« 種まき、少し遅かったかな | トップページ | また、忘れてしまった!! »

外はコンバインの音でにぎやか

Dsc02145 久しぶりの晴天で、いたるところで稲刈りが始まっています。

私が小さいころは、シンセンボンという米の品種が多く、今よりもっと遅く、十月ころに稲刈りをしていた記憶があります。早生のコシヒカリが主流の最近では、早いところでは8月から今が稲刈りのピークでしょうか。ここのところの雨続きで今日に集中したみたいです。

私が子供のころはまだ、はぜ(この地方では稲を干すさおのことをこう言います)をかける家がほとんどで、私はかける作業が大嫌いでした。長靴でオフロードのような稲刈りあとを歩くのは案外難しくて、田がやたらと広く感じたものです。

それよりも、嫌いだったのは落ち穂拾い。誤って落としてしまった落ち穂を田のすみからすみまで回って集めるのは苦痛以外のなにものでもありませんでした。母の「この集めた穂で一膳分のご飯が出来るよ。もったいないね」の言葉も毎年聞くと、また同じことを言ってるとうんざりしたものです。

その稲刈りの落ち穂拾いの印象が強いのでしょう、絵画 「ミレーの落ち穂拾い」を見ると悲しくなります。子供のころの私がまだ落ち穂を拾って田を回っているような気分になります。

|

« 種まき、少し遅かったかな | トップページ | また、忘れてしまった!! »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188935/11891487

この記事へのトラックバック一覧です: 外はコンバインの音でにぎやか:

« 種まき、少し遅かったかな | トップページ | また、忘れてしまった!! »