« プチヴェールに支柱を | トップページ | 乾燥完了が待ち遠しい »

純白ゴーヤーの砂糖漬け

Img_0696 だんなさんが純白白ゴーヤを収穫していました。私に何も言わないので家の裏に放置してました。気付いたからいいんだけどね。

料理のバリエーションが少ないのでゴーヤといえば、子供も私も食べられるチャンプルになりがちなのですが、さすがに度々だと飽きます。

今年は7回もゴーヤの佃煮を作ったとブログに書かれている方がいらっしゃいました。そこで佃煮もあったよなあとようやく思い出す記憶力のない私。

ゴーヤの佃煮でも作りましょうか。

Img_0695 レシピは数年前にそろばんの先生に教えてもらったものを引っ張り出してっと。

Img_0698 ゴーヤは切る感覚がシャクシャクとしてて好きなんです。切っても純白。

Img_0699 ちりめんはないと思っていたのですが、冷凍庫から化石のようなものを発見。あやしい霜はついていますが入れちゃえdown

Img_0703 完成です。たくさんあると食べなくてはいけない義務感に押しつぶされそうになるので今回はゴーヤ1個分、正味400グラムで作りました。

先ほどの佃煮7回の方、もうはっきり言っちゃいますよびばあさんなのですがsweat01ゴーヤの砂糖漬けも作られていました。

ゴーヤはたくさんあるのでそちらも作ってみました。

Img_0704 白ゴーヤなので果物のピール漬けのようです。きれいshine

ほろ苦いですがとても食べやすいゴーヤになりました。ただし、砂糖を大量に使っているので太りそうcoldsweats01

うまく出来たとは思うのですが、苦さにびびっている私は少しでも多く砂糖がまぶされた方がよかろうrockと細く切りすぎたので形が残ってません。もっと大きめでよかったなあ。

|

« プチヴェールに支柱を | トップページ | 乾燥完了が待ち遠しい »

ゴーヤ」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(#^.^#)
こんにちは(_ _ )/  ガーデニングの新着から見にきました(#^.^#)

白いゴーヤがあるんですね\(◎o◎)/
我が家は、ゴーヤを輪切りにし、豚肉をぐるぐる巻きつけてグリルORオーブンで焼き、仕上げにとろけるチーズをかけとろけたら出来上がり(^。^)b お試しください(#^.^#)

投稿: うさぎ組 | 2010年10月14日 (木) 12時53分

早速砂糖漬けを見にきました。
純白白ゴーヤだとちょっと感じが違いますね。
こちらの場合は特に少し太めの方がいいのかもしれませんね。
確かに糖分の取り過ぎには注意が必要かもしれません。

又白状すると、ゴーヤの佃煮面倒なので、1度に作る量は1、8キロ位のゴーヤで作っています。(どれだけ、ゴーヤの佃煮作るの?っていう感じでしょう!!)

投稿: よびばあ | 2010年10月14日 (木) 13時57分

はじめまして、うさぎ組さん。

ココログはココフラッシュがなくなって、まだココログ広場を使いこなせていません。
ちゃんと新着がわかるようになっているんですね。
白ゴーヤは緑のより苦くなくて食べやすいです。それでも自分的には苦いんですけどね。
ゴーヤ新メニュー教えてくださりありがとうございましたhappy01

投稿: mao | 2010年10月14日 (木) 17時28分

こんにちは、よびばあさん。

色はとてもきれいです。中華くらげの塩漬けに似てます。
くらげより透き通っている感じかな。
教えていただきありがとうございました。

一度に1.8キロですか!!!happy02
それを7回も。想像以上でした、すごいです。

投稿: mao | 2010年10月14日 (木) 17時31分

こんにちは。
ゴーヤの新メニューが色々でましたね!美味しそうdelicious
砂糖煮は初めて伺いました。我が家は今頃大きくなってきましたsmile早めに食べちゃおう

投稿: あさがお | 2010年10月15日 (金) 10時40分

こんにちは、あさがおさん。

ゴーヤがたくさんある時には変わったメニューとして作ると面白いですね。
ただし、ほろにがなので子供には敬遠されそうです。実際されましたcoldsweats01
うちも最近ようやく大きなのが収穫できるようになりました。
今くらいの気温が丁度いいのかもしれませんね。

投稿: mao | 2010年10月15日 (金) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/49739662

この記事へのトラックバック一覧です: 純白ゴーヤーの砂糖漬け:

« プチヴェールに支柱を | トップページ | 乾燥完了が待ち遠しい »