« パンジー発芽 | トップページ | 雨の前に急いで植え付け »

じゃがいもをふせる?

001_2 どこの地域でもやっていることなのかわかりませんが、秋ジャガはいきなり植えるのではなくて、仮植えをするそうです。

そのことを母は「芋をふせる」と言っていました。これは方言かな?

暑いので腐るからでしょうか。

涼しい場所に植えつけて

002_2 ワラを被せておきました。

9月に入ってから畑に植える予定です。

それまでに畝を準備しておかなくては。草木灰ができているのでそれだけはまいています。

006 モニタータネが当たるとは思わなかったので、大根の種はもう買っていたのですよ。

今年は加賀ご当地野菜の「打木 源助大根」です。

20~25センチと短めの大根ですが、甘いということで選んでみました。個人的な意見ですがタネの袋が和紙風の紙で、できていていい雰囲気です。中のタネは直ではなく、ジッパーパックに入っていました。

モニタータネ「野武士」があるので15箇所だけの種まきとしました。「野武士」は9月中ごろの種まき予定にしています。

|

« パンジー発芽 | トップページ | 雨の前に急いで植え付け »

じゃがいも」カテゴリの記事

大根」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

じゃがいも…仮植えをするんですね。
初めて知りました。
この暑さでは腐ってしまいそうですもんね。。。
我が家も早く準備しなくちゃな~と思うだけで
なかなか出来てません。

モニター種、いいですね。「野武士」なんて
とても渋くていい名前♪
「打木 源助大根」パッケージがとても素敵ですね。
美味しいのが出来そうな感じ~楽しみですね♪

投稿: べりぼん | 2007年8月28日 (火) 18時49分

こんにちは、べりぼんさん。

あっ、やっぱり知りませんでしたか。
秋ジャガを植えるところも全国的ではないみたいだし、このやり方は一般的ではないのかもしれません。
野菜の名前に注目している私としては、気になる名前です「野武士」。
とはいえ、どういうイメージで付いたのか聞いてみたい気がします。荒々しい大根なのかな?(笑)
源助大根のパッケージも、今まで見たことがないので新鮮でした。中身のタネで選ばなくてはいけないけど、名前や入れ物につい目がいってしまいます。

投稿: mao | 2007年8月28日 (火) 19時03分

秋じゃがいもはそうやって、ふせるんですか。初めて知りました。
又、「打木 源助大根」パッケージ見ただけで、美味しく、使いやすそうに見えます。そして、「野武士」もその後の成長が楽しみです。
ではでは。

投稿: よびばあ | 2007年8月28日 (火) 20時13分

こんばんは、よびばあさん。

よびばあさんのところは秋ジャガイモは植えないんでしたよね。
ふせて芽がうまくでたものだけをちゃんとした畝に植えつけていきます。
そうすると腐って抜ける場所がないから、このあらかじめふせるという方法をとっているのでしょうか。初心者なので言われるままに動き、やる理由はよくわかりません。
源助大根は短めですが、丸さは太く食べがいがありそうです。うまく栽培できればの話ですが(笑)

投稿: mao | 2007年8月28日 (火) 22時35分

また、おじゃまします。
秋ジャガイモは、カットしないというのは知っていますが、私の周囲の農家では、仮植えするということはやっていません。
やはり、種芋が腐るのを防ぐためでしょうか?・・・ジャガイモの畝に敷き藁はしますが・・・。
秋冬野菜の準備が着々と整っていますね。
では。

投稿: 野良日記の野良 | 2007年8月28日 (火) 22時39分

また、こんばんは野良先生。

野良先生のところでは、タネ芋切らないんですか。大きいものでも丸のまま?
それは大胆な植え方ですね(笑)
切ると腐りやすくなるとは思います。うちの方では切ってから土に埋めて、生き残ったものだけを植え替える方法をみなさんやっているようです。
やはり地域によって植え方が違うということが発覚しました。野菜作りは不思議です。

投稿: mao | 2007年8月28日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/16264693

この記事へのトラックバック一覧です: じゃがいもをふせる?:

« パンジー発芽 | トップページ | 雨の前に急いで植え付け »