« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

新米を食べられない米農家

子供が通っている小学校が9月から自校給食からセンター給食に変わりました。

最初の頃は食器を時間内にセンターへ返さなくてはいけないため、急いで食べなくてはいけなくなった~wobblyと戸惑っていたようですが、今ではもう慣れたとのこと。

親としては、あまり変化はないかなと思っていました。

ところが土曜日などに行事がある場合、弁当を家から持っていかなくてはいけなくなりました。

そうか、そこまでは考えてなかったなあ。

参観日あり、行事の準備で行かなくては行けない日ありと、前より弁当を作る機会が増えました。

007こういう時ちょっとした野菜があると助かります。

明日も弁当がいるんです。収穫が終わりそうなインゲンですが、弁当に入れるには十分な量がとれました。

サツマイモも入れようかなあ。

うちは実家が米を作っているのですが・・・

当然、新米をいち早く食べられると思いますよね。

ところが計画性のない両親から、古米が30キロ入りがまだ10袋ほど残っているのだ!とのお達しが。

えっー、年末まで(いやもしかすると年を越さなくてはいけないかも)古い米を食べなきゃいけないの~crying

001 先日ようやく新米を5キロだけもらいました。朝市での売れ残りだそうです。

それでもいいよ。新米だhappy02新米だshine

002 つやが違いますよ。

新米を毎日食べられるようになるのはいつになるのかな。

もう新米とは呼べない頃だろうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

豆類種まき

豆は収穫が大変なので、去年は苗をほんの少し購入しました

スナップエンドウを3株、グリンピースを3株。

これが、うちにちょうどいい量だったので今年も同じでいいと思ったのですが、どうせならタネを蒔いた方がいいかも?と今年はタネを買いました。

001_2 スナップエンドウは「グルメ」

グリンピースは「久留米豊」

003 予備を含めて4粒ずつ。

もし、発芽率が悪くても出た分だけを植える予定。

ケチくさいですが、芽が出たものは捨てることができず、収穫に四苦八苦している自分が見えるようなので、ここでがまんして少量だけ蒔くのがいいんですsmile

002 毎年、白ネギ(根深ネギ)は春まきをしていました。

秋蒔きもできるということなので、初挑戦。春蒔きをしているのと同じ品種の「ホワイトスター」です。

今まではペレットタネを買っていたのですが、普通のタネにしてみました。

大体、タマネギを何千粒と蒔いているのです。普通のタネで十分ですね。

004 初めてなのでいつ植えつけるのか?とか土寄せはいつする?などまったくわからないのでほんの少しだけ。

本当にお試し程度ですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

手袋づくし

家の外からドーン!という音が。

草刈り機の音や、最近は少なくなりましたが鳥やイノシシ避けの爆発音がしょっちゅう聞こえてくる田舎です。

あまり気にしていませんでした。

別の用事で外に出て、びっくりsad

005自分の家のプランターが壊れていたのです。

木製で2段になっているもの。上の段が下の段の上に落下しています。

木製なのでいつかは壊れると思っていましたが、いきなりでした。

これは、さすがに慌てました。虹色スミレを植えていたんですよ。

だ、大丈夫か?

007 下の段は何とか持ちこたえているのでそのままに。

008上の段は全壊なので他のプランターへ移植しました。

どちらも土に押しつぶされていたので、弱り気味ですが枯れるほどではなさそう。

よかったhappy02

黄色は「ラブリームーンリカ」、紫のは「ノーブルリカ」かな?黄色は色の出方があまりきれいではないようです。

009 「メープルリカ」もあるし

010 「スィートハートリカ」もありました。これが今のところ一番多い気がする。

花が無い時に植えたので、どれが何色かわからないんですよ。だけど、うまい具合に色々な花色の虹色スミレが咲いてくれそうです。

パンジーを自宅に買いに来た方がくださいました。

003 ピンクふりふりビニール手袋。

「若い人だから似合うかなと思ってheart04」とのことだそうですけど、私にはまったく似合いません。

大して若くもないし・・・

でも、ありがたくいただきましたけどね。

あと

004 母から黒の作業手袋をもらいました。

黒だから汚れが目立たないよscissorsだそうです。

最近手袋づいている私です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

落花生の試し掘りを勝手にされた

024 荒らされてる~wobbly

畑のあちらこちらが掘り起こされています。

足跡と掘り起こしのすざまじさからイノシシでは?と推測されます。

かといって、野菜を食べているのではなさそうです。人参のすぐそばを掘っている割には人参自体に被害はなし。

掘っているところにモグラの穴を発見。

もしかして、モグラを追いかけていたのかも。

私の勝手な思い込みかもしれませんけどね。大体イノシシはモグラを食べる?ただの遊び?

遊びだとしたら迷惑なpout

026 大きな被害はなかったものの、一番の被害はこれかなあ。

落花生を掘られていました。

2株しかないので、私でさえ試し掘りをしてないのに。

でも、想像以上に大きくなっていました。これだと食べられるサイズかも。

まだ小さいのもありますけどね。ということで、もう一度土をかけておきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年のヤマイモはダメだなあ

今年植えたヤマイモは短形自然薯と丸いヤマイモ

たくさん植える予定で、畝は用意していたのに、苗を買う(台湾ヤマイモは苗で売っているので)ことができませんでした。

種芋を買ったものは植えたのですが、夏の間は草取りもできず、追肥も結局1回もしていません。自分の体力の問題で・・・down

ヤマイモが植えてある場所は草が茂り、だんなさんでさえ、まさか野菜が植えてあると思わずにもう少しで草刈り機で刈るところでした。

ちゃんと、聞いてくれてよかったよ。

なので、ヤマイモの出来もまったく期待できないのですが、このままというワケにはいきません。

027大量の草を取ってみると、むかご発見。

ヤマイモのツルすら見つけることができなかったけど、一応ツルは伸びてたみたいです。

それすらもわからないほどだったのですcoldsweats01どのくらいのすごさか解っていただけましたでしょうか。

028 あることにはありました。

が、植えた種芋と同じくらいの芋です。

丸いヤマイモはほんの数個だけ。しかも小さいし。少し大きいものはスコップでぶった切ってしまいましたcryingヤマイモを掘るのは難しい。

小さいのは仕方ないですよね。まあ、予想通りでした。

あまり手をかけなくてもヤマイモは栽培できるscissorsと思っていましたが、やはりポイントは押さえておかなくてはいけないようです。去年は、何もやっていないようでも気付かないうちに手をかけていたようです。

今年のような状態を完全放置と言うのでしょうからね。

よし、来年はちゃんといい芋を作るぞrock

| | コメント (4) | トラックバック (0)

畝上げ機購入

003 あまり美味しくなかったとはいえ、そのままにはしておけないのでサニーレタスを収穫してきました。

これで6株分。

ありがたいことに虫食いもなく大きくなってくれました。その虫さえもよせつけないパワーをいただこうと、白菜と同じ畝に一緒に植えていました。

白菜にあまり虫の被害はないようですが、寒冷紗をかぶせているのでそのせいかもしれませんね。

私が虫だったら、サニーレタスを避けて白菜を食べにいくはずgawk効果のほどはまったくわからずでした。

012 トマト「フルティカ」も収穫し続けています。

先日の雨で割けてしまったのは残念ですが、まだいけそうですrock

013購入しました。

ミニ耕運機につけて使う畝上げ機です。

今まではトラクターでやってもらうか、大きな畝上げ機を借りてやるか、もしくは手作業でした。

だんなさんは思い立ったらすぐやりたい人なので、人から借りるというのがまどろっこしいんだそうです。

自分専用のが欲しい!と前から言っていました。

とうとうですよ。また資材費に多額を投入してしまいました。

これで、作業は楽になるんだろうか?ミニ耕運機だからね。壊れないかが不安です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

プチヴェールの下葉取り

006 プチヴェールは相変わらず元気よく成長中です。

下の葉に虫がたくさんついてきました。

いつ下葉を落としたらいいのかわかりませんが、今がチャンスなのかな。

ということで

007 このくらいまですっきりとさせました。

確かメキャベツは上に葉が10枚程度残るくらいにするらしいので、もう少し取ってもよかったかもしれませんね。

まあ、徐々にやっていきましょう。

葉を取ると同時に虫(たぶん大量にいるのでハスモンヨトウでしょう)がばらばらと落ちてくるんです。

マルチの上に虫の雨ですよ。

一斉に元いたプチヴェールに帰ろうと必死に動いています。

ああ、気持ち悪いsad

暑い日が続くので当分虫はいそうです。

しかし、ここまで大きくなったプチヴェールは移植できるんだろうか???

| | コメント (10) | トラックバック (0)

新しい畑はいつ使える?

001 庭にトラクターが来ていますよ。二階からこっそり撮影。

もしかして、新しい畑を耕してくれるのかなhappy01

まさか、私にやれ!とか言われないよね。とひやひやしていたら午後から父が耕してくれました。

002だんなさんえらい!

外堀から攻めていくとあの父でも動かざるをえないってことだね。

ここまで出来ていたら、あとは私の手でも何とか植える状態にできるので一安心。

003 水糸を引いて

畝の幅を決めてっと、何とかめどが立ちそうだなと思っていたら父が

「雨が降りそうだから適当な畝を作っておかないと、畑はどろどろになるぞ!よし、トラクターでやっておいてやる」

とのこと。

私の引いた線は~!!!

はい、また一からのスタートとなりました。

畑が乾いたらもう一度丁寧に耕してくれるそうです。

植えられる畑になる日はまだ遠そうです。

012 サニーレタス初収穫。

自転車の子供乗せイスにいっぱいになるほどの大きさです。

サニーレタスで肉を包んで食べたのですが、子供に不評でした。

私も味に違和感を感じました。苦いというか、くさいというか。サニーレタスってこんなだったかなあ。

よくないことなので品種はあえて書きませんが・・・もうたぶん買いません。前に栽培したサニーレタスは横に広がるのですが、今回のは立てに伸びるような成長をします。

肉を巻くにはやっぱり「サンチュ」がいいようです。でも、サンチュはまだ小さいんだよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

偶然?虫の知らせ?

004 向田邦子さんが好きです。

向田さんの両親、兄弟が登場するエッセイが特に好きで、暇な時には何度も読み返しています。

昨日も眠る盃という本を読んでいた時に「そういえば、お母さんはまだお元気なんだろうか?」とふと思ってネットで検索してみると・・・

100歳でお亡くなりになっているということでした。

そうなんだもう亡くなくなっていたんだと思っていると、その記事がわずか12時間前に書かれたものであることに気付きました。

亡くなったのは9月だったようですが、公にされたのが一昨日(ネットで検索したのは昨日なので)だったようです。

急に鳥肌が立ちました。

偶然にしてはよすぎるタイミングでしょう。

偶然って信じているんですよ。

昔まだカセットで音楽を聴いている時代のことです。

ある曲が好きでA面B面とも同じ歌を入れていました。ふとリバースボタンを押したらA面で聞いていたところとちょうどつながるようにB面の歌も流れ始めたということがありました。1曲ずつしか入れていなかったワケではないのですごい偶然だと思いませんか?

説明がうまくできないのですが、なんとか理解してくださいcatface

偶然は奇跡と言うこともありますね。

向田邦子さんは飛行機事故で若くしてお亡くなりになっています。

私が読み始めた時にはすでに故人で、この人の新しいエッセイはもう読めないんだと残念に思っていました。

私も少しは成長し、亡くなった人の無念さもあるでしょうけど、残される人の哀しみもわかるようになってきていました。

なので、このお母さんが気がかりでしょうがなかったのです。心の隅にいつも引っかかっていたのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土寄せの土は隣の畝から

008 白ネギ(根深ネギ)の土寄せは何回したかなあ。

最後の土寄せは9月2日でした。相当前でした。

009 茎の太さは2センチほど。

かなり大きくなっています。後はどれだけ白い部分を増やすかですね。

12月までにはすべて収穫できるようにがんばらねばrock

今までと同じように追肥をしてワラを入れ、その上に土を乗せていきます。

最初は母から貸してもたっているクワを使っていたのですが、これが非常に年代物のクワでして・・・

途中で柄から鉄の部分がすっぽりと抜けてしまいました。

修理は私の手におえないということで、途中からスコップで土寄せです。

010クワよりスコップの方がやりやすかったような。最初からこれにしておけばよかったかもしれません。

最初の予想通り、土が足りなくなったので右側はスイカの畝から、左側はサツマイモの畝から土を拝借。

白ネギは場所も土も大量に必要です。

サツマイモの畝の土を使わなくてはいけないので、4株だけ残っていたものを掘り出しました。

これは5月初めに植えたサツマイモのつるを切って、後日植えた自家製の苗分です。

011 4株分でこれだけでした。

013 一番大きなものは1.5キロ、表面がごつごつしていて気持ち悪い芋になっていました。

完全に規格外の大きさですね。

片手で持っていたのも悪いのですが、あまりの重さに落としてしまいました。皮がむけているのはそのせいですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小豆の収穫とタマネギ苗の途中経過2

9 茶色になった小豆の鞘は、長い間畑に置いておくと虫がつくと教えていただいたので早速収穫することに。

たった数日しか、経っていないのにこの変わりようはなに。

ほとんど収穫してもいいんじゃない?

014 これだけありましたよ。

鞘はたくさんだけど、中の小豆はどれくらいあるんだろう。

少し乾燥させてから取り出してみます。

同じ豆類といえば・・・

Photo 落花生。

ちょっとだけ土の中をのぞいてみると

ありました。

これは1粒しか入ってないですね。

これはまずまずの大きさのようですが、他のはまだ十分には成長していない感じ。

やっぱり、もう少し早く植えつけるべきだったなあ。収穫はギリギリ(いつまでが限界かはわかりませんが)まで待つことにします。

そして、タマネギ苗の途中経過ですが

2 液肥を時々与えながら育てています。

今日は殺菌剤もまきましたよ。

太いもので根元が3mmくらいでしょうか。

後から蒔いた普通種も早生と同じくらいに成長してきました。

ずらして蒔いた差はあまり見られなくなっています。

4右側の1トレイが早生、少しは違うかな?

6 ただ、赤タマネギだけは勢いがありません。

成長のよくないトレイの端というのも原因かもしれませんけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

実は強運の持ち主?

005 畑の移動でテンションが下がっている私とは裏腹に、燃えている人が一名。

だんなさんです。

稲を植えた後の畑を使う時にはワラを切り込まずに運び出すんですよ。今年は急にここを使うことが決定したのでワラはそのままあります。

なので、焼くことにしたらしい。ワラが邪魔だというだけではなく、この行動には深い意味があります。

とにかく、うちの父(この畑を耕してくれる重要人物shadowですよ)は腰が重い人なんです。

働くのは母、それを監督しているのが父と、子供心に思っていたことがあるくらいの人です。高齢というのもありますけどね。いや、でも昔は若かったはず・・・

で、その父を動かすには回りから攻めていくしかないとだんなさんは考えたようです。

あとは耕すだけ!という状況にしておきたいみたい。

006 母からも言ってもらえるように、念入りにお願いしていたようだし。

これでしてくれなかったら、どしようもない。自分でやらなくてはいけないかも。

ああ、どうなる新しい畑。

見て分かるとおり、稲刈りは終わっています。

子供が学校の先生から「稲穂を使いたいので、2、3本欲しいのよね。○○さんのお宅は米作っているよね。あったらでいいから持ってきてくれない?」と頼まれたようです。

無理だろうと思ったのですが、もしかすると落ち穂で何本かは見つかるかもしれないよと探しに行かせました。

001 畑から帰ってきた子供が持っていたものはこれ。

1株分はあるよね。どうした?

刈った後の畑を稲穂を捜してうろうろしていたら、たまたま隣の畑でハゼかけをしていたおじさんがくれたそうです。

007 うちの子(特に上の子)はクジ運がなくて、いつもカスばかり当たるんですよ。本人も納得しているくらいに。

でも、これってすごく運がよくないともらえないよ。

どこの田も今はコンバインだし、ちょうど稲刈りの時に稲穂を探しに行ったという偶然とね。

実は強運があるのかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リカちゃんパンジーの知名度は低い

母がパンジーを欲しいという方を連れて来てくれました。

先日は39ポット、今日は36ポットが売れ、着実に苗は減ってきています。

まだ花がついていないものが多いので、買われる方もどの苗を選んでいいか悩んでいる様子。

003これは今年タネが初めて発売された「虹色スミレ リカちゃんパンジー」です。

花がきれいなので毎年植えているのですが、以外なことに世間的に有名ではないようです。

「これは、リカちゃんパンジーなんですよ。ご存知ですか?」と聞いても、うちにいらした方の中で知っている人は1人もいませんでした。

なので、営業トークも弾みません。私の中でブームになってただけなのねgawk

004 うちのリカちゃんパンジーは1輪だけ咲いていました。

これは赤が強いので「スィートハートリカ」かな。

花のついていないパンジーを売るのは難しいですね。もう少し早くタネを蒔けばいいんだろうけど・・・

002 何となく話の流れで、ジャガイモも買ってくださることに。

001 母のジャガイモがあるので「朝市には出さないでよ!」と念を押されていたので、芽が出始めてもそのまま保管していました。

15キロも持って帰ってくれましたよ。栗坊もタマネギもお買い上げ。

ありがたいことです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

つやのない小豆

001 小豆の一部がカラカラになってきたので、試しにちょっとだけとってみました。

植えてから何も手をかけられなかったわりには、鞘が大きくなってくれましたよ。

中はどうかな。

002 粒の大きさはまずまずですが、つやがない。なぜ?

成功なのか、失敗なのか判断がつきません。

全部収穫してみて、ぜんざいを作ってみないことには味もわかりませんね。

結論は後日ということにしましょう。

003 昨日、母からお達しが。

「この畑を12月いっぱいで返してと、持ち主から言われたから移動して」

なんですと~pout

白菜はこの調子でいけば、12月までには完成しそうだけど、くくってから畑で保存しようと思ってたよ。

イチゴもニンニクもブロッコリーもカリフラワーもすでに植えているんですけど。もうこんなに大きくなってるし。

といくらぼやいていても状況は変わりません。

移動計画を立てないとね。

004 新しく使う予定の畑はまだこの状態。

はー、どうするよ。

植えかえる気力がなくなってきました。せめてニンニクとイチゴくらいは移動したいな。

それと、ニンニクに石灰を与えるといいという情報ですが、私の勘違いしている部分がありました。

ニンニクにふりかけるのではなく、15センチほど離れた土にやるのが本当でした。ごめんなさい。今からされる方はご注意を。

私はこのままにしておきますけどね。なるようになれ、過去は振り返らないんです。

というか、ニンニクは移動しなくちゃいけないからcrying

| | コメント (12) | トラックバック (0)

パンジーを植える

003 パンジー植えちゃいました。

まだ、紫系とビオラが咲いただけ。

005 あとは黄色が数輪だけなので花色がわかったら植えようと考えていたのですが、プランターを整理したらもう植えたくて仕方ない。

運を天に任せての植え付けとなりました。

007 004 このくらいに大きくなっています。

この中から一か八かで選ぶわけですよ。何色が咲いてくれるかなあ。

009 010 葉牡丹も植え付け。今年も芯食い虫にやられて二股に分かれているものを選んでみました。

店頭にも葉牡丹が並び始めましたね。

011 013チェリーセージ

アメジストセージ。セージばかりですが・・・coldsweats01

014 秋ですねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

混植断念

008_2 キャベツと白菜の虫避けにレタスを混植予定でしたがキャベツが畝いっぱいに広がっていました。

007 白菜の方も一緒に植えたサニーレタスがこんな感じに。

葉の下敷きになっています。

白菜に成長が邪魔されているサニーレタスですが、中には006

収穫できそうなものもありましたよ。

005 枯れてなくなった白菜のあった場所には数本植えましたが、混植は無理です。

なので、ちゃんとした畝に植えます。

002

チマサンチュと

003 玉レタス「シスコ」

混植するには相当広い場所を確保しておかなくてはいけないですね。

009 ニンニクに苦土石灰を今の時期に与えるのがいい、という情報を聞いたのでやっておきました。

マルチをはがすのが面倒だったので、上から大量に振り撒きました。

苦土石灰が大好きなだんなさんが泣いて喜びそうな作業でしたよ。

追記 ニンニクに石灰はニンニクから15センチほど離れた土に混ぜるのがいいのだそうです。今から苦土石灰を与えてみようかなと思われる方はご注意を

| | コメント (10) | トラックバック (0)

白菜のネットを外す勇気はない

  ようやく葉ボタンの15センチポットを買ったので植え替えました。

ちょうどお休みの日だったので、だんなさんが手伝ってくれました。

あれ、確か去年もだんなさんに植え替えを手伝ってもらったような・・・どうやら葉牡丹の管理を1人でやるのは無理だとようやく気付きました。

来年はもっと、減らそう。

先日も葉牡丹の写真をのせたので、今回の写真はなしということに。

そうそう、だんなさんが今年第三弾となる「パクチョイ」の直播きをしていたなあ。

でも、これも芽も出ていない寂しい写真なので出すのはやめようっと。

007写真がないとつまらないので

とりあえず、白菜です。

大きくなってネットにくっついてしまいました。まだ虫も多いので外す勇気もなくそのままに。

中で巻き始めているのか、ネットに押されているだけなのかまったくわかりません。

005_2 プチヴェールはものすごく大きくなっているので、写真を撮る時には遠くへ離れなくては全体が入らなくなりました。

下葉はまだ取らなくてもいいのかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ニンニクを植える間隔は?

001 今年は国産ニンニクが高いこともあって、ニンニクを植える方が増えました。

なので、ブログでも経過報告をよく見かけます。

今はちょうど発芽ラッシュ。発芽すると20センチくらいはすぐ伸びます。

芽が出るとあっという間に大きくなるニンニクは見ているだけで「育てているぞrock」という実感がありますね。

みなさんが栽培されているニンニクは株間が広いんです。

うちはタマネギ使用後マルチを使ったので(これ、穴は15センチ間隔くらいなのかな?)極狭なんです。

他の方の植え方を見ていると、うちのは失敗した気がしてきましたよ。

002 まあ、植えちゃったものは仕方ない。

今年はこれでいきます。もしうまく行ったら来年からこの間隔でやればいいんだしね。開き直ったsmile

あとは・・・

9月9日に種まきした大根ですが、途中までは不織布をかけていました。それを取ってからがひどかった。

虫の被害がひどすぎて、大きくならないですね。はつか大根みたいになっても収穫したいので、そのままにしてはありますが。

見せられるような状態ではなくなったので写真すら撮ってません。

蒔き直す予定だけど、今からだと大きくならないだろうなあ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

他の教科もがんばってね

001 二学期制の小学校は前期が終わり、秋休みに入りました。

今年の秋休みは連休を含め5日間。水曜日まで休みになります。

6年生になってから初のあゆみ(成績表)をもらいましたよ。

先生が言われるには「6年生になったので、厳しくつけました」とのこと。

抜けているうちの子には良い成績は期待していません。というか期待しろという方が無理な話。厳しかろうが、緩かろうがどちらでもどーんと来いです。

親がこうなので、本人もさぞかし気楽なことでしょう。

勉強は大嫌いと断言している子ですが、どうやら社会は好きな様子。今は日本史を習っていて、楽しくてツボらしいです。

まとめのテストがある前には、自主学習をもういいでしょと思うくらいやってましたから。

私も一緒に勉強しました。刀狩りや参勤交代をした理由を、豊臣秀吉や徳川家光の気持ちになって語り合いましたよcatface

003 なので、社会はA。細かく分かれている評価もすべて○がついていました。

やっぱり、先生はちゃんと見ていてくれていました。

他の教科は・・・・・触れないでくださいcoldsweats01

社会好き(というか、歴史好きですよね)はこんなところにも。

004 秋休みなので、小学校から本を借りて帰らなくてはいけないようです。

1冊は小学校で残りは図書館のもの。

で、借りてきたのが歴史の本ばっかり。

今は源平の合戦あたりが気になっているようですね。

あっ、もちろん新撰組好きは相変わらずですけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

人参の間引き

002 人参「グランプリ」

これくらい大きくなってきたら、間引きをしても大丈夫でしょう。

というか、いつものことですが遅すぎです。

何粒も蒔いたのに1穴1本しか生えてないところ、ひどいところは1本も生えてないところもあるので、間引きはとても簡単でした。

001 抜くことが出来たのはこれだけ。

結構太くなっているので、これは人参として食べられそうです。

我が家のハムスター「トロさん」(1歳を過ぎて人間の年で言うとうちの最年長者になったので、さん付けになりましたcatface)の餌にちょうどいいかも。

股根になっているものが多いような気がします。今年の人参はあまり期待できそうにありません。

001_2 セルトレイで育てているタマネギです。早生は早く移動させていたのですが、普通種もようやく栄養豊富な畑の上に移動しました。

緑が濃い、一番右奥が早生です。

これからトレイの下から根を出して、さらに大きくなってもらわないといけませんね。

002_2 早生はこんな感じ。

003 普通種はこれです。

いつも写真でしかうちの様子を知らない妹が久しぶりにやって来ました。

このタマネギの苗を見て、「うわー、考えていたよりヒョロヒョロだよ、やっぱり写真の撮り方が上手だわ」と言っていました。

なので、本物はもっとしょぼいらしいです。

タマネギの成長途中はこんなものよ。完成苗しか知らないだろうからね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

イチゴ植え付け

004 ようやくイチゴを植えました。

今年のランナーが無事根付いてくれたので、新たな苗を買う必要がありませんでしたよ。

自家製苗なので、品種はどれがどれかまったくわからず。

私にしたら珍しく植える場所の用意が早かったのですが(えらそうに言ってますが、用意してくれたのはだんなさんbleah)結局植えたのは例年通りの時期になってしまいました。

003 今年は1畝分、18株となりました。

管理しやすい本数かな?

Cocolog_oekaki_2008_10_10_13_59

005 キンモクセイです。香りがよすぎて最近では、トイレの芳香剤の匂いと言われてしまうのが残念なのですがcoldsweats01

一番好きな樹なので、家を建ててから一番初めに植えたましたがなかなか大きくなりませんでした。

以前、銀行の方に「植えて4年目なんですよhappy01」と言った時に、あまりの木の小ささに吹き出されたほどの勢いのなさでした。枯れるかも、と思ったことすらありました。

それが今年は今までで一番の花つきのよさ。

さすがに香りもしっかり漂ってきます。もう大丈夫かな。

006 秋生まれなんです。キンモクセイが香ってくるとなんだかワクワクしてきます。

皆さん自分が生まれた季節はお好きですよね?

生垣にできる日も近そうです。今まで剪定すらできませんでしたからね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パンジー初花は紫系

001 今年初のパンジーが咲きました。

種まきは8月23日

これは去年の花から取ったタネが咲いた、ナチュレのビーコンタイプ。

002 こちらは、購入した本物の「ナチュレビーコン」。ほとんど差はありません。

どちらにしてもパンジーの紫色の花は咲くのが早いですね。

それと

003 「ベビー ブルー&ホワイト」はビオラです。

ビオラは発芽率もいいし、成長も早いです。このビオラも去年の取りダネです。

もう6鉢ほど咲いていましたよ。

004 同じベビー ブルー&ホワイトでも黄色が強く出ている花もあって

これなんかは完全にブルー&ホワイト&イエローですね。

そろそろ地植えをしてもいいようです。

005 葉牡丹は9センチポットから15センチポットに植え替え中。

今年は60粒入りを3袋しか購入していないので、そんなにたくさんはないと思っていたんですよ。

で、植え替えに必要な15センチポットを100しか買っていませんでした。

去年の残り分があるので、それで十分かなと。

ところが手元にあるポットを全部使っても、植え替えてないものがものすごくたくさんある。

数えてみたら、あと140も。ということは、300本以上あったということになります。

この15センチのポットはどこのHCにでもあるというわけではないんですよ。余分に買っておけばよかった・・・またもや後悔crying

タネを蒔いた時点で気付けよ!と自分に突っ込みを入れても、もう遅い。

植え替え終了はまだ先になりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

カナリアナスは西側に

007 カナリアナス、別名とげなしつのなすの実が大きくなり、隣に植えてあるプチヴェールと芽キャベツを襲うような勢いでしなっています。

種まきは2月15日。ここまで長かったgawk

そろそろ収穫時期かも?

株の高さも大きくなり、茎も太くてどうやって収穫するかわかりませんよ。ハサミとかではまず無理。

008 えーっと、とりあえず力ずくで倒して・・・

そこでのこぎりを使い茎を切りました。

そのまま立ったままで切ると、自分に向って倒れてくるというコント状態になりそうだったのでね。

009 実の部分が重くて家に持って帰るのも大変でしたよ。

010 倉庫に立てかけてみました。

支柱に添わせる時に手抜きしたので、まっすぐになってません。

それとある程度大きくなったときにちゃんと成長点を取らなかったのと、わき芽も取らなかったのでナスの大きさがまちまちです。

来年は本数を減らして、もう少し良いカナリアナスにしたいなあ。

黄色は家の西に置くと金運dollarが上がるらしい。

オータムジャンボも買ったことだし、西側に移動しないとね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

わき芽を育てたフルティカ初収穫

004 わき芽を育てたトマト「フルティカ」が赤くなりました。

えーっと、いつ植えたっけ?

と調べてみましたが、記事にも書いてないし写真もない(撮った記憶はあるのですが・・・coldsweats01)ので忘れてしまいましたがようやくという感じなので、相当前だとは思います。

しかも、植えたのはだんなさんなのでね。関心低めでした。

006 2つだけでしたが、久しぶりのトマト収穫となりました。

株は背丈ほどに育っていますが、果たしていつまでとれるでしょうか。

枯れるのはまだ先だろうけど、赤くならなくなるんでしょうね。

007 人参「グランプリ」に追肥しました。

すごーく生えているように見えますが、写真の部分はうまく発芽した部分を選んで撮ってみました。

008 そろそろ間引きしなくてはいけない時期かもしれませんね。

時期を決めるのが、苦手なんですよ。いつも遅れ気味になります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

デルフィニウム種まき

001 昨年初挑戦のデルフィニウムがうまくいったので、調子に乗って2袋に増やしてしまいました。

青花の「オーロラ ブルーインプ」これは昨年と同じもの。

追加したのは紫花の「オーロラ ディープパープルインプ」です。タネ袋の写真で見る限り青花より少し小さく見えます。本物はどうなんだろう?

これは、咲いてからのお楽しみです。

012 7×7のトレイに2袋分でぴったり終わりました。

ここまでちょうどになるとすごく気持ちいい!これだけでもう成功した気分です。

ちゃんと芽が出ますように。

005 家の裏に変な袋が置いてあったんですよ。

どうやら米袋?みたいです。

なんだろ、これ。もしかして今噂の事故米ではsmileそんなことはないですが、不気味な袋に怯えていたら・・・

「ああ、あれは自分が置いたよ」とだんなさん。

「会社の人がコイン精米機で精米していたら、そこに”ご自由にお持ち帰りください”と米ヌカが置いてあったので持って帰ったんだって。でも、帰ってから奥さんに『畑もないのに、何でこんなもの持って帰ってきたの~pout』と怒られたらしい。で、もらってきた」

ああ、よかった。出どころが判明して。

でもその人、こんな大量のヌカを一体何に使うつもりだったんだろう?30キロ入りの米袋だよこれ。

ある意味すごい人だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

栗の渋皮煮とレバーは似ている?

今年も母の畑の近くにある、誰のものでもない栗の木の下では争奪戦が行われているようです。

参戦するのが怖いので今年は栗を拾ってません。もちろん食べてもいません。

001タイミングよくいただけました。

だんなさんの会社の社長の娘さんのだんなさんの弟さんの嫁さんの実家(確かこんな感じだったと思う)の埼玉から送られてきたものをおすそわけしていただきました。

かなり遠いところから来た栗ですね。

栗料理のレパートリーが狭いので(栗以外も異様に狭いけどbleah)作れるものも限ってしまいます。

002 大きい栗なので、渋皮煮にすることにしましょう。

今回も栗むき器「くりくり坊主」が登場です。これがないと私には渋皮煮を作ることは無理です。

003 完成。

晩ご飯の時、子供のお皿にこっそり1つ置いてみました。驚くかな、喜んでくれるかなワクワク。

ちょうどその日の夕飯に鶏のレバーがあったんですよ。目の悪い子なので「いや~、レバーだけは食べられない!!!crying

これは、あなたの大好きな栗ですけどangry。というか、レバーも食べてよね。

大騒ぎしたけど、渋皮煮は美味しかったらしく1つではすみませんでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

化成肥料が高いね

002 台風が近づいているというのに広島は抜けるような青空が広がっています。

風は強めではありました。

003 昨日雨が降って土が湿っているにもかかわらず、追肥をしてきました。

キャベツには追肥がかかせませんよね。

自分は元肥を堆肥や鶏糞の有機肥料をメインに、追肥は化成肥料を与えることにしています。

でも、最近は化成肥料が高い

前は10キロ900円程度。今は10キロ2000円ですから。倍以上ですよ。

追肥が大好きな私ですら、回数を減らそうかと思うくらいです。

004 一週間ほど前に追肥した白菜はこんな感じです。

まったく大きさが伝わらない写真ですね。畝いっぱいに広がっているんですよ。

ここで葉を大きく、そして枚数を増やしてもらってしっかりした白菜になってもらわないとね。

6株あった白菜は1本枯れてなくなり、1本は芯を食べられわき芽が何個も出たものになっています。

一体最終的には何個になるのか?すでに不安think

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »