« 野菜と花のタネ次々届く | トップページ | そんな昔のことは・・・ »

バラに石灰硫黄合剤今度はハケで

001_4 石灰硫黄合剤は寒い日にやらなくてはいけないのですが、今年のような暖冬では待っていたら春になります。

もうやっちゃいます!前回はシュッシュッと散布した(前回12月はこちら)のですが、飛び散りが気になったので今回はハケでぬることにしました。

8倍に薄める容器はだんなさんが食べた「たこわさび」を使用。ジャムの容器だとバラに合いそうですがここは渋くいきます。

002_7 ハケはアクリル製がよいというのでビニールのような質感です。

散布したときよりも均一に塗れたし、飛び散りが少ないのがいいですね。石灰硫黄合剤の量も少なくてすみます。バラの本数が少ない方にはおすすめしたい方法です。

ただ、ハケ代をけちったので、毛の部分が固くて塗りにくかった。ぬるというよりは液をたらした感じになりました。

ハケはぜひやわらかいものを買ってください。

追記 石灰硫黄合剤はバラの登録農薬ではありません。

|

« 野菜と花のタネ次々届く | トップページ | そんな昔のことは・・・ »

ガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/13727273

この記事へのトラックバック一覧です: バラに石灰硫黄合剤今度はハケで:

« 野菜と花のタネ次々届く | トップページ | そんな昔のことは・・・ »