« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

広島の安納芋

Img_1572 5月3日に米のもみ蒔きをすることに決まったので、事前に苗箱に土を入れておくことになりました。

だんなさんは仕事だったので、実家の両親、2人の子供、私の5人で土入れです。

写真の向こうに写っているのが母なんですが、はいているジャージが私が学生時代のものでしたよsweat01

何でだろう?何十年も前のことなのにすぐわかるという不思議。

おっと、また話がそれてしまいました。

休憩をはさみつつ5時間ほどで終了。今年は全部で157箱です。米作りの準備が着々と進んでいます。

明日が雨の予報なのでそれまでにさつま芋を植えておきたいrun

Img_1574 「ベニアズマ」25本と

Img_1575 「安納芋」10本。安納芋は今年初栽培です。

特徴はねっとり系で糖度が高い。栽培はやや難しく収量はやや少なめとのこと。

栽培が難しいといっても特別なことをするつもりはなく、他の芋と同じ様に作ってみようと思います。ダメだったらそれはそれでしょうがない。

種子島で収穫した芋とはまったく別のものになるという人もいますが、いいじゃないですか、広島産安納芋を作りますよ。

ただし、自分はベニアズマのようなホクホク系が好きなんですよ。安納芋を美味しいと思えるかどうか…そっちの方が気になっています。

収穫できるかわからないのに気が早いのですねsmile

Img_1576 今年は植えられる場所が狭いので、この苗から伸びたツルをもう一度苗にする作戦が取れません。しかも株間狭っ!

さつま芋栽培倍増計画は中止です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

早生玉ねぎ収穫

Img_1560 5月がもう目の前です、さすがに氷点下になる日ももうないでしょう。キュウリ「VR夏すずみ」植えます。

大きさに大小あるものの、4粒蒔いて4株完成。上出来!

Img_1561 もしかしたら霜が降りるかもの備えとウリハムシ&強風対策としてホットキャップをかぶせておきました。

Img_1568 去年6月に収穫した玉ねぎがなくなり店で買うこと2袋分。それもなくなったのでまだ少し早いのですが早生玉ねぎ「チャージ」を収穫することにしました。

葉だけ見ると絶好調な青々とした緑色です(青々とした緑色って言葉としてはどうなの?ですがcoldsweats01)。

でも冬が寒かったので玉太りは悪いですね。

Img_1562 中には小さいけど茎が折れているものも数株ですがありました。

Img_1565 それだけでは足りないので玉が大きそうなものを選んで抜きます。下の子も手伝ってくれました。

Img_1566 これはちょっと小さめ。失敗したthinkと残念そうな娘。

Img_1567 食べられそうな実もたくさんありましたよ。

Img_1569 畑で根と葉を子供に落としてもらったのですが、新鮮だからでしょうか「涙が出る~」と大騒ぎしていましたsmile

今夜はフライドオニオンとスライスしてサラダにする予定。あと明日のカレー用も収穫しておきました。

久しぶりの新玉ねぎ、楽しみですhappy01

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

伸びすぎちゃって困るの

Img_1557 春は風が強いものとは知っているのですが、こうも毎日毎日吹く強い風には困るを通り越して呆れるほどになっています。

トンネルが外れはしないもののひらひらとtyphoon

昼頃から雷を伴う強い雨が降るという予報なので空模様を見ていましたが、すぐに降るような気配がありません。

よし!一仕事してこよう。

Img_1558 こっそりと陣地を広げたカボチャの畝に肥料を入れ耕しておきました。これで名実とも私の土地になったsmile・・・はず。

Img_1555 若干大きくなりすぎたトマト苗ですがsweat01ようやくおすそ分けが始まりました。

Img_1556 今年は手渡すタイミングが合わずに発送することになりました。草丈が伸びすぎているので箱に入りきらないみたいです。なるべく小さい苗を選んだのですがてっぺんを押さえて箱を閉めることに。

すぐ出すのだし大丈夫だとは思いますけど。

今年も四国で美味しいトマトができますようにhappy01

Img_1544 ここ数年「暖地さくらんぼ」を食べていません。花が咲いたのは確認するのですがその後実がならないんです。

ということで今年は花が咲いている時点で早々とネットをかけておきました。

実が太っています!去年まではやはり鳥食害だったのでしょうね。久しぶりに暖地さくらんぼが食べられそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プランタートマト

Img_1547 黒枝豆「快豆黒頭巾」

Img_1548 インゲン「サクサク王子」とトウモロコシ「ゴールドラッシュ」を植えつけます。

種蒔きは1回目のインゲンとトウモロコシが寒さのため枯れた後なので3月末頃。

その枯れたところにはせっかくトンネルがあるのだからと直播きしておきました。

Img_1551 直播で成長したのがこれ。10センチそこそこでしょうか。

Img_1550 今回植えたのは直播の2倍の高さあります。種蒔き時期はほぼ同じですが成長具合にかなり差がありますが、果たして収穫時期にずれはあるのでしょうか?

さすがにまだ霜が怖いのでこちらの畝にもトンネルを張っておきました。5月になると外すのであと1週間くらいしか要りませんけれど。念のため。

Img_1554 プランターで育てるトマトを植えました。

オレンジトマト「シンディオレンジ」、ミニトマト「アイコ」、中玉トマト「フルティカ」。

とりあえず5個分です。甘いトマトになるので畑よりなるべくプランターで育てたいのですが、家の周りに雨が当たらない場所が少ないので限界があるのが残念think

容器があと数個あるのでトマト苗をおすそ分けして余ったらもう少し増やすかもしれません。

Img_1553 今年は寒かったのにうちのトマトの成長はなぜだか早いです。もう実ができている株もありましたsweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴーヤー追加蒔き

Img_1538 畑として使っていたところを耕してもらいました。先日まで畝があり野菜を植えていたのがうそのようにきれいになっています。

キャベツが植えてある1ヵ所だけポツンと残っていますsweat01春種蒔きをしたキャベツがもう巻き始めていることから秋植えて春収穫のキャベツの需要は低い気がします。

どうせなら秋植えて冬の間に収穫できる品種を植えた方がいいのかもしれません。

Img_1537 新しく借りた田は広いからと全部は使わせてもらえません。畝ごとに植えるものを考えていくと、どうしてもカボチャを植えるところがない!

今年は5株に減らしたのですがツルが伸びますからね、ある程度の場所が必要です。

ここで荒業に出ました。

水田と畑との境目を勝手に2メートルほど水田側に移動しておきました。2メートルの畝を作って自分の陣地を増やしたわけです。ここにカボチャを植えようかと。

バレないだろう。たぶんsmile

Img_1539 Img_1540 純白ゴーヤーの種蒔きをしてから15日経過。6株中4株が成長しました。あと2個は掘り返してみたけどまったく動きがありません。

自分で4株、おすそ分け2株で最低6株は要るのに足りませんよ。

Img_1541 で、追加で種蒔きしておきました。これから暖かくなるので芽が出たらすぐ追いつくでしょう。

Img_1542 多粒蒔きしたケイトウの花が咲きました。発芽率が悪くてどうみても多粒蒔きに見えませんけどね。新しい種買おう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

黄金千貫ポット苗

ホームセンターの広告に「さつま芋のツル入荷しました!」と出ています。

なるべく早く植えて、早く収穫したいので買いに行きましたrun

まずは入り口にある野菜苗を見てみると寒さのせいか弱っているようなものがあります。ゴーヤーやオクラ、キュウリは特にひどかった。

あまりにひどく早くも3割引で売られているものもありましたよ。

さつま芋ツルはというと「なると金時」はまずまずでしたが、自分が欲しい「ベニアズマ」は少ししなびた感じ。

加えてこの寒さなのですぐには植えられそうにありません。ということで今回は購入を見送りました。庭で育てているゴーヤー苗に朝水遣りのためハウスから外に出して水が引くまで置いておいただけで葉がしんなりしてしまうんですよ。

あと安納芋もありました。これはちょっと高価なツルでした(10本で他の芋の25本分くらいの値段だったような)。美味しいらしいのでこれも植えてみたいなあ。

Img_1534 他の苗を見ていて見つけたのが「こがね千貫(黄金千貫)」。ポット苗です。

皮が白く芋焼酎の原材料になるそうです。黄金を千貫積んででも食べたいくらい美味しい芋というところから付いた名前。焼き芋等にしても美味しいと聞いていたのでお試しで買ってみました。

Img_1535 早いとは思いましたがホットキャップをかぶせて植えておきました。1ポット298円したのでお高いさつま芋になりそうです。

Pap_0005

先日、甘とう美人を買いに行き甘長美人なるものを買ってきたことがありました。再度その店に行ってみると・・・ポップが増えてる!

値段表には甘長美人となっているものの商品説明はちゃんと「甘とう美人」になっています。やはり先日買った苗は甘とう美人と思ってよさそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サンパチェンスを育ててみる

Img_1523 3月14日に鉢に植えた「サフィニア パープルミニ」。

Img_1531 もう1株、「サフィニア サルサ ブルーアイス」も買いました。

加温ではありませんがハウス内に入れていたので茎が伸び、これを挿し木をしています。この時期伸びてきた芽を切るとわき芽が出てきてこんもりと形いい株になります。花付きもいいしね。

Img_1524 枝の先の方を挿すので挿し木したところで花が咲いています。伸びてきた芽を挿してどんどん株を増やし・・・この調子だと夏にはサフィニア天国になるなとウハウハですsmile

皮算用に余念がありません。

Img_1526 Img_1527 デルフィニウムも咲きそうです。寒いからとハウスから出せずにいました。これは鉢だけど地植えにしようといまだポット苗のものもあります。そろそろ植えないとねcoldsweats01

Img_1525 それと今年初栽培なのが「サンパチェンス オレンジ」。

草丈が60~100センチ(ホントに?)と大株になるインパチェンス風の花のようです。

Img_1532 カタログだとこんな感じ。

サフィニアが紫とブルーなのでどの色にしようか悩みましたが夏に咲く花なので元気いっぱいのオレンジにしてみました。最後の最後まで白とどちらにしようかと。

1株の値段が高いのにびっくり。とりあえずは枯らさないようにが目標です。

ハードルは低めに設定sweat01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小カブあやめ雪

Img_1518 小カブ「あやめ雪」収穫しました。

これはだんなさんのリクエストなんです。確かに色はきれいだが…

カブって使い勝手のいい野菜だとは思わないんだよね。ゴメン。

私が料理が得意というわけではないから料理の幅が狭いのもある。けどカブは大量に使えるわけでもないし。いや、これも料理の腕次第なんだろうけどもcoldsweats01

栽培する量もっと減らそう。

「追記 カブの名誉のために。コンソメスープにカブを入れたら柔らかくて美味しい!と家族に大好評でした。それでもたくさん栽培したくならないのはなぜなんだろう。ちょっとあればいいかなに落ち着きます。」

Img_1507 ただこのマンガに出てきそうな、これぞカブ!という形はかわいくて大好きなんです。これは普通の白カブ「耐病ひかり」。塩漬け直前の姿です。

今回はトンネル内に種蒔きしたくらいでしたから、害虫がいなくてきれいなものが収穫はできました。

あやめ雪はスライスして生でだんなさんに食べてもらいましたよ。

無言でしたsmile

Img_1521 Img_1520 ソラマメとグリンピースかスナップエンドウかどちらかの花が咲いていました。どちらも白花なので判別できませんでした。

実を言うと去年収穫したグリンピースがまだ冷凍庫にあるんですよ。少しずつ彩りに使っていましたが、大量に使わないものでなくならない。

昨日もクラムチャウダーに入れました。それが良い悪いは別として結構長期間食べられるものだねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

待っていも出ないのは

Img_1514 中が紫色で毒々しい「シャドークイン」の葉は、同じく紫色でナスの苗のようです。

Img_1513 これは「はるか」だと思います。こちらは丸っぽい葉が多いようです。

「インカのひとみ」は芽が出るのが遅いなあ。と思っていたのですが

Img_1515 中にはこんなに大きくなっているものもあります。何だか嫌な予感がthink

掘り返してみたら腐ってるcrying

Img_1516 インカのひとみは買った時点でカビが生えているものがあり全体的に萎れてたのでやっぱりという感じ。良く確認して買わないといけませんね。

結局、インカのひとみは5株しか残りませんでした。あと「チェルシー」の腐りが多い。

あちこち芽が出てない場所を掘ってみたらほとんどが腐っていました。今の時点で芽が出てないのは8割方ダメと思っていいみたいです。

中には遅れてごめんね、今から芽を出すよ!というのもありましたが。

植える場所がなく予備として端っこに埋めていた「キタアカリ」を腐った場所に移動しておきました。なのでなんとか畝全部に芋が植わっている状態にはなりました。

ただし、品種がごっちゃになってしまったので(あちらこちらにキタアカリsweat01)収穫する時これは何芋だったっけ?になりそうです。

Img_1522 空気が乾燥しているし、暑くないのでウッドデッキを塗り替えました。使ったのは「アサヒペン ウッドガード」。

だんなさんが準備していましたが、ここのところ土日に雨が降ることが多いのでできず。

私に回ってきました。ペンキ塗りは楽しいので本当は自分がやりたかったみたいですけどsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ショウガの芽

牛糞堆肥に埋めて加温ハウスに入れていたショウガ。乾燥しているのか牛糞堆肥の表面がカラカラになっているのが気になります。

時々水をやってはいるけど乾燥に弱いショウガはどうなっているのでしょうか?

気になって仕方がないので掘り返してみました。

Img_1504 芽が出てる!こんななんだ。想像より大きくしっかりした芽でした。

Img_1505 と、喜んでばかりはいられません。

ショウガの芽はとてもデリケートでした。

Img_1506 何本も折ってしまいましたcrying折れたところから新しい芽は出るのだろうか。もう植えるまで触りません。

Img_1509 昨日の強風でまたトンネルが飛んでいました。もちろん悪いのは私。空気の入れ替えや手入れのためにビニールを土で押さえてないんですよ。

多少の風くらいだと大丈夫なのですがさすがに昨日の風は強かったtyphoon

Img_1510 Img_1511 さすがに今回は霜が降りていないのでトウモロコシ「ゴールドラッシュ」も「快豆黒頭巾」も枯れていませんでした。ついでに芽が出ていないところにたくさん生えているところから移植してトンネルを戻しておきました。

あと1、2週間でトンネルは外してもいいようです。霜さえ降りなくなればね。

トウモロコシの芽が出ているところで1つ気になることが。

Img_1512 なぜか瓜系(スイカや冬瓜風)の芽が一緒に出ているんですよ。しかも1ヵ所ではなく4、5ヶ所あるんです。この場所は去年は米を作っているし、マルチも新品、トウモロコシは直播きしています。

うーん、なぜここに?謎は深まるばかりです。

育ててみるべきかthink

| | コメント (10) | トラックバック (0)

サラダばかり

Img_1486 近所のおばあさまに「これ巻くのかね?」と心配されたミニ白菜「お黄にいり」。2月27日春蒔き分です。

くっつけて植えないと大きい白菜になるというので密集しているのですが狭すぎたかな?と思わなくもありませんsweat01

Img_1487 ちょっと立ち上がってきたようにも見えます。もしかしたら巻くかもよsmile

一番心配していたのはトウ立ちなのでそれは回避できたようです。

Img_1497 ルッコラ(ロケット)初収穫です。ほんのりゴマ風味でほろ苦い大人な野菜です。ここはサラダで。

Img_1499 サラダばかりannoy

何だかサラダの気分だったんですよ。あとパクチョイの胡麻和えも作りました。どれだけ野菜を食べさせるんだとsmile 

他メニューはピーマンの肉詰めと畑に残っていた昨年のゴボウ入り味噌汁でした。

Img_1501 ようやく冬瓜の芽が出てきました。あまりに動きがなかったので土中で腐っているんだと思っていました。種蒔きは3月25日。種蒔きから約25日。

発芽が遅いというよりは私が早くに蒔きすぎたのでしょう。4月半ばに種蒔きでいいのかもしれません。

Img_1502 ゴーヤーの芽が見えてきました。これはうれしいhappy01

残りはまだですがほとんどのポットで土のひび割れが見えていることから数日中に芽が出そうな雰囲気ではあります。

特に白ゴーヤーは蒔いた後にだんなさんが「そういえば白ゴーヤーは苗が欲しいという人がいたんだ。数に入れるの忘れてた。芽が出ないことを想定して多めには蒔いてるけど」と発芽率が良くなくては困る発言をしていたんです。

ひび割れの数からいけば大丈夫かな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

畑を水田に戻す

Img_1490 田植えの準備が始まっています。冬の間に一度は耕していた水田ですが、春になり草が生えてきたのでもう一度耕します。田おこしですね。

今回はタイミングがよくてだんなさんがやってくれました。

水を入れるのは5月頃になるでしょうか。それから代かきして田植えです。

今年も父の体調がよくないので私が田植えをすることになりそうです。今から気が重いthink

去年使っていた畑は今年から水田に戻します。少しずつ片付けていたので大慌てすることはなかったのですがブロッコリーとプチヴェールが残っていました。

母の軽トラが来ていたのですぐ抜いて株をのせ捨ててもらいました。よかった!ブロッコリーの茎は太いのでいつも処理に困ってしまいます。

急遽抜いたので写真なし。

Img_1489 残すは向こうにちょっとだけ見えている寒冷紗内にあるキャベツだけになりました。キャベツの部分だけ残してあとは耕します。

Img_1492 植え付けは昨年11月11日

巻き始めていますがまだかたくはないので収穫するには早いようです。これは葉の形から「浜岬」でしょうか。

Img_1493 となるとこちらは「おきな」ですね。これなんて巻くかどうかcoldsweats01

大体が秋植えて春に収穫できる品種なのかもわかりません。代かきまでにとの時間制限もありだし、どうなるかわかりませんがぎりぎりまで待ってみます。

そうそうこの片付けていた畑にゴボウが去年の残っていました。

Img_1496 ゴボウは越冬できるんだとまずは驚き。寒いのと肥料分はまったくないので大きくはなっていませんでしたけどね。

Img_1488 ごぼうと言えば・・・で思い出し、4月6日に種蒔きをした「サラダむすめ」発芽していました。掛けていた不織布を外しました。

近くの畑で10センチほどになっているゴボウを見かけたのでうちは種蒔きが遅かったみたいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トマトに一番花が咲く

Img_1444 トマトに一番花が咲きました。

植える頃に咲くのがちょうどいいのでちょっと早いですね。種まきが早かったのかな?寒い日が続いてたはずなのに。

Img_1445 9センチポットだと朝水をやっても夕方にはしおれるほどになってしまいました。

植えるまでにあと半月はあるので9センチポットから12センチポットに植え替えておきました。

Img_1446 植え替えてもあまり変化はないように見えますがcoldsweats01

「フルティカ」「アイコ」「シンディオレンジ」どれも順調です。

Img_1462 ブルーベリーの蕾が膨らんできました。あと数日で開花しそうですね。

大きな樹には今年もたくさんの蕾がついているので、このままいくとたぶん大収穫になるでしょう。

Img_1463 今まで鉢で育てていたんだけどいつまでたっても大きくならない「クライマックス」を地植えにしたものです。

地植えにしたからでしょうかこちらもびっしりと蕾がついていました。株は20センチほどしかないので負担がかかってはいけないと全部摘蕾しておきました。

何十個もの蕾を落とすのはケチな私には辛い作業でしたsmile

Img_1451Img_1452 Img_1453 水仙。まだ蕾のが2種類あるのでまだ咲き始めですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

偶然にも同じ日に種まき

昨日の時点で石灰と肥料を入れてない畝はナス、トマト、ピーマンのところだけでした。

だんなさんに「ナスの畝は自分でやるでしょう?」と聞いたら

「土曜日に雨が降るからなあ。やっといて」

 結局全部やることになってしまいました。でも、肥料は自分で施したいだろうから消石灰だけ。

Img_1459 今の畑の全容です。

今回は早めに準備できたので酸性改良の資材は少量でも改良できる消石灰を使いました。でも改良効果はいいのですが、持続性とマグネシウム補給効果がないことがわかりました。マグネシウム欠乏症はトマトの場合葉が白くなるんだそうです。

苦土石灰を追肥みたいにやらなくてはいけないかもね。

次からは素直に苦土石灰を使うことにしよう。

Img_1460 これは昨日の話です。

自分的には遅いかなと思いつつマリーゴールド ボナンザの種まきをしました。他の花の種と一緒に蒔いたものの古いタネだったので1個も発芽しなかったんですよ。

中学生の子供が「今日学校でいいことがあったよ。班でセルトレイに花の種まきしたんだけど、私のところが先生もびっくりするほど早くできてほめられた」と。子供の中学校では3年生になると学内にある花の管理を自分たちでするんですよ。

みんながゆっくりだったのは手が汚れるとかでシャベルでちまちま入れていたから。うちの子は手で詰め込みsmile細かいことを気にしない大雑把なところが功を奏した形です。

しかもうちが使っているのと同じ種まき培土だったのがよかったのかもしれません。

その花の種がマリーゴールドでした。

図らずも、同じ日に種まきをすることになりました。どちらの花がきれいに咲くでしょうか。

Img_1468 Img_1469 Img_1454 Img_1464

Img_1465 Img_1466  パンジーとビオラの花が増えてきました。

今年の花の中で一番気に入っているのは

Img_1457 これ。

去年自家採取した「ペニーミッキー」です。自家採取したものなのに花の色形がほとんど変わりませんでした。花つきが断トツいいです。

雨が少ないからでしょうか、プランターの以外は株が小さめかな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初サトイモの種芋購入

Img_1448 早速サトイモ種を買いに行ってきました。

去年、一昨年と栽培していたものと同じ「白芽大吉」。実はサトイモのタネを買うのは初めてなんです。

一昨年自作のスイカの苗がうまく出来なかったのでHCで苗を買ったんですよ。すると「この人畑があるな」と思った店の人が売れ残りのサトイモをおまけでくださいました。

今回の種芋はそのくれた店ではないけど同じ店の別店舗で買いました。恩返しになるだろうかsmile

行ったついでに

Img_1447 パプリカ オレンジと唐辛子「朝鮮なんばん」も買いました。ここのHCにはスイカの苗もありましたが、寒さのせいで葉の先が黒くなっているものもありました。

Img_1449 うちのジャガイモも黒くなっているものもあります。全部ではないんですけど。

霜が降りますからね。

鬼のようですが芽が出ているところに土をかけておきました。

Img_1450 さつま芋、落花生、トウモロコシ、枝豆、インゲン、スイカ、ズッキーニ、ゴーヤーを植える場所に石灰と肥料を入れて耕しておきました。

なので残すはナス、トマト、ピーマン類の畝だけ。これはだんなさんの指示を仰ぐか本人にやってもらいましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不審者だよね

Img_1437 ハウス内のプランターで芽だしをしていたサトイモ「白芽大吉」です。昨年秋に収穫したサトイモなので管理が悪くほどんど腐っていましたthink

去年の親株は全滅です。それでも小芋の方は数個(3個だけね)残ってくれたので植えておきます。

Img_1439 芽が少し出ていました。この芽を下向きにして植えておきました。

さすがに3個では寂しいので種芋を買ってこよう。

Img_1438 山芋 短形じねんじょの種の方は冷蔵庫で保存していたので何とか使えそうです。

台湾やまいものタネは腐ってしまったので苗で追加します。

Img_1440 仮植えしておいた白ネギ(根深ネギ)「ホワイトスター」。秋蒔きが失敗して春蒔きの苗なので自分が期待している太さにはなってないのですが植えることにしました。

Img_1441 今年は畑が狭いのでギチギチにくっついています。

Img_1442 通気性を良くするためワラを入れておきました。向こうの方には下仁田ネギと九条ネギもあります。小ネギ「小春」は場所が足りず他のところに。

Img_1434 ブロッコリーのわき芽を取っていた時、うちの畑の川を挟んで反対側の畑のおばあさんが近づいてきました。

「何をしてるの?ああ、ブロッコリーをとってるの?」

私「はい」

「あんたはいつものねえちゃんじゃないよね?」

???いつものねえちゃんですけど???

ここでハッと気付いた

Img_1326 私この姿だった!そりゃ誰だ?と思うわ。

サングラスとマスクを外したらやっと納得してくださいました。

不審者だと思われてたんだろうかsmile

| | コメント (8) | トラックバック (0)

葉物野菜

Img_1415_2 2月4日に種まきしたカブ「耐病ひかり」。寒い日が続いているせいでしょうか、植えてある場所が前作で根コブ病が発生した場所だからでしょうか、なかなか大きくなってくれません。

それでも食べられる大きさではありますけどね。

同じ日に同じ場所に種まきしたほうれん草「オーライ」

Img_1416 Img_1417 茹でる前の写真を撮るのは忘れましたsmile

柔らかくでもちょっと歯ごたえのある食感は病みつきになりそうです。花が咲く前に食べてしまわなければいけません。子供には「毎日食卓にほうれん草があるよね」と言われるほどに。

Img_1433 またまた同じ日種まきの二十日大根「アイシクル」と「さくらんぼ」は確実に根コブ病の影響を受けているようです。大きくならないcrying

薬はまいたんだけど。

ここは根コブになりにくい野菜を植えた方がよさそうです。

Img_1424 水菜「水天」。これは2月22日種まきです。でも2月4日タネ蒔きのものとあまり変わりないですね。この水菜はどうしても「水菜サラダが食べたい!」というだんなさんの希望で作りました。

実際サラダにして食べたのですが、パリパリして美味しいrestaurantあまり大きくならないうちに収穫したのがサラダにはよかったのかもしれません。

Img_1435 落花生の種が2種類とも届きました。種まきは5月頃でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルから寒冷紗へ

Img_1425 ずっとトンネル内で育てていたミニ白菜「お黄にいり」。

朝はまだ霜が降りることがありますが、日中は締め切ったままだと高温になりすぎるようになりました。

トンネルの裾を上げて換気をしていたのですが、面倒bleahになってきたのでビニールを寒冷紗に交換することにしました。

Img_1428 白菜の他にもキャベツ「みさき」、レタス「シスコ」、先日植えたばかりのサニーレタス「レッドファルダー」も寒冷紗に替えておきました。

キャベツは寒さよけというよりは青虫避けが主となると思います。寒冷紗の長さが1メートルほど足りなくて白菜が6株だけそのままになっているのですが、私が畑にいる間にもモンシロチョウがそこの白菜にとまっているんですよ。

そこだけはよく確認しておかなくてはいけないかもしれません。

人参のトンネルも撤去。

Img_1426 Img_1427 人参は青虫はつきにくいだろうからそのまま。害虫はアゲハの幼虫なので目立つから大丈夫でしょう。間引きして追肥したいところですが、まだうまくいくかわからないのでそのまま追肥しておきました。

Img_1430 あきらめきれず腐りかかっていた「インカのめざめ」を畝の端っこに埋めておきました。

芽が出ています!!!

これなら1株くらいは栽培することができるかもしれません。

やってみるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘長美人があるのか?

Img_1418 今年も「甘とう美人」はタネから作らず苗を買うつもりでした。

このブログでも声高に叫んでいたので先日「もう売り出されていましたよ」との情報をいただきました。

なんとありがたい。

早速そのHC(同じだけど別支店)へ行ってみると甘長とうがらしの苗はあるもののカゴに付いているラベルは「甘長美人」。

甘長美人なんて初めて聞きました。検索しても所々で甘長美人というフレーズがあるものの圧倒的に甘とう美人が多い。種苗会社が出てこないんですよね。あるのは個人のブログです。

ラベルの書き間違いじゃないの?

とは思いつつも本当に甘長美人というのがあったら怖いのでとりあえず1株だけ買うことに。買ったんかい!!!はいhappy01誘惑に勝てませんでした。

次に正しい甘とう美人を買って出来た実を比べてみれば同じかどうかわかるかな?

追記・・・この甘長美人はこれ→やっぱり甘とう美人だった!

一緒に

Img_1419 カラーピーマンイエローとレッドも購入。やたらと苗の大きさが違いますがsmile大きいのがレッド。

Img_1413 今年も「沖縄純白ゴーヤー」栽培します。

Img_1414 ニッパーで少し傷をつけてもらい(ゴーヤー栽培担当は一応だんなさんなので傷をつけるくらいはやってもらいました)一昼夜。

今日種まきしておきました。相当な高温でないと芽が出ないゴーヤーです。まだ早かったでしょうか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

アブラムシとの11間戦争

家庭菜園だから出来たのです、笑ってお付き合い願います。

大量のアブラムシを発見したのが今から11日前の3月28日

たったの11日?と思うほど短いのですが激しい闘いが続いていました。

まずはみかんの皮撃退法で。

まったく効き目なし。

アブラムシは黄色が嫌いという説があり、もしかしてみかんの皮の黄色がイヤなのかもねという予想外の意見が出てきました。なので予防には効果があるかも?

次は元気丸(木酢液にニンニク、とうがらしを漬け込んだもの)散布。

撃沈です。

あまりの臭いに撃退する側の人間の臭覚がやられそうでした。これも色々調べましたがすごく効いた!!!と書いてあるブログはなかったような…。どちらかというと予防&植物の活力剤的な使い方をした方がいいのかもしれません。

次、水溶き片栗粉散布

効きました!使った霧吹きのジェット噴射がsmile

アブラムシが気持ちがいいほど吹き飛ぶ。

Img_1407 肝心の片栗粉が効くとなると、どうでしょう?乾いてうっすら白くはなっているけどアブラムシの呼吸を止めるほどではなさそう。

うちは今回面倒だったのでそのまま水に溶いただけだけど、本来水溶き片栗粉散布は熱を通してでんぷん状にしてからやらなくてはいけないらしい。アブラムシの息ができなくなるらしいのですがどれくらいの濃度だと窒息するんだろうか?濃すぎると霧吹きできないよね。

Img_1409 と、ここまで3回やってきましたが、あまりに効果がないのでとうとう薬の出番です。

「アーリーセーフ」天然物(ヤシ油)由来の成分で有機農産物栽培にも使用できる。

Img_1411 1日経過。アブラムシの数は減っていますが全滅はしていません。散布なのでうまくかかっていない場所もあるのでしょう。弱い農薬だし。

Img_1412 本日最後の薬をやりました。これで本当にアブラムシとの闘いは終わりにするつもりです。

「パイベニカスプレー」植物(除虫菊)から抽出した天然成分使用。有機農産物栽培にも使える。

色々とやってきましたが、一番効いたのが霧吹きのジェット噴射だったというなんとも寂しくなるような結果です。そういえばガムテープで取るという方もいらっしゃいました。

アブラムシを見つけたら極少数の時にやっつける。そうすると今回の実験の最終段階まで行くこともないのでしょうね。

早期発見、早期除去。

これに勝るものはないということでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プチヴェールの斜塔

Img_1403 サニーレタス「レッドファルダー」。種まきは2月19日。

発芽するのがなぜだか遅かったんですよ。ようやく植えられる大きさになりました。

Img_1405 ほぼ同時に種まきをしたレタス「シスコ」は3月22日にキャベツと一緒に植えてもう1度目の追肥も終わりました。違いすぎる。

Img_1404 がんばれsign03サニーレタスrock

Img_1376 プチヴェールです。斜めに見えるのは私のカメラの腕が悪いせいなんですけどねsweat01本当は真っ直ぐ。

普段は妹に5割り増しには見えるね、と言われるほど素晴らしいカメラの腕前なんですよsmile。本物より野菜が大きく立派に見えるんだって。

おっと、話がそれましたが

Img_1377 春になり最近の実は茎が長くなりスティックセニョールもびっくりです。でも柔らかいし、味も変わらないのでかなり上の方まで収穫しています。

今回は草丈も大きくならず、実も小さかったけどやっぱりプチヴェール栽培は面白い。今年はもう少し株数を増やしてみます。

Img_1406 ジャガイモの芽が出ていました。これはキタアカリだったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トンネル内は暑い

Img_1400 ゴボウ「サラダむすめ」の種まきをしました。

種まきが遅いし、他にやることがてんこ盛りだったので今年のゴボウは袋栽培を中止しました。普通の畝にそのまま。

短くても太くてやわらかいゴボウになってくれればいいや。

不織布をかぶせ水遣り。タネも3年目(たぶんねcoldsweats01)なので発芽率が心配なところです。

Img_1401 Img_1402 トンネル内の白菜「お黄にいり」とキャベツ「みさき」。今までは寒かったのでトンネルは温度がちょうどよかったのですが、日差しが強く気温が高い日は暑過ぎるようです。

白菜はまだ耐えられるみたいだけどキャベツが弱ってきています。葉が縮んでるところがあるような?

完全に暖かくなるまでは、ビニールのすそ上げが日課となりそうです。追肥と中耕をしておきました。

青菜色々これらもトンネル内にあるものです。

Img_1392 パクチョイ

Img_1393 水菜「水天」

Img_1394 小松菜 ここのにはアブラムシが1匹もいませんsmile

Img_1395 ほうれん草「サラダあかり」

Img_1396 ロケット(ルッコラ)。ロケットだけは種まきが遅かったのでこれだけ小さく10センチほど。

Img_1390 あやめ雪。Img_1391 根元にはもう小さなカブができていました。

今日から子供たちは新学期。

切り出した竹を焼き、サトイモ、しょうがを植える場所を耕した、あとブロッコリーとプチヴェールも収穫したかったけど、もうダメです。足がふらふら。

ようやく自分のペースで作業ができる!と張り切りすぎてしまいました。

ゆっくりとやりましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

豆類整枝

Img_1385 冬の間寒さ避けのため不織布をかぶせておいたスナップエンドウとグリンピースです。

不織布の中は暖かいのでしょうね。

伸びに伸びてとぐろを巻いているようです。

Img_1397 支柱はだんなさんに立ててもらい写真ではまったく見えませんsweat01がキュウリネットを張りました。

Img_1398 グリンピースなどは整枝はしなくていいと思うのですが、とぐろをほぐし何本かまびいてネット方向へ導いておきました。ツルは30cmにはなってたかな。

Img_1386 ソラマメはまだちょっと小さいかなとも思いましたが、ついでに整枝を。

Img_1399 日当たりがよくなるように中心の枝を取り、3、4本仕立てにしました。あとはアブラムシがつくかどうか確認しておかなくてはいけませんね。

大量発生する前に手を打つ!

そしてニンニク

Img_1389 長いのでも20センチくらいかな。しかもやたらと細いです。今年の冬は寒かったし、一番の原因は植え付けが遅かったのですけどね、葉を見る限り今年は良いニンニクが収穫できそうにありません。

Img_1388 イチゴは小さいながらも花がつき始めました。豆類、ソラマメ、ニンニク、イチゴにすべてに追肥しておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人参どこだ?

タマネギの草取りは昨日午後から続きをやって終了。

Img_1374 すっかり忘れておりましたが、だんなさんと赤タマネギ対決をしていたのでした。これはだんなさんの「サラダ赤タマネギ」。

Img_1375 でもってこれが私の「赤玉の極み」。

欲目で見ると私の方が少~し成長が良いと言ってみたりしてsmile

うーん、冷静に見ると同じくらいでしょうかね。

対決とは言っても種の購入とセルトレイへの種まき以外は全部私なので(ああ、外れたマルチを戻してもらったことはありましたね)ただ単に品種対決となりそうです。

Img_1379  今日は2月末に種まきした人参「向陽2号」と「ベーターリッチ」の草取りです。トンネルの中は暖かく雑草パラダイスになっています。

Img_1378 どこに人参があるのかわかりませんねcoldsweats01

Img_1380 ようやく見えてきました。本葉3、4枚というところでしょうか。

Img_1382 すっきり!!水をやり、またトンネルを掛けておきました。追肥はもう少し先でいいかな。

Img_1384 人参と同じ日に種まき、同じトンネル内の大根「つや風」は1穴1本に間引いておきました。

Img_1383 寒いからまだ大きくなっていないだろうとのんきに構えていたらとっても大きな間引き菜になってしまいました。

寒い時に限らず、間引きが遅いのはいつものことなんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最後のアブラムシ撃退

アブラムシ撃退第一弾「みかんの皮

第二弾「元気丸散布

元気丸散布は高濃度だったので小松菜が枯れるかな?との不安をよそに元気なままでした。人はむせても小松菜には影響ないようです。

が、ここまでどれも効果なし。

こころなしかアブラムシ付近のアリの数が増えたような気すらしています。

片栗粉の水溶き散布が効くと効いたので試そうと検索してみたけど、やり方がよくわからない。

ジャガイモでんぷんはダメなのでコーンスターチを使うという人もいれば、もちろん片栗粉の人もいる。

火を通して散布もあればそのままもある。

どれをやればいいのでしょう?

Img_1366 ということで一番簡単なsmile片栗粉そのまま散布を選択しました。濃度は小さじ1杯を100mlで溶きました。薄いかも。

Img_1367 Img_1369 写真を見る限り効きそうにないなあthink

霧吹きの口を細めすぎてジェット噴射になってしまい、その勢いでアブラムシが飛んでしまいました。

これでは片栗粉に効果があるかどうかわかりませんねcoldsweats01とりあえずその後を観察しておきますけれど。

小松菜に負担が掛かるのと(もう食べないけど)、私のアブラムシへの興味が冷めそうなので、これが最後の実験となりそうです。

Img_1373 今日は昼から子供の友達を迎えに行き、うちで遊ぶので午前中草取りできる時間は1時間。

急げ急げrunrun

玉ねぎ畝7本分の畝間の草取りをして、マルチ穴から生えているのは2畝分終ったところでタイムリミットとなってしまいました。残りは子供たちを遊ばせておいてその間にもう一度行ってきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

玉ねぎ残りあとわずか

Img_1331 昨年6月に収穫した玉ねぎ「ネオアース」が残り20個を切りました。

昨年夏は猛暑だったためか腐ってしまったものがいつもの年より多かったのですが、無事4月まで保存することができました。

Img_1340 Img_1341 まだ芽が外に出るほど伸びていません。中晩生なので収穫が遅く、長く畑に置いておかなくてはいけないため病気が出る確率が高い品種ですが長期間保存できるので作り続けています。

4月まで保存できれば万々歳ですね。

さて、今年の玉ねぎですが

Img_1358 早生「チャージ」

Img_1359 根元が丸くなりつつある?かな。

Img_1360 「ネオアース」はこんな感じ。

Img_1361 畝横が草だらけなので明日にでも取りましょうか。春休みだから子供はいるし、友達が遊びに来るしで畑仕事がさくさく進みません。気持ちはあせるのですが・・・草が大きくなるのが早いか、取るのが早いか。

Img_1362 Img_1363 花をいただきました。

ボケと桜と花桃です。玄関が一気に春になりましたよ。

Img_1364 思い出しましたsign03うちにも花桃の木がありました。

Img_1365 暖地さくらんぼも満開です。

切ってしまうとなくなりそうな小さな木ばかりですが、わが家の庭にも春が来ていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

苗日光浴

今日は最高気温18度という予報が出ています。穏やかで暖かい一日になりそうです。

前回ハウスから出した時には雪が舞い慌てて入れたんですよね。今日はそのままでも大丈夫でしょう。

Img_1327 トマト(一番最初にタネを蒔いたフルティカとアイコ)は9センチポットでも狭そうになってきました。もう少ししたらまた植え替えです。

花も少しずつ植え替えています。

今日は

Img_1328 まずはバーベナ オブセッション。発芽率が悪い上に初期成育がやたらとゆっくりです。

Img_1329 そしてペチュニア ロンド。もうちょっともうちょっとと植え替えを延ばしていたら大密集sweat01根をブチ切りながらの植え替えとなりました。

ペチュニアは強いのでそれでもちゃんと根付いてくれるので助かります。まさに私向きの花。

マリーゴールド、メランポディウム、なでしこは種が古かったためか発芽せず。

羽毛ケイトウは多粒植えをしたつもりだけど元々残っていた種が少なかったのと芽が出た時に足でポットを蹴っ飛ばしてしまい最終的には3芽ほどしか残っていません。

どこが多粒植え?になってしまいました。

Img_1330 そうそう、小松菜のあるトンネルに一緒に入っていたパセリを出しました。一番端っこに申し訳程度ビニールを被せていたんですよ。葉をかなり落とし小さくしました。葉にはアブラムシがいましたよ。やっぱり小松菜のアブラムシの元凶はこいつだ!

いや、小松菜からこちらに来た可能性もありますね。

Img_1326 風邪のため鼻水が出続けるなあと思っていましたが、もしかしたら花粉症?どちらかわからないのでこんな格好で作業しています。子供に撮影してもらいました。

すごくあやしいsmile

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »