« プチヴェールの斜塔 | トップページ | 甘長美人があるのか? »

アブラムシとの11間戦争

家庭菜園だから出来たのです、笑ってお付き合い願います。

大量のアブラムシを発見したのが今から11日前の3月28日

たったの11日?と思うほど短いのですが激しい闘いが続いていました。

まずはみかんの皮撃退法で。

まったく効き目なし。

アブラムシは黄色が嫌いという説があり、もしかしてみかんの皮の黄色がイヤなのかもねという予想外の意見が出てきました。なので予防には効果があるかも?

次は元気丸(木酢液にニンニク、とうがらしを漬け込んだもの)散布。

撃沈です。

あまりの臭いに撃退する側の人間の臭覚がやられそうでした。これも色々調べましたがすごく効いた!!!と書いてあるブログはなかったような…。どちらかというと予防&植物の活力剤的な使い方をした方がいいのかもしれません。

次、水溶き片栗粉散布

効きました!使った霧吹きのジェット噴射がsmile

アブラムシが気持ちがいいほど吹き飛ぶ。

Img_1407 肝心の片栗粉が効くとなると、どうでしょう?乾いてうっすら白くはなっているけどアブラムシの呼吸を止めるほどではなさそう。

うちは今回面倒だったのでそのまま水に溶いただけだけど、本来水溶き片栗粉散布は熱を通してでんぷん状にしてからやらなくてはいけないらしい。アブラムシの息ができなくなるらしいのですがどれくらいの濃度だと窒息するんだろうか?濃すぎると霧吹きできないよね。

Img_1409 と、ここまで3回やってきましたが、あまりに効果がないのでとうとう薬の出番です。

「アーリーセーフ」天然物(ヤシ油)由来の成分で有機農産物栽培にも使用できる。

Img_1411 1日経過。アブラムシの数は減っていますが全滅はしていません。散布なのでうまくかかっていない場所もあるのでしょう。弱い農薬だし。

Img_1412 本日最後の薬をやりました。これで本当にアブラムシとの闘いは終わりにするつもりです。

「パイベニカスプレー」植物(除虫菊)から抽出した天然成分使用。有機農産物栽培にも使える。

色々とやってきましたが、一番効いたのが霧吹きのジェット噴射だったというなんとも寂しくなるような結果です。そういえばガムテープで取るという方もいらっしゃいました。

アブラムシを見つけたら極少数の時にやっつける。そうすると今回の実験の最終段階まで行くこともないのでしょうね。

早期発見、早期除去。

これに勝るものはないということでしょうか。

|

« プチヴェールの斜塔 | トップページ | 甘長美人があるのか? »

家庭菜園」カテゴリの記事

小松菜」カテゴリの記事

コメント

数年はかかりますが、家庭菜園が誰にでも簡単にできればいいなと、勝手口における棚のようなBOXを企画しています。家庭菜園の難問のひとつが虫だとおもい、maoさんのブログをありがたく拝見しています。野菜が発するフェロモンに虫が反応するという話しを聞いたので空気中のフェロモンを分解できないかとある仮説を立てているのです。イメージがもう少し具体的になればご紹介してみたいです。

投稿: 周防商会のあっくん | 2011年4月 8日 (金) 18時36分

アブラムシに色々な方法試されましたね。
大量発生だとやはり考えてしまいまね。
私も今のところは大丈夫そうなのですが、毎年ねぎにもアブラムシ発生します。
早期発見、早期除去どこかできいたことばのようですが、これが一番ですかねthink

投稿: よびばあ | 2011年4月 8日 (金) 20時17分

ヾ(@>▽<@)ノ彡☆ぶぁっはっはっはっは~~

お疲れ様でした~!
よく乾燥した日に散布すると
窒息死するような気がするんですけどね~~!(まだ言ってる;
牛乳はあとあと腐って悪臭がしそうでぜひとも避けたいところです

早期発見って集団検診みたいね(笑)

投稿: イタさん ^^/ | 2011年4月 8日 (金) 21時22分

リポートお疲れ様ですcoldsweats01。お花なら台所洗剤と油2,3滴を水で薄めてシュッとするとかなり効きます。

でも一番はジェット噴射ですねbleah

投稿: あさがお | 2011年4月 8日 (金) 23時39分

こんばんは、周防商会のあっくんさん。

あまり真面目に虫退治をしてないのでお役に立てているかどうかわかりませんがsmile
野菜がフェロモンを出しているというのは初めて聞きました。
それが本当ならフェロモンを虫に気付かせなくすれば虫被害は防げますよね。
期待しています。

投稿: mao | 2011年4月 9日 (土) 22時11分

こんばんは、よびばあさん。

色々と試してみましたが、劇的な効果はありませんでした。
薬さえも有機栽培に使えるものは効き目がやわらかいのか全滅とはいかずthinkうちはどういうわけかネギに発生は少ないようです。
当面の心配はソラマメだけでしょうか。
何事も早期発見&治療が大切みたいですね。

投稿: mao | 2011年4月 9日 (土) 22時17分

こんばんは、イタさん。

片栗粉は適当な濃度でやってしまいましたからね。しかもその時はジェット噴射効果で片栗粉が効いたのか効かなかったのか判断がつきませんでした。
牛乳方法は臭いと聞いていたので最初から実験候補から外してしまいました。よく耳にする方法なんですけれど。
病気も野菜の虫も対処法は同じということでsmile

投稿: mao | 2011年4月 9日 (土) 22時22分

こんばんは、あさがおさん。

台所洗剤&油散布法もありましたか。
野菜にも台所洗剤は使って悪いわけではないのでそれが効くのなら候補に入れていたかもしれません。
今回はもう終了です。いや、もうたぶんやらないと思いますけどね。次はここまではびこる前にやっつけますからrock
たぶんsmile

投稿: mao | 2011年4月 9日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/51332669

この記事へのトラックバック一覧です: アブラムシとの11間戦争:

« プチヴェールの斜塔 | トップページ | 甘長美人があるのか? »