穫できなかったので今年はランナーを取らずに株は捨てました。

最後の残ったのはニンニクです。

Img_1864 葉が育っていないんです。いい実になるはずもなく過去最高に悪いできです。

借りた畑でまずまずの出来になったのは玉ねぎだけ。トウ立ちが1本もなかったし寒い冬だった割に玉太りはよかったですからね。あとの野菜はほぼ全滅という散々な結果となりました。借りなきゃよかったcrying

ここで野菜を作るなら相当な水はけ対策が必要です。でも、人の畑なのでもう考える必要はありませんけどね。

Img_1865 小ネギ「小春」です。移植する場所がなくてこれだけキャベツの畝の端に残ったままになっていました。半ば忘れられ雑草に囲まれていたのでホワイトアスパラ状態で色が薄いですsweat01

Img_1870 「あじのごまだれ丼」の薬味に大量に刻んだのですが、生の鯵が食べたくない下の子はネギだけをそのまま食べています。

すごく美味しい!と。

そのままというのはちょっとねと思いましたが柔らかくてクセがないので確かに食べられる。

その子が「これは小春ちゃんでしょ。ホワイト何とかというネギはまだ食べられないの?」

そういえば春休みに一緒にネギを植えたんです。

ちゃんと覚えていたんだね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

落花生移植

今日も田植えと覚悟していたのですが、代かきが完全に終ってないらしく続きは明日となりました。

雨や田植えで野菜の畑は最近手付かずです。

ここで一気にやってしまいましょう。

トマトのわき芽を取り、スイカに藁を敷き、ズッキーニピーマンゴボウに追肥、白ネギに追肥をし土寄せ、あとは目に余るような雑草を抜いて…

Img_1854 先日ほとんどを収穫した人参のマルチを外しました。人参を抜いた穴がぽっこりと規則正しく開いています。

ここには落花生を移植するつもりなんです。

Img_1855 5月9日に直播してここまで大きくなりました。発芽率は8割くらいかな。落花生はポット蒔きよりも直播の方が発芽率がいいようです。

この3つでた芽を1本にした残りを先ほどの人参後に植え替えます。

Img_1856 根がポットに回っているわけではないのでうまく根付くかどうかわかりませんがやってみました。たくさん落花生が食べたいからねsmile

そして残っていた赤玉ねぎを抜きました。

Img_1858 これはだんなさんの。

Img_1859 こっちは私の。写真ではわかりにくいですね。

どちらも収穫間近になって病気が出てしまいました。

だんなさんのは極早生だったのに収穫が遅れたからでしょうか育ちすぎ?で割れた実が多かったです。あと揃いも悪いです。

私のも揃いは悪いけどだんなさんほどではありません。割れたものはなし。

どちらがいいかと聞かれると私のとは答えますが、どちらにしても赤玉ねぎは胸を張って自慢できる出来ではありませんでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

田植え始まる

Img_1850_3 田植えが始まりました。

写真は母に撮ってもらいました。デジカメ初挑戦。まずはスイッチを入れずにシャッターボタンを押して失敗。

二度目はフイルムsweat01が勿体無いからと、ほとんど撮ってませんでした。

数少ないうちの1枚です。

今年は父の調子は悪いながらもまったく動けないほどではなく、100%私がしなくてよくなりました。周りの難しい場所は父がやり、中の真っ直ぐの所を手伝う程度。

気持ちが楽ですね。

後は父が植えている時足りなくなった苗を渡したり、田植え機が荒らした田をトンボみたいなもので平らにしました。

今日は畑の近くにある水田3枚を植えて終了。使った苗箱は32箱。

全部で157箱あるので5分の1終ったことになりますか。田植えは数日続きます。

ソラマメ初収穫です。今年は場所が悪かったこともあり良い出来ではありません。

なので下のサヤから順番に収穫せずに枝全部を一気にとる方法にしました。

Img_1838 これで8本分くらいかな。

Img_1839 出来が悪いと言っても中には3センチ超えの物もありますよ。

Img_1841 いつもの年の半分しか伸びなかった株やなぜか茶色くなったサヤの割りに中身はよかったです。

でもね…

株ごと一気収穫のせいで熟し具合がバラバラでした。上の方のはまだ若かったんですね。無茶なやり方でしたsmile

残りの収穫方法は変えた方がいいようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ナスのわき芽取り

Img_1827 少し前に「ナスはわき芽を取ってないけど、このままでいいのか?」と母に言われました。

良いわけではないのですが、雨やら他の忙しいことに追われ後回しになっていたんですよ。

だんなさん担当のナスですがわき芽のことはまったく見えていないようです。毎年のことですけどね。

言えばやるのかな?でも言ったとしてもどうやってやればいいかわからないとか言い出して結局私がやることになるので同じかも。

わからない言うな!自分で調べろ!

あれ?またさらっと毒が…coldsweats01

ということでやっておきました。

Img_1828 支柱が遠いところにあるのでくくってあっても斜めになっていますがsmileすっきり。下の葉も取るべきだったかな?まあ、これは後からでも出来るし。

Img_1829 「とげなしつのなす カナリアナス」と

Img_1830 観賞用ナス「ソラヌム」も。

カナリアナスはわき芽をすべて取って上へ上へと伸ばしていくのですが、ソラヌムは適当に下の方のわき芽を取っただけ。

これで正解なのかわかりませんが(鑑賞用ナスの育て方はどこでもあまり詳しく説明されていないので)、自分的にこれでいいのだ!

Img_1823 庭のプランタートマトは元肥が多すぎたのか成長点付近の葉がぐりぐりに丸まっていたので一番最初の実が大きくなってきても追肥はしていませんでした。

ですが、今度は何となく貧相な葉になってきましたよ。

しかもぐったりしている?

急遽なので液肥と

Img_1822 アミノ酸入り肥料をやっておきました。

Img_1824 本当は「うま旨肥料」をやりたかったのですがアミノ酸の方が古いのでまずはこちらを使い切ります。何だか肥料の色が変化してきている気がする。もう何年も使ってますからねsmile

今日はピンとしていました。

ぐったりしていたのはただの水分不足だったようですsmile

狭い鉢の中、水や肥料を管理するのは難しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »