« 空中栽培のカボチャの終わり | トップページ | 芽キャベツの下の方 »

秋祭り

2 昨日は近くの神社の秋祭りでした。

今日保育所に連れて行ったら、子供たちが昨日の祭りの報告を先生にしているところでした。

あちこちから「鬼がね・・・」「鬼怖かった・・・」と声が聞こえてきます。

保育所世代の子供たちが一番鬼を怖がるみたいです。祭りの報告というよりは、鬼の報告だったかな(笑)

うちの子は上の子について何年も祭りに参加して見ているので平気でした。友達に「鬼はやさしいよ、大丈夫よ」と説得して回っていました。

3 小学生の子供はというと、2ヶ月も前から棒を振る踊り?のようなものを練習していました。

週二回夜遅くまでの練習です。

「明日から、もう練習に行かなくてもいいね!」と友達と盛り上がったそうです。

祭りで盛り上がっているのは大人の男の人ばかり、子供たちはやらされているという感じなのでしょう。

小さい神社なので屋台は一切なし、楽しいことがないので仕方ないかな。

|

« 空中栽培のカボチャの終わり | トップページ | 芽キャベツの下の方 »

つぶやき」カテゴリの記事

子育て」カテゴリの記事

コメント

また、おじゃまします。
昨日は、秋祭りでしたか・・・鬼が出る祭りとは、どんなでしょうね・・・鬼退治?のようなものでしょうか。
そして、棒振りの踊りは、こちらのお盆の時の念仏踊りに似ているような気がします。
ところで、お宮で餅まきは・・・たくさんのお餅を拾うことができたましたか(笑
では。

投稿: 野良日記の野良 | 2007年10月22日 (月) 19時18分

また、こんばんは野良先生。

祭りの神事の中にシシマイに姫(鬼と同じ格好でお面だけが姫)が飲み込まれる舞いというのがあり、姫を守るため、または敵として鬼がいる?何て考えてみました。
他地区の祭りは、何でこんなことをするのかナゾだらけでしょう。住んでいる本人ですらわからないのですからね。
残念ながら餅まきはありませんでした。もちろんお金も(笑)
最後に子供はお菓子の詰め合わせをもらっていましたよ。まかずに手渡し、手堅いです。

投稿: mao | 2007年10月22日 (月) 22時29分

おはようございます!!

なつかしいなぁ。
子供が小さいときは親子して
近所の方々に見守られながら成長できたと思います。

今の場所ではご近所の様子もさっぱりわからなくて・・
でも、子供たちに声を掛けるとちゃんと
話をしてくれます。救いになります(^^)

投稿: kei. | 2007年10月23日 (火) 10時24分

こんにちは、kei.さん。

うちも見守られてますよ。
家の中で大きな声で怒っていたら、近所のおばさんが「私が代わりに謝るから許してやってよ」とやってきました。いや、それでは意味がないのですが・・・
守られすぎてる?感ありです。
母は少し離れた地域で小学生の子に挨拶したら、誰このおばさんという目で見られて無視されたと嘆いていました。
知らない人には返事してはいけないと指導されているのでしょうね。

投稿: mao | 2007年10月23日 (火) 10時51分

うむ。
確かにそれでは子供には理解できませぬよね(-_-;)
知らない人には口をきかない・・・
それで解決するのかなぁ???

ブルーベリーはその時に使ってしまうのがいちばん
よいのでしょうかね、やはり。
べりーもレタスもよくできていますね。

投稿: kei. | 2007年10月24日 (水) 19時21分

こんにちは、kei.さん。

そうでしょう。
かわいがってくれるのはうれしいのですが、行き過ぎですよね。
知らない人には口を聞かない、そこまでやらなくては子供が守れないところまで来ているとか。
解決にはならないと思いますが・・・
予防策の1つなんでしょうね。
ブルーベリー焼酎はあまりおすすめできないかなあ。
もっといい方法、レシピがあるのかもしれません。


投稿: mao | 2007年10月25日 (木) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/16840458

この記事へのトラックバック一覧です: 秋祭り:

« 空中栽培のカボチャの終わり | トップページ | 芽キャベツの下の方 »