« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

お雑煮用の野菜収穫で〆

Img_1005 Img_1006 早いかな?と思いましたが明日の天候が雨かもしれないので収穫してきました。大晦日は忙しいかもしれない(今のところ予定はないけどcoldsweats01)のでね。

白ネギ、大根、人参、白菜です。

お雑煮に使う予定です。

Img_1007 もちは実家も今年はもち米がなく、よその人に頼んだと聞いていたので買わなくてはと思っていたらだんなさんが得意先の人からもらってきてくれました。

ここのお餅は杵つきなので美味しいんですよ。ラッキーhappy02広島は丸餅です。

それと上等なかつお節ももらってきたんですよ。今年はすましのお雑煮にすることにしました。牡蠣も入れようかな。

今年も無事終りそうです。

畑関係で大きな変化があった年となりました。

基本は自分で食べる分とおすそ分けする程度の野菜を作っているのですが、たくさん出来た時には母が数人でやっている朝市で売ってもらっていました。

その朝市が年末で終ってしまうことになりまして、これからは気をつけてたくさん作らないようにしないとなあと考えていたところ、近所にJAの産直市ができてそこに出荷できることになりました。

出荷手続きのため株券を買ったのでその分を取り返す程度は張り切って売らないといけませんねsmile

とはいえ、ほぼ1人(ごめんだんなさんは数に入れてあげない)で作業するので無理のない量を来年も作っていくつもりです。

今年もしょうもないブログにお付き合いくださりありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

来年用のタネ

Img_1004 来年の作付け予定を立てる時期になってきました。

まずは、タネの整理から。

整理とはいっても捨てる種はほどんとなく、在庫がどのくらいあるかのチェックになりますね。

米ナスの「くろわし」を来年は20株ほど植えたいからとだんなさんが言っているので残りを調べてみると、うーん、50粒は残ってるね。

これは買わなくてよし!rock

借りられる田がそこまで広くないのでスイカはたくさん植えられそうにないのでミニスイカの「紅しずく」は去年の残りでいいかな。

と選別していったら新しく買う種はそこまでなさそうです。

花は日々草、ジニア、ペチュニア、ナスタチューム、ミニひまわりなど。

トウモロコシは狭い畑ながらもいっぱい作りたいので「おひさまコーン88」と「みわくのコーンゴールドラッシュ」の2袋を買います。

あと新しい品種はキュウリの「VR夏すずみ」でしょうか。ようやく「Vロード」がなくなったんですよ。何年作り続けたかなcoldsweats01

「VR夏すずみ」はが今まであった人気品種「夏すずみ」のウイルス病に強くなったものらしいです。

それと地這キュウリがせっかくできても実がよくなかったので「夏太郎」を買ってみました。地這キュウリ自体が品質の良いものができない作柄ではないと思うので種を変えてやってみます。

個人的に一番期待しているのが落花生、「おおまさり」と「千葉半立ち」。おおまさりは大きくなる品種らしいので楽しみです。味はどうなのかな?大きいから大味なのかな?

あとは白ゴーヤーやミニカボチャ「栗坊」、人参「向陽2号」など定番を注文しておきました。

今年の作業はこれでほぼ終了です。

お雑煮に使う野菜を取りにいくくらいでしょうか。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

巨大キャベツ

Img_1001 ブロッコリーのわき芽を収穫しました。

スティックセニョールもありますね。

一気に収穫しまったので、最近寒くなったせいもあり次の収穫は当分先になりそうです。正月が来るのでちょうどいいかもしれませんね。

年末年始は普通でない食生活になるので。

そのせいで体調を崩したりするわけですが…think

ずい分まえに春キャベツ系の「みさき」と「浜岬」はすべて収穫し終わっていました。

「おきな」を植えていたのですが、そちらの成長は遅いのでそれは最後にと。

Img_1000 今回収穫してみました。巨大です!自転車の子供椅子にすっぽりはまる大きさです。

重さは2、7キロ。普通スーパーに並んでいるキャベツが1、5キロ程度なのでいかに大きいかわかりますね。

Img_1002 普通サイズのカリフラワーと比べてみるとこんな感じ。ちょっと大きくし過ぎたかな?とも感じますがsweat01

キャベツといえば思い出したことが1つ。

ちょうどイノシシが畑を荒らしまわっていた頃の話です。なのでかなり前のこと。

一番端に植えていた「おきな」が2株なくなっていたんですよ。

私はてっきりイノシシが食べたものだと思っていました。それにしてはあまりにきれいななくなり具合だったのでだんなさんに問いただしたら、「ああ、それ自分が会社にもって行ったよ」と。

浜岬を収穫してもいいよと言ったはずだったのですが、今現在大きさはともかく巻きはよいと思うので、あの時点で完成品と判断しただんなさんの感覚がいまだわかりません。

ちゃんと巻いていたのだろうか?

中がスカスカだったとしても、もらった人は言わないだろうしね。気になる。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タマネギに追肥

やらなくては!と心の隅にひっかかっていたものの忙しかったりで、延び延びになっていた玉ねぎの追肥です。

Img_0996 これは早生「チャージ」。

適当なcoldsweats01マルチの張り方なのではがれているのでは?という心配をよそに何とか飛ばずにいてくれたようです。

でもところどころ浮き上がって苗が下に入り込んでいるのもあり。

苗を穴から救出しつつ追肥をすませました。

Img_0997 これが赤玉「赤玉の極み」

Img_0998 普通種「ネオアース」。

Img_0999 そしてこちらがだんなさんが栽培している赤玉ねぎ。栽培しているといっても実質彼が手を加えたのはタネ購入と種まきだけなんですけどね。

最近では状態を観察しているそぶりすら見せず。追肥したとも、忙しいから代わりにしておいてとも言われません。

何もしてないんだろうなあ、ということで追肥をしておきました。タネが違うだけで結局は私が育ててんじゃないangry

タネの違いが大きい?かどうかの見極めにはなるでしょうか。

あまりに代わり映えしないタマネギの写真ばっかりなのでsweat01

Img_1003 ようやく咲いたパンジー「フラメンコ」。遅く開花するタイプなので蕾を見ず植えたら3株中2株が同じ黄色だったcrying

残り1株は紫っぽいので違う花が見れそうです。でも、いっそのこと全部黄色だった方がきれいだったかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カリフラワー栽培はやめられない

Img_0977 ブロッコリー「キャッスル」のわき芽が大きくなっていました。キャッスルのわき芽は丸っこくてかわいいです。

前に薄暗くなってから白ネギを収穫しに来たついでにブロッコリーをと思ったのですが、見えなかったんですよ。

こんなになっていたとはcoldsweats01

Img_0976 カリフラワー「オレンジブーケ」も収穫できそうです。

Img_0979 影の薄いカリフラワーなのですっかり忘れていてsweat01ちょっと遅かったかと心配しましたが大丈夫な様子。ただ茹でただけのカリフラワーでしたが初物ということもあり、すぐになくなりました。

ブロッコリーも茹でたけど、こちらはすでに飽き気味なので残ったよ…

カリフラワーは虫もつくし、栽培期間は長いし、収穫は1株1個、効率だけ考えたらあまり良い野菜ではないんだけどやっぱりやめられませんね。自家製のを味わいたいし。

Img_0978 プチヴェールは茎が見えなくなるほどびっしりと。収穫はもう少し待ってみようかな。自分の勝手な感想だけど、寒さにあった方が柔らかく美味しくなるような気がします。

Img_0990 冬休みに突入したので、子供がスイートポテトを作っています。流し台の上はすごいことに。

出来るのは楽しみなんだけど片づけまでしっかり頼みますよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブルーベリー植え付け

Img_0972 植えよう植えようと思いつつ、のびのびになっていたユリです。だって球根買ってないんですからいくら植えたくても無理ですよね。

ようやく購入。

買うのが遅かったので萎れたような球根ばかりだったのが残念ですけど。こんな球根でも咲いてくれるんですよ。

Img_0973 前に植えたのも合わせて、今年はカサブランカ率が高くなりました。

Img_0974 久しぶりに暖かかったのでブルーベリーを植えました。

今回植えたのはティフブルー、クライマックス、ボールドウィン、ノビリス。全部ラビットアイです。うちは暖かい地方なのでやっぱりラビットアイ系が作りやすいですね。

ノビリスは挿し木で増やした極小の苗。うまくつかなくてもやり直すつもりでの植え付けなので気が楽です。予備がまだあるし。

3株が限界だろうと思われた場所に無理やり4株植えました。そんなに広くない庭なのでついcoldsweats01

あとは剪定で重ならないようにするしかないですね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

花壇撤去

Img_0956 冷蔵庫に人参がありません。とうとう自分の人参を収穫する時がやってきました。

Img_0957 人参「グランプリ」です。試し抜きの時のように全部が全部股根ではありませんでしたが、こんな感じ。2分の1で悪い?かな。

いい物は市販の人参程度にはなっています。

股根や短いものも食べられるのでいいんですけどね。一か八かではあります。

Img_0971 忘れていて遅くに蒔いたネギ類。半月以上経ってようやく芽を出してくれました。

しかし、これはどうすればいいんだろう?トレイのまま越冬させるかある程度大きくなって(寒いのでなりそうもないけど)借り植えしておくか?

ネギの成長を見ながら考えましょうか。

Img_0966 たくさんあった葉牡丹がほとんどなくなり、花壇の前がすっきりしたのでブルーベリーを植えるために花壇を撤去する作業に入ります。

花壇とはいえ宿根草がはびこってあまり活用してなかったんですよね。

植えてあるものはすべて捨てよう!と思っていたものの、いざ抜いてみるともったいなく感じのはやっぱり私がケチだからかもcoldsweats01

Img_0967 毎年勝手に咲いてくれていた「チャイブ」や

Img_0968 「ヒペリカム ゴールドフォーム」「チェリーセージ」等は株分けして小さくしたものを取っておきました。なかなか思い切って処分できませんね。

Img_0970 ブルーベリーは3本くらい植えられるかな。冬期の肥料やりにはちょっと早いので植え付けだけを先にやることになりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

豆類の植え付け

Photo_2 ソラマメとスナップエンドウ、グリンピースを植えます。

スナップエンドウとグリンピースは新しく畝を作るまでの仮植えですけどね。

Photo ソラマメは23個のうち1個が腐ってしまいました。もう1個根だけしか出ていないものもありますが22株は何とか植えることができました。

Photo_3 Photo_4 グリンピースとスナップエンドウには不織布を掛けて霜対策もばっちりです。新しい畑に植え替えるのはいつになるかわからないので(春になる気がするsweat01)しっかり防寒しておかなくてはいけませんね。

Photo_5 9月末頃に蒔いた「野武士」。

どれくらいになってるかな?

Photo_6 初収穫です。

長さは中途半端ですが太さはまずまずかな。

1回目の種まきを失敗しているのでこれでも良い出来なのではないでしょうか。冬の大根はトウが立ちにくいので長期間食べられそうです。

よそのお宅の畑では大根を100本以上も植えてあるところが多いです。もしかしてタネ1袋分全部蒔いてるのかも?一体どうやって食べてるんだろう?

漬物や切干にしている人もいるんだろうけど。

こんな疑問を持ってしまううちは大根の消費量が少ないのかもしれません。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

畑移動

Img_0951 Img_0952 花の色が確定した時点で植えたパンジー、ビオラはこのくらいになりました。

鑑賞できるほどにはなりましたね。

たくさんあった苗は蕾が付き次第(つぼみ無しでもいいという人もいたけどsweat01)売ったり、人にあげたりして残り30ポットほどになりました。

そろそろいい苗は残っていません。なので…

Img_0950 ドーンとボーダー花壇に植えてみました。ここのボーダー花壇は軒から落ちる雨だれが跳ね返ってうまく花が育たないのですが、何もないよりはましでしょう。

Img_0953 芽が出てなかったものも何とか出て、植えてもいいかなと思っていた豆類。

ちょっと待った!の声が掛かりました。

来年使う畑は近所のおじさんが亡くなって耕作できないからと父母が作って欲しいと頼まれて借りているものです。

そこを自分が使わせてもらうつもりで、早めに耕して準備していました。

もちろん玉ねぎもそこに植えています。

そこのおばさんが突然返して欲しいと。

何?今ですか?

母の交渉で玉ねぎを収穫するだけはいいけど、新しい野菜は植えてくれるなとのこと。どうやら税金関係みたい。荒らしておく方が税金が安いの?よくわかりませんが。

今までの苦労は水の泡です。

まあ、考え方によったら今だからよかったのかもしれません。もっと変な時期だったら成長途中で抜かなくてはいけなかったかもしれないからね。

ソラマメは玉ねぎより収穫するのが早いはずだから植えちゃおうかと密かに思っています。グリンピースとスナップエンドウは収穫期間が長いからダメかな。

イチゴは移動だね。

新しく使えそうな畑は稲刈り後のまま。さてどうしようthink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

好き焼き好き?

Img_0934 前に収穫した白菜はおすそわけのためだったので自分で消費する分としては初収穫となります。

今回も大きさは申し分ありません。

Img_0935 中の具合もいいんじゃないでしょうか。

ただしうちのは3キロを超える巨大白菜なので1度に使い切ることは難しいです。今回も4分の1だけ使い残りは冷蔵庫に入れました。うー、邪魔になる。

家庭での使い勝手はミニ白菜がいいのかもしれませんね。

Img_0938 今回はスキヤキに使用。

スキヤキのあまり好きでない上の子が修学旅行中でいないため、下の子が好きなので作ってみました。私もあまり好きではないのでほとんど作りません。

下の子が好きなのは祖父母の家に行くと高級な肉で作ってもらえるので、すき焼きがどんなものか知っているというcoldsweats01

不安な点は高級な肉のスキヤキしか知らないというところ。

うちでそんなに高級肉が買えると思ったら大間違いだぞ!

とはいえ、下の子の期待を裏切るのもかわいそうなので大奮発しました。

Img_0936 なんと!100グラム498円。これくらいで大騒ぎすると我が家の家計がばれてしまいますが。

しかも買ったのは子供の分だけです。

親は100グラム98円のオーストラリア産を大量に買っておきました。

結果、グラム98円の方が柔らかかったという。肉の味は498円の方が濃いのかもしれませんけどね。子供も98円のを食べて高いのはたくさん残ってしまいましたsweat01

あれ?白菜の話だったはずがいつの間にか肉の話に…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

丁寧にやり怒られる

Img_0927 今日も後片付け。ミニカボチャの空中栽培用の棚を片付けます。

これもゴーヤーの棚と同じくしつこいほどしっかり結んであります。が、こちらは頑丈に作るために支柱は鉄筋を使用しているので文句は言わないことにしましょうか。

それにしても、倒れないように途中で取れないように、と丁寧に作った棚を解体するのが面倒だから簡単に縛れと怒られるだんなさんが理不尽でかわいそう。

そう、悪いのは私ですcoldsweats01

Img_0928 Img_0929 実はこのくらい。

もう遅いかもしれませんが、追肥を。まずはプチヴェール。

何か今年は草丈が低いような気がする。気のせいかな?

Img_0933 Img_0931 あとキャベツ「おきな」と「浜岬」。

Img_0932 レタスは「シスコ」。春用のキャベツとレタスなので寒冷紗を掛けておきました。

Img_0930 カリフラワー「オレンジブーケ」にもね。

ブロッコリーはずい分前から収穫しているのですが、カリフラワーはようやく小さな実がついたというところ。収穫まであとどのくらいかかるでしょうか?

母が来て、「今日は夕方から雨の予報なので今から白菜をくくるつもり」と。

くくる理由が巻いてないからとのこと。

くくるのってそういう理由もあり?

まあ、白菜にとって葉を上げてやることは多少の助けにはなりそうな気もするけど。ついでに追肥をするとも言ってました。

巻き始めに追肥すると巻かなくなるとは聞いたことがあるけど、いっそ巻いてないものには追肥もいいのかな?よくわかりませんgawk

言えることは、最後の足掻きも必要、がんばれ母。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

本人がいても荒れ放題

Img_0924 12月になりましたね。まずは子供が書いたサンタで12月をスタートさせましょう。

秋植えのものはあと豆だけとなりほぼ終了です。

しかも植えるのは新しい畑なので今まで使っていた畑は片付けだけとなりました。

ようやく涼しくなったことだし、重い腰をあげましょうか。

Img_0925 まずは、ゴーヤーの棚を崩してっと。この棚を作ったのはだんなさんです。普段の生活は呆れるほどいい加減なのに、何で棚を作る時だけはこんなに気合を入れてくれるんでしょうか。

何箇所も、しかも頑丈に結び過ぎだよ。

もう少し簡単に結んでてもいいんじゃない?とだんなさんにそれとなく言っておこう。

冬瓜はずい分前にこれで終了!と思っていましたが、寒さで葉が枯れたらあるわあるわ。

Img_0909 ここにも

Img_0910 こっちにも。

食べ切れそうにありません。おすそ分けしようにも冬瓜が嫌い(嫌いというよりはどうやって食べたらいいかわからない)という人が意外と多くもてあましています。もちろん同じ理由で売れず。

Img_0926 あまりの暑さで夏中放置していたらこんなことにsign03(注 畑の中です)

ここは春ブロッコリーを植えていたところなんですよ。この枯れ草の下にマルチがあります。

Photo ほぼ同じ場所から撮った写真がこれ。

すごいですね。わずか半年ほどでこれなんです。後継者がいない畑が荒れてしまうのは当たり前です。後継者以前に本人がいてもこれなんですからsweat01

一体どこから手をつけていいやらです。が、がんばろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »