« カボチャ定植 アンドンも | トップページ | ペチュニアの花色々 »

米作り開始、タネもみ蒔き

4 毎年、ゴールデンウィーク中の恒例行事のもみ蒔きをしました。

品種は去年と同じ「キヌヒカリ」。

早生種の「コシヒカリ」のところはもう田植えが終わっているところもあります。

3 うちはこのあたりでも一番遅い田植えなので、よそのお宅が心配してくださることもあるくらいなんです。

でも、昔はどこも遅い田植えだったんですよ。品種の変化からでしょうか年々早くなっていきます。

最初は、子供たちも手伝ってくれました。

途中から川に入ったり、土で遊んだりでいなくなりましたが・・・

お手拭用に持っていったタオルも川でなぜか洗濯をされていました。手がふけないじゃないか!

と怒りましたが、子供がいないのでかえってはかどったのも事実です。

2_2 蒔いた箱を地面にならべ、トンネルをかけて発芽するのを待ちます。苗箱は全部で149個。なんとも中途半端な数ですが、計算された数なんでしょうね。

4箱だけ、モチ米もまきました。

毎年もみ蒔きに来ていた妹一家が、4月末にインフルエンザにかかり今年は欠席です。まだ流行っているみたいです。

|

« カボチャ定植 アンドンも | トップページ | ペチュニアの花色々 »

家庭菜園」カテゴリの記事

米作り」カテゴリの記事

コメント

米作りですか、、此れから苗植え、水管理と家庭菜園家では大変に難しいでしょうね。
昨年一度親類の苗植え、と稲刈りを少しだけ手伝った事がありますが、ズブの素人には想像以上の作業でしたね、正直「米作りは家庭菜園家には不可能です」
しかし、自家栽培のお米は(昨年手伝いで少し頂きましたが)大変にふっくらと美味で最高の贅沢でしたね、此れから頑張ってください。

投稿: 久米仙人 | 2007年5月 4日 (金) 11時13分

こんにちわ、久米仙人さん。

父はこれで一案心と喜んでいました。
これからが大変なのですが、モミ蒔きは米作りの中でも大きなイベントのようです。
野菜を作り始めたのはここ数年なのですが、米だけは私が生まれた時にはもうやっていたようです。
昔ははぜかけなどで手間も時間もかかっていましたが、今は何もかも機械です。
時間は短縮できますが、大変な設備投資が必要なんですよね。果たして我が家がそんなに機械を購入できるのか不安です。

採れたて新米の美味しさは格別です。そのためにも手伝っておかなくては、ですね。

投稿: mao | 2007年5月 4日 (金) 16時29分

Beeですこんにちは。

僕の借りてる畑の先輩も、昔・田んぼをやっていたと言ってましたが、お米作りは大変と言っていました。

美味しいお米作ってください。。。

投稿: Bee | 2007年5月 4日 (金) 19時48分

こんばんは、
お米の苗作りは大変そうですね・・・種籾から発芽まで何日くらいかかるのでしょうか?
それにしても、苗箱149個は、かなり多いほうなのでしょうね・・・稲作はやったことがないのでわかりませんが。
種籾播き、お疲れ様でした。
ところで、今日は、畑仕事はお休みにして、釣三昧の一日でした・・・大海原で、波も風もなく、行く春をのんびりと・・・さて、釣果は・・・ブログをお楽しみに。
おやすみなさい。

投稿: 野良日記の野良 | 2007年5月 4日 (金) 19時59分

こんばんわ、Beeさん。

米作りは両親がやっているので、大きな作業の時だけ手伝います。田植えとか稲刈りとかね。
手伝った給料?として1年中の米をいただきます。
米代がかからないので助かりますよ。
年々子供が大きくなるので、もらう量も増える一方です。

写真でもみを蒔いているのは子供たちです。
一人前の感じでしょう。

投稿: mao | 2007年5月 4日 (金) 22時05分

こんばんわ、野良先生。

実は何日で発芽するか知らないんですよ。
いつの間にか発芽していて、次に見る時にはすでに芝生のようになってますから。
というのも私が管理していないからなんですけどね(笑)
5反作っているそうですよ。5反がどんな大きさなのかまったくわかりません。

釣りに行かれたのでしたよね。どうだったか気になっていました。行くからには大漁であって欲しいですから。釣果は後ほど見させてもらいます。
天気もよさそうでよかったですね。

投稿: mao | 2007年5月 4日 (金) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/14946298

この記事へのトラックバック一覧です: 米作り開始、タネもみ蒔き:

« カボチャ定植 アンドンも | トップページ | ペチュニアの花色々 »