« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

タマネギ吊るし完了

001_119 タマネギの吊るし作業がようやく終了しました。

1人でもくもくと、同じ作業を続けるのは辛いので1日に1、2時間ほどです。

1週間続けたでしょうか。ようやく終了しました。

002_106 ふー、大量でした。数えてはないけど、2000個はあったかも。

心配していた小屋の崩れもなく、ミシッともいいません。これで来年春頃までは保存できます。

朝市に出荷されている方のタマネギがなくなったら、少しずつ売る予定です。新参者でしかも、売っていただいている身なので、ちょっとした配慮なんです。

でもまだ、家のカーポートにはタマネギがたくさん吊るしてあるんですよ。

上の子の友達が遊びに来て、タマネギの量に驚いていたと聞いたし

先日、父が農機具販売の方に「娘の家にトラクターを置いてあるからちょっと見てくれ」と言ったら、

「ああ、あのたくさんタマネギが置いてある家ですね」とすぐにわかってくれたらしい。

このあたりでは、タマネギを大量に置いてある家として有名になっているようです。なにやら恥ずかしい。それでも家には一部しか置いてないんですけどね。

引っ張りに引っ張った、今期のタマネギの話題はこれにて終了です。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

人参種まき

001_118 人参の種まきをしました。

今回は春の残りタネ「向陽二号」と「ベーターリッチ」です。

もう一種類「グランプリ」を注文しているのですが、それは8月末の遅まき用にします。

012_17そろそろ雨が降るという天気予報を聞いてタネを蒔いたのですが、午前中にパラッと一瞬ふっただけで、これでは発芽しそうにありません。今日は午後から雨になるというのを期待しています。

不織布を上にかけておきます。

うまく、発芽してくれるといいのですが。

011_17 イチゴの鳥避けネットを外そうとしたら、まだなっていました。

これが最終収穫になるでしょうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブラックベリーとラズベリー

006_48 ブラックベリーの実がついています。

食べるだけでなく、鑑賞用としても楽しめるきれいな実です。

005_57ブラックベリーという名前だから、今から真っ黒になるんだろうね。このまま終わりじゃないだろうかとの不安を持ちつつ様子見です。

木も大きくなっています。

004_76 ラズベリーですが、こちらは鉢植えです。

買った時は小さな苗でしたが、大きくなりました。

ここまでになると、地植えにした方がいいかもね。

003_81 こちらも実はついているのですが・・・

002_105 気がついた時には、落ちているんです。

なかなか口に入りません。

収穫するのが難しい果実かもしれませんね。

Photo_90 黄色のラズベリーは父母の畑の、のり面に植えてありました。

父が草刈り機ですべて切ってしまったので、小さい芽しか残っていませんでした。

ああ、父にとっては邪魔ものだったのね。

今年は食べられそうにありません。甘かったのに。(写真は去年のものです)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

空中栽培のカボチャと夏野菜カレー

003_79 ミニカボチャ 栗坊が棚に伸びてきました。

子ヅル4~5本仕立てにしたところまでは管理できていましたが、もう何が何かわからない状態です。

棚ではない方向に出たものを切るくらいの処理しかできなくなりました。

005_56 棚の中心はこんな感じ。

もう、中には入れませんね。

006_47 たくさんの実がなってます。

下に這わせる栽培方法より実を探しやすいとは思うのですが、葉をかきわけかきわけの作業になりそうです。

013_6 一番大きいのでこれかな。

茎がコルク状になったら収穫の目安らしいいですが、まだもう少しかかりますね。

実は今日「夏野菜カレー」を作る予定なんです。

ズッキーニ、ナス、ピーマンなど使える野菜がとれてますから。

で、ちょっと早いけどこのカボチャをいれようかどうしようか悩んでいます。カレーだしね、甘くなくてもごまかせるかなって(笑)。

もう一回見に行ってみよう。

追記。

013_7 1個とってきました。500グラム。

皮はつやがなくなってきています。

茎はコルク状でないから、たぶん熟れていないだろうけど、使ってみましょう。

003_80 切ってみると、結構黄色いです。

想像よりいい感じ。

002_103 今日のカレーの材料はこちら。

すべて自家製です。

ナスは母のものをいただきました。米なすのくろわしはまだ収穫できないので。

004_75 好き嫌い大王がいるので、野菜は小さく切っています。

002_104完成です。

カボチャが甘くて美味しい~!

思い切って収穫してよかったです。

好き嫌い大王も、野菜がたっぷり入っているのに気付かずたくさん食べてくれました。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

スイカに座布団を敷く

011_16 何個か受粉がうまくいき、玉になっているものがありました。

まだ、ほんの数個ですけどね。

実を守るために敷物をひきました。

これは、スイカのためにスーパーで見つけるたびに持って帰っていたもの。

010_18桃やブドウなどのデリケートな果物の箱の中に敷いてある、あれです。

他にも、高級なリンゴにすっぽりかぶせてある物も保存してありますよ。中敷きが不足してこちらも使わなくてはいけないようになるほど、実がつくといいのですが。

012_16 黄色いスイカは重くなっていて、持ち上げて下に滑り込ませるのがやっとでした。1人なので・・・

ついでに玉直しもしました。

ツルがちゃんと上にいっているでしょう。

001_116 大玉トマト ホーム桃太郎を初収穫です。

フルティカに比べて真っ赤に色づきますね。

ただ今、トマト大量収穫中です。

002_102写真でミニトマトのように見えるものが、庭のプランターで作ったフルティカです。中玉が畑でとれたフルティカ。同じタネから出来た物とは思えないほど大きさに差があるでしょう。

先日、畑のトマトの方が甘いと言ったのですが収穫が進むにつれて状況が変化してきました。

プランターで栽培したトマトが畑の物とは比べ物にならないほど、甘くなっています。まさにフルーツトマト。

Photo_89 プランターの方はアミノ酸入りの肥料をどんどん与えているのですが、これも関係しているのかな。

畑は先日大雨が降ったからでしょうか、水っぽいです。

トマト栽培は奥が深いですね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

手作り 梅酒 梅シロップ

001_115 この季節は漬けるものが目白押しです。

梅酒が作りたくて実梅の木を植えたのですが、実が採れるのはどう考えても数年後。

待ちきれなくなって自家製梅ではないのですが、作ってしまいました。

量はたくさんいらないので、1キロの梅で梅酒と梅シロップ2種類作ることにしました。

梅シロップには焼酎の代わりに酢を100cc入れてあります。子供が飲むことを考えると酢にしておいた方が無難ですね。

003_78 実は漬け込んだのは2日前。

二日目で、もうこんなに変化しています。

梅シロップは1ヶ月で飲み始められます。

夏にはさわやかな梅ジュースが飲めますね。個人的には炭酸割りがいいなあ。

今年はブルーベリー酒も作る予定です。少しずつ色々な酒を作るのが目標です。あまり酒は飲めないのですが、どうするつもりだ?(笑)作るのが楽しくて先のことまで考えてません。

あっ、漬けたものといえばもう1つ。

Photo_88 初めての試み、ニンニクの醤油漬けです。

どんな風に料理に使っていいかわかりませんが、取りあえず漬けておきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ぬか床作り

001_114 キュウリが大量に収穫できるようになったので、ぬか床を作ることにしました。

ちょっと作り始めるのが遅いですね。

最初の一週間は捨て漬けをしなくてはいけないので、すぐに食べることができません。

昨日精米したばかりという出来立てのぬかをもらい、ついでに粗塩002_101もいただきました。うちには料理に使う普通の塩しかないんですよ。

炒りぬかにするためにレンジでチン!簡単でいいですね。

熱を取るために広げます。

004_74 分量はぬか1キロに対し、塩150グラム、あとは昆布、とうがらしです。

去年栽培した韓国とうがらしを使いました。

大きいので2個でいいかな。

005_55 捨て漬け用の野菜は、大根の葉やカブなどの水の出やすい野菜がいいそうです。

今回は、冷蔵庫にあったキャベツにしました。

この捨て漬け用の野菜は2日に一回替える予定です。

006_46 一番底にキャベツを入れて完成。

一週間後が楽しみです。

でも、1つ問題が・・・

007_36 以前、ぬか漬けに使っていた容器が今はなぜかドライフラワー製作のためにシリカゲルが入っています(笑)

漬物容器を買わなくてはいけないようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トウモロコシ アワノメイガ対策で雄花を切り取る

002_100 とうもろこし みわくのコーンゴールドラッシュが大きくなってきました。

003_77もう受粉も終わっているだろうと判断して、雄花を切り取ることにしました。

どの雌花も茶色くなりつつあります。

アワノメイガ対策です。アワノメイガは雄花に卵を産み付けるそうなので。

004_73 実は雄花が出る頃に一回だけ、防除しているので目に見える卵や幼虫はいないようです。

でも念には念を入れて、雄花を切りました。

さらに念を入れて、この雄花は家にお持ち帰りです。

005_54 すっきりしました。

こんどは鳥対策です。

甘くなった頃がわかるらしいので、そろそろ来ますよ。

006_45 キュウリネットをかけておきました。

網目が大きいので役に立つかどうかわかりませんが、何もないよりはいいかなと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すかしユリ開花

003_76 すかしユリが咲きました。

今年のすかしユリはピンクと赤です。

001_113 ピンクは一昨年の球根です。3回目の開花となります。

年々花数が減ってきているのが寂しいですね。球根が小さくなっているのでしょう。

去年は雨が多かったので、ユリがうまく咲かなかったのも原因の1Photo_87つかもしれません。

写真は2年前の様子。

母と、写真をいやがる下の子です。

花数が多いと思いませんか。気のせいかな。

002_99 赤は新しい球根です。

これは新しくても花が少ないですね。

品種によるのでしょう。ピンクが優秀すぎだから、比べるのがかわいそうです。

016_4 017_8 鉄砲ゆりとカサブランカはつぼみが膨らんできました。

もう少しですね。

義父と義母に、父の日母の日を兼ねて、咲いてからでは遅いと思い、かなり前に届けたけど、もう咲いたかな?

もう1つ球根。

015_8 去年、栽培してみて気に入りました。変わった花形と赤が目を引く「グロリオサ ロスチャイルディアナ」です。

春暖かくなってからの植え付けなので、開花までが異様に早い球根ですね。ユリは去年の夏~秋に植えつけたはず。管理が大変。

去年の球根は、掘りおこす最中に真っ二つに切ってしまいました。大体、草抜き用の三角ホーで掘り起こすのが間違いなんですけどね(笑)

泣く泣く新しい球根を買いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トマトの芯を止める

007_35 トマト フルティカが順調に成長しています。

摘果しなかったので、連なってますね。本当は7、8個にした方がいいらしいです。

株に負担はかかるだろうけど、これはこれで見ごたえがあります。

雨が少ないからでしょうか、今年はトマトが調子いいようです。

でも、最初肥料が効きすぎて葉がくるくるだったので追肥を遅らせていたら・・・・

008_30 先端が細くなり元気がなくなっていました。

こうなる前に追肥をしないと、なかなか元には戻りません。しまった!

草丈も私の身長になったので、芯を止めます。

010_17 虫がついたり、病気になったりで上の方まで収穫したことがないので、これでも伸ばしすぎたかなという感じ。

5段か6段目で摘芯すればよかったかな。 7段ありました。

これから追肥をして、わき芽取りを心がけます。

009_24フルティカは桃太郎に比べ、下の方からのわき芽が多く出るような気がします。ちょっと油断しているとこんなにありました。

015_7 この日は、ピーマン ワンダーベルの初収穫でした。

1個120グラムにもなるビックピーマンなので、肉質がカラーピーマンと同じようです。皮が厚い。

万願寺とうがらしも大量に採れるようになりましたよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ゴルフ賞品の牛肉は・・・

017_7 だんなさんがゴルフコンペの賞品で牛肉をもらいました。

「とび賞」らしいです。キリ番でした。

この肉をどうやって食べるか家族で大会議です。

私「牛丼はどう?」   上の子「反対、牛丼大嫌い!」   だんなさん「豪勢な牛丼だなあ」

下の子「私は、牛丼好き!」

私「やっぱりすき焼き用だから、すき焼きかな?」   上の子「すき焼きは肉食べた気にならない」   だんなさん「すき焼きはちょっといやかな」

下の子「すき屋に行ったことあるよ」

私「じゃあ、肉を3等分にして、カレー、ハッシュドビーフ、牛丼にしたら?」   上の子「えー、少しずつになるじゃん」  だんなさん「400グラムしかないからなあ」

下の子「すき屋で、牛丼食べたことあるしー」

だんなさん「しゃぶしゃぶにしよう」   「賛成!」

下の子「すき屋で、キティちゃんもらったことあるよ」

1名、会話がかみ合ってない人もいましたが、しゃぶしゃぶに決定。

018_1 肉をスーパーで追加で買って、しゃぶしゃぶをいただきました。

いただいた肉はやわらかかったけど、しゃぶしゃぶには合わないような気がしました。油がすごかったです。あれだけもめたのに・・・

ちなみにゴルフのスコアですが、だんなさんが納得いかなかったようなので公表は控えます。

でも、まったく練習せずにあれだけでまわれるのなら、十分だと思いましたよ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

スイカの花に虫が

012_15 受粉作業をしているスイカですが、花に小さな虫がいます。

その虫のせいかはわかりませんが、雌花の黄色い部分が受粉作業中にポロッと落ちるものが続出。

受粉出来ずに、いくつもの実がそのまましおれていきました。

最初の方に受粉させた、株はいまだ一つも実がついていません。

これではいけない!殺虫剤をまきました。

今から咲く、雌花に期待しましょう。

004_72 これはもしかしたら、受粉しているかもしれませんね。

少し大きくなっているような気がします。

ツルが伸び伸びでどれが子か孫かわからなくなってきました。そうなるまでに受粉させたかったのだけど・・・

006_44 失敗続きのスイカですが、一つだけうまく行っているのがこちら。

黄色い皮のスイカ「太陽」です。

メロンほどの大きさになりました。

「メロン大きくなっているねえ」と声をかけられました。スイカには見えませんね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ハートのジャガイモ

Photo_86 面白い形の野菜がとれたいうのを、よく見かけますよね。

うちにもありました。

インカのめざめです。

カントリー風なハートでしょう。

と言いたいことはこれだけです。

とても短いから、ジャガイモつながりということで、最近マイブームの002_98 「ジャガイモ餅」のご紹介。

とあるブログのとある先生に教わりました。

醤油とのりがジャガイモとよくあっていて、とても美味しいですよ。片栗粉を入れるので、もちもちです。

014_9 短い期間に3回目のジャガイモ餅です。

下の方が一回目の餅。違いがわかりますか?

芋が黄色っぽいと思いませんか。キタアカリを使ったからです。違うものですね。上のはメークインを使ったので白いです。でも醤油をめいっぱい入れたので黒いですね(笑)

001_112 とろけるチーズを中に入れてみようと思っていたのに、すっかり忘れていました。

次こそはジャガイモ餅INチーズです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

らっきょう漬けに初挑戦

012_14 らっきょう漬けを作ることになりました。

まったくその気はなかったのですが、今年はむいてもきりのない野菜(タマネギ、ニンニク、らっきょう)が豊作で、実家のらっきょうも大量にとれたようです。

写真はほんの一部です(笑)。処理に困った母がくれたわけです。

「小さいのは高いのよ」と、さも高級品をくれたように言っていましたが、一年物が小さいということは栽培失敗なのでは?2、3年物の小さい花らっきょうは高級品だけどね。ただし、数だけはできたので豊作らしいです。

001_111 4キロほどでしたが、手間のかかること。フー。来年のために1つ賢くなったこと・・・根の部分は思い切って切る。皮をむいたら、根の部分が結構残っていて、もう一度切りました。二度手間ですね。

らっきょうを食べる時は、もっとありがたがっていただきましょう。

スローペースのため数日かかったので、芽が出始めているものもありました。

003_75 漬ける調味液はオタフクソースのらっきょう酢を使いました。下漬けがいらないタイプ。

広島ではおなじみのお好み焼きソースを売っている有名な会社のものです。

らっきょうの季節だからでしょうか、売り切れの店が続出。4件目にしてようやく見つけたんですよ。

それだけで、どっと疲れが・・・

002_97 母がどこぞの講習会で聞いてきたというやりかたでやってみました。

らっきょう酢を一度沸騰させて、そこへらっきょうを入れて冷めるまでそのままにしておくという方法です。

母の言うことはあてにならないことが多いのですが、信じてやってみました。

漬かりきらなかった、残りのらっきょうは普通のやり方(らっきょうに熱湯をかけて、冷たいらっきょう酢にそのまま漬ける)でやってみます。どちらがおいしく漬かるでしょうか。

004_71 ようやく完成です。

梅酒を作っていたビンを使いました。

らっきょうのにおいは強烈だから、もう梅酒用には戻れないね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

にんにく収穫

005_53 ニンニクを収穫しました。無臭ニンニクです。

6月5日に試し収穫してから15日、ラストスパートの成長はすごいですね。丸々と太っています。

早どりはいけません。反省。

Photo_85 一番大きいもので、230グラム。ずっしりとした重さです。

無臭ニンニクだからでしょう、回りに小さいわき芽のようなものがたくさんついています。

勝手にライバルと見ていた○イロゲンにんにくですが、母からのルートで1つだけ手に入れることができました。

006_43 左が○イロゲンニンニク、右がうちの一番大きいニンニクです。

大きさは同じくらいですね。

ニンニクの種類が違うので、比べること自体に無理がありました。

このいただいた○イロゲンニンニクを、タネにしてみようと思っています。来年は同じ土俵に立てますね。まだ張り合うつもりです(笑)

たくさんとれたのですが、ニンニク大好きの私としては無臭では物足りません。

来年は普通のニンニクを育てます。タネにしないので、そのまま乾燥、冷凍保存、醤油漬けにして食べるつもりです。

ニンニク栽培は簡単でした。追肥と花芽取り以外何もしませんでしたから。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

黒豆枝豆にさやがついた

004_70 黒枝豆 早生黒頭巾にサヤがつきました。

先日、とても小さい白い花を見たと思ったら、もうさやになってました。

草丈がまだ、30センチほどなんですよ。株も小さめです。

005_52果たしてこれでいいのかわかりません。

黒豆の枝豆を作ったのは去年に続いて2回目なのですが、虫にやられてあまり食べた記憶すらないんですよね。

だから去年と比べようもなく、だんなさんも?でした。

緑の普通の枝豆は剪定したことすらあるのに、これは剪定したら葉がなくなりそうです。

黒枝豆はこうなのかな?収穫までわかりませんね。

数日前に、5回目か6回目の種蒔きをしました。忘れるくらいです(笑)。うまくいけば何度も食べられるでしょう。

003_74 追記 わかりやすいように、封筒を置いて撮影してみました。

封筒と比べている方がいて、とてもうけたのでまねしてみました。

これなら、枝豆の大きさよくわかりますか?

002_96

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

さつま芋のツル泥棒?

003_73 5月2日に植えつけたさつま芋が順調につるを伸ばしています。

そろそろツルを切り取って新しく植えることができるなと思っていたら、同じことを考えている人がいました。

母が電話してきて「さつま芋のツル切らせてよ、それを苗にするから」とのこと。

ポット苗で買った「クイックスィート」のツルを切られては大変なので立ち会いました。

去年は、勝手に切っていたそうで確認の電話をしてくれたことに感謝です。というか去年はさつま芋ツル泥棒じゃないの(笑)。紅アズマ24本お持ち帰りされました。

最初の写真はツルを切り取ったあとの、紅アズマです。

002_95 鳴門金時は紅アズマより少し成長が遅いです。

まだ、ツルが切れる状態ではありません。

001_110 クイックスィートも、もう少しかな。

これは朝顔みたいな、変わった葉ですね。

これだけ違うと間違わないので助かります。

006_42 今年は3回にわけて、さつま芋を植えました。

一番左が5月始め、真ん中が6月始め、右側がつるが取れ次第ということになってます。

三回芋ほりをする予定です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

次の植え付けのための準備

001_103 玉ねぎとジャガイモの植えてあったところを耕してもらいました。

大きなトラクターで耕すので、あっという間です。

じゃがいものところはすべて掘り出したつもりなのに、ざくざくと小判が出てくるように芋が転がり出てきます。トラクターの歯によって、傷ついたジャガイモがかなり集まりました。

畝上げは小回りのきく、小さい機械を借りました。年代物の雰囲気でしょう。

曇りだけど蒸し暑い中、汗をだらだら流しながらだんなさんが畝上げ作業です。

私はというと、まっすぐな畝になるように土の上に線引き。まっすぐになるかはその線にかかっているんだ!と言われると、緊張して線もゆがみます(笑)

003_71 これが

002_93 こうなりました。

次の植え付けができますよ。

一番右側が人参の予定。一番初めに種蒔きとなりそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

これは山モモの花???

001_107 数年前に隣のおばさんから、山モモの木をいただきました。

50センチほどの小さな苗木です。

今年初めての花が咲きました。

001_108 おばさんの家には大きな山モモの木があって、その下にタネが落ちて、小さな芽が出ているのでわけてくださったのです。

もらったのはメスかなオスかな、わくわくで大きくなるのを待っていました。

咲いたのはいいけど、ちょっと変。

山モモの開花は4月頃ではないかな。しかも、花の香りが良すぎる。もしかして、くちなしでは?

001_109 おばさんの山モモの葉はこれ。

002_94 うちのはこれ。

違うぞ~。

ちなみにうちにある八重くちなしの葉は

003_72 これね。

八重くちなしの方に似ていますよね。

もう1つ駄目押し。

004_69 八重くちなしも咲いています。

くちなしだったのねえ~。

山モモだと思って育ててきたのに、落胆は大きいです。

関係ないけど、ぎんなんの雌木はハートの形のギンナンを植えるとできるという説があるそうです。実際にやったことがないので確実かどうかは???結果を知るのにも時間がかかりますね。

ハートの実は少ししか取れない貴重品だそうですよ。これは父が拾った実を見て言ったので間違いではありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ジャガイモ全部収穫

009_23    少し早いと思ったのですが、タマネギの跡地をトラクターで耕してくれるというので、ジャガイモをすべて掘りました。

男爵、北あかり、メークイン、インカのめざめの4種類。

写真は男爵です。

実験として植えるときに数株だけ、芽を1本だけ残したものを作りました。大きい芋が収穫したいと思ってね。

その結果ですが・・・

001_102  メークイン1本残し。

小さいのもあわせると13個。

大きいものもありましたが、反対に極小も結構あります。

003_70  メークイン2本残し。

11個。

撮りかたがで小さく見えますが、1本残しとそんなに変わらない大きさです。

1本残しでもいいかなと思う反面。

007_33 キタアカリ 2本残しです。

キタアカリは全体的に小粒でした。来年は多肥でやってみよう。

8個。

008_28 キタアカリ 1本残し。

3個。

小さい上に、少ないです。

男爵は1本、2本残しとも同じような大きさ、数でした。

本当はもう少し1本残しがあったのですが、目印の棒をジャガイモの種類が変わる棒だと思っただんなさんが、掘り起こした芋をまとめてしまいました。ありゃありゃ。

仕方ないのでまとめた芋を見てみると、別段巨大な芋はありません。

実験本数が少ないので、断言はできませんが1本残しでも確実に巨大芋ができるとは限らないようです。

結局は株、葉の成長具合によるような気がします。安全のため、2~3本残すのがいいのではないでしょうか。

本に載っている教科書どおりの結果となってしまいました。

012_13 冷蔵庫に入れておいた1年物のインカのめざめをタネ芋として植えていました。

タネ芋は親指の先ほどでしたが、大きいものが収穫できました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

トマトの花房を同じ方へ植えた結果

005_50 畑のトマト フルティカも赤くなりました。

庭のプランターで育てているものより、一回り大きいです。

001_100 大きいものは1個50グラムでした。

40~50グラムが本来の大きさだそうですから、こんなもんでしょう。

実もまだきれいです。

先日からとれ始めたプランターのトマトと味比べをしてみました。

だんなさんと上の子が口をそろえて、畑の方が美味しいと言います。

だんなさんのこだわりで、プランターは水も肥料も控えめで育てているんですよ。その方が甘くなるからと言ってね。

でも、この味比べの結果からいけば水も肥料もたっぷりあったほうが(畑は上の水田の水がモグラによって流れ出て水浸しの日が多かったし、肥料は前作のが残っていて葉がくるくるなるほど効いています)甘かったんです。どうするだんなさん?

006_41 ところで、収穫がしやすいからと花房を同じ方向にして植えたのですが・・・

下の方はちゃんとならんでこちら側に向いています。

でも上になると茎がくるくる回りだして、向こう側にいったものもあります。肥料が効きすぎているからね。くるくるなんですよ。

茎さえまっすぐ伸びてくれたらこの方法はうまくいきそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人参は急に大きくなるねえ

003_69 人参が大きくなるのを待っていました。

それは大げさですね。食べてはいるのですが、目に見えるほど減っていきません。

そうしていたら、葉が茶色になっているものが出てきました。もうこれ以上は成長しないってことかな。もしかしたら日陰で休んでいた猫がふんずけて痛んだのかも(まさかね 笑)

でも、いつ見てもこの中にいたんだよね。

004_67 茶色い葉のところを抜いてみることに。

太っています。写真では大きさが伝わりませんね。真ん中が340グラム。一週間でこんなに大きくなるものなんですね。

1週間も収穫しなかったの!!と驚いていますか。

はい、1本も抜いていませんでした。

Photo_84 ちなみに、一週間前はこんな感じ。

スマートでしょう。でも長さ20センチほどで、スーパーで売っているものと同じくらいなんですよ。

急に大きくなるんですね。

急いで抜かないと巨大人参に・・・・・考えるだけで怖いですね。大きい人参が好きです、好きなんですけど~ちょっとねえ。

そろそろ裂けてくるかもしれません。

004_68 もうすぐ、次の種蒔きです。

今回はサカタの「ベーターリッチ」を買いました。

こちらもペレットタネで1粒ずつまきやすいタイプです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

四葉のクローバーが・・・

003_68 前に、六葉のクローバーを見つけたんです。

葉の多いクローバーは縁起が悪いといって、取らなかったのですが、4葉だけは持って帰りました。

影響されて、子供も学校の帰り道に探して(なんとなく見つかったのでしょうけど)持って帰っていました。それも大量に。

私に何も言わず、こっそり元あった四葉と一緒に、さしてあったので増殖している四葉に驚いたものです。

あれから2ヶ月。

002_91 根が生えていました。他の葉が茶色くなって枯れていく中1本だけ生き残りました。

さすがシロツメクサ、雑草としてはいやなヤツですが強いですね。

鉢に植えたらどうなるんだろう?四葉の多いシロツメクサになるかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

落ちないタマネギの吊るし方

002_89 またタマネギの話題です。またかと思わずにお付き合いください。

タマネギを保存するのに数個をまとめて結んでいたのですが、茎が乾燥するにしたがって緩み、よく下に落ちていたんです。

このカーポートの向こうは水田なので、落ちて転がり水の中に漬かっていたということがたびたびありました。

004_65 タマネギが乾いても落ちない結び方を教えてもらいました。

このやり方だと乾燥させずに、葉が青い時にやっても大丈夫だそうです。

詳しくいきますね。

001_99 1、長めのひもを半分に折り2重にしたもので茎のまわりを回します。

002_90 2、片方の輪になっているところに反対側の2本のひもを通します。

003_67 3、引っ張ります。

これで締まりますね。

でも、これだけではダメみたいです。

004_66 4、さらに、タマネギが4個なら2個づつに分けた真ん中を下側からひもを回し、上に上げます。

(追記 なるべく葉が枯れてから結んだ方がいいです。重みで締まっていくのですが葉が生っぽいと途中で引っかかり締りが悪いみたいです)

わかりましたか?

何がいいって力がまったくいりません。ひもを輪に通すだけなので簡単。

乾燥するとタマネギ自体の重みでしまっていくので絶対に落ちることはないということ。腐った時には落ちますけどね。

005_49 上に上げたヒモを結び2個で1セットにします。

これを支柱に吊るすのだそうです。

一番最初の写真のタマネギは今までの吊るし方。

001_98教えてもらったやり方は、こんな風に少し長めのひもになります。

家にあった赤タマネギでやってますが、倉庫には大量のタマネギが手付かずのまま残されています。

この方法でやってみよう。

残念なことが1つ。

006_40 ビニールのヒモを大量に切っていました。

これでは長さが足りず、もう一度切り直し。

ああ、もったいない。

| | コメント (21) | トラックバック (1)

蛍が見たいのか散歩がしたいのか

010_14 蛍が飛ぶようになりました。

このあたりは蛍が見られるということで、有名なのだそうです。

いつも通っている畑のすぐそばに川があり、そこが蛍の見られるポイントです。

012_11 橋の上にもいますよ。

だんなさんは街育ち(子供の頃は広島市民球場に自転車で観戦に行っていたほどの)で蛍が珍しいらしい。しかも動物、昆虫大好きときたら、この時期になるとそわそわです。

私は自分の部屋に蛍が飛んでくるような環境で暮らしていたものだから、ごめんねあんまり興味ないよ。

下の子を連れて毎晩夜の散歩です。

最初は光る蛍を珍しがっていた子供も、毎晩となると目当ては蛍というよりも、父と行く夜の散歩になってきています。

それでも、楽しそうだからいいけどね。

4年前はかなりの数いたけど、ここ数年は少なめです。今年も少ないですね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トウモロコシの雄花が咲く

001_97 トウモロコシに雄花が出てきました。

出てきたと思ったらあっという間に開花。

花粉を撒き散らしています。

003_66 でも雌花が揃って出ていないんですよね。

一番大きいものでこれくらい。

うまく受粉してくれるか心配です。手で無理やり受粉させてみたりしています。

004_64 小さいものなんか、ただの葉なのか雌花なのかわかりません。

白い糸が出ているからかろうじて雌花とわかるくらいです。

本当にこれから太ってくるのか?

002_88 追肥もしたし、とりあえずもう少し様子見です。雨が少ないので肥料が効きにくいのかもしれませんね。

大きなトウモロコシを希望なので、1株に1個にします。

摘果しておきました。根元から出る(側枝というのかな?)にも雌花がついていました。

倒れ防止のために側枝は残すのがいいようだけど取りました。こんなところに実がついてもねえ。

去年もトウモロコシを作りましたが、栽培中のことはまったく記憶に残っていません。残っているのは実を開けた時に出てきたうにうにの虫くらいです(笑)

まるで新人のトウモロコシ作りとなりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

茎の色が違う大和芋

006_394月18日に植えつけた大和芋からようやく芽がでて、つるが伸びてきました。

「げんこつくん」に比べ1ヶ月も後の発芽になりました。

同じヤマイモでも差があるんですね。

まだ、芽の出ていない場所もありますが今からかもしれません。もう少し様子を見てみます。

007_32 なかなか芽が出ないので、心配して買ったつくね芋苗はこのくらい。

あまり成長していません。この分では後から出た大和芋の芽に追い越されそうです。

タネ芋から植えた大和芋と購入した「つくね芋」の苗。明らかに、茎の色が違います。大和芋は茶色、つくね芋は黄緑色。

てっきり同じ芋だと思っていたのに、まったく違う芋のようです。

収穫が楽しみになってきましたよ。どんな芋が出来るのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

万願寺とうがらしとカラーピーマン収穫

009_22 万願寺とうがらしが、大きくなりました。

取ってもいい頃だろうね。色が黒いのが気になります。

昨年育てたししとうは、食べきれないーというほど採れましたが、これはどうでしょう。実が大きいから、数はないかもしれません。

004_63 草丈も80センチほどになりました。

カラーピーマン、ピーマンの中で一番の高さです。

そろそろ本格的な支柱を立てないと、風で倒れそうです。

まだ支柱を買ってないんですよね。急がねば。

011_14 012_10

カラーピーマンも大きくなりました。

始めの実は色をつけないつもりなので、こちらも収穫しました。

ピーマンは遅いですね。タネからだったからかもしれませんが、まだ花がようやく咲いたところです。

焼きそばにして食べたので、味はさっぱりわかりません(笑)ソースに負けています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タマネギ収穫ようやく終了

003_65 大量タマネギの収穫がようやく終わりました。

通りがかった人に、「一人でやる量じゃないねー」とか「いったいそれ、どうするん?」とか声を掛けられ、落ち込み気味でしたが抜き終わったらすがすがしい?達成感に満ちています(笑)

1週間はつきっきりだったでしょうか。他のところは雷雨があったり荒れた天気だったようですが、このあたりは雨が降らず、交わされる挨拶は「雨、降ればいいのにね」でした。

個人的には大変助かりましたけどね。

008_27 あとは畑に残っているわずか(?)のタマネギを倉庫に運んで、切り取った葉を集めれば終わりです。

おっと、倉庫に投げ込んで山になっているタマネギをくくって吊るす作業が残っていました。まあこちらは屋根の下ですから、雨を気にする必要はありません。

001_96 ゆっくりやりましょう。

この山を

002_87 こんな風に吊るす予定です。

途中でこの小屋が崩れないといいのですが・・・

なにぶん古いもので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ペチュニア ドレスアップ ネオその後

014_7 花の大きさが9センチにもなるという、ペチュニア ドレスアップ ネオのその後です。

最初の花が9センチ近くまで大きくなり、さぞかし華やかな鉢になるだろうなあと喜んでいたのですが・・・

015_6 咲けば咲くほど花が小さくなっていきます。

ピンクの方なんて、3センチくらいの花しか咲かなくなってきました。

肥料大好きな私なので、追肥はこまめにあげているんですよ。

なのにこんな感じです。期待はずれでした。育て方に問題ありなのかな。

012_9 それに比べて、サルサ ライトブルーはこちら。

満開です。

育てやすいのはやっぱりサルサシリーズかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トマトを食べてみる

001_95 トマト フルティカが赤くなりました。

うちには畑があるのですが、トマト担当のだんなさんがこだわる人でわざわざ野菜用のプランターを購入し、庭でも育てています。

変わってるでしょう。

002_86

同じ時に種蒔きして、ほぼ同時に定植したのに、プランターの方が早く赤く色づきました。畑はまだ緑。

不思議なんですけど、庭の方が日当たりがいいのではという結論を勝手に出しました。

004_62 重さは35グラム。

中玉で40~50グラムのフルティカにしては小さめ。

やっぱりプランターだからかな?2本は植えすぎ?

1個しかないので、だんなさんと半分ずつにしていただきました。子供たちには内緒です(笑)

甘い!他のも早く赤くならないかな。

003_64 こだわるだんなさんはずらして育てたいらしく、また米ナスとフルティカのタネを蒔いています。今本葉が出たくらい。

これは、いつ収穫できるんだろうね。

秋かな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スイカを受粉させる

005_48 スイカのツルを見に行きました。

今年こそはツルがこんがらがって、どのツルがどこから来たのかわかるように管理をちゃんとしようと思っているんです。

よく見回っておかなくては。

003_63子つるの根元に近いところに雌花が咲いています。

摘果ですね。

まだ早すぎます。

004_61 でも見つけました。

黄色皮のスイカ「太陽」。

15節ぐらいのところに雌花発見。

007_31 まさかあると思わなかったので、朝早くに受粉させることはできませんでしたが、花粉はつけておきました。

だめもとですからね。

黄色の皮スイカだからでしょうか、太陽の葉は他のスイカとは違って黄色っぽいんですよ。

008_26 よく見ると他のスイカにも小さな雌花がありました。

これは黒皮「タヒチ」。

開花は明日か明後日か?

人工授粉の季節がやってきたようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

終わりが来るのが早い

015_5 ソラマメが食べられるようになって2週間経つでしょうか。

もう収穫終了です。

016_3 しかも最後に採れたソラマメは小さいし、良いものがありません。

マメの収穫期は短いですね。

収穫した後、抜いておきました。

013_5 もう1つ。

スティックセニョールも花が咲き始めました。

こちらも、もう終わりかな。

でも、もしかしたらまだ収穫できるかもと、置いておきました。ケチでしょう。

夏野菜はどんどん収穫です。

019_3 誰にも言わず、闇に葬ろうかなと思っていましたが、素直に白状します。

タマネギに夢中ですっかり忘れてました。ズッキーニを40センチに成長させてしまいました。

水田の水を点検に来た、近所のおじさんに「きゅうり、大きくしたね、食べごたえありそうだねー」と言われました。

キュウリじゃないんだけどねえ・・・遠目だとそう見えるよね。

「大きく、しすぎちゃいました、ははは」  苦笑いでその場をそそくさと立ち去さったのであります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

早っ!ひまわり 開花

017_6 ひまわり グッドスマイルが咲きました。

季節先取りだねえと皆さんに驚かれます。

種蒔きから50日ほどで開花するんですよ。草丈20センチの小さいひまわりです。自分的にはちょっと小さすぎるなあと思っていましたが、この小ささがかわいいと評判がいいんです。

これは鉢栽培ですが、ホーダー花壇でも咲かせようと植えていましたが・・・

016_2 すべて枯れてしまいました。

理由わからず。

ちょうど家の屋根から雨が落ちてきて跳ね返りが激しい場所なのです。病気になったのかなあ。

012_8 お隣にあげたものは元気に咲いています。

一列にズラーっとならんで、夏先取りです。

くやしいのでもう一度タネを買い、直播きしました。今度こそ咲いてくれるかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

人参初収穫

003_61 タマネギ収穫に追われ、なかなか次の作業に入れないのですが収穫はやります。

2月にタネまきした人参。根元が大きくなってきたので抜いてみました。

まずまず食べられる大きさになっていました。長さは20センチ。

去年の夏蒔きの時は土をしっかり耕していなかったので、股根、短い実でしたが今回は大丈夫のようです。

失敗は繰り返しませんよ。

品種は向陽二号。

どちらかというと葉に近い部分が太い品種なので先が細いのは仕方ないのかな。

抜くことが間引き(元々株間は開けて蒔いているのですが・・・)になって最後には巨大な人参がとれるといいな。今からの太りに期待です。

003_62追記 今日もう1本抜いてみました。もう一回り大きいものがとれましたよ。

抜いた人参の先に、なにやらグレーの物体が・・・うちの人参は点蒔きなので広い面積が人参の葉になってます。一列じゃありません。

な、な、何だこれ?

005_47 畑の近くにあるお宅の猫さんでした。

目の前の人参を抜いても逃げません。堂々としたものです。

今日は暑いからね。日陰が恋しいよね。でも人参の葉の下で休まなくてもいいと思うよ。心臓に悪いから。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

スイカにワラを

001_94タマネギの話題ばかりで、自分もうんざり。別のことも書きたいなということで、スイカです。

スイカにワラをひきました。

色の変わっているワラは以前から雨風に当たっていたものです。スイカを収穫するころにはきれいな方のワラもこんな色になるんでしょうね。

002_84 今はつるの伸びている場所だけ、ワラをひいています。

そばに植えたネギも根付きました。

子ズルも12節まで伸びた株もありました。もう雌花がついてもいいんだけどな。

まだ、株に勢いがありません。スイカは雨に弱いのに、上の水田からこの畑に毎日のように水が流れ込むのでいつも水浸しです。原因はモグラのようです。

今年はうまくできないかもしれないなあ、と半分あきらめています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タマネギ たまねぎ 玉葱・・・

004_60 タマネギの収穫をしているのですが、同じ作業でつまらないんです。

もっと早く、能率的に出来ないかと考えています。

霜降りを予測したベテランのおばさんは、並べておいてから葉を剪定ばさみの大きいも005_46 のでばっさばっさと切ると聞きました。早速まねをしなくては。

畝の真ん中に一列に並べ、このはさみで切ります。

うーん、下にマルチがあるからかなマルチごと切ってしまうので難しい。

006_38切った感じはこんな感じ。

短く切りすぎたかな。

じゃあこれでどうだ。

007_30畝の端にならべ、さらに二列にしてみた。

上のタマネギの葉をまず切り、その後下の段を切る。

めんどくさい~。

こんなことを実験する暇があったら、一つずつ着実に切っていった方が断然早いのでは?

ごもっとも。

今日は一つずつ切ります。寂しいのでラジオを持っていくことにしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニンニク試しに収穫

009_21 まだ、葉が緑ですがニンニクが気になっています。

抜いちゃえ!ということで3本だけとってみました。

なにやら怪しい、小さい物がついています。

010_13 何だこれ?

小さいニンニクみたいです。

普通は真ん中の大きいところにニンニクができるはずですよね。

001_93 一応、量ってみました。

130グラムです。まずまずの大きさですが・・・

一番大事な中心部が変な感じ。

003_60 むいてみました。

中には小さい粒がありました。

無臭ニンニクは大小大きさにばらつきがあるといいますが、これは小ばかりですよね。失敗か?

今回抜いたのは状態のよくなかったものばかりだしー、と自分を励ましながら残りのニンニクの生長を祈ったのでありました。

005_45 とうとうタマネギの収穫が始まりました。

たった一人での寂しい作業です。

終わるまで梅雨に入らないでね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

スィートマザーズデイ開花

002_83 スィートマザーズデイが開花しま001_92 した。

3センチほどの小さな花です。最初は薄いピンクですが、咲き進むと真っ白になります。

カップ咲きで止まって欲しいのだけど、しっかり開いてしまうのがちょっと残念。

003_59 実は少し前から咲いていました。

書くのが遅くなったのですが、花持ちがいいんでしょうね。まだほとんど散っていません。

007_29 つぼみも桃まんじゅうみたいでかわいいです。

追記

その後、6月15日頃に咲いた花は

007_34 どういうわけかころころ丸く

しかも色が濃くなってきました。

期待していた色です。

008_29 不思議でしょうがありません。

気温が高い方が濃い色になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植え終了

001_91 まだ、田植えは続いています。

子供たちも休みなので、手伝い(じゃま?)をしています。

最初はあぜから手の届くところに植えていましたが、最後は裸足になって田の中に入っていました。

足跡がつくから母は迷惑そうでしたが、もう止まりません。

昔はヒルがいるから絶対に裸足で入るなと言われてましたが、最近は見たことがありません。薬を使うからかな。

009_20 私はというと、田植え機を任されました。

田植え機を使うのは今年が初めて。父も高齢になり誰かに伝えておかなくてはと思ったのでしょう。

写真を撮ってくれたのは上の子です。遠目で撮ってね、とお願いしたのに一番遠いのがこのショット。なかなか希望が伝わりません。

004_59 自分が植えたところ。

まっすぐ植えるのは難しいですね。

なるべく遠くを見るようにしたらいいということだったのですが・・・・まあ、曲がっていても、米は出来るでしょうと開き直りました。

008_25 最後は使った苗箱を洗います。

006_37 苗箱洗い機に押し込むだけで、きれいになるから簡単です。

やっているのは上の子。1人で170枚ほどを洗いきりました。

洗った苗箱を倉庫に戻して田植えは無事終了です。

田植えの日はタコを食べる風習があるらしいです。タコの足のように根が張ることを願って食べるらしい。でも、食べませんでしたけどね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初収穫は続く・・・インゲン

001_90 初収穫の話題をよく聞くようになりました。

もちろん我が家も色々と収穫が始まっています。今度はインゲン。

つるなしインゲン 初みどり2号です。

簡易温室で芽を出させたので、早い収穫となりました。

去年に続いて2度目。まっすぐな実がなるので気に入っています。

005_44 まだとれたのは少しですけどね。

最初にとれた実は柔らかくて美味しいです。

そしてこちら・・・

003_58 油断していました。

ズッキーニです。ほんの数日で大きくなるんですね。

今度は30センチの物を見つけました。ズッキーニ1株あれば十分食べることができます。この調子でいけば最盛期には毎日食べなくてはいけないかなあ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

バラ コンテス セシル ドゥ シャブリリアン開花

001_89 オールドローズのコンテス セシ002_82 ル ドゥ シャブリリアンが開花しました。

長い名前です。

もう少し開くかと思っていましたが、これが限界かな。

009_18 濃いピンクの丸い花です。

写真は実物より薄く写りますね。009_19

花の大きさは6センチほど。

つぼみも丸いんですよ。

咲かずに茶色くなったつぼみもいくつかありました。弱いところもあるようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

復活!キュウリ

013_4 田植えの暇な時、自分の畑を見回っていました。

下5節ほど、ツルと花を取っていたので絶対にないと最近は近づきもしなかった、きゅうりに実がついていました。

びっくりです。

014_6 実はこのキュウリ、先日の大風で根元が折れたもの。

4本中2本も。

でも、枯れることもなく復活しました。理由はわからず。半分ついていたら大丈夫なのかな。割れたところから新しい根が出たのかも。怖いので土をしっかりかけたまま見ていません。

015_4 理由はどうであれ、おめでたい!

3本ありました。大きさも店で売っているくらいのちょうど良いサイズ。

ちゃんと見ておかなくてはだめですね。もう少しで巨大キュウリになるところでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

リング仕立て のぞみ開花

001_87 リング仕立てにした、バラ のぞみが咲きました。

リングにした時はこんな感じ。

リングにした時点で、ねじれていたので当たり前ですが、斜めになっています。

予想した通り、株の根元あたりからたくさんの枝が出てきました。剪定はしたんだけど、完璧なリングになってません。

花のかわいらしさは、どのバラにも負けません。

002_80 一重で薄ピンク。

うちの庭では人気があります。イングリッシュローズなどの豪華なバラより、こちらが好きという人が多いんです。

伸ばし放題の時よりも、花の付き方が少ないような気がします。

003_57もう少し、花で埋まると思ったのにな。

出来としては、まずまずかな。

002_85 その後、ここまで咲きました。

これが満開かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田植えしながらジャガイモ掘り?

012_7 急きょ、田植えになりました。

009_17 今年も米の種類は「キヌヒカリ」

植えるのは機械なので、病気予防(虫かも?)のために苗自体に薬を蒔いておくのと、苗を運ぶのが主な仕事。

植えている最中はやることがないんですよね。

そこで、すぐ近くにある自分の畑をうろうろしていました。

006_36 何となくジャガイモが枯れてきているような・・・極早生の「インカのめざめ」です。掘ってみるとなかなかの大きさなので、次々に掘り返して結局バケツ3杯分にもなりました。

小さいのも多いです。まあインカですから仕方ないかな。

田植えを手伝ったのか、ジャガイモを収穫したのかわからないですね。

今日も今から、田植えの続きです。

今度は遠い場所の田なので、ジャガイモ掘りはできません。田植えに集中します。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »