« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

キャベツ1.3キロは普通サイズ?

Photo モニタータネのキャベツ 浜岬です。防虫ネット内でも多少の虫食いがあります。青虫以外の歩く虫にやられました。

種まきは7月30日、定植は8月29日です。ふだんはいつ蒔いたかわからなくなり、以前のブログを見て確認しているようなあやふやさですが、モニタータネなので記録はばっちりです。

手で押すと固くしまっているのがわかります。収穫してもいいようです。

最近収穫の話題ばかりですね。

Photo_2 まずは2個。

左が1キロ。右のは1.3キロありました。

ちょっと小さいような・・・

ということで、調べてみました。調べるのがいつも遅いのですが(笑)

葉肉はやわらかく、サクサクとジューシーで甘みが強く生食に最適のサワー系で重量は1.3キロとなっています。

じゃあ、これが標準的な大きさということですね。

今年2月に収穫した春波は1.9キロあったんですよ。小さいと思うはずです。

試食はいつもの定番で千切りキャベツ。

やわらかいく甘いということで栽培した「たけのこ型みさき」と同じようにやわらかく、しかもパリパリで甘かったです。うーん、浜岬の方が甘いかな?

浜岬が大きい分、秋作は「浜岬」に軍配が上がりました。みさきは春作の方がいいということなので、来年に期待です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パンジー、ビオラの花

004_2 うちにもたくさんパンジーがあるにもかかわらずいただきました。

これは、去年咲いたパンジーのタネを取り蒔きしたものだそうです。

交配して同じ花が咲きにくいと聞くのですが、これは去年とまったく同じ花が咲いたそうです。

これ1種類しかないそうなので、青花系のパンジーを選びお返しにあげました。

うちの庭のパンジーも少しずつ咲いてきました。

006 いちごショート。生クリームがのったイチゴショートケーキのイメージだそうです。

005 ビオラ ソルべ ブルーソワール。イメージより紫の部分が多いなとは思いましたが、色の幅は個体差があるだろうしね。他のより葉が細めなのが特徴。

Photo 断トツに早く咲いたのが、ベビービオラ ブルーアンドホワイト。

007ナチュレシリーズ

ビーコン。

011 ピンク。同じ株なのに花の色が違います。

001_2 オーシャン。去年栽培して玄関が暗くなった原因の色。

001_3 イエロー。

001_4 ローズ。こちらも暗くなった原因のもの。

008 ホワイト。

009_2 ブルー。

012 005_2 007_2 他色々。008_2

今年はミックスタネがうまく発芽してくれたので、様々な色が咲きました。

まだ花も咲かないうちに分けたりしたので、花が咲いたらこんな色が欲しかったんじゃないのに~と思っている人がいるかもしれません。何が咲くかもお楽しみということで、許してくださいね。

強いフリンジが入る「オルキ ブルーシェード」とモルフォ蝶が飛ぶように花が咲くという「モルフォ」がまだ葉だけです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

葉牡丹が色づいてきました

001 葉牡丹に色が付き始めました。

植え替えを3回して、今15センチポットです。

地面に直接植えてないので、直径20センチほどのこじんまりした葉牡丹になっています。個人的にはこのくらいの大きさが好きです。

002 葉がひらひらのちりめん系は「すずめ」。赤と白があります。

丸葉系は「はと」。こちらも赤と白です。

ピンクは「つぐみ」。「はと白」と小さい時はよく似ているので苗が混ざっていました。つぐみだと思って置いていた場所に、はと白がたくさん入り込んでいます。

庭の大部分を占めているので(15センチポットを300個買いました)、葉だけの時は邪魔だな~と思っていましたが色がつくと葉牡丹のじゅうたんのようで映えます。

009 010 今年も、変形葉ぼたんはうちの庭に植えます。これが珍しくてきれいで、タネから蒔く楽しみの1つでもあります。

002_2 冬のボーダー花壇は葉ボタンとパンジーです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブロッコリー キャッスル収穫

Photo 8月6日種まき、9月5日定植のモニタータネブロッコリー キャッスルが大きくなってきました。

25株ほど植えてあるのですが成長が揃っていないので、1株だけが収穫できそうな大きさです。

タネ袋には8月始め蒔きで、収穫は11月中旬となってますからちょっと早い収穫となりました。

Photo_2 葉は虫食いだらけですが、花蕾だけは何とか無傷です。

暖かいので、蝶が舞い、青虫もたくさんいます。

本当にいつになったらという感じ。

特にうちの畑は蝶が多いような・・・・青虫を飼っていますからね、仕方ないかも(笑)

Photo_3 280グラムの花蕾です。

今までブロッコリーの大きさを量ったことがなかったので、これが大きいのか小さいのかは不明ですが、立派なものです。

味見は今日の夕食で。

ガーン、カタログを見て、今気付いてしまいました。

このキャッスルは「頂花蕾どり」タイプでした。

去年栽培したハイツは「頂花蕾、側枝兼用」タイプだったので頂花蕾を収穫した後は、春まで側枝花蕾を収穫し続けましたが、キャッスルはこの収穫で終わり?

しまった、ハイツも数株作っておくのだった。

スティックセニョールがあるから、まあ、いいか。

というものの、かなり落ち込んでいます。

追記です。

先ほど食べてみました。シンプルに塩茹でです。

去年自分が収穫したブロッコリーや店で見るものと違い、茎が太いんですよ。

写真を撮ってないので説明が難しいのですが・・・

房を小さく分けると1つ1つにスティックセニョールのように茎の部分がしっかりつきます。普通の2~3倍はあったかな。

茎好きの私には食べごたえが十分ある納得の品質でした。花蕾の部分は従来のものと同じ味だと思いました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

カラスの餌が少ないんだねえ

011 地這キュウリを収穫です。

地這キュウリはきれいなものがないなあ、と前から思っていましたが今回は特にひどい。

ひどすぎる。よく見てみると・・・

012 自然に発生したものではないみたいです。

とんがったものでついたようなひし形のあとです。

カラスだ!!!

カラスがつついていたようです。

他に食べられる野菜が少なくなってきたからキュウリまで狙っているのですね。

キュウリにも防鳥ネットをかけなくてはいけません。

でも、残念なことにキュウリの株は弱っています。今回の5本が最後の収穫となりそうです。

ネットの出番はなさそうです。もう少し早めに気づいておけば、きれいなキュウリが収穫できたのに。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

こんなに小さかったのね源助大根

008_2 店で買った大根がなくなったので、少し早いのですが大根を抜いてみました。

8月28日種まきの「源助大根」です。

小さい!小さすぎる!!

先日他のブログで、間引き菜なのに白い部分がとても長~い人を見ました。

うちのも太さはまずまずだと思うのですが・・・

源助大根は根長が20~25センチとなっています。普通の大根、耐病総太りあたりで根長38センチ。

甘みがあり、繊維質が少ないというところに惹かれて買ったのですが、ここまで小さいとは予想外でした。普通の大根の半分程度なので、こんなものかもしれませんね。

003 ふろふき大根にしてみました。

実はやわらかくなり過ぎず、しっかりしています。

詰まっている感じ。小さいけれど確かに味はいいですね。

あっさりとしているので、私だったら1本は食べられそうです。

ついでに、

001 源助大根と同じ畝に植えてある人参です。

股根のものが多くあります。これは毎度のことなので驚きませんが・・・

今回は肌がブツブツのものが多いです。

002母によると土にセンチュウがいるのかも、とのこと。

そういえば源助大根も美肌ではなかったなあ。原因はセンチュウかどうかはわかりませんが。

まあ、食べられるからいいですけどね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

古米で「むかごご飯」

002 先日のキノコと間違えたヤマイモのむかごを使い「むかごご飯」を作ってみました。

初めてなので、作り方は教えていただきました。

ちょっとむかごの皮が気になりましたが(これを1つ1つむく気力はない)香りは栗ご飯のようで素朴な味わいでした。

でも、子供たちには不評でしたよ。

上の子は  「ご飯の中にブルーベリー入れたでしょう、うぇー!」

いくら私でもブルーベリーは入れるわけないでしょう。昨日の焼酎漬けブルーベリーがそうとう印象深かったようです。

うちは父母が米を作っています。1ヶ月以上も前に稲刈りは終わっているのに、いまだ去年の米を食べているんですよ。

父が在庫の玄米の量を間違えたからです。もう足りないからと、米を売って欲しいという人からの注文を断っていたそうです。うちにも8月頃から足りないので買って食べるようにとお達しが出ていました。

ところが、奥から1袋出てきた。玄米30キロ。

今度はこれがなくなるまでは、新米を食べることは許さないとのこと。せっかく米を作っているのに~。

それでも、どうしても新米の味見がしたいと泣きついて、新米3合だけもらいましたよ。

ワクワク、新米!

ところが美味しくない。つやがない、新米独特のもっちり感もない。これなら古米も新米も変わらないね、とのことでようやく諦めがつきました。

001 これまた、教えていただいた「ヤマイモステーキ」。

もっちりしていて美味しかったです。サトイモに似た食感でした。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

ブルーベリー酒、試飲

001 7月22日に焼酎に漬けたブルーベリーの実を出してみました。

2ヶ月経ったら実を取り出すということでした。中には1年くらい入れっぱなしにされる方もいるようですけどね。

左は6月30日に漬けたすももの実です。

002 ブルーベリーは回りの色が焼酎に移っていて、薄く赤くなっています。

食べてみました。

噛むと中から焼酎が出てきて、アルコールが苦手な私はウッときます。

例えるならラムレーズンのブルーベリー版、さらに汁っぽい感じでしょうか。

何かに使えないかなということで。

001_2 いつものマフィンに入れてみました。

002_2 アルコールは抜けて食べやすくはなっていますが、子供には不評。

ブルーベリーをよけて食べています。

ジャムにしてみようかな。でも、美味しさが抜けていて、旨みのないカスのジャムになりそうで怖いです。

Photo 肝心の酒ですが・・・

まずは、炭酸割り。薄い、味がなくなりました。

ストレートで飲んでみても、やっぱり薄い。少しブルーベリーの風味がするかな?という程度。色の割りに味がないんですよ。

実にも味がない、焼酎にもない、味はどこにいったのか?

熟成すると味が変わるというので、もう少し寝かせてみます。期待は薄いけど・・・

来年は、ブルーベリーと氷砂糖を増やしてみようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

芽キャベツの下の方

004 芽キャベツが大きくなってきました。

気になることがあります。1つは虫のフンで今から育つと芽キャベツになるであろう場所が汚いこと。

005もう1つは下の方が結球していない株が多いというところです。

これは取らないといけませんね。

支柱を立てたのに茎が曲がっているのも泣けるところです。頭が重いからまっすぐにはならないのかもしれません。

002 サニーレタスと

003 半結球レタス マノアが収穫できました。

植え付けは9月27日

1ヶ月足らずでの収穫となりました。

サニーレタスは植え付け時、大丈夫か?の小ささでしたが平気なものですね。

008 009下葉をかいで食べるか悩んだのですが、株ごと収穫です。

みさきキャベツを収穫したあとに、レタスを植えたいのですが、種まきをしていません。

今畑にある分で今年のレタスは終了となります。サニーレタスはあと3株だけ。

やっぱりかいだほうがいいかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋祭り

2 昨日は近くの神社の秋祭りでした。

今日保育所に連れて行ったら、子供たちが昨日の祭りの報告を先生にしているところでした。

あちこちから「鬼がね・・・」「鬼怖かった・・・」と声が聞こえてきます。

保育所世代の子供たちが一番鬼を怖がるみたいです。祭りの報告というよりは、鬼の報告だったかな(笑)

うちの子は上の子について何年も祭りに参加して見ているので平気でした。友達に「鬼はやさしいよ、大丈夫よ」と説得して回っていました。

3 小学生の子供はというと、2ヶ月も前から棒を振る踊り?のようなものを練習していました。

週二回夜遅くまでの練習です。

「明日から、もう練習に行かなくてもいいね!」と友達と盛り上がったそうです。

祭りで盛り上がっているのは大人の男の人ばかり、子供たちはやらされているという感じなのでしょう。

小さい神社なので屋台は一切なし、楽しいことがないので仕方ないかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

空中栽培のカボチャの終わり

003 一度枯れていたものが、復活した空中栽培のカボチャですがそろそろ本当の終わりになりそうです。

目標の100個はすでに達成していて、今ついているのを含めると合計120個ほどになったでしょうか。

今年も最終的には大成功となりました。

004 復活した後の実は少し小ぶりにはなりましたが、きれいな実がとれています。

棚も少し傾きはしましたが、最後まで持ちこたえてくれました。

たぶん来年も空中栽培にするでしょう。棚作り、だんなさんよろしく!

005 カボチャが植えてある畑の、ど真ん中には柿の木が植えてあります。畑を耕すのにはちょっと邪魔ですが、毎年美味しくいただいています。

今年はあまりなっていません。

今年は柿が少ないね~という話をよく聞きます。

確か去年も裏年だから少ないと言っていたような・・・。二年連続というのもあるんですね。

暑かったのも関係ありかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

げんこつくん(山芋)掘ってみた

004_2 ヤマイモ(げんこつくん)は簡単な支柱だったので途中で倒れてしまい、さらに草も生えてきて荒れ放題になっていました。

しかも、かなり早い時期にツルが枯れてたので今年の収穫はあきらめていました。

暑かったためでしょうか、イモ類の調子が全体的によくないと聞いていたので仕方ないかなと。

003_2 放置していたので、うわぁー、きのこまで生えてるよ!とよく見てみたらむかごでした。

もしかしたら・・・

掘ってみる価値あり?

006 ありました!

5個植えたはずなのに4箇所しかありませんでしたけどね。

生まれて初めてだったので、どのあたりにイモがあるかわからず、しかも長さの見当もつかずで、途中で折れてしまったのが残念ですがたくさん収穫できました。

007 大和芋も、元のタネ芋くらいの大きさものもがとれました。1個を4等分して植えたので4倍になったということです。

一箇所に1個だけでした。

ちょっと、能率が悪いイモかな。だから高級品なのでしょうか。

005 店で苗を買ってきた「つくね芋」はまだ葉が緑色で元気です。

収穫はもう少し先ですね。

簡単だったので、来年もヤマイモ絶対に植えます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

キャベツの割合が高い

003  第三弾たけのこ型キャベツ 「みさき」をポット苗で育てていました。

蝶が少なくなってから定植と思っていましたが、もうきつそうです。植えつけた方がいいでしょうね。

新しく買った防虫ネットを使うことにしましょう。

005_2 中の様子がまったく見えませんね(笑)

定植後55日で収穫できるタイプですが、今からではいつになるかわかりません。

食べられる大きさになった時に収穫ということにします。

この秋はキャベツが多いんですよ。

008 モニタータネの「浜岬」。約25株。

モニターということでネットの中で大切に育てられています。

味はどうでしょうか?

006 ネット外のキャベツは虫だらけです。

これは8月29日定植の「おきな」。

それでも巻いているのでちゃんとしたキャベツになりそうです。

007 たけのこ型「みさき」第二弾蒔き。

こちらも虫食いがひどいですが、食べられそうでしょう。

これらの、キャベツが15株ほど。

今日植えたみさきは30ポットはあったかな。もう数えてません(笑)

さらに・・・

002 春キャベツ用に「春波」が小さい苗の状態で待機中です。

自分でもよくわからないのだけど、ブロッコリーみたいに同じ株で、春までわき芽を収穫し続けられないから増やさなきゃ、という気持ちはあったと思います。

キャベツだけは、しっかりいただけそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

イチゴ植え付け

001 イチゴを植えました。

去年の株のランナーから取った 「章姫」 「アイベリー」 「さちのか」 と新たに購入した「とよのか」。写真はとよのか。

そしてどの株から出たのかわからないランナーからとった品種不明の苗を植えることになりました。品種不明とはいっても去年植えた7種類のどれかなのは間違いないので、実ができれば判別できると思います。

002 あまりたくさん植えると管理が大変なので2畝です。

防鳥ネットをかけるのが面倒なので少なめに、とは思っていたのですがそれでも23株になってしまいました。

いつもの畑とは違い道路わきにある畑なのです。通学路沿い。それが問題で・・・。

二年前のこと、近くのおばあさんがイチゴが盗まれた~と大騒ぎになりました。盗む現場を目撃したのですが、90歳のおばあさんだったので逃げる子供たちを追いかけることができず、小学校を巻き込む大事件となってしまいました。

大騒ぎはしたくないので、子供達に食べられるのを半ば覚悟しながらの定植です。

そういえば、取ってはいけないと注意する看板で気に入っているものがあります。

「勝手に取ると、呪われる!」 

怖くて手が出せません(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ジャガイモ、土寄せできない

001 秋ジャガ農林一号に花が咲きました。

白い粉は病気ではなくて、石灰大好きだんなさんがあちこちにふりかけているのです。ジャガイモはソウカ病予防とか言ってたなあ。

地這キュウリも真っ白でした。

002 こちらが全体の様子。

農林一号は芽がフラフラに長く伸びました。伸びたものが自分自身の重さに耐えられなくなって倒れ、どれがどの株の枝かわからなくなっています。

追肥と土寄せをしようとしたのですが・・・

005 クワを使ったら見事に真っ二つに。

覆いかぶさっている枝が邪魔をして土すらよく見えません。

挫折です。土寄せはあきらめました。肥料を混ぜるだけにしておきました。これだけ枝が茂っていたら芋は緑化しないかもということで(笑)

003 これに比べインカのめざめは暑い日が続いたせいでしょうか、まだ小さいです。

収穫も微妙になってきましたね。

004タダジャガイモに芽が出てきました。

インカを抜かす勢いで大きくなっています。

植え付け自体が遅いので、少しでも早く植えなくては、とあせってタネ芋を切らずに丸のままにしたので芽の数がとんでもなく多い。

普通だったらもったいなくて丸植えはできないのですが、タダジャガイモだったので大盤振る舞いです。

芽かきをしておきました。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

鉢植えの米ナス

011 米ナスを畑だけではなく、庭の鉢でも育てています。もちろんだんなさんの趣味です。

液肥をあげたり、水をやったりと甲斐甲斐しくお世話をしているようです。

このナスは秋茄子用にと7月半ばに植えたもの。

010寒くなってきたので、最後の実になるかもしれません。

今までに各鉢2、3個の実を収穫しました。

鉢でしたが、かなりの大きさになりましたよ。そのかわり収穫できる大きさになるには時間がかかりました。畑の数倍はかかったのではないでしょうか。畑だと次に見に行くと「こんなに大きくなってる!!」と驚くほどだったのですが、鉢は同じところにいつまでも同じ実があるという感じだったので。

012 白ネギは3回目の土寄せです。

掟破りで、彼岸以前から土寄せしたので、すでにこんもりと山になっています。

013 去年の失敗を元に、畝は2メートルほどとっていました。白ネギは広い場所とたくさんの土が必要ですね。

今年はしっかり土寄せできました。

右側にもう少し土があるので、もう1回できるでしょうか。

山が崩れるかな?

| | コメント (16) | トラックバック (1)

丹波黒大豆つまみ食い

006 正月の黒豆として栽培している丹波黒大豆です。

種まきは7月24日。

さやが太くなってきました。

005 試しにむいてみると、こんな感じ。

食べられそうです。

丸々と太って美味しそう。枝豆としてつまみ食いすることにしました。

008 味はというと、今年の枝豆で栽培していた「早生黒頭巾」と同じですね。黒豆独特の風味があって美味しい。

まあ、同じ黒豆ですから。

その後行ったスーパーで「丹波黒大豆枝豆」と販売されているものを発見。うちのよりさやが大きく、実もぐりぐりに太っていました。

それに比べるとうちのは小ぶりです。

何がいけないのだろう?やっぱり肥料?豆の栽培は難しいです。

001 同じ豆でもこちらはインゲン。

一週間ほど前の写真になりますが、バケツ半分ほど収穫できました。

発芽率が悪く8本しかないのにもかかわらず、かなりの量が収穫できます。

今週はさすがにバケツ3分の1に減りはしましたが、インゲンは豊作です。

母が「あなたはインゲンの栽培は、上手よねぇ」と言っていました。インゲンはの“は”が気になりますが・・・(笑)

インゲンは植えつけただけで追肥すらしていないのに、それをほめられてもあまりうれしくないなあ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

スティックセニョール初収穫

003 スティックセニョールの一番上の花蕾が大きくなってきました。

植え付けは8月24日

これを収穫すると、わき芽が次々に出てくるので早めに取るようにとのこと。

植えつけたもの全部とはいきませんでしたが、いくつかとることができました。

007 これくらい。

写真で見ると虫の被害があまりないように見えますが、とんでもなく食べられています。

取った花蕾の裏から大きなヨトウムシが出てきてびっくりしました。

地這キュウリも収穫が続いています。

1本しか残っていないのですが、一週間に5本程度取れていてちょうどいい量です。

小さい実がまだたくさんついていますが、果たしていつまで収穫できるでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ニンニク植え付け

002 ようやくニンニクを植えつけました。植える場所の準備がなかなか進まず気持ちだけがあせっていました。

タネニンニクは1ヶ月以上も前に用意していたのですから。

最初に買ったのは「ジャンボニンニク」。

とにかく大きいものを作りたい私には、ぴったりのニンニクでしょう。

ところが、ジャンボニンニクは本当のニンニクではないと書いてありました。どこで見たかを忘れてしまったので確認のしようがなくなってしまったので困っているのですが・・・

調べてみると、ニンニク特有のにおいも少ないとのこと。

(ここは追記です。気になったので調べてみました。ジャンボニンニクはどうやら「エレファントガーリック」と呼ばれているもののようです。普通のニンニクより半月から1ヶ月収穫が遅く、リーキやタマネギに近い種とのこと。これは検索して見つけた内容なので本当かどうかわかりませんが、私が最初に見たニンニクではないというのは、どこかの本か冊子だったので間違いないのでは?と思っています)

ニンニク臭が好きな私としては、去年栽培の無臭ニンニクと同じで物足りなくなってしまう~、ということで「ホワイト6片」を追加で購入。

あと手前に5粒あるのは、私が勝手にライバル視している○イロゲンニンニクです。こちらも植えてみます。

パッケージだけで、中身の写真を撮るのを忘れました。

ジャンボニンニクは名前の通り大きいですね。タネニンニクもワイルドな感じ。

ホワイト6片は透き通るようなきれいな白で、高級感がタネニンニクからもあふれていました。

ジャンボニンニクは、株間20センチ、7.5センチの深さ、ホワイト6片は株間10~15センチ、5センチの深さに植えるとのこと。出来上がりの差のためか、植え方も微妙に違うようです。

痛い腕を酷使して、何とか植え終わり一安心。いや、まだイチゴが残ってる!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

う、腕が・・・

Wii 腕が筋肉痛です。

クワの使いすぎでも、草取りのしすぎでもありません。

一年前に品薄で、手に入りにくかったゲーム機 Wiiがとうとう我が家にやってきました。それをやった結果です。

昨日まで秋休みで暇を持て余していた子供と対戦しました。やったのは、マリオパーティ8に入っているボーリングと卓球。

コントローラーを押してジャンプ~!連打!!!すばやくA、Bというゲームは苦手ですが、体の動きに対応して画面が動いてくれるので、子供と対等に勝負できます。ジャンプ系ゲームはとても太刀打ちできませんから。

つい力が入ってしまったのでしょうね。日常生活にも支障が出ています。

アイロンをアイロン台まであげるのが苦痛です。ボタンをつけようとしたら、針を持つ手が震えます。子供はというと、なんともない様子。

対戦では勝ちましたが、筋肉痛のダメージをうけてしまい、こちらは完敗です。

Wiiを買った人から、腕が痛くなるよーとは聞いていましたが、想像以上ですね。

004 このゲームでは一人一人の似顔絵を作成することができます。これが子供たちは楽しいらしい。

上の子が作ってくれた、私です。

何でもテーマは「寝起きのおかあさん」とのこと。なぜ寝起き・・・?(笑)

とはいえ、口元がニヤッとして、何やらたくらんでいそうなところが気に入っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ユリ球根植え付け

001 去年のユリが枯れてきたので、掘り出して新しい土に植え替えます。

中には腐ってしまって使えなくなった球根があります。

腐った中には薄いピンクでお気に入りのカサグランデもあり、悔しいですね。

腐った分鉢が空いたので、追加で球根を買ってきました。スカシユリのティノス、グランドクルー、カンクン、ロリーポップの4種類。

今回の追加は、今まで自分が選ぶ球根はピンクが多かったので黄色系を増やしてみました。

002 今回植え替えたのはスカシユリ。

カサブランカは開花が遅いからでしょうか、まだ緑色の葉が残っています。

枯れるまで待って植え替えることにします。

母の日にあげたカサブランカのユリの鉢は、花後すぐに根元から切られていました。あら~。

球根の再利用は無理かもしれません。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

たけのこ型キャベツみさき収穫

006 7月17日種まき、8月21日定植のたけのこ型キャベツ みさきを収穫してみました。今年初めての栽培となります。

定植後55日が収穫目安なので、今50日弱。

少し早いのですが、今年の暑さだと成長が早いかもね!ということで収穫です。

007 外側は虫くいがひどいのですが、中まで影響はなくきれいでした。

みさきはレタスのようにやわらかく、生食でおいしとのこと。

千切りで生食してみました。

ん?ん?やわらかいけど、びっくりするほどではない。味も普通のキャベツと変わらない。

春キャベツのサワー系の方が美味しいような気がします。

このキャベツに一番期待していたのはだんなさんです。

「何か足りないものがあったのかなあ?」とショックが隠しきれない様子でした。

013 実は、まだ植えていない「みさき」の苗がたくさんあります。

虫の被害が怖くて庭に置いてあります。近々植える予定。

もしかしたら、これは美味しいかもしれないし、みさきへの期待はまだ終わったわけではありません。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

今さら、晩抽ほうれん草発芽

002 ほうれん草 晩抽サラダあかりが発芽しました。ほうれん草の発芽率の低さにも悩まされていましたが、今年は順調です。

時々、夕立の雨が降ったのがよかったのかもしれません。

サラダあかりは、茎が赤い生食用のほうれん草です。

晩抽という名前からわかるように、早春まだ寒い頃に種まきしてもトウが立ちにくいという品種なんですよ。

春にまくのを忘れていたので、まだたくさんタネが残っています。とても遅い種まきとなりました。冬蒔きはできないのでこれが最後になりそうです。

残りは来年春に蒔きましょう。でも、また忘れたりして・・・

003 わけぎも伸びてきました。

1株ずつ植えたのに、かなり分かれてますね。

たくさん収穫できそうな予感。たくさん・・・怖い言葉です(笑)

004 プチヴェールも大きくなってきました。

株間はあけたつもりだったのですが、上下のことは考えてなかったので、隣の株と触れ合ってしまいました。

やっぱり、どこか抜けてます。

左の2株が高級プチヴェール、右が安いもの。

左の2株が大きいでしょう。今のところは値段なりの成長となっています。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

異常気象は庭にも

008 今年の気温は異常だと、もう聞き飽きたほどですが本当に異常気象です。

ブルーベリーの花が咲きました。

今から寒くなるので絶対に実になりませんね。せっかく咲いたのにかわいそうです。

先日、子供の小学校にあゆみをもらいに行ったとき桜が咲いていました。新聞にもこの話題が載っていましたから、広い地域で同じ現象がおこっているようです。

009 かと思えば、キンモクセイはまだ咲いていません。

10月になったらすぐキンモクセイが咲いていたような気がするんですよ。自分が学生の頃は。

最近は10月半ばになってようやく咲くかなあ。ずれてきてます。ずれるというよりかは、秋が短くなっているのかもしれません。

一番好きな季節なのに・・・

お陰で夏野菜は長い間収穫できますけどね。どっちがいいんだろう。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

楽しくない、蝶取り

子供の小学校は二学期制なので、昨日で前期が終了しました。

今日から5日間の秋休みがスタートします。

昨日はあゆみ(昔で言う、通知表)をいただきました。

大好きな水泳の時間が大半だったからでしょう体育はAでしたが、残りは・・・まあ・・・ね・・・ご想像にお任せすることにしましょう。

一番驚いたのはあゆみに書いてあった、成長の記録。

身長があと2センチで私に追いつきます。抜かされる日もそう遠くないでしょう。自分は母を抜かすことが出来ませんでしたから、うれしいような悲しいような複雑な心境です。しかもまだ5年生。これからどうなる?

そろそろ止まってもいいよ。これ以上大きくなって欲しくないよー。

昨日は終業式が終わったらすぐ帰ってきました。

007 暇でしょ。と子供を畑に連れ出しました。

畑にモンシロチョウが飛び回っています。

それを捕まえてもらうことに。青虫がいる大元の原因はこの蝶ですからね。それが減れば少しは被害も減るのでは?

006 ひらひら飛ぶので、捕まえるのは結構簡単。

問題は蝶がかわいそうで、私も子供もやっつけることができません。

あまりにたくんさんいて、きりがないというのもありますが、最後はただの昆虫採集となりました。

暑いので子供がまたも挫折。30℃近く気温が上がったそうです。そりゃ暑いね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

デルフィニウム種まき

Photo デルフィニウム オーロラ ブルーインプの種まきです。

タネを蒔くまでは、冷蔵庫に入れておいた方が発芽率がいいらしいので今日まで冷蔵庫内で待機中でした。

今年初挑戦なので、どんなになるか想像も出来ませんがやってみましょう。

園芸おたよりコーナーみたいなところに「咲きました!」と結構な数出ているので、難しい花なのかもしれません。咲いたら豪華なので、つい写真を撮ってしまう人が多だけなのかもしれませんが・・・

庭の様子でも。

001 先日植え替えたビオラがポット内で花が咲き始めました。

パンジーも蕾のついているものがあります。

002 インパチェンス カリフォルニアローズ フィエスタ。

インパチェンスの八重咲きを買ったのは初めてなのですが、私好みのピンクでミニバラのようできれいです。

来年はペチュニアを減らしてインパチェンスを増やしてもいいかな。

003 どこかに植えようと挿し木をしていたコリウスですが、忙しかったのと暑かったので、結局どこにも植えず黒ポットのまま成長しています。

気温が少し下がってきたからでしょうか、葉の色が冴えてさらにきれいになりました。

これはこれできれいな寄せ植えに見えるから、ま、いいか。

009 暑い日が続くとはいえ、コスモスが咲いています。

ここだけは秋のようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さすが師匠の人参は違う

005 6月にタネを蒔いた人参を収穫してみました。

早蒔きのせいか、暑さのせいかわかりませんが、葉が茶色く枯れてきた調子の悪いものです。

左が「向陽2号」右二本が「ベーターリッチ」です。

ベーターリッチの方が長いですね。

最悪の状態を想像していたので、食べられるほどに太くなっているのに驚きました。とはいえ大きい野菜が好きな私としては不満ですけど。

あと、マルチ使用なので土寄せをしていないから、首が青く、ガリガリで質もよくありません。

あまりに早蒔きがよくなかったので、何度となく場所を移動しながら人参のタネを蒔き続けてきましたが(計5回!)うまく発芽しません。人参ばかり気になるのでもうやめました。

今年はみなさん人参栽培がうまくいかないと言われるのを聞きます。

が・・・

007 霜が降ることを予想したおばさんインゲンの種類を当てたおじさん夫婦の人参はこれです。

すごいとおもいませんか?

さすが、我が家が野菜作りの師匠と仰いでいるだけの方です。

006 発芽1ヶ月くらいでしょうか。

まだ暑く、芽が出にくい時ですよね。

今度会ったら、うまく芽を出す方法を聞いてみよう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第二弾 大根間引き

001 第一弾種まきの「源助大根」の間引きは先日、ひっそりと行いました。

今日は第二弾種まきのモニタータネ「野武士」の間引きです。

ネットの中なので虫の被害は少ない方だとは思いますが、やはり葉が食べられています。葉が多少食べられていても大丈夫、収穫する部分は土の中。

去年は葉がぼろぼろになりながらもちゃんと収穫ができました。キャベツに比べると、困ることはないでしょう。

002 先日の源助大根の間引きをひっそりと行ったのは、大きくなりすぎて遅かったから。今回はちょうどいいと思いませんか。

しかし、ある本によると葉がぶつかり合う時に、間引いた方がいいと書いてありました。後の成長がいいらしいです。

その方は種まきも袋からわざわざ大きいタネを選んで中心に置き、普通サイズのタネをその周りに4粒蒔くという徹底ぶり。そうするとほとんど真ん中の大きいタネから出た芽を残すことになるそうですよ。いい加減な私にはまねできませんけどね。

間引き菜は浅漬けにします。

漬物は苦手なのですが、先日お隣から青梗菜をいただいた時、どういうわけか1株だけ大根の間引き菜が紛れ込んでいました。

塩漬けしたら私が漬けても、美味しくできました。今度は自家製間引き菜で作ってみます。

004 8月28日種まき「源助大根」の太いものはこれくらいになりました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

まずはパセリから

パンジーを植え替えたばかりなので、まだ根が回っていないのに買いに来た人がいます。

どうやら、買い物途中で花の苗をたくさん売っているところに遭遇して、うちに行けばあるのではと思い、その足で来られたとのこと。

まだ根も回ってないし、植えるには早いですよと言ったのですが

「早く買っておかなくては、なくなりそうだから」と持って帰られました。もう少し自分で管理してから植えるそうです。

喜んでくださったのはいいのですが、秋蒔き花のタネをパンジーしか蒔いていません。苗ももちろんパンジーしかありません。

001忘れてた~!

あわてて注文していたタネを取り出しました。

計画段階ではこれだけ蒔くつもりだったのに。まだ間に合うかな。

002 まずは、パセリからスタートです。花ではないですけど、人気の苗です。

何年ものか、すでにわからなくなっているパセリの種。

うまく発芽してくれるかな。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »