« 古すぎる・・・ | トップページ | キュウリの栽培場所 »

レタス植え付け

005 2月17日に種まきをしたレタス類。

玉レタスの「シスコ」は高温?のため徒長していましたが、とりあえずポットに植え替えておこう!がよかったのか、なんとか植えられる苗になってくれました。

ダメだと思って蒔き直しをしていたので、この春は倍のレタスが出来ることになりますが・・・coldsweats01

ハウス内は野菜と花とでぎっしりです。

植えられるものから畑に行ってもらわないと足の踏み入れ場もありません。

寒さに強そうだから、まずはレタス類ですよね。

参考にさせていただいているベテランのご夫婦が、数日前にレタスを植えているところに遭遇。

なので

001 サニーレタス。

002 サンチュ。

003 レタス。

これは大きく育っているので、くてっとしています。

004 スティックセニョール。

4種類を植えてきました。

寒さは大丈夫かなと思いましたが、念には念を入れて不織布で覆っておきます。

レタスは寒さより風に振り回されそうな感じでしょう。

次はこれまた大きくなりすぎているキャベツを植えるぞ~rock

|

« 古すぎる・・・ | トップページ | キュウリの栽培場所 »

レタス」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

Beeですこんにちは

苗って植えてからしばらく心配ですよね
うちのほうも風が強いので、いつも風対策はします。

投稿: Bee | 2009年4月 5日 (日) 17時53分

やはり、この位の苗でないといけませんね。

私はちょっと早すぎたようです。
今日、見たところ、全部は無理でも幾分は育つかなという感じです。

でも、中途半端でどうしようsign02
悩みは続きますthink

投稿: よびばあ | 2009年4月 5日 (日) 20時54分

苗作りと植え付けで大忙しですね。お疲れさまです。
レタス類も、いろいろな種類があると、使い分けもできるし、飽きないし、楽しみですね~happy01

投稿: ニャーゴ | 2009年4月 5日 (日) 21時25分

こんにちは、Beeさん。

Beeさんも風対策はされているのですね。
台風が来る時には気をつけているのですが、この時期(春先)の風typhoonも結構強力で。
寒さ対策というよりも風対策で不織布をかけました。
ベテランのご夫婦はそのままだったのですが、苗が小さいので風の影響はあまりなさそうでした。
苗が大きいのも良し悪しです。

投稿: mao | 2009年4月 6日 (月) 11時54分

こんにちは、よびばあさん。

最初はよびばあさんもびっくり(失礼smile)の徒長具合だったのですよ。
蒔きなおしたくらいですからね。
でも、ここまで持ち直してくれるんですね。
小さい状態で植えても大丈夫じゃないですか?
レタスは強そうなので、収穫までいけそうな気がしますよ。
うちはレタスが増えすぎて、別の意味で困った!になっています。

投稿: mao | 2009年4月 6日 (月) 11時57分

こんにちは、ニャーゴさん。

最近、というか去年末頃から朝食にサンドイッチがブームになっているのでレタス消費量が多くなっています。
そういう時に限ってレタスがないんですよ。
これが出来たら思いっきり使うぞ!と意気込んでいます。
色々植えましたが、個人的には玉レタスが一番好きなんですよ。
だからレタスが多すぎでもよしとしましょうかwink

投稿: mao | 2009年4月 6日 (月) 12時01分

サニーレタス。 サンチュ。シスコ レタス。 スティックセニョール。
葉物の苗の育ちが盛況ですね。
写真を見るだけでも楽しそうです。
レタス苗は気候が会えば根付が良い時と、高温過ぎで苗が溶けて?消滅してしまう事が多く土を選びますから気を使いますね。

投稿: 久米仙人 | 2009年4月 6日 (月) 17時24分

こんにちは、久米仙人さん。

種まきが早かったからでしょうか、すっかり大きい苗になりました。
もう少し早く植えてもいい感じでしたよ。
寒さもひと段落したので、地植えにしました。
私の中ではレタスは冷涼な気温でよく育つというイメージです。
なので、今が一番成長期でしょうか。
土を選ぶとは知りませんでしたwink

投稿: mao | 2009年4月 7日 (火) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/44571155

この記事へのトラックバック一覧です: レタス植え付け:

« 古すぎる・・・ | トップページ | キュウリの栽培場所 »