« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

ネットを外したり、また掛けたり

Photo 10月19日に定植したキャベツ みさきです。

ネットを外し、追肥と土寄せをしました。

蝶は今でも飛んでいるのですが、寒いのでさすがにこれ以上青虫の増加はないとネットを外しました。

来年春頃に収穫かな?と思っていましたが成長が早くてもう巻き始めています。

1かといって収穫できるほどではなく

非常に中途半端です。

他の方に聞いてみると、キャベツは防寒するとのこと。

3 少しでも寒さがしのげるかも、とまたネットを掛けたのでありました。

外したり、掛けたり忙しいでしょ。

役に立つかな。

2 11月始めに植えつけたのではないかと思う(いつ植えたかおぼえていない)「春波」はまだ小さいので確実に収穫は春ですね。

春に収穫するキャベツは初挑戦(追記 大きく育ったキャベツに不織布をベタがけして去年は冬を越しました。こんな小さい苗の状態で冬を越すのは初めてです)なので、冬の間どうやって管理すればいいかまったくわかりません。手探り状態です。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

タダ芋だからこんなものよね

003 タダジャガイモを収穫しました。

これで、デジマ2キロ分です。

003_2

2株でこのくらい。

植え付けが遅かったので小さいイモばかりですが、な んとか食べられる大きさになっているので成功ということにしましょう。ま、タダのタネ芋だしね。

少しでも長く畑に置いておくためのトンネルが吹き飛んでしまったのが悔やまれます。

002 これはインカのめざめ。

タネ芋の方が大きい株がたくさんあったんですよ。

暑すぎて芽が出るのが遅かったので、霜が降りるまでにイモが成長できなかったようです。

001 30株ほど植えていたのに、バケツ半分しかとれませんでした。しかも小さいものばかり。

今年はインカのめざめは大不作でした。

去年の秋ジャガ収穫は12月7日。今年は暑い日が続いた上に、本格的な霜が降りるのが早かったようです。

ジャガイモにとっては辛い年でしたね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白菜(晴黄85)収穫

Photo モニタータネの晴黄85を収穫しました。

種まき8月22日。定植は9月11日

定植してから暑い日が続き、水遣りを忘れていて枯れかかったこともありましたが、無事ここまできました。

途中白菜には虫がつかないなどと言っていましたが、とんでもない。

虫だらけです。特にヨトウムシがうようよ。

004 食べられるようになるまで、外側の葉を10枚はむいたでしょうか。こんなに小さくなってしまいました。

それでも、量ってみると3.1キロ。虫さえいなければ4キロはあったかな。

Photo_2

中はしっかり蒔いていました。

台所でも葉の中からヨトウムシを5匹発見しました。寒いので中へ中へと入り込んでいるようです。

002 ここはやっぱり鍋でしょう。

他のモニタータネ、大根「野武士」人参「恋ごころ」も入れました。

○キイのタネさんありがとう、立派な鍋になりました。

003 残念だったのは使ったつゆが薄かったこと。パンチのない味です。

子供たちはさらに、ゴマだれをつけて水炊き風に食べていましたが、私はそのままで野菜の味を堪能しました。薄味なので野菜を味わうにはちょうどよかったかも。

特に大根の「野武士」が軟らかくて最高でした。もちろん白菜も甘くて美味しかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

たぶん、台湾ヤマイモ

002 山芋のつるが枯れました。

最後に1本だけ残っていた、このヤマイモは9センチポットの苗を店で買ったもの。

ヤマイモなのにポット苗?と不思議だったんです。

実際、農業のベテランのおばさんでさえ

「あのツルは何?ヤマイモにしては珍しい葉だね」と言うくらい。

003_3 ちょっと土を除いただけで太い芋が見えてきました。

期待できますよ。

004 出てきました。

真っ直ぐ長い芋ではなく先にいくほど太くなっています。いちょうイモとはちょっと違うみたい。

006 しかも茎のところで芋がくっついています。

何だこの芋は???

重さ3キロの超巨大なヤマイモがとれました。うれしいんだけど、あまりの大きさにどうしていいのやら。

Photo 先日届いた某種会社のカタログを見ていると・・・

似ているヤマイモを発見。

茎に芋が連なっているところがそっくりです。しかも芽出しポット苗で販売とのこと。絶対これだ!!!

台湾ヤマイモだそうです。今年の暑い夏、他のヤマイモがどんどんやられていく中、生き残ったのは暑さに強い品種だったからかもしれませんね。

初心者向きのイモということです。うまい具合にこれを選んでいたものです。

まだ、食べていないので味はわかりませんが、収穫を楽しみたい方にはおすすめのヤマイモですよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

聖子ドレミマイクとコメットさんバトン

001 昨日、久しぶりに実家へ行ったのでついでに懐かしい物探しをしてきました。

まずは・・・

聖子ちゃんドレミマイク。先日までは購入した時の箱もあり、電池を入れればちゃんと動いていたのですが、子供たち(うちの子といとこ達、総勢5人)に乱暴に扱われてボロボロになっていました。

私達姉妹がどれほど丁寧に使っていたかがわかりますね。

003 大場久美子ペンダント。

コメットさんが好きだったもので・・・

家には

003_2 コメットさんバトンがあります。

実家から持ってきたのは子供たちですけどね。

バトンはたんすの裏や、ソファーの下に入った物のかきだし棒と化しています。

まさかこんな使われ方をするとはバトンも想像しなかったでしょう。

私が通った小学校は5年生になると女子はバトンを(男子は代わりにトランペットを吹かされた)強制的にやらされたので、今でも回すことが出来ます。できなくて悔しくて、泣いたこともあるなあ。

このおもちゃバトンは軽いので回すのが難しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安い球根は決意が揺らぐ

今年はチューリップの球根を買うのはやめるつもりでした。

去年たくさん買ってしまい、もちろん咲いた花を見るのは楽しいことなのですが、枯れてから球根を掘り出して乾燥させて保管して、と手間がかかります。

その点、ユリは葉が枯れたら球根をすぐ新しい土に植えられるのでこちらの方がめんどくさがりの私向きですよ。

001_2でも、見てしまうとついね。特に安くなっていると我慢できませんでした。

買ったのは悩みに悩み、3種類13球だけ。

この花時間セレクトというシリーズの球根は、ついている写真がカメラマンの名前入りというお洒落なものです。花の写真集みたいでしょう。

ピンクに白い縁取りで細長い花の「バラード」 6球 150円

ピンクと黄色の「ブラッシングレディ」 4球 100円 

黄色で外側が緑色の「イエローマウンテン」 3球 100円

それと、去年の球根で大きいものだけを植えつけました。全部でプランター3個分。

これくらいなら管理も楽かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

報恩講のついでに花壇の整理

今日は実家の報恩講の日でした。

詳しくは知りませんが、一年に一度お寺のお坊さんが檀家の家を回り、お経(正式には正信偈)をあげるというもの。

今日に限って下の子のシューズを忘れて保育所と家を2往復もしてしまったので、朝9時からの報恩講にはギリギリの到着となりました。

歌っているようなお坊さんのお経を聞いていうちに、あっという間の30分で終わり、次は母に頼まれていた花壇の整理です。

003 枯れた花がそのままになっていて、前を通るたび気にはなっていたのですが、なかなか実家に行かないので・・・

今日はいいチャンスです。

うちにあった苗を持ってきて植えました。店で売っている物に比べ、花が付いている苗ではないので寂しいのですが、そのうちに咲くでしょう。

001 ベランダに大根が干してありました。

フライドポテトの太いものほどの大きさです。

干し大根にしては大ぶりですよね。

さすが大雑把な母らしい、干し大根でした。

三角コーナーにかぶせる布に入れて干している方もいるようです。それぞれの家に独自の干し方があって面白いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

インゲン収穫終了

001 毎日のように霜が降りているのでインゲンが枯れました。

もうだめだよね、と抜いたのですが・・・

下の方に無事なものがありました。

002 葉が霜よけになっていたのでしょうね。

最後のインゲンとなりました。

わずか8株だけの秋インゲンでしたが、かなり収穫させてもらいました。

抜いたあとの株から、収穫することを「木もぎ」というらしいです。このあたりの方言かもしれませんけどね。

抜く時には食べられるインゲンがあるとは思わなかったので、今回のインゲンは「木もぎ」となりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スーパードッジボールの監督

Photo 小学生のスーパードッジボール大会がありました。

子供会の役員なので参加したのですが、与えられた仕事は高学年女子チームの監督でした。

監督といってもハチマキを配ったり、参加賞を渡したりの雑用係ですけどね。

残念なことにチームは一回戦負け。よくがんばったよ。あえて言うなら、監督がよくなかったね。

今日はぽかぽか陽気で寒くない。

帰ってから畑に行きました。

003 いつタネ蒔きしたか忘れましたが、春に収穫する予定の大根「野武士」の間引きです。

004 追肥して土寄せをしておきました。

冬の間もこのまま放置しておいていいのかな。

寒さには強そうだからこのままでいきましょう。

001 白ネギも抜いたりして・・・

新記録!41センチにまで成長しています。

今日は車がリコールにかかったため修理に行かなくてはいけません。夕方からの予約を取っています。

ノンキに白ネギの長さを測っている場合ではありませんでした。

今から、行ってきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブルーベリーは紅葉も美しい

ブルーベリーの紅葉がきれいです。葉もまだ落ちていないので今がちょうど見頃ですね。

大きな木は3本あり、品種もバラバラなので紅葉も様々です。

006一番きれいなのは「スワニー」ではないかと思っているこちら。

鮮やかな赤です。

007 これも赤くはなっていますが、まだらです。

008 これなんか赤ではないな。

しかも

009 いまだ、花が咲いてますから。

2、30輪はあります。一番早くなる木なのですが、早生すぎますね。

葉が落ちたら剪定をする予定です。

ブルーベリーを収穫したら欲しい、というだんなさんの会社の人がいるんですよ。なんでも、ジャム作りに凝っているとか。

うちのはアメリカ産冷凍に比べると小さくてまずいですよ、と念を押したのですがそれでもいいとのこと。

たくさんとれないと困るなあ。

ついでに庭の近況を

012 小さめの葉ぼたんを丸ボールに植えてみました。

011 完成品の葉ぼたんを植えたので苦しそうです。

成長途中で寄せ植えにしておけば、もっとしっくりきたのかもしれません。

013 ハクション代魔王風鉢にはたぶんこれが本来の植える物(?)のイチゴを植えました。

横の穴は花にしてみました。果たして収穫できるでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

人参恋ごころ 第三弾は庭で

モニタータネ人参「恋ごころ」の初収穫は終わっています。

今年は発芽率が悪かったので3回種まきをしました。

0053回目は8月30日に庭の花壇に蒔いたのです。寒くなってきたのであまり成長しない時期に入ってきました。

そろそろ収穫してみなくては。

以前畑でとれた物と比べると肌がきれいで、理想的な人参の形。

004 発芽率が他の品種よりも低いのが難点。全体的に人参の発芽率が悪い年ですがその中でも断トツでした。

私の管理が悪いと言われたらそれまでですが・・・

半分から右が「グランプリ」

左が「恋ごころ」です。明らかに左の方が寂しいです。同じ条件でやってこれだけ違うのだからタネの性質もあると思いますよね。ね、ね。

と、無理やり同意を求めてみました。

Photo 11月17日に畑で収穫した「恋ごころ」です。

初収穫の時よりさらに太くなり、一番大きいもので根長20センチ、重さ400グラムでした。

これで畑の恋ごころは終わり。あっという間でした。

だんなさんが「会社に持っていくから勝手に抜いたよー」と選んでいたのが恋ごころ。他の人参よりよかったんでしょうね。

いい物が収穫できているので、発芽率がもう少し高かったらなあと悔やまれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またタマネギ植え

2 自分のタマネギを植えて、今年のタマネギ植えも終わりだなと思っていました。

母から電話です。

「体調はどう?ヒマ? タマネギを植えたいんだけど、たくさんあるんだよね~」

お昼ごはんをご馳走してくれるというので手伝いますよ。

普段はまったくの別行動。お互いの農作業には手を出しません。手伝うのは珍しいんですよ。

3 私はノンキーに座りながらの作業です。

腰を痛めてはいけませんから。

「それいいねえ、今度店で見つけたら買っておいて」 中腰のまま作業を続けていた母が気に入ったようです。

無事全部植え終わり、やっと昼かと思ったら近くにあるイチョウの木でギンナン拾い。

4 実は生まれて初めての銀杏拾いでした。

黄色い実の中に銀杏って入っているんですね。知りませんでした。

5 今日は強い風が時々吹き、拾っていると木から実が落ちてきて頭に当たります。

ちょっとした凶器です。

こんなに取れました。ここから先は母の仕事、どうやって固い銀杏を取り出すのかは?のままです。

結局、昼ご飯をいただけたのは、1時半でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ジャガイモが霜で枯れてしまった

001 いつまで暑い日が続くのかなと思っていましたが、やっぱり冬は来るんですね。

しかも一気に冷え込みました。

昨朝は、隣のおじさんに言わせると「大霜」だったそうで、寒さに弱いジャガイモが枯れてしまいました。

002 植え付けが遅かったタダジャガイモのトンネルは、前の日の強風ではがれていて、何の役にも立たず。

もちろん霜にやられていました。体調不良の時、無理をして掛けたのに~。

このタダジャガイモはとりあえず後回しにして、これまたタネ芋をいただいた農林一号を掘ります。

004 2株でこれだけ。

大きさはまずまずです。

土寄せが土不足のためうまくできていないのですが、想像よりは緑化している芋は少ないかな。

もう1種類、これは買ったタネ芋のデジマも掘りました。この芋は地中深くに芋をつけるのでしょうね。緑芋はほとんどありませんでした。

005 右3カゴが農林1号。左の2つがデジマです。

インカのめざめは植え付け時が高温続きで芽がなかなか出ず、出来がよくなかったので後日タダジャガイモと一緒に掘ることにしました。

期待薄なんです。まあ、こういう年もあるよね。

農林1号は1箱10キロ分あったので何人かにおすそ分けしてました。園芸友人は昨日掘ったらしく美味しかったよー、と教えてくれました。

食べるのも楽しみになってきましたよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

寒くなってきたので綿を

Photo 綿ができました。

支柱を立てていなかったので、風が吹いて木が斜めになっていますが、ちゃんと綿になっています。

寒くなってきたので、この綿をプチヴェールの代わりに買ったハムスター「トロ」のカゴに入れてみようかな。

ネズミは寒さに弱いそうです。飼っているハムスターでも冬眠するのもいるらしいし。

実際、妹は冬眠したハムスターを死んだと思い込み、もう少しで埋葬するところだったと言っていました。

せめて会社からだんなさんが帰って来て、対面させてからにしようと思ったので助かったそうです。

002 タネを食べてはいけないかもしれないので、綿の中に潜んでいるたくさんの種を取り出します。

003 カゴに入れてみました。

しかし、寝床から出る気配まったくなし。

つまらないので

005 寝床に近づけてみました。

興味深々で顔を出してきましたよ。

もう一息。

004 出てきました。

口にくわえ移動しています。

しばらくしてもう一度見てみると・・・

002_2 寝床の入り口も綿でいっぱい。

中にも充満しているようです。

トロさんがまったく見えません。

暖かいとは思うのですが、かわいい姿が見えないとなるとねえ。

余計なことをして!!!と子供に怒られそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

サラダあかりで三色丼

Photo 赤茎ほうれん草 サラダあかりが大きくなっています。今年は例年になく順調に成長しています。

だんなさんが2回ほど石灰をまいたそうで、成長がいいのは自分のお陰だと言い張っています。んー、本当にそうなのか?

サラダあかりと言うだけあって、生食ができる品種なのですが、あまりに大きくなって生で食べるには硬そうです。

そこで、今回は

002 茹でてから三色丼にしてみました。実際には4色ですけど・・・

我が家の人達はおひたしや胡麻和えなど和風に調理してもあまり食べてくれないんです。

結局最後には私一人が全部食べなくてはいけないので辛いんですよ。

やわらかくて、元々生で食べられるほうれん草だからでしょうかクセもなく子供たちに好評でたくさん食べてくれました。

そして

002_2 芽キャベツ初収穫です。葉だけでなく実にも虫食いあとがたくさんあります。

まだ暑い日が続くからでしょうか、巻きがゆるいです。とはいえ、このまま置いておいても変化はなさそうなのでとりましたけどね。

寒くなったらキュッとしまった実になるかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大根と記念撮影

Photo 9月16日に種まきした モニタータネ 野武士を収穫しました。

  根長44センチ、重さ1.7キロの立派なものがとれたので下の子と記念撮影です。

持った本人の感想は「お、重い!!!」とのこと。

Photo_3秋収穫の長い大根は栽培したことがなかったのですが、この時期の大根栽培は簡単かもしれません。

防虫ネットを途中まで使用したので、虫の被害もあまりなく大成功となりました。

1本あると当分食べられそうです。成長にばらつきがあるのですが、かえって一気に収穫しなくていいので便利かもしれませんね。

第一弾の大根「源助大根」は中心が黒く固くなっています。そろそろ第二弾「野武士」へバトンタッチの時期かもしれません。

源助大根まだ数本残ってるんだけど・・・。

種まきの間隔だけは、ちょうどよかったということです。

003 先日最終土寄せをした白ネギ ホワイトスターですが、成長点までの部分が40センチになりました。

まだ伸びている途中なので、あと数週間すると40センチ丸々白くなるかもしれません。楽しみ~。

ただ上に伸びるのに力を使っているためか、太さは去年より若干スマートめ。

今の時点でも去年より(去年の白ネギ)白い部分が長いのでとりあえず目標は達成です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スナップエンドウとグリンピース初挑戦

003 スナップエンドウとグリンピースの苗を買いました。

ツルありの豆類は支柱を立てるのも、収穫するのも苦手なので今まで栽培したことがないんですよ。

いつも母の畑から勝手にとらせてもらっていました。

今年は母の畑がうちの近くではなくなります。豆が欲しい!と思っても収穫するのに、遠くの畑までわざわざ行かないだろうなあ。

「これ、とれたから食べて」と持ってきてくれるような母ではないし・・・

自分で栽培するしかないですね。

とりあえず、今年だけの栽培予定なので苗を買ったのですが、1ポットに3株植えてあって、98円。タネを買ったほうが断然お得でした。

001 昨日の続きの話題です。

タマネギを今年はプランターでも栽培してみます。

去年はプランターで「ホームタマネギ」を作ったのですが、いいものが収穫できませんでした。

それなら普通のタマネギはプランターでできるか?にチャレンジです。

上手な方は玉と玉がすき間なくプランターに並んでいるように大玉を作られています。我が家でもできるでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

玉ねぎ総数1820本

002 普通種タマネギの植える場所がようやく準備できました。

肥料を入れてからすぐ植えなくてはいけないのが悔やまれますが、先日までナス畑だったのに無事植え付けられるだけでもラッキーと思わなくては。

種まきは9月25日。今年はセルトレイ種まきが大成功。芽が出たらすぐ栄養分豊富な場所に移動して、セルトレイから下に根を出して張らせたのがよかったみたいです。

003 もうちょっと太くてもよかったかな?とは思いますがセルトレイ育苗なのでこれが限界でしょうか。もう一週間ほど早く蒔いてもよかったかな。

去年もこのくらいだったので、大玉になってくれるでしょう。たぶんね。

本数ですが・・・

004赤タマネギ(中華妃)170本と、普通種(ネオアース)1250本となりました。

去年はあまりに多すぎたので本数を数えていなかった(数える気すらおこらなかった 笑)のですが、今年は数えられるので少ないでしょう。

早生が400本だったので、タマネギ全体では1820本。

ひぇー、結構な数ありました。

大玉に栽培して、また物々交換の一品にする予定。タマネギは日持ちもするし、喜ばれる野菜です。

005苗をセルトレイから抜いて、苗の大小を選別してから植えていると時間がかかります。

暑い中、 もくもくと3時間の作業となりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

芽キャベツとプチヴェール

007 芽キャベツです。大きくなってきました。

下葉を少し前に落としたので、下の方がすっきりしています。

虫食いが多いですね。葉もひどいですが実の部分にもヨトウ虫がひそんでいます。

今年で3回目の栽培ですが、今まではここまでひどくなかったような気がします。

003 005 実は着実に丸く固くなっているので収穫までもう少しです。

自分の芽キャベツがちゃんと成長しているかわからない!!!という方がいたのでうちの芽キャベツと比べてみてもらおうと写真をたくさん撮ってみました。

どうですか?

タネ蒔き時期が違うので、比べられないかもしれませんが・・・

ついでにプチヴェールの状態はこちら

011 芽キャベツより虫食いが少なくきれいです。

プチベールも支柱をしているのですが、支柱を立てていても茎が曲がる芽キャベツに比べ、プチヴェールは気持ちいいほどまっすぐに伸びてくれます。

下の芽(何て呼べばいいんだろう?)も大きくなってきています。

009 上の大きな葉には虫食いはなかったのですが、茎についている小さな芽には虫がたくさんいます。

ということは・・・

美味しいってことですよね。楽しみです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

片付け終了までが栽培だよ

001 早生のタマネギは植え終わりましたが、普通種は植えるところすら準備していません。

来年貸してもらえる畑は、この夏母がナスを植えていた場所。母のナスが植えっぱなしです。

「ナスはいいものがとれなくなったから、もう抜いてもいいよ」 と母。

えっ!私がやるの???

ナスの大きさが、私の身長を軽く超えているものばかりで株を抜くのも一苦労。

横の枝をを支えていた支柱も頑丈なので外すのに手間がかかります。マルチもきっちり敷いてあるし・・・

今後一切、母のナス後の畑は借りないぞ!と心に誓ったのでした。(とはいえ貸していただいている身、文句はいえないんですけどね)

002 全部を抜くのはつらいので、とりあえずタマネギ分だけ片付けました。

畝の向きを南北に変更する予定です。今のナスの畝を無視し、端から崩していきます。

これくらいあれば1000本植えられるでしょう。

002_2さすがに 耕すのは父がトラクターでやってくれました。

助かった。しっかりした畝だったのでうちのミニ耕運機だと終わる頃には壊れてますよ。

あとは畝をきって、肥料入れて、マルチ張って・・・・

なかなか植えるところまでいけません。

あると思い込んでいた穴あきマルチもなかったんだったー。買いに行ってこよう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

白ネギ力ずくで最後の土寄せ

003 白菜を母からもらったので鍋物を作ることにしました。

うちにも白菜はあるんですよ。

最近虫食いがひどくなっているので、無事収穫できるかどうかも怪しいですけどね。

鍋に入れられて自分の畑で調達できる野菜は・・・

ほうれん草と白ネギくらいかな。

ほうれん草も大きくなりました。白ネギも太いです。

ネギは残念なことに白いところが期待していたほど長くありません。抜いた2本のうち長い方で30センチでした。

「白い部分があと10センチは欲しいなあ」 とだんなさん。

うん、そうだよね。

006 それで今日は土寄せとなりました。

土の山が急なので土寄せしても崩れてきます。

支柱を横に渡し、立てた支柱で支えます。束ねたワラを横に渡した支柱にのせ、ネギの左右に置きました。

土のう代わりですね。

ワラとワラの間に土を入れていきます。

10センチは無理にしても、あと5センチは白い部分が増えてくれるといいのですが。

もう限界です。これが最後の土寄せになりそうです。

後日、白い部分の長さの新記録が出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の作業はタマネギ植え

ご心配をおかけしました。

まだ完治したというわけではありませんが、ずい分よくなりました。こじらせると長いですね。

たくさんのコメントありがとうございました。無理をせずにゆっくりと始めたいと思います。

最初の作業となったのは・・・

Photo 早生タマネギの植え付けです。

畑はだんなさんが畝作りまでしてくれていたので、穴あきマルチを張り、植えるだけになっていました。

簡単でよかった!

1 セルトレイ蒔きの早生種はモニタータネの「チャージ2」。

太い物で7ミリ、細いのは3ミリくらいかなあ。

セルトレイの乾燥しやすい場所は細いようです。セルトレイ種まきの重要なポイントは水分量のようですね。

毎年このくらいの大きさですが、しっかり大きな玉になってくれるので植えつけます。

2 畑の側を通行する方に

「いい苗ができたね、上手、上手、その苗なら店で売れるよ」

と褒めてもらい上機嫌。

3 576粒蒔いて植えられたのは400本。

苗になった率は70%くらいでしょうか。

今年は苗の量をぐーんと減らしたので楽でした。まだ普通種が残っていますけどね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

タダジャガイモにトンネル

Photo_2  9月30日に植えつけたタダジャガイモにトンネルを張りました。

張ったとはいえ、ビニールの端にしっかり土をかけて密封したわけではなく、上から霜がかからないようにガードしただけです。

これだけでもずい分違うのではないかと、素人の考えですけどね。

植え付けが遅かったので少しでもあとに収穫したいですから。

11月に入ったので霜が降りる日もそう遠くはないでしょう。

ここで、私の体調があまりよくないのを白状します。

そういえば、ここ最近の記事は収穫ばかりで、作業してないなあと気付きませんでしたか?そこまで深読みはしないか(笑)

コメントの返事が遅かったり、ブログへの訪問がなかなかできなくなっています。

ここ数年元気だったので、多少調子が悪くても無理してました。

こじらせてしまいまして、とうとう病院のお世話になってしまいました。

インフルエンザにかかった時くらいしか行ったことがなかったのですが・・・

来年の野菜作りの計画を立てる時には、もう少し減らした方がいいみたいですね。やっぱり1人で大規模農家は負担が大きかったです。

タダジャガイモなんかもらってきて、自分で自分の首を絞めているわけですけど(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

きれいなカブは少しだけ

006 小カブで収穫しようと思っていましたが、いつも間にか中カブになっていました。

9月16日に種まきをした「耐病ひかり」。

これはきれいなカブですが・・・

005 ネキリムシに食べられているものがたくさんあります。耐病タイプでも、虫にやられたのではねえ。

ネット内でしたが、ネキリムシは好き放題動いていたようです。

これはまだいい方。

004これなんか、実が半分はありません。

これだけの食いっぷり、カブは美味しいんでしょうね。

そして、

008 009 ミニカボチャ栗坊は最後の収穫となりました。

今年もたくさん収穫できました。

あまりにもいい出来だったので、母が

「来年はうちもミニカボチャを植えるぞー!」と今から意気込んでいます。母は普通サイズの栗かぼちゃと白皮のカボチャしか栽培していませんでした。

010_2 空中栽培の棚も無事役目を終えて、ただ今、だんなさんがツル外し中です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ソラマメは毎年11月1日種まきのはずが・・・

ソラマメを栽培し始めて2年。今年が3回目になります。

毎年、11月1日をソラマメの種まき日と決めていました。今年も同じでいいかなと思っていたところ、暑い日が続くので豆類をいつもより5日遅く蒔きましたという方がいらっしゃいました。

そうだよね。寒くないもんね。

ということで、3日に種まきです。さすがに、これ以上遅くする勇気はありませんでした。

015 選んだ空豆は「三連」。

3粒莢率が高い、豆の大きさは3センチという一寸ソラマメです。

ソラマメはどの品種がいいか模索中。やっぱり決め手は豆の大きさかなあ。

016 今年もおしりをちょこんと出した種まき方法です。

発芽まで約2週間。

うまく発芽してくれますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

大根と人参の混植

008 大根を収穫しに行ったら、隣の畑のおじさんが水やりに来ていました。

「立派な大根ができたのー。あれ、大根のところに葉の違うのがあるが、人参か?もう大きいみたいだよ」

前から気になっていたらしい。そうだよね、こんな育て方はしないよね。

モニタータネの人参を蒔いたものの、あまりの発芽率の低さに何もない場所がたくさんあったので大根をそこに蒔いていたのです。

同じ根菜だから肥料も似たようなもんでしょ!と。

いい加減さがばれます。いや、もうばれてるか。

端に1本だけ人参が発芽していたんです。大根と共に育っていました。

009 期待してなかったので追肥以外は放置(太さの確認すらしてなかった)の人参でしたが、根元が太いですよ。

今秋の人参の中では断トツではないでしょうか。

モニタータネの「恋ごころ」は葉がたくさん出るものが多いような気がします。

010 こんな感じね。

収穫の予定にはなかったけど、どんなものか見てみたい!!!

ってことで抜きました。

Photo 根長23センチ、重さ300グラム、大きいです。

口の悪い母などは「この人参は大きいけど、誰かにもらったものか?」

この秋最大の人参となりました。センチュウ?のせいできれいな肌ではなかったですけどね。

012 モニターなので味もチェックしなくてはいけません。

まずは味なしのボイル。ゆでただけですが、人参臭さが少なく、ほんのり甘い。美味しい人参でした。

残りはグラッセに。

最近グラッセを見たのはファミリーレストランでハンバーグの付け合せくらいかなあ。しかも、たぶん冷凍人参。

家庭料理でグラッセはあまり作らないですよね。久しぶりに甘~い人参を食べました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

台風の影響で・・・

001 先日、あっという間に通り過ぎた台風ですが、こんなところに影響が出ていました。進路からは離れていたのですが、風は強かったんですよ。

デルフィニウムの芽です。10月5日に種まきしたもの。折れていると思いませんか?

種まきしてから2週間、芽はさっぱり出ず、暑さのためにタネが腐ったかなとあきらめかけていましたが、先日になってようやく動きがありました。

31粒中22箇所が発芽してやれやれと一安心したところであの風です。トレイごとひっくり返っていました。

さらに間抜けなことに、それに気付いたのがひっくり返ってから丸2日経過してからのこと。

唯一運がよかったことは土が乾燥していたので、そのままの状態でトレイを元に戻せました。芽は曲がっていましたけどね。

果たして、何株生き残ってくれるでしょうか?幸先悪い出発です。

002 すっかり忘れていた秋蒔きタネの花ですが、10月2日種まきでようやくこのくらいになりました。

写真は、ストロベリートーチ、ネモフィラ、アリッサムです。

もう少し早く蒔いていたら、定植できる頃でしょうね。

003 パセリも本葉2枚ほどに。

古い種だから今回で捨てようと思っていたのですが、発芽率は70~80%あり、もったいなくなってきましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »