« バレンタインデー迫る | トップページ | 早生たまねぎ最後の追肥 »

種まきスタート

種まき始めました。まずはトマト。

006_2 「フルティカ」と「アイコ」。フルティカは苗をだんなさんが会社の人にあげるというので多めに、アイコは最初は少なくその後わき芽を育て、ずらして栽培するそうです。

005 なすは「千両二号」と米ナス「くろわし」。

007 ピーマン「京みどり」、鑑賞用ナスの「カナリアナス」もリクエストに応えてまた栽培することにしました。去年は天候のせい(だと思うsweat01)で失敗したから、不安ではありますが・・・

008 もうひとつ観賞用ナス。種が見つからなかったので実物をもらったものからの採取となります。

正式名称は「ソラヌム」。覚えられそうにないので「花ナス」と呼ぶことにしましょうcoldsweats01

011 010カラカラに乾いたものから取ってみたけれど、まだ赤い実を割ってみると

012 少しだけど芽が出始めているものもあるんだよね。どちらを使うのがいいんだろう?

わからないので、半々植えてみた。

013 014 薄曇の天気で二重ビニールの中は20度ちょっと。

しっかりと締め切っていたら日中は加温しなくていいかもしれません。今日は特に寒いというのにこの温度なので、天気のいい日は暑すぎになりそう。

ハウス内がいっぱいになる日は近いですね。

|

« バレンタインデー迫る | トップページ | 早生たまねぎ最後の追肥 »

たねまき」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

わぁ~~!
わくわくしますね~!加温ハウスがうらやましいよ~!

投稿: イタさん^^/ | 2010年2月16日 (火) 14時32分

もう、夏野菜類の種蒔きですか?
加温式の発芽器も充分に稼動して。
流石にmaoさんちは準備が宜しいですね。
 何時もながら品種選びの参考にさせて頂いております。
 当方は未だ々外作業が出来ませんので、専ら室内勤務で昨年の記録を反省しながら春の作付け予定表等を作成し居ります。

投稿: 久米仙人 | 2010年2月16日 (火) 21時12分

流石に加温式ハウスだと種まきは早くスタートできていいですね。
すでにたくさんの種類の種まきされました。
これからの発芽や成長が楽しみですね。

ちなみに昨年ハナナスは白い種を播きました。

当分はmaoさんの種まきを遠くから眺めてますsmile

投稿: よびばあ | 2010年2月16日 (火) 22時04分

こんにちは、イタさん。

ハウスを建てるのは大変ですが、一足早くタネがまける加温ハウスはうれしいですねhappy01
今朝早くに温度を見てみたらやはり20度くらい。
もう少し夜温度を上げるべきか悩んでいます。が、日中は太陽が出ているのに閉めっぱなしにしていたら40度になっていてあわてました。

投稿: mao | 2010年2月17日 (水) 12時00分

こんにちは、久米仙人さん。

畑の準備がゆっくりなので、早くに蒔くまいとは思っているのですが、ハウスが出来上がってしまうとダメですねsmile
まずは、トマトナスからスタートしました。
少ししか蒔かないので、タネがなくならず毎年同じ品種になってしまいます。
フルティカとくろわしはお気に入りなので外せません。

投稿: mao | 2010年2月17日 (水) 12時02分

こんにちは、よびばあさん。

早いかな?とも思いましたがトマト、ナスは成長がゆっくりなので蒔いてしまいました。
一度にやるとハウス内にあふれてしまうので、ずらして芽だししないといけませんから。
よびばあさんは白い方のタネを蒔かれたのですね。
いただいた花ナスは家の外に置いていたのですが、実の中は暖かいのかもう芽が出ているのがありましたhappy01

投稿: mao | 2010年2月17日 (水) 12時06分

こんにちは。順調なスタートダッシュですね。run最近寒い日が続いてますが、ハウスはとっても温かいのですね。

投稿: あさがお | 2010年2月17日 (水) 12時45分

こんにちは、あさがおさん。

タネを蒔いてから急に寒くなって、ハウス内の温度が上がりにくくなっています。
雪がうっすら積もっていた、今朝は18度でした。
芽が出るのにはこれくらいでも大丈夫だと思っているんですけどねhappy01

投稿: mao | 2010年2月18日 (木) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/47581891

この記事へのトラックバック一覧です: 種まきスタート:

« バレンタインデー迫る | トップページ | 早生たまねぎ最後の追肥 »