« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

お雑煮、自家製野菜でまかなえそう

_002_22 お雑煮用の野菜を畑で集めてみたらけっこうな種類がありました。

白菜、白ネギ、人参、カブ、大根、ほうれん草、水菜、野菜はこれで十分そうです。

きのこも数種類買っておきました。あとは肉と魚を買うだけ。今からなんだけど、スーパーは混んでいるだろうな。しかもいつもより割高なんだよね。

_008_6 遅くにまいたカブ (耐病ひかり)も小カブほどになり、正月の食卓に登場しそうです。千枚漬けにしておきましょう。

今年は1月にインフルエンザにかかったところから病気、怪我に泣かされました。家族内の病気といえば、副鼻腔炎、病気続きで保育所通えず(保育料返してといいたいくらい長期)蜂にかまれる、腰痛める、手の骨折る・・・・数知れずです。

_010_3 特に心配した事件は、上の子の心臓に穴が開いている疑惑です。心エコーをとって精密検査をしたら異常はなく、元気すぎて雑音があったという笑えるオチになりました。

来年は元気にすごせるといいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年最後の農作業にしよう

_003_26 雪が降ったので、キャベツの防寒対策に不織布をかけました。

雪が降る前にやればいいのに、とつっこまれそうですが、本当はやらないつもりだったのに、あまりの寒さがかわいそうになってかけてやることに決めたのです。

今年の作業はたぶんこれで終わりでしょう。作業というほどのことでもありませんね。

_005_18 キャベツの畑そばの壊した家は更地になっていました。

数日は廃材を焼いていましたが、苦情がきたのか、らちが明かないと思ったのかトラックでの搬出に変わり、3日ほどであっという間にきれいになっていました。新年をすっきりと迎えたかった業者の根性でしょうか。

_001_22 だんなさんの会社関係でおせちを付き合いで買わなくてはいけなくなりました。

もちろん一番安いのにしてもらいましたが、痛い出費です。みなさんはおせち作るのでしょうか?個人的には田作りやたたきごぼうなど苦手なんですけど。

明日届く予定です。

毎年だんなさんの実家に空の重箱を持参し、いっぱいつめてもらって帰って来ます。

義母の煮物中心のおせちが一番おいしいと思っている嫁でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

30センチの長い人参とれた

_006_11 今日から保育所は休み、だんなさんも仕事が終わり、お正月が近づいてきた感じがしてきました。

しかし、生活は普段どおりなんら変わりはありません。

前に人参が終わりましたと書いたのですが実はまだありました。

ほんの少し残っていたタネを庭にまいておいたのです。普段でも発芽率の悪い人参は保存している間にさらに発芽率が下がると聞いたので、すべて使い切ろうとの考えです。

植えた場所は庭。しかも8月末という人参をまくにはありえない時期です。食べられるものが出来るかわかりません。

赤いところが見えていたので抜いたところ、長さ31センチの人参が出てきました。こんな大きさ初めてです。

種まきが遅かったから細いですね。これが普通栽培で太っていたら・・・と考えると畑を耕さなかった失敗が、くやまれます。

品種はタキイのグランプリ。20~22センチになるそうですが、まさかこんなに長くなるとは。限定発売だったのでまた売り出されるかはわからないけど、みつけたら買ってみよう。

_007_11 今日はこの冬一番の積雪になりました。

パンジーも寒そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぞう煮用のもちをもらう

_003_24今日は28日。正月の飾りつけをするとよい日だそうです。

今日までずるずると出していたクリスマスグッズを片付けて、正月の雰囲気にしていきましょう。

この門松は何年も前に、ちりめんの布で作ったものです。悲しいことに1つしかなく、門松の役目を果たしていませんが玄関内に飾ります。玄関の外には100円ショップの安い門松も出しました。

_001_21 タイミングよく、母がついたもちを持ってきてくれました。

家で機械でついたようです。私が小学生のころは祖母の家で杵と臼でついていて、一大イベントでしたがいつしか機械でするようになり、そのうち呼ばれもしなくなりました。

もち米は少し前までは自家製を使っていました。もち米ははぜ掛けで自然乾燥させるため手間がかかり、年をとってきた両親にはきつい作業になったようです。

なので、このもち米はおじさんからのもらい物です。

もちをいただけるのはうれしいけど、一つ怖いことが・・・・母には賞味期限がないのです。

数年前のもちつきの時、餅とり粉の賞味期限が5年すぎているものを、平然と使おうとして止めたことがありました。

もちをにおってみたけど、臭くはない。餅とり粉は腐ったら臭くなるのか?それも謎です。とりあえず洗ってから使うつもりですが、不安だ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

パステル風プリンを作ってみた

_002_24 地方都市ではなかなか食べることのできない、パステルのプリン。百貨店の甘いもの市に来たときくらいしかお目にかかることができません。

プリン、ゼリー、茶碗蒸しなどのするっとかまなくていいものが大好きなので、物産展に行くと必ずプリンを買って帰るし、家でもよく作ります。あっ、歯が悪いわけではありませんよ。

12月2日のナイナイサイズでパステルプリンのレシピが紹介されていたので、作ってみました。レシピはナイナイサイズホームページ

パステルの分量は

カラメル グラニュー糖60グラム 水40cc

プリン  生クリーム250cc 牛乳250cc 卵黄Lサイズ4個 グラニュー糖60グラム バニラエッセンス少々

自分はレシピを少し変えて、生クリームは200cc(ちょうど1つ分)にして牛乳を300ccに。カラメルソースは量を半分にしてプリンの下に入れる。パステルでは上からかけるのです。あとはアルミホイルのふたも面倒なのでやめました。

_003_25 ぷるんとはしませんが、なめらかです。確かにこんな感じだった。もう味は忘れていましたが・・・

子供たちにも大人気で、少しでも量の多いのを探している様子。甘くて太りそうなので一つ一つの量を少なくして何回にも分けて食べさせます。

お店では1個294円もするプリンが、家でこんなに簡単に出来てしまうなんて感激です。レシピ公開なんて、パステルさん太っ腹。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サワー系キャベツも巻いてきた

_004_23 サワー系のキャベツ 春波がようやく巻いてきました。それでも30株ほどある中でわずか4個。

ゆっくりですが、我が家の食べる速度に合わせてくれているようで、かえって助かります。

畑にこのままおいていたら、春には残りもうまく玉になってくれるのでしょうか?初心者の悲しいところでわかりません。

Photo_35 中もいい感じ。しっかり巻いています。

こちらも白菜と同じく追肥以外していないのに上出来です。青虫に食われてレース状になっている株がところどころありますが、不思議とその株だけで隣の株には、いっていない。

Photo_36

早速食べてみます。料理とは言えない千切りキャベツで味わいました。やわらかくておいしい。

煮込みには向かないらしいので、どう料理していいかまた悩むのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手作りケーキでクリスマス会

Photo_33 上の子の友達が集まって、クリスマス会です。

自分達で作りたいというリクエストで、ケーキは手作りです。スポンジは市販品を使い、デコレーションだけにしました。にぎやかです。

生クリームをあわ立てるだけでも、誰がするかでもめているけど、なるべく口は出さないように気をつけながら見守ります。

ちゃんと鍋奉行のように仕切る子がいるものです。大喧嘩にならずに無事できあがりました。

出来上がりはごてごてのケーキですが、みんな大満足。

今日は保育所に行く予定だった下の子がせきが止まらず、せきの勢いで食べたものを吐いてしまうので、朝から病院にいったりで大忙し。病院は風邪ひきさんが多いのでしょう、超満員です。なんで今日を狙って病気になるかな・・・

掃除もままならず、みんなに出す昼ごはんもぎりぎりであわてました。ちなみにメインはチーズフォンデュ。手間がかからないものにしておいてよかった。

Photo_34

プレゼントは100円ショップのもの一つをそれぞれ持ってきて交換。低予算でいいね。

お腹もいっぱいになり、お茶けんの家で遊んでいます。薬を飲んで、体に張って、調子がよくなった下の子も仲間入りさせてもらっています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

トンネルかけた二十日大根収穫

_005_17先日トンネルをかけたはつか大根を収穫しました。トンネルをかけた様子はこちらで。

10月30日に種まきし、その時点で遅かったのに、トンネルかけも遅くになり年内の収穫はあきらめていたのですが、暖冬に助けられたかたちです。

今年の野菜たちは虫に泣かされっぱなしでした。

このはつか大根は虫の影響がまったくなしで、きれいです。形もきれいで手間いらず。この時期の栽培がかえって簡単かもしれません。

夏の暑い時につくると赤い丸が、縦長になったり成長しすぎて裂けたりするんですよね。

今日は、だんなさんが年賀状を作っています。25日までに出せば元旦に届くらしいので、あせっている様子です。もっと早くに始めればいいのに。

だんなさんは夏休みの宿題を、9月に入ってからやるような子供だったそうですが、今でもあまり変わってないようです。上の子がそっくりなので、遺伝子恐るべしと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二者懇談の時間が・・・

_003_23 昨日はほとんどの小、中学校が終業式だったようです。

うちの小学校は二学期制なので式はなく一時間で帰って来ました。その後先生との二者懇談会です。

あゆみ(通知表)はもらわずに、テストの結果をいただき、気になることを相談する場となるようです。あゆみの袋だけはテスト結果入りでもらいました。

個人情報保護法のからみかクラス全員の懇談時間は配られず、自分の時間だけを用紙で教えてもらう形をとっています。どこの小学校もこうかな?

_002_21 うちは夕方4時半すぎ。遅いな、と思ったけどその時間に行き、教室の前にある全員の懇談時間を見るとうちは朝10時半になっているではありませんか。なんでー?

お母さん方は数人待っているし、入れ替わりのタイミングをみはからって先生に聞いてみると

「写し間違えたみたいです」とのこと。先生は午前中我が家がこないな、と思っていたに違いありません。

個人情報って何の?という感じです。教室前には全員の時間が書いてある一覧表も張り出していて、意味なし。電話番号ならわかるんですけど。

間違いは誰にでもあるから仕方ないけど(実際に以前懇談会をすっぽかしたことがありますこちら 人のことはとやかく言えません)先生の手間をとるだけではないかとの疑問を持っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆり根入りの茶碗蒸しが好き

_004_22百合根はホクホクと甘く、好きな食材の一つです。

家で栽培出来ないかと調べたところ、生産地では出荷までに3年かかるとのこと。すぐにあきらめました。

だって、この百合根は100円だったんですよ。いつでもそのスーパーは100円。3年もかかるなら買います。

_005_16 特に茶碗蒸しの百合根が好きなので、12月に入って食卓に上るのはすでに二回目です。この時期しか食べられないし。家族のみんな私の趣味につきあってくれてありがとう。

中の具はかまぼこ、百合根、三つ葉のみのシンプルなもの。

写真は下の子用なので三つ葉がなしです。

茶碗蒸しも、プリンも我が家では小さめのコーヒーカップを使っています。そして蒸し器ではなく、直接鍋に入れてお湯で湯煎します。この方法にしてから蒸し具合がうまくいくような気がします。

Photo_32 たくさんある白菜は、豚ミンチとの重ね蒸しにしてみました。

子供は「ロールキャベツの白菜版だね」と喜んでいました。あっているような違うような・・・ちなみに和風味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラに石灰硫黄合剤散布

_001_20 バラを育てている人にはおなじみかもしれませんが、冬には石灰硫黄合剤を散布するらしい。

バラ初心者の私には聞きなれない薬剤です。

この薬品は500ml入っていて、200円ほどと他の農薬に比べ安いなーと思っていたら大間違い。溶かす倍率が高かった。

普通の農薬は1000倍で溶かすのに対し、7~10倍と高濃度で散布するため500ミリなんてすぐなくなってしまいます。

_003_22木が黄色くなりました。においもすごい。たとえるなら、みかんの皮をむいた手のにおいをもっと臭くした感じ。

かなり時間がたってもまだ鼻の中に残っています。

散布はかなり難しく飛び散ります。調べてみたらハケで塗ってもいいとのこと。アルカリ性なので鉄に付くとさびるらしいし。もう遅いかも。(1月はハケで塗りました それはこちらで。おすすめはハケぬりですよ)

この散布をすると、カイガラムシ、アブラムシなど虫類、各種病気の予防になるとのこと。何ていい薬なんでしょう。1月と2月にも各一回づつする予定です。

バラは手がかかりますね。ただ、大掛かりな追肥や剪定、誘引、高濃度散布など、野菜作りが暇になる冬に集中しているので、私には向いている庭木だと思います。

追記 石灰硫黄合剤はバラの登録農薬ではないそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供のココロくばりに負けた

Ds 先日DSライトを買ったため、我が家にはDSが二台になりました。DSを手に入れた時の様子はこちらで。

古い方はタッチ画面がずれるけど、ゲーム自体は正常に動くので、下の子(4歳)にお下がりとなりました。

二つになったので、出来るようになったこと・・・それは対戦。ソフトは1つでも二人でできるものが、割とあるようです。

うまくできないのに、下の子がやたらと対戦したがる。上の子(10歳)もつきあっているのですが、忙しい時もあるのです。

そこで、母である私の登場。「対戦はお母さんにまかせなさい!」

上の子は「お母さんにできるかなあ?」と失礼なことを言う。

「ばかにしないでよね。ゲームうまいんよ」

「違うよ。うまい具合に負けてあげることよ。○○に気づかれないように負けてね」

負けず嫌いの上の子がわざと負けてあげていたなんて、気づきませんでした。いつもけんかばかりなのに、やさしい気遣いに驚いています。

欲をいうならゲームの時だけでなく、普段もやさしくしてあげてよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つるバラ ピエールドロンサール移植

Photo_31 つるバラのピエールドロンサールを移植しました。

このバラは昨年秋に倉庫の横に植えつけて、その壁に這わせようと考えていたのですが、倉庫に誘引するきっかけをつくることができず、野放しに伸びていたものです。

_003_21つるがぐんぐんのびて、仮の支柱で何とか支えていましたが、大風により支柱ごと倒れ、そのままにしていました。

とげに引っかかる人続出。だんなさんは「わなが仕掛けてある(`ヘ´)」とたいそう不満のご様子。

このままではバラはもう買うな!の流れになりそうなので、12月に入ったら移植することにしていました。

_012_4 アイスバーグとグラハムトーマスもからまる予定のラティス近くに、無事お引越し。

つるバラでは一番人気らしいこのバラ。今年は咲かなかったので来年の春が楽しみです。

2007年5月、ピエール ド ロンサールの花が咲きましたこちら。でも、なんじゃこりゃ!(泣)本当にピエールでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

白菜頭をくくる

Photo_29 いつ頃、くくっていいかわからず迷っていた白菜ですが、近所の人がみなさんされているのでやりました。

今がくくり時?のようです。

くくる理由は、寒さにあたると腐るという人と、せっかく巻いている葉が広がっていくという人と数々説があるみたい。

赤いタグロープを使用。朝市出荷でたまねぎをまとめる時、他の人と区別が付きやすいように買ったものです。

年配の方が多く出荷されているので、赤を使う人はいないだろうとの考えです。みごとに当たり、私一人でした。目立ちます。

思いのほか一番外の葉は短く、うまくくるめません。不器用さまるだしです。白菜が寒くなければいいやと開き直りました。

Photo_30 いつも野菜作りの参考にしているおばさんがわらでくくったものはさすが手際もいいし、そろっている。

くくり終わったら初雪が降りました。タイミングばっちりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント祖母より

Photo_26 だんなさんの両親が一足早く、クリスマスプレゼントをくださるというので、行きました。

だんなさんの実家近くの○イザラスに行くと、さすがにすごい人。

広告を見ながら右往左往している、おじいさんおばあさんを多数発見。希望を聞いてきたのでしょうか。

たくさんありすぎて、なかなか決まらないわが子達。最初はお父さんと選んでいたのですが、途中で私にバトンタッチ。お父さんは早く決めてもらおうと助言が多いので、迷いに追い討ちをかけたようです。

Photo_27 上の子はスーパーマリオ、下の子はお茶けんの家に決まりました。

こものが多いお茶けんの家。シルバニアファミリーとともに、床に落ちていると足にささりそうです。

おじいさんはゆっくりの買い物に付き合いたくないのでお留守番。

おじいさんから「寿司だけは食べるなよ、ノロウイルスがうつるぞ!」とのお達しを完全に無視し、お昼は子供の希望で食べることに。

どうやら生の魚を食べるとうつると思っているみたい。おばあさんは忠告を信じて、しんこ巻きやかんぴょう巻き、うなぎ、あなごを食べていました。残念ですが生でなくてもノロウイルスが付いていれば発症しますよ。

私達は食べたけど、今のところ調子は悪くなっていません。いつどこでうつるか、わからないので確かに怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ハートの葉っぱ

Photo_24 トイレにおいていたハートの葉に水をやるのを忘れていました。

鉢の中はミズゴケ。一ヶ月は水をやっていません。からからに乾いていたけど、ハートの葉には変化なし。

この葉は2代目。一つ目は緑だった葉が茶色くなって枯れました。残念に思っていたら、今の二代目を100円ショップで見つけて即購入。

鉢がプラスティックで安っぽい感じがしたので、かわいい鉢に植え替えればいいやと思いながらもう何ヶ月もたってしまいました。もうこのままでいこう。

ハートの形がかわいいので気に入っています。植物の展示会でこの葉のついている木を見ました。本当の名前はホヤ カーリー。一株800円。

寒さに弱いらしいので買うのをやめました。家の中に置く鉢はなるべく買わないと決めているので。今あるハートの葉が少し茶色に見えるのは、もしや寒さにやられ始め?

いつも通っている内科の薬局で観葉植物にホヤを絡ませているのを最近発見。ハートがたくさんついていて、やっぱりかわいい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白菜たくさん、どう調理しようか

_013_2 久しぶりにすっきりと晴れたので、野菜を収穫しました。白ネギ、大根、カリフラワー、メキャベツなど。

_012_3 大根は、ネキリ虫が穴を開けていました。収穫する時も、穴に頭をつっこんでいる虫が何匹も。

この大根は、だんなさんの実家に明日うかがう約束をしているのでその時にあげます。クリスマスのプレゼントを買ってくださるそうなので。

虫食いをあげるなんて最低の嫁です。お母さんは何でもいいよといってくださいますので甘えてます。

_001_19しっかりまいた白菜ができました。春についで作ったのは二回目です。この時期収穫するものは、簡単なようです。春はとうがたって花が咲きました。一口も食べられず。

追肥以外はほとんど手をかけていないのに、うまいことまいてくれました。

まいているので、寒さ対策としてそろそろ上をしばったほうがいいのかな?タイミングがわかりません。

大量に使いたいのですが、料理方法が思いつかない。餃子とスープと鍋物くらい。漬物は母が作るのでそれをいただきます。漬物もすぐすっぱくなりますね。私は浅漬けの白いところが好きで、だんなさんはやわらかい葉先が好き。うまい具合になくなります。

たくさんある白菜をどうやって食べていくかが、これからの課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二十日大根にトンネルを

_005_15 畑の隣にある、古い家の解体しているため穴があいたらいやなので二十日大根へのトンネルかけを待っていました。

この解体がゆっくりで、なかなか進みません。その間にこんなに大きくなっていました。

でも寒いのでここからの成長がよくありません。待ってられない。トンネルをかけます。

_016_2 本当はすぐトンネルがはれる、おてがる君を使おうと買っていたのですが、穴があくのがいやなので、普通のビニールをはることに。

簡単グッズが好きで、こんなものばかり買って、資材費がかかりまくっています。

_006_9 こんな感じになりました。いつになったら収穫できるでしょうか?

_002_19 家は崩れていて、あとは更地にするだけのようです。持ち出すのか、燃やすのか、作業は止まったまま。

私は燃やすと見ています。ほとんど屋根に使われていたカヤですが、 いいのかな燃やして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アネモネこんな所で咲きました。

_002_20 アネモネが咲きました。アネモネは本来早春の花。暖冬の影響がこんなところにも。

今日の中国新聞では、ひまわりが咲いていると載っていました。

ここは花壇前の通路となっているところです。植え替える時に落ちたのか、芽が出ないと思って捨てたのかまったく心当たりなし。

アネモネもラナンキュラス同様に、球根が乾いているので急激に水を吸うと腐ってしまうため、事前に給水させなくてはいけない面倒な球根です。

この球根は雨の少なかった秋にちょうど良い水加減だったのでしょうか。自然にまかせた方がうまくいくことが、花づくりではたまにあったりします。今回は花が咲くのが早すぎますね。

Photo_28 寒くなってきたので、ビニール温室を作りました。

昨年買ったものはプラスティックで出来ていて、鉢の重みや風でぐらぐらでした。室内で使ったほうがよかったみたい。

スチール製をあらたに購入。がっちりしています。ペチュニアを越冬させる予定です。ペチュニアは軒下で冬越しできるらしいですが、毎日霜が降りるこの地域ではかわいそうなので、入れてやります。

暖かい日が続くのでまだ大活躍とはいえません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋植え球根買い納めにしよう

_003_19特別用事はなかったけど、ホームセンターJへ寄り道しました。

夫婦そろってホームセンター好きです。

球根半額の看板発見。

値下げされている価格のさらに半額ということを念のため店員さんに確認、間違いないので3袋買ってしまいました。どうも半額という響きに弱いようです。手の出なかったものも買えるくらいの値段になるし。

ゆり、ラナンキュラス、ムスカリです。

_004_21 ムスカリはあるのですが、植えていることをすっかり忘れていてボーボーになってしまっています。納得いかないので買いました。

掘りあげてから秋遅くになって植えると葉があまり伸びずダラーンとならないからそうしようと決めていたのに植えたの自体を忘れてしまっては話になりません。

ラナンキュラスは一気に水を吸うを腐ってしまうので、事前にバーミキュライトを湿らせた中でゆっくり吸収させ、芽だしをして植えつける、めんどくさい球根です。昨年もすべて腐らせてしまいました。

バーミキュライトがなかったのでピートモスで代用したけれど、大丈夫かな?不安です。

これで球根を買うのをやめよう。植える鉢も、もうないし。当初の予定では、チューリップ20球だけだったはずなのに、少し前は激安チューリップを買ったので、秋植え球根が一気に増えてしまいました。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ソラマメを畑に植え付け

_001_17 ソラマメが植えつけできるくらいに大きくなりました。種まきの様子はこちら

ソラマメは特別好きではないのに、ついタネを買ってしまいます。冬の間は畑に植えるものが少なくなります。そんな中、植えられる数少ない野菜だからでしょうか。ほとんど放任できるのもいいですね。

発芽率は100%でした。おー。

_002_17 100%とはいっても苗の大きさに差があります。一番ちいさいのはほんの少し緑が見える程度です。差がありすぎ。なんで?

分けて植えるのは面倒なので小さいのも思い切って植えます。

すでにアブラムシがついているので、殺虫剤をかけてから植えることにしました。この時点で枯れてしまっては困りますので。

_004_20 根が長くなっていました。ポットから出ていないものは中でぐるぐるまきです。

昨年は株を近くに植えすぎて収穫が難しかったので、なるべく離すように気をつけなくては。と思っていても今年は畑が狭いので、こころなしかどんどん近くになってきているような・・・

大きくなったところを想像しながら植えるのは難しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピアノの発表会がありました

_004_19 上の子のピアノの発表会がありました。

生徒が少ないので先生のお宅での開催です。

今年の曲はベートーベンのトルコ行進曲。3ヶ月前から練習してきました。

曲の解釈は兵隊が遠くから行進して前を通り、遠くへ去っていくというものらしい。ひく時も最初小さく始まり、中ごろで最大に、最後はまた小さくなるという強弱が必要。

練習の時に「どんどん小さく」「どんどん大きく」を毎回言うので下の子がその場所を覚えて、最後には代わりに言ってくれるほどになりました。

さて、本番はというと、兵隊はいきなり目の前に現れ、その場で足踏みし、ぱっと消えてしまいました。最初から最後まで同じ大きさで弾いたのです。あんなに練習したのに・・・

本番に弱いタイプかも。

_003_20 発表会は毎年クリスマス近くに行われます。プレゼントもいただきました。今年は光るサンタです。

発表会が終わりすっかり気が抜けたようです。発表会は終わってもピアノの練習は続いていくんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミネーション点火

_005_14 何でも早めにやらないと気がすまない性分ですが、12月に入ってようやくつけることができました。

数は数百と少ないのですが、夜は真っ暗闇になる田舎なので、ひときわめだちます。

必ず言われるのが、「電気代かかるんでしょう?」 うちはルミナリエじゃないんだけど・・・

確かに少しはかかりますが、請求書見てびっくりするほどではありません。増えたかさえ、わかりません。

地球にきびしい?トレイ、ペットボトルリサイクルしてます。 ○オングループのマイバスケットも2個買いました。保育所のお迎え時はアイドリングストップ。これで勘弁して。

_002_18 イルミネーションをつけるために数年前コニファーを植えました。ゴールドクレストは普及しているけど病気になりやすいらしい。

下が枯れあがっています。予備にブルーアイスを植えました。こちらは色もきれいだし、病気に強い。最初からこれにすればよかった。

去年まで興味のまったくなかった下の子ですが、何度も窓から外を見て「きれー」と言っています。喜んでくれるのが一番うれしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラ アブラハムダービー購入

_007_10 安く虹色スミレを購入したホームセンターKでイングリッシュローズ アブラハムダービーも買いました。

値段は500円。安い!

別のホームセンターNで以前見ていて、買うかどうかを悩んで結局はあきらめていた品種だったので、即決でした。その時は2500円くらいだったかな。

ただずいぶん前から店にあったのでしょう、株は元気がありません。もしかしたら一年くらいはこの状態だったのかもしれません。

_006_10 ついていた札も色あせて花の色さえ判別不能。

_014 唯一の救いは来年延びるであろう芽があることくらいでしょうか。

枯れている木を剪定して、肥料もやり来年に向けての準備をしておきました。

うまく咲いてくれたらうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋じゃが収穫

_001_18 急に寒くなり、霜が降りたためジャガイモの葉が枯れました。これ以上おいていても芋は成長しないだろうと収穫しました。品種はデジマ。

条件の違う二つの畑に植えていたので違いが気になるところです。 一つは水田後の畑、もう一つはずっと畑のままの場所です。

_011_3 まずは畑の方、植えたのが遅かった割に大きくなっています。まずまずよし。

_009_4 水田後の方はまともな芋はありません。割れがひどく、病気だらけ。ちなみに同じ種芋です。

ソウカ病(亀の甲症、象皮症かも?)は見た目はよくないけど、皮をむけば食べることができるらしいです。それにしてもひどすぎます。収穫の楽しくないこと・・・

水田後のジャガイモには父のくれたぼかし肥(ほとんど米ぬかでした)を追肥で与えました。ソウカ病になる条件として、質の悪い有機質をやったり、水はけが悪いとなりやすいらしい。原因はぼかし肥?

_010_2 「インカのめざめ」はどちらの畑も同じくらいの品質でした。全体的に粒は小さめですが、インカなのでしょうがないかな。

インカは大発生の虫に葉をすべて食べられたのに(葉がなくなった様子はこちら)、ジャガイモの生命力に驚いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロッコリーが病気に

_004_18 ブロッコリーに病気が出てしまいました。原因はわかりません。

ブロッコリー全体が元気ないけど、特に写真のあたりはひどいです。

上の大きな株をとったところが黒くなって腐っているものがあるけど病気に関係があるのかも。

病気になった以上に納得いかないことが・・・

_005_13 これは、少し離れているところの母のブロッコリーです。

虫食いがたくさんありますが、元気そのものです。母がブロッコリーに近づくのを収穫以外に見たことがありません。

私は腰をいためるくらい毎日ブロッコリーとカリフラワーを見て回ったのに。どうしてほおっておいたほうが調子がいいんでしょう。不満だ~!

手をかけると野菜にも伝わると思っていたけど、野菜作り、運もあることに気づきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虹色スミレ追加で買いました

Photo_25 以前買った虹色スミレ スィートハートリカは花を見て買ったはずなのに、想像より濃いのに驚いています。

イメージと違うのにがっくり。もっと白いところが多く、薄いピンクの予想だったのに。

スィートハートは株によって色幅があるらしいことを、あとから知って、もっとよく見ればよかったと反省しています。

_005_12 _004_17 そんな時、ホームセンターKで、安売りされているノーブルリカとラブリームーンリカを発見。

少し徒長気味ですが、他の店ではまだまだ定価で出しているであろう品質です。

追加で買いました。

このホームセンター(赤い鳥のマークがおなじみ?)は本社が新潟県にあり、ここら辺りではあまりなじみのない店ですが、私は時々のぞきに行きます。このような掘り出し物があるんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の発表会です

_003_18 下の子の保育園で発表会がありました。上の子の小学校には学習発表会というものがないので、4年ぶりとなる発表会です。

早くから並んで前の方の席が取りたいのですが、たのみの綱のだんなさんはじっと並んでいるというのが大の苦手でして、相談した結果、家族みんなで行くということに決定。

会場30分前に着きました。順番は前から10番目。他の方はというと、お父さんが新聞やゴルフ雑誌片手に一人で待っている。う~ん、うらやましいかぎりです。

Photo_23 年少さんは何をやってもかわいい。たとえ何もせずにボーッとたっていても、許される愛らしさ。

もちろんうちの子も一生懸命がんばっていました。緊張で顔がこわばっていましたが。

プログラムが年少とその下が前半に、後半は年中と年長になっていて、年少の子達が終わったら残りを見ないで、帰る人続出。

そのため、残りの人は空いた前の席へ移動するというスライド式でした。だから、大きい子たちの演技は見ていません。会場が狭いためわざとそうしているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴに追肥

_015_2

早くに植えつけたからか、このイチゴの特徴か、ランナーがたくさん伸びています。植えつけた7品種はこちら その中の品種わからずさんです。

ケチな私としては、このランナーを切り取って苗を作り、もう一株追加したいところですが、今年は畑が狭いのであきらめました。

株のためにはランナーを早めに切り取った方がいいんでしょうね。

_014_1 花が咲いているものも何株かあります。例年花を秋からつけるものもあるので、ブルーベリーの花が咲いたほどの驚きはありません。

株元の草取りを兼ねて追肥しました。去年はイチゴ専用の肥料を与えましたが、春の長雨のせいで甘くなく、どの肥料でも一緒じゃん!と化成肥料8-8-8を追肥です。

おととしは8-8-8を肥料に使い、とても甘いイチゴだったんです。欲をだして、さらに甘くなればとの期待でのイチゴ専用肥料を買ったのにだめでした。

イチゴ収穫時期の天候がいいことを祈るだけです。お日様の威力はすごいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »