« まずはパセリから | トップページ | さすが師匠の人参は違う »

第二弾 大根間引き

001 第一弾種まきの「源助大根」の間引きは先日、ひっそりと行いました。

今日は第二弾種まきのモニタータネ「野武士」の間引きです。

ネットの中なので虫の被害は少ない方だとは思いますが、やはり葉が食べられています。葉が多少食べられていても大丈夫、収穫する部分は土の中。

去年は葉がぼろぼろになりながらもちゃんと収穫ができました。キャベツに比べると、困ることはないでしょう。

002 先日の源助大根の間引きをひっそりと行ったのは、大きくなりすぎて遅かったから。今回はちょうどいいと思いませんか。

しかし、ある本によると葉がぶつかり合う時に、間引いた方がいいと書いてありました。後の成長がいいらしいです。

その方は種まきも袋からわざわざ大きいタネを選んで中心に置き、普通サイズのタネをその周りに4粒蒔くという徹底ぶり。そうするとほとんど真ん中の大きいタネから出た芽を残すことになるそうですよ。いい加減な私にはまねできませんけどね。

間引き菜は浅漬けにします。

漬物は苦手なのですが、先日お隣から青梗菜をいただいた時、どういうわけか1株だけ大根の間引き菜が紛れ込んでいました。

塩漬けしたら私が漬けても、美味しくできました。今度は自家製間引き菜で作ってみます。

004 8月28日種まき「源助大根」の太いものはこれくらいになりました。

|

« まずはパセリから | トップページ | さすが師匠の人参は違う »

大根」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

Beeです

第一弾種まきの「源助大根」の間引き、なんでひっそりと行ったのですか?僕もこんどから間引きは、mao先生のまねして、ひっそりと行うことにします(笑)

投稿: Bee | 2007年10月 3日 (水) 18時49分

こんばんは、Beeさん。

こっそりとですね、誰にも公表せずにやった理由はあまりに大きすぎて間引きではなくなっていたからです。
私にも羞恥心がありまして・・・
今回のは見られてもいい大きさなので、堂々とお披露目です。
Beeさんも人参の間引はひっそりとしているでしょう。
私にばれたら「人参の最終形は?!!!」とうるさいですから(笑)

投稿: mao | 2007年10月 3日 (水) 19時16分

うちも、大根同じ位に播いたのに8月28日種まき「源助大根」大きいですね。私も今日最後の間引きをしましたが、第2弾と同じぐらいです。(そして、葉がぼろぼろです。)やはり、虫除けネットだと、きれいですね。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年10月 3日 (水) 21時12分

こんばんは、よびばあさん。

一番大きいのでこれです。あとのはまだ小さいですよ。
この大きいのはたぶん発芽率が悪くもともと1つしか芽が出ていないところだったのかもしれません。

第二弾は9月16日種まきでした。
ということは、早く太くするには間引きは早めがいいんですかね。
うちは元々2粒蒔きなのでそれぞれが大きくなりやすいのかも。ケチだから2粒じゃないですよ、間引きがきらいなんです(笑)

投稿: mao | 2007年10月 3日 (水) 22時36分

大根の間引き菜…
うらやましいです(^^)
やっぱり作ればよかったなぁ。

私の地元新潟では煮菜といって、間引き菜と打ち豆を一緒に煮て食べるのがデフォルトなんですよ。

投稿: いがたけひこ | 2007年10月 4日 (木) 00時49分

おはようございます。
大根の間引きをしましたね・・・なかなか、丈夫そうな苗になっていますね。
間引きは、葉がぶつかりそうになった時の方が良いのですか・・・私は、いつも遅めの間引きなので、嬉しい情報です(笑
虫除けネットでも、毎日の探検はした方が良いですね・・・暫く、点検しないと、ネットと地面の間に雑草がはえ、その隙間から虫が入りこみ、食害にあうことがありますね。
では。

投稿: 野良日記の野良 | 2007年10月 4日 (木) 07時30分

こんにちは、いがたけひこさん。

たくさんあっても困る間引き菜ですけど、少し手に入るとなんだかうれしくなります。
大根を育ててないと食べられないですからね。
間引き菜として店でも売っているのかな。
間引き菜と豆ですか?
うちの方ではさすがに聞いたことも、見たこともありません。
土地独自の食べ方ってあるんですね。

投稿: mao | 2007年10月 4日 (木) 10時02分

こんにちは、野良先生。

本で見た情報ですよ。
あくまでその著者の方法だと思います。でも、早く大きくしたい人にはおすすめではないかと。
野良先生は大きな野菜より、こぶりなものがお好きですよね。
だから、間引きはゆっくりでいいのでは(笑)

ネット点検は必要ですね。先日もネット内で蝶が飛んでましたから(笑)中でさなぎが孵ったのではとにらんでます。ネットの意味無し。

投稿: mao | 2007年10月 4日 (木) 10時06分

もったいないから間引かず全部育てる方がたくさん出来ると錯覚する素人です(笑)

投稿: 価っ値ゃん | 2007年10月 4日 (木) 12時20分

こんにちは

間引き若芽を食べるのも美味しいですよね。

苦手とは、食べる事ではなくて、漬ける事のほうですか?

浅漬けには、昆布茶の粉末か梅昆布茶を買い置き、ビニール袋に入れた青菜類に適量ふりかけ、空気を抜きながらビニールの口を絞り、冷蔵庫で冷やせばおいしく出来ます、ご存知でしたらごめんなさい。

失敗知らずの方法です。

投稿: おたんこママ | 2007年10月 4日 (木) 16時47分

こんにちは、価っ値ゃんさん。

私も、もったいないとなかなか間引かないんですよ。
母なんかは、間引き菜の漬物が作りたいがためにわざと遅くに間引くそうです。
私の場合は漬ける予定もなく間引かないので、やっぱりケチなのでしょうか。
間引かないで全部を大きくしようなんて、都合のいい話はないですよね。

投稿: mao | 2007年10月 4日 (木) 17時50分

こんにちは、おたんこママさん。

そうです苦手なのは作る方です。食べるのは好きなので。
以前作った時に塩加減がわからず塩辛~い浅漬けができて以来、作らないようにしていました。
そうですか、そういう方法があるんですね。
今は塩を振った菜っぱにビニール袋に水を入れたおもしを乗せていました。
菜っぱの方をビニール袋に入れればいいんですね。使う材料は一緒なので今度はやってみます。
ありがとうございました。
でも、あまり好き嫌いのない私ですが、昆布茶だけはどうしても飲めません。塩でやります。

投稿: mao | 2007年10月 4日 (木) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/16647378

この記事へのトラックバック一覧です: 第二弾 大根間引き:

« まずはパセリから | トップページ | さすが師匠の人参は違う »